「蝶野正洋」とは?

関連ニュース

武藤敬司のレスラー人生を決定づけた秘話も…蝶野正洋がMC - 05月23日(火)17:00 

蝶野正洋が、5月 27日(土)19:30からCSテレ朝チャンネル2にて放送される『ワールドプロレスリング オレの激闘!ベスト5』に、MCとして出演する。同番組は、新日本プロレスで名を馳せたレジェンドレスラーが、自らのべストマッチ5試合を選び、当時の心境や思い出、今だから話せることなど映像を見ながら当時を振り返るもの。 毎回 、激闘の5試合をノーカットで紹介していく。(不定期放送)今回のゲストは、今なおレスラーとして現役で、33年目を迎えた武藤敬司。これまでのレスラー生活の中の激闘で、最も心に残る5試合を本人が選出。若き日の自身の感想やレスラー人生を決定づけた話など、武藤ファンは必見だ! そして、プロレス界を長年背負ってきた重鎮、武藤&蝶野ならではの話の展開にも注目があつまる。 関連リンク 棚橋弘至、仮面ライダ―愛を熱弁! 棚橋弘至選手「インテリな部分が出てしまいました」 “真っ黒”化したテレ朝DにU字工事「なんか笑っちゃう…」 公式サイト
カテゴリー:

梅宮アンナ「港区は私から言わせると田舎、練馬?練馬は地方、三多摩地区は行くと旅した気分になる♪」 - 05月16日(火)22:20 

http://news.livedoor.com/article/detail/13067817/ 梅宮アンナ 東京都港区のイメージに痛烈「私から言わせると『田舎』」 15日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、梅宮アンナが、東京都港区を「田舎」と発言をした。 番組では、「足立区と港区 住むならどっちが幸せか?」という「週刊現代」の話題を取り上げた。そして、足立区を「庶民」、港区が「セレブ」と分類していた。 この話題に梅宮は、まず「港区も私から言わせると『田舎』!?」とバッサリ切り捨てる。そして、自身の出身である渋谷区松涛(しょうとう)が...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】<梅宮アンナ> 東京都港区のイメージに痛烈!「私から言わせると『田舎』」練馬区「あぁ、もう『地方』」 - 05月16日(火)12:14 

15日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、梅宮アンナが、東京都港区を「田舎」と発言をした。 番組では、「足立区と港区 住むならどっちが幸せか?」という「週刊現代」の話題を取り上げた。そして、足立区を「庶民」、港区が「セレブ」と分類していた。 この話題に梅宮は、まず「港区も私から言わせると『田舎』!?」とバッサリ切り捨てる。そして、自身の出身である渋谷区松涛(しょうとう)が一番だと胸を張る。梅宮は港区に住んだことがあるそうだが、「田舎を感じて止めました」とのこと。港区は「ギラギラが多すぎる」と...
»続きを読む
カテゴリー:

【WJN】プロレス総選挙 古今東西 好きなレスラー100(3) - 05月14日(日)17:33 

 三沢光晴にはプロレスの巧さへの称賛とともに、リング禍による不慮の死を惜しむ声も多々寄せられた。  「エルボーを主体とした試合の組み立てや必殺のエメラルド・フロウジョンなど、独創性が高くプロレスセンスの塊だった」(46・男)  「自ら旗揚げしたノアを背負う責任感が、死につながったのかもしれません」(44・女)  “ノアの絶対王者”小橋建太には、40代前半からの票が集まった。  「プロレスラーという以前に、小橋建太という人間の努力と根性、生き様が好きです」(41・女)  “破壊王”橋本真也にも根強いファンは多い...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】梅沢富美男が自身のテレビ出演に自虐発言「どうせ老害ですから」 - 05月06日(土)01:58 

4日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、梅沢富美男が、自虐発言を連発した。 「今夜は寝れ9!!」のコーナーでは、週刊ポストの記事「おっさん選手の大爆発」が紹介された。記事では、今期のプロ野球序盤戦の状況について、ベテラン選手が主役クラスの活躍をしているのだという。 MCの蝶野正洋と野球評論家・金村義明氏が、ひと通りの話をすると、フリーアナウンサーの阿部哲子が「現在テレビ界を席巻されている梅沢さんも!」と梅沢にコメントを求めた。 すると梅沢は「最近ちょっとお仕事たくさんいただいてますけど」と前...
»続きを読む
カテゴリー:

武藤敬司のレスラー人生を決定づけた秘話も…蝶野正洋がMC - 05月23日(火)14:11 

蝶野正洋が、5月 27日(土)19:30からCSテレ朝チャンネル2にて放送される『ワールドプロレスリング オレの激闘!ベスト5』に、MCとして出演する。同番組は、新日本プロレスで名を馳せたレジェンドレスラーが、自らのべストマッチ5試合を選び、当時の心境や思い出、今だから話せることなど映像を見ながら当時を振り返るもの。 毎回 、激闘の5試合をノーカットで紹介していく。(不定期放送)今回のゲストは、今なおレスラーとして現役で、33年目を迎えた武藤敬司。これまでのレスラー生活の中の激闘で、最も心に残る5試合を本人が選出。若き日の自身の感想やレスラー人生を決定づけた話など、武藤ファンは必見だ! そして、プロレス界を長年背負ってきた重鎮、武藤&蝶野ならではの話の展開にも注目があつまる。 関連リンク 棚橋弘至、仮面ライダ―愛を熱弁! 棚橋弘至選手「インテリな部分が出てしまいました」 “真っ黒”化したテレ朝DにU字工事「なんか笑っちゃう…」 公式サイト
カテゴリー:

【テレビ】<梅宮アンナ> 東京都港区のイメージに痛烈!「私から言わせると『田舎』」練馬区「あぁ、もう『地方』」 ★2 - 05月16日(火)18:28 

15日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、梅宮アンナが、東京都港区を「田舎」と発言をした。 番組では、「足立区と港区 住むならどっちが幸せか?」という「週刊現代」の話題を取り上げた。そして、足立区を「庶民」、港区が「セレブ」と分類していた。 この話題に梅宮は、まず「港区も私から言わせると『田舎』!?」とバッサリ切り捨てる。そして、自身の出身である渋谷区松涛(しょうとう)が一番だと胸を張る。梅宮は港区に住んだことがあるそうだが、「田舎を感じて止めました」とのこと。港区は「ギラギラが多すぎる」と...
»続きを読む
カテゴリー:

みんながみんなそれぞれにプロレスの定義を探している――フミ斎藤のプロレス読本#002 - 05月16日(火)08:51 

 199X年  藤波辰爾がこんなことをポツリともらしたのを聞いたことがある。 「プロレスって、いったいなんなのかなあって考えちゃうことがありますよ」  藤波さんのような大ベテランがそうなのだから、プロレスとはこうこうこういうものであるという“定義”を理路整然と説明できる人なんて、この世にいないのではないだろうか。  かつて、旧ソ連から初のプロレスラーが誕生することになったとき、アントニオ猪木はモスクワのアマチュア・レスリング関係者にプロレスというジャンルについてこう説明したとされる。  プロのレスリングは4つの要素から構成されている。まずはじめに「攻撃」。ふたつめが「受け身」。それから「感性と表現力」。そして最後に「信頼」。  まだプロレスというものをいちども観たことがなかった旧ソ連サイドがこの4つの概念をどんなふうに受け止め、どういったレベルでそれを理解したのかはいまとなってはわからない。  これはプロレスを“やる側”の先輩が、これからそれを“やる側”になるアスリートたちに伝えた心がまえのようなものだったのだろう。  プロレスにかかわっている人たちは、みんながみんなそれぞれにプロレスの定義を探していて、みんながみんなそれぞれのプロレス観(らしきもの)を身につけている。  じっさいにプロレス(の試合)を体感できない“観る側”は、実生活のなかでのもろもろの体験――原...more
カテゴリー:

里崎智也氏、起床から28分で生解説 寝坊もギリギリセーフ「起きたらすごい時間だった」 - 05月14日(日)10:27 

 野球解説者の里崎智也氏が、14日に日本テレビ系『シューイチ』(毎週日曜 前7:30)に生出演したが、寝坊のためスタジオにギリギリで飛び込んでいたことをエンディングで明かした。 【写真】不満タラタラ?マントをつけて登場した東野幸治  里崎氏は8時31分から始まったスポーツコーナーの解説者として出演し、特に慌てた様子を見せずに冷静に前日の野球の試合について生解説を披露。しかし、実はこの日の「8時3分」に起床し、「1分で家を出た」ことを番組の最後に白状した。  出演3分前にスタジオに到着し、野球コーナーの打ち合わせがまったくできなかったが、初見にもかかわらずVTRに的確に解説していたため、MCの中山秀征も「ノー打ち合わせだったんですか」と笑いながら驚き。無事に乗り切った里崎氏は「起きたら、すごい時間だった」と笑顔で振り返っていた。 【関連記事】 蝶野正洋『バラいろダンディ』新MC初日に大遅刻で欠席 (17年01月04日) 東野幸治、イベント遅刻の“演出”暴露した蛭子にあきれ顔「プロレスしましょうよ」 (17年03月24日) のん、監督遅刻で15分間雑談 出演映画の影響で「すぐにお腹がすくように…」 (16年12月16日) 野球解説者・里崎智也、辛口発言も「事実を言っているだけ」 (17年05月03日) 蛭子能収、今後は画業メインに タレントに未練も…「楽に稼げる」 (17年0...more
カテゴリー:

尾を引く「プロレス総選挙」問題.、納得いかぬ昭和者が再集計したランキングはこれだ - 05月04日(木)10:58 

エキサイトレビュー 2017年5月4日 10時00分 ライター情報:寺西ジャジューカ http://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20170504/E1493826639440.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter&utm_campaign=excitejapan 『現役・OBレスラー200人&ファン1万人がガチで投票! プロレス総選挙』(テレビ朝日系)が、業界内で尾を引いている。3月に放送された特番だが、いまだファンの間では喧々諤々。 「なぜ、あのレスラーが入ってないんだ!」「このレスラーより、あのレスラーの方が上位だなんて納得いかない!」と、ポジテ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「蝶野正洋」の画像

もっと見る

「蝶野正洋」の動画

Wikipedia

蝶野 正洋(ちょうの まさひろ、1963年9月17日 - )は、日本男性プロレスラー。本名:同じ。アメリカ合衆国ワシントン州シアトル生まれ、東京都三鷹市育ち。闘魂三銃士の1人。

1984年、新日本プロレス入門。同年10月5日、越谷市立総合体育館における武藤敬司戦でデビュー。87年3月に海外遠征に出発。89年10月に帰国後、91年8月、第1回G1クライマックスに優勝し大躍進を遂げる。G1は前人未到のV5を達成し、92年8月には第75代NWAヘビー級王座を奪取。96年にはnWo JAPANを設立して一大ムーブメントを起こし、その後、TEAM 2000を結成。2010年2月にデビュー以来26年所属していた新日本プロレスを離れ、2010年より後述...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる