「融資枠」とは?

関連ニュース

【東芝メモリ】東芝幹部「鴻海なら楽だった」 半導体「日米韓連合」に売却決定、迷走8カ月 - 09月21日(木)08:18  newsplus

東芝メモリの売却先は日米韓連合に  「東芝メモリ」の売却先が20日、「日米韓連合」に決まった。東芝が売却方針を表明してから8カ月。迷走の末に、しびれを切らした取引銀行に期限を区切られ、「見切り発車」での決着となった。売却差し止めの訴訟を抱え、独占禁止法上の審査もこれからだ。  「契約までは安心できない」。20日、買い手に決まった「日米韓連合」を主導する米投資ファンドのベインキャピタル関係者は気を引き締めた。これまで東芝は方針転換を重ねてきただけに、不安が残る。  東芝が決断したのは、支援を...
»続きを読む
カテゴリー:

旅工房、りそな銀行とコミットメントライン契約 総額5億円 - 09月10日(日)05:16 

旅工房は、りそな銀行と総額5億円のコミットメントライン契約を締結した。 締結日は9月11日で契約期間は1年間。これにより金融機関7行から総額21億円のコミットメントライン契約や当座貸越契約を締結したことになる。 コットメントラインは融資限度額や契約期間の範囲内で、融資の実行が契約金融機関で確約された融資枠。必要な資金を必要な時期に融資枠の範囲内で機動的に調達できることから、事業戦略の積極的に推進でき、財務の安定性向上に繋がるとしている。 旅工房では、2018年3月期連結業績への影響は軽微としている。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

【持ち家派必見】老後資金の心配が軽減!?「リバースモーゲージ」のメリットとデメリット - 09月16日(土)10:30 

現代の子育て世代は「老後」のことをどう考えているのでしょうか。 【お金】老後の不安解消! 知らないと損する「銀行の使い方」 そんな先のことをどうするかよりも、今の生活を維持させることに精一杯で、今をどうするかしか考えられない人も多いと言います。 しかし、確実に子育て世代に降りかかってくると言われているのが「年金問題」。人生100年時代を乗り切るためには、老後資金のことも今から考え計画していかなければならないのです。 子育て世代はどうしても目先の「居住費」や「教育費」ばかり気にしてしまいがちですが、今の子育て世代は、退職金や年金など何も保証されていないことから、60代以降の人たちよりも、お金に対する知識や勉強が必要になります。 老後のお金にまつわる不安を解消していくためには、今からお金の仕組みや制度などを勉強し、将来お金に困らないような選択をしていくべきなのです。 そこで今回は、そんなお金に対する知識の1つとして、老後資金を捻出するための制度をご紹介したいと思います。 この制度は、居住費とも深く関わるため、今の子育て世代にも大きく関係すると言われていますが、その制度とはどんな制度なのでしょうか。宅建士である筆者がお伝えします。 「持ち家派」必見!自宅を持っていれば老後資金に困らない? 子育て世代は「持ち家」か「賃貸」かで悩む時期でもあります。 持ち家にも賃貸にもそ...more
カテゴリー:

「融資枠」の画像

もっと見る

「融資枠」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる