「衆議院選挙」とは?

関連ニュース

衆院選1票の格差「合憲」 広島高裁松江支部 - 02月21日(水)15:03 

去年10月の衆議院選挙でいわゆる1票の格差が最大で1.98倍だったことについて、広島高等裁判所松江支部は「違憲の問題が生じる程度の著しい不平等状態にあったとは言えない」として、憲法に違反しないとする判決を言い渡しました。
カテゴリー:

【甲賀市選管不正】甲賀市選管不正 再発防止に揃いのジャンパー? - 02月17日(土)09:32  newsplus

去年の衆院選で白票が水増しされていた問題が発覚してから1週間。ずさんな管理態勢が明らかになってきました。  民主主義の根幹を揺るがす、選挙管理委員会による組織ぐるみの不正。去年の衆議院選挙で、滋賀県甲賀市の前の総務部長(57)ら3人は、開票の際、投票箱1つを紛失。そこで、あろうことか使っていない投票用紙を混ぜ、つじつま合わせをしていました。翌日、投票箱は見つかりましたが、入っていた数百票を開票せずに焼却していたことがわかっています。投票用紙を焼却した当時の総務課長(55)は、ABCの取材に、「迷惑をかけ...
»続きを読む
カテゴリー:

開票所に監視カメラ設置へ 無効票水増し問題で対策 滋賀 甲賀 - 02月14日(水)04:43 

去年の衆議院選挙の開票作業で、幹部3人が無効票の数を水増しする問題が起きた滋賀県甲賀市では、市の選挙管理委員会が、再発防止策として、次の選挙では開票所に監視カメラを取り付ける方針を固めました。
カテゴリー:

【滋賀】衆院選開票作業で選管がつじつま合わせ 甲賀 - 02月06日(火)00:22  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180205/k10011316191000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_023 2月5日 20時30分 去年10月に行われた衆議院選挙の開票作業で、滋賀県甲賀市の選挙管理委員会が小選挙区の投票数について、投票総数と開票所で実際に数えた票の数が食い違っていたのに、無効票を数百票水増ししてつじつま合わせをしていたことが市側への取材でわかりました。選挙の結果に影響はないということですが、報告を受けた滋賀県は詳しいことがわかりしだい、国に報告するとしています。 滋賀県甲賀市の選挙管...
»続きを読む
カテゴリー:

民進党「国民の皆様に深く謝罪します」 - 01月29日(月)22:27  news

希望との合流“誤った判断” 民進が総括 活動方針など素案 民進党は今後の活動方針などの素案をまとめ、去年の衆議院選挙で希望の党との事実上の合流を決めたことは党の分裂や混乱を招き誤りだったと総括したうえで、 立憲民主党や希望の党との合流を積極的に模索していくことなどを盛り込んでいます。 民進党が来月4日に開く党大会を前にまとめた今後の活動方針などの素案では、去年の衆議院選挙で希望の党との事実上の合流を決めたことについて、 「党の分裂や混乱を招き、結果的に誤った判断だったと結論づけざるをえない」と...
»続きを読む
カテゴリー:

【不正選挙】開票所に監視カメラ設置へ 無効票水増し問題で対策 滋賀 甲賀 - 02月18日(日)10:00  newsplus

去年の衆議院選挙の開票作業で、幹部3人が無効票の数を水増しする問題が起きた滋賀県甲賀市では、市の選挙管理委員会が、再発防止策として、次の選挙では開票所に監視カメラを取り付ける方針を固めました。 滋賀県甲賀市では、去年10月の衆議院選挙の開票作業で、投票総数よりも、開票所で実際に数えた票数が数百票少なくなり、選挙管理委員会の事務局長だった当時の総務部長など幹部3人が、無効票を水増ししてつじつまを合わせていたことが明らかになっています。 市の選挙管理委員会は、再発防止策の検討を進めた結果、次の選...
»続きを読む
カテゴリー:

連合、旧民進党出身の国会議員中心とする勉強会設立 - 02月17日(土)06:57 

 去年の衆議院選挙の直前に分裂した民進党の最大の支持母体である労働組合の中央組織「連合」が、旧民進党出身の国会議員を中心とする勉強会を設立させました。分裂した党の再結集を促す狙いがあります。
カテゴリー:

【甲賀市選挙不正】衆院選の投票用紙燃やした疑い 滋賀 甲賀市幹部 不正隠す意図か 警察が公職選挙法違反の疑いで調査 滋賀 - 02月07日(水)05:14  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180207/k10011318351000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003 2月7日 5時05分 去年の衆議院選挙の開票作業で、滋賀県甲賀市の選挙管理委員会が無効票の数を水増しして集計していた問題で、市の幹部が開票終了後に見つかった票を自宅に持ち帰って燃やしていたことが、捜査関係者への取材でわかりました。警察は不正の発覚をおそれて燃やしたと見て、公職選挙法違反の疑いで任意で調べを進めています。 滋賀県甲賀市では、去年10月に行われた衆議院選挙の開票作業で、各投票所ごとの...
»続きを読む
カテゴリー:

【また安倍のせい】 昨年の衆議院選挙で、選管が開票結果を捏造してた事実が判明 票数を水増し 滋賀 - 02月05日(月)19:29  news

衆院選開票で無効票を水増しか 去年10月、滋賀県甲賀市で行われた衆議院選挙の小選挙区の開票作業で、投票総数と 実際に数えた票数が食い違っていることに気づいた市の選挙管理委員会の職員が、 つじつまを合わせるために無効票の数を水増しして集計していたことが市への取材でわかりました。 選挙結果に影響はないということですが報告を受けた滋賀県は詳細がわかりしだい、国に報告するとしています。 問題が発覚したのは、去年10月に滋賀県甲賀市で行われた衆議院選挙・滋賀4区の小選挙区の 開票作業です。 市の選...
»続きを読む
カテゴリー:

【政党】「希望の党との合流は誤った判断だった。国民に深く謝罪する」民進党が総括 - 01月29日(月)05:10  seijinewsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180129/k10011306331000.html 民進党は今後の活動方針などの素案をまとめ、去年の衆議院選挙で希望の党との 事実上の合流を決めたことは党の分裂や混乱を招き誤りだったと総括したうえで、 立憲民主党や希望の党との合流を積極的に模索していくことなどを盛り込んでいます。 民進党が来月4日に開く党大会を前にまとめた今後の活動方針などの素案では、 去年の衆議院選挙で希望の党との事実上の合流を決めたことについて、 「党の分裂や混乱を招き、結果的に誤った判断だったと結論づけざる...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「衆議院選挙」の画像

もっと見る

「衆議院選挙」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる