「衆院選」とは?

関連ニュース

【出たり入ったり】山尾志桜里氏、立憲民主党入り意向 - 12月17日(日)08:19  newsplus

 山尾志桜里衆院議員(43)が13日、文化放送「The News Masters TOKYO」(月~金曜午前7時)に生出演して、立憲民主党への入党の意向を明らかにした。  山尾氏は、倉持麟太郎弁護士とのダブル不倫疑惑を報じられて民進党を離党し、10月の衆院選に無所属で出馬して当選。現在は衆院の立民会派に属する。 パーソナリティーのタケ小山から「どの党、どの派閥に入るか、もう頭の中にあるのか」と聞かれると「立憲民主党が憲法についての当面の考え方を社会に提示したんです。 権力を縛って国民の人権をよ...
»続きを読む
カテゴリー:

【国政】立民、蓮舫氏入党なら…「史上最悪の宰相」菅氏率いた内閣再結集 - 12月16日(土)21:02  newsplus

夕刊フジ2017.12.16 http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171217/soc1712170005-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsTop 民進党の蓮舫元代表が、立憲民主党への入党を検討している。近く枝野幸男代表に会い、判断するという。立憲民主党の幹部は「菅直人内閣」の主要メンバーと重なる。蓮舫氏も同内閣で行政刷新相を務めただけに、もし入党となれば、立憲民主党の「菅直人内閣」イメージを強めることになりかねない。  「民進党がどこに歩んでいくのか、見えない。近く立憲民主党の枝野幸男代表に会い、どういう政党なのか、直接話...
»続きを読む
カテゴリー:

<民進・東北>混迷深める党再建策 戸惑う各県連 - 12月16日(土)06:05 

再建策を巡って混迷を深める民進党に対し、東北の各県連から戸惑いの声が上がっている。党本部は衆院選直後に当面の存続を決めたが、新党結成や党名変更による「解党的出直し」が突如浮上。「地に足を着けるべきだ」
カテゴリー:

【偉人】安倍首相はチャーチル氏やドゴール氏と並ぶ大指導者になる可能性★2 - 12月16日(土)03:25  newsplus

10月の衆院選勝利により、安倍政権はより磐石になった。だが、約5年の政権運営で積み残した課題があるのも事実だ。今度こそ、それを果たさねばならない。保守の重鎮・田久保忠衛氏(杏林大学名誉教授・日本会議会長)が、安倍首相に真の保守政治家としての奮起を期待し叱咤激励する。 * * * 北朝鮮の核開発において、鍵を握るのは中国だ。 中国が本気で対北制裁を行えばこの問題は解決する。だが、本腰を入れないのは北朝鮮を米国との取引材料にしようと目論んでいるからではないか。北朝鮮問題の解決と引き替えに、かねて中国が主張...
»続きを読む
カテゴリー:

安倍官邸に焦り「サンフランシスコは失敗だった。こういうことをしっかり防いでいかないといけない」 - 12月15日(金)23:31  news

自民党、目立つ鈍感ぶり 安倍晋三首相「サンフランシスコは失敗だった…」 歴史戦 自民党の歴史認識をめぐる感度が鈍い。 米サンフランシスコ市議会が慰安婦像と碑文の受け入れを決議したことへの対応は大幅に遅れ、 韓国政府がトランプ米大統領との晩餐(ばんさん)会で「独島エビ」を振る舞っても無言のままだった。 日本の名誉や国益を守るのは与党の重大な責務だ。 仕掛けられた「歴史戦」に立ち向かう戦略の再考が迫られる。 「サンフランシスコは失敗だった。こういうことをしっかり防いでいかないといけない」 安倍...
»続きを読む
カテゴリー:

【時事世論調査】来年の改憲発議、反対7割 内閣支持42%に減少 - 12月17日(日)00:11  newsplus

時事通信が8~11日に実施した12月の世論調査によると、憲法改正の発議を来年1月召集の通常国会で行うべきかどうかについて、「反対」が68.4%と7割近くに上った。安倍内閣の支持率は前月比2.8ポイント減の42.6%、不支持率は同1.0ポイント減の36.1%だった。 来年の改憲発議について、「賛成」は20.9%。これに対し、「改憲を急ぐことに反対」が51.3%、「そもそも改憲に反対」が17.1%で、反対意見の合計が賛成を大きく上回った。自民党支持者でも反対が50.6%と半数を超え、賛成は42....
»続きを読む
カテゴリー:

【偉人】安倍首相はチャーチルやドゴールと並ぶ大指導者になる可能性★3 - 12月16日(土)15:25  newsplus

10月の衆院選勝利により、安倍政権はより磐石になった。だが、約5年の政権運営で積み残した課題があるのも事実だ。今度こそ、それを果たさねばならない。保守の重鎮・田久保忠衛氏(杏林大学名誉教授・日本会議会長)が、安倍首相に真の保守政治家としての奮起を期待し叱咤激励する。 * * * 北朝鮮の核開発において、鍵を握るのは中国だ。 中国が本気で対北制裁を行えばこの問題は解決する。だが、本腰を入れないのは北朝鮮を米国との取引材料にしようと目論んでいるからではないか。北朝鮮問題の解決と引き替えに、かねて中国が主張...
»続きを読む
カテゴリー:

佐藤優×鈴木宗男が不安視する安倍自民の支持率との乖離「政局は世の中が思うほど安定していない」 - 12月16日(土)06:00 

鈴木宗男・新党大地代表と、元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏による対談講演会「東京大地塾」。 今回は自民党の圧勝に終わった衆院選後の政局、そして安倍首相との密接な関係を示したトランプ大統領の訪日とその後の韓国、ロシア訪問について分析する! * * * 鈴木 今回は8月以来の開催となります。10月22日に衆議院総選挙の投開票が行なわれました。私は残念ながら当選とはなりませんでしたが、娘の貴子は自民党の若手として出馬し、おかげさまで3回目の当選を果たしました。私も生涯政治家として、これからも政治活動をひたむきに続けていきたいと思っています。 さて、まずはその衆院選後の政局にまつわる分析から、佐藤さんにお願いしたいと思います。 佐藤 わかりました。正直なところ、今の政局は世の中が思うほど安定していないと思っています。国会議員の7割5分ほどが、かなり右寄りの考えを持っているという状況ですが、そのような政治情勢において、昨今話題になっているようなスキャンダルや暴言の類いは、政局を大きく揺るがす要因になりかねません。 加えて、安倍総理の支持率と、自民党の獲得議席数から見た支持率にも乖離(かいり)がありすぎる。このことは、党内政局を引き起こす...more
カテゴリー:

【偉人】安倍首相はチャーチル氏やドゴール氏と並ぶ大指導者になる可能性も - 12月16日(土)00:01  newsplus

夕刊フジ2017.12.15 http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171215/soc1712150026-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsTop  10月の衆院選勝利により、安倍政権はより磐石になった。だが、約5年の政権運営で積み残した課題があるのも事実だ。今度こそ、それを果たさねばならない。保守の重鎮・田久保忠衛氏(杏林大学名誉教授・日本会議会長)が、安倍首相に真の保守政治家としての奮起を期待し叱咤激励する。 北朝鮮の核開発において、鍵を握るのは中国だ。  中国が本気で対北制裁を行えばこの問題は解決する。だが、本腰を入れな...
»続きを読む
カテゴリー:

自民:落選の長崎氏が幹事長補佐 二階派・岸田派の火種に - 12月15日(金)23:22 

 自民党の二階俊博幹事長は15日、衆院選山梨2区で立候補し落選した長崎幸太郎元衆院議員を幹事長政策補佐に任命した。  同選挙区は公認争いがもつれ、自民党籍を持つ現職2人が「保守分裂選挙」を戦い、二階派の長崎氏は岸田派の堀内詔子氏に敗れた。
カテゴリー:

もっと見る

「衆院選」の画像

もっと見る

「衆院選」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる