「蜷川幸雄」とは?

関連ニュース

『電波少年』を生んだ土屋敏男が欽ちゃんに密着して映画監督デビュー「萩本欽一はテレビの神様なんです」 - 10月18日(水)08:54 

 11月3日から公開される映画『We Love Television?』の監督を務めた日本テレビ・シニアクリエイターの土屋敏男。かつて『進め!電波少年』で「アポなしロケ」「ヒッチハイクの旅」「懸賞生活」などさまざまな名物企画を世に送り、ドキュメント・バラエティブームを巻き起こした男が、今度は自ら師と仰ぐコメディアン・萩本欽一の6年間を追ったドキュメンタリー映画を公開。テレビの本質に迫るその創作秘話とは? ――’11年1月から欽ちゃんを追い続けておよそ丸6年。なぜ今このタイミングで公開となったのですか。 土屋:実は公開が決まったのは昨年なんです。一度、それまでに撮りためていた映像で作ったんだけど、最新の萩本欽一が欲しくなってNHK-BSのコント番組を追加で撮りにいった。そしたらこれぞ萩本欽一の本質!という映像が撮れてしまって……。そう考えると、むしろ公開は’17年の秋である今しかなかったと思います。 ――萩本欽一を語る上で、“狂気”というフレーズがよく用いられますが、偶然、ニュースで見かけた小学生を番組に起用するなど、本作でもその一端が垣間見えました。 土屋:そんなの序の口ですよ。僕は欽ちゃんの前にテリー伊藤さんと出会ってますが、あの人も相当な狂気の持ち主。萩本欽一はファミリー路線に見えるけど、別の狂気ですね。 ――どのような違いがありますか? 土屋:テリーさんは蜷川幸雄...more
カテゴリー:

図書館利用してる? ノーベル文学賞で「読書の秋」意識する人が増加か - 10月09日(月)06:30 

(CreativaImages/iStock/Thinkstock)5日、今年のノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏の受賞が発表され、書店では同氏の作品が完売するなど、大きな話題となっている。代表作のひとつ『日の名残り』は、1993年にアンソニー・ホプキンスが主演し、イギリスで映画化され、翌1994年に日本でも公開された。また、『わたしを離さないで』も2010年イギリスで、キャリー・マリガン、アンドリュー・ガーフィールド、キーラ・ナイトレイを主演に映画化。日本国内では2014年に多部未華子が主演し、蜷川幸雄氏の演出による舞台化や、2016年は綾瀬はるか主演でドラマ化され、同氏の名前をこうした作品の原作者として知った人も多いはず。そんなカズオ・イシグロ氏のノーベル文学賞という大きなトピックスで、にわかに書店を訪れる人が増えたり、「読書の秋」を意識したりする人は少なくなさそう。■読書の秋を図書館で書店で本を購入する、ネットで注文して買う、電子書籍でダウンロード…と、本を入手する方法はさまざまだが、購入するのではなく「借りる」のも本を読む方法のひとつ。しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,349名を対象に「図書館が好き」か、意識調査を実施した。全体では「大好き」20.7%と「まあまあ好き」43.2%で「図書館が好きな人」は6割超えの63.9%、「あまり好きではない」2...more
カテゴリー:

松本潤、行定勲監督に感謝「こういうやり方もあるんだと広げてもらった」 - 10月08日(日)07:00 

2006年版「この恋愛小説がすごい!」の第1位に輝いた作家・島本理生による禁断の純愛物語を、嵐の松本潤主演で映画化した「ナラタージュ」が10月7日に全国公開を迎え、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた初日舞台あいさつに、松本、有村架純、坂口健太郎、大西礼芳、古舘佑太郎、行定勲監督が登壇した。 【写真を見る】シースルーのセクシーなドレスで登場した有村架純/(C)2017「ナラタージュ」製作委員会 本映画は、高校教師と生徒として出会った葉山(松本)と泉(有村)が、時がたって再会。決して許されはしないが、一生に一度しか巡り会えない究極の恋に落ちるという物語だ。この日の舞台あいさつの模様は、全国129の劇場へ生中継された。 葉山役の松本は「この映画を通して、これまでやってきたこととは違う表現の方法もあるということを学んだ。役として何かを表現するときに、こういうやり方もあるんだと、行定監督に広げてもらった作品。監督に感謝です」と俳優としての成長を実感していた。 また、葉山との禁断のラブシーンに体当たりで挑んだ有村は「これまで正統派な役が多かった中で、このような作品の色や役柄は初めてでした。自分としても選んでいただいたことがうれしかったし、光栄に思います。23歳という年齢でこの作品を残せたことは、今後も自分にとって大切なものになる」としみじみと振り返る。 そんな体当たりの有村に、大西...more
カテゴリー:

【テレビ】嵐・松本潤、蜷川幸雄から「この不感症が!」と言われて…… - 10月02日(月)05:24  mnewsplus

2017年10月1日(日) 10時11分 嵐・松本潤、蜷川幸雄から「この不感症が!」と言われて……  1日に放送されたトーク番組「ボクらの時代」(フジテレビ系)で、嵐・松本潤が過去の挫折経験を語った。  この日のゲストは、松本、さらには彼を主演にした映画「ナラタージュ」の行定勲監督、松本と交流があるロックバンド・RADWIMPSの野田洋次郎という3人。  映画「君の名」主題歌「前前前世」のヒットで一躍有名になったRADWIMPSだが、行定から挫折経験を聞かれた野田は、部屋にずっとこもって3年かけて作ったアルバムが不発だった...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】勝地涼、小栗旬・藤原竜也とのケンカ秘話 - 役者同士でぶつかるワケとは - 09月23日(土)04:58  mnewsplus

[2017/09/22] 勝地涼、小栗旬・藤原竜也とのケンカ秘話 - 役者同士でぶつかるワケとは 俳優の勝地涼(31)が、22日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『ダウンタウンなう』(毎週金曜21:55~22:52)のコーナー「本音でハシゴ酒」にゲスト出演し、役者とのケンカエピソードを明かした。 「もしかして面倒な男? 勝地涼の生態」と題したフリップで、役者同士のケンカの話に。過去には「上に噛み付いた方がいいんじゃないか」と思っていた時期があり、酒席では先輩俳優と言い争いになることもあったという。 勝地いわく、小栗旬(34)...
»続きを読む
カテゴリー:

アントン・イェルチン、偲ぶ会にJ・ローレンスや『スター・トレック』キャストら参加 - 10月10日(火)12:45 

 2016年6月に不慮の事故により27歳の若さで死去した俳優アントン・イェルチン。現地時間8日に埋葬先の墓地、ロサンゼルスのハリウッド・フォーエバー・セメタリーでアントンを偲ぶ会が開催され、ジェニファー・ローレンスや、アントンが出演した映画『スター・トレック』シリーズのJ・J・エイブラムス監督らが参列した。Us WeeklyやPeopleなどの海外メディアが伝えた。【関連】「アントン・イェルチン」フォトギャラリー 2016年6月に自分の車に押しつぶされるという悲運の死を遂げたアントン。8日のアントンを偲ぶ会では、アントンを追悼して彼の銅像と祈念碑が公開され、数々の花で埋め尽くされた。また、『スター・トレック』でパヴェル・チェコフを演じたアントンの大きな垂れ幕がセットアップされ、幼い頃のアントンの写真も飾られていたようだ。 会場には、ほかに『スター・トレック』で共演した女優ゾーイ・サルダナやサイモン・ペッグ、ジョン・ヴォイド、デミ・ムーア、アントンの2015年の主演映画『グリーンルーム』の監督ジェレミー・ソルニエなども訪れた。 Peopleによると、ゾーイはスピーチの中で「ほろ苦さを感じます。私たちはアントンを思いここに集いましたが、その彼が一緒にいないからです。でも私たちの中で彼が生き続けるのだと思うと、ほろ苦さは少し軽くなります」とアントンを追悼した。 アントンの葬儀は2016年...more
カテゴリー:

苦楽を共にした菅田将暉&ヤン・イクチュンが垣間見せた、揺るぎないつながり - 10月08日(日)12:00 

 寺山修司の唯一の長編小説を映画化した「あゝ、荒野」で菅田将暉とヤン・イクチュンは孤独と闘い、自身の存在価値を見いだすためにボクシングに打ち込んだ。鍛え上げられたしなやかな筋肉が躍動し、互いの思いが交錯する2人の戦いは凄絶で切なく、そして美しい。  菅田は当然、リアルタイムでは寺山修司にふれていないが、蜷川幸雄氏が2011年に「あゝ、荒野」を「嵐」の松本潤、小出恵介主演で舞台化。自身も2014年に蜷川氏の舞台「ロミオとジュリエット」に主演しただけに、オファーには運命的なものを感じずにはいられない。  「今思えば、蜷川さんのことを思い出しましたね。見てほしかったなあという気持ちもありつつ、どこかで届けという思いもあったのかなと」  少年院から出たばかりで家も職もなく行き場のない怒りに身を任せて生きる沢村新次と、きつ音と対人恐怖症に悩み自我を解放させたいと願う二木建二。2人は元ボクサーの堀口の誘いでボクシングと出合い、プロを目指していく。  09年に監督・主演の「息もできない」で世界に衝撃を与えたヤンは、同作を配給したスターサンズの社長で今回の企画・製作を務める河村光庸氏が韓国まで持ってきた企画書に心動かされた。  「すごく肉体的で本能的な作品になるんじゃないかと。最近の映画は派手なものが多いけれど、これはちょっと原始的な匂いもする。年齢的にも40歳くらいだったのでなかなかで...more
カテゴリー:

【ノーベル賞】カズオ・イシグロ氏のベストセラー「わたしを離さないで」 世界のニナガワも演出 - 10月05日(木)21:26  newsplus

産経ニュース2017.10.5 20:55更新 http://www.sankei.com/life/news/171005/lif1710050038-n1.html  昨年亡くなった世界的演出家、蜷川幸雄さんも平成26年、カズオ・イシグロさんのベストセラー長編を舞台化した「わたしを離さないで」を演出した。  原作では英国が舞台だった物語を日本に移し、ヘールシャムと呼ばれる外界と隔絶された寄宿学校に暮らす少年少女たちを描いた。  主演は俳優、多部未華子さん(28)、三浦涼介さん(30)、木村文乃さん(29)の3人。近未来の閉塞(へいそく)感漂う状況で生きる若者の...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】鈴木砂羽より凄かった? テリー伊藤の"鬼演出家"エピソードを振り返る - 09月29日(金)07:52  mnewsplus

女優の鈴木砂羽が自らが主演、演出を手がけた舞台『結婚の条件』において、開幕直前に鳳恵弥と牧野美千子の2名の女優が降板し話題となっている。 2人は鈴木から「人道にもとる数々の行為」を受けたと告発。土下座強要などが話題となったが、鈴木側は否定している。 世間では批判されるも、芸能界からは演出行為は厳しさを含むものとして鈴木を擁護する声も多い。 確かに2016年に亡くなった蜷川幸雄の「灰皿投げ」など過激な演出手法が取りざたされることもある。 鬼演出家だったテリー伊藤 そして90年代、テレビの世界にも鬼演出...
»続きを読む
カテゴリー:

「蜷川幸雄」の画像

もっと見る

「蜷川幸雄」の動画

Wikipedia

蜷川 幸雄(にながわ ゆきお、1935年10月15日 - 2016年5月12日)は、日本演出家映画監督俳優桐朋学園芸術短期大学名誉教授

来歴

埼玉県川口市本町出身。両親は富山県出身(父親は旧上新川郡大久保町出身、母親は富山市小中出身)。生家は洋服店で、父親は川口オートのオーナーだったことがある。小中学生時代は近所に下宿していた後の立教大学総長浜田陽太郎が家庭教師であった。

蜷川は1年留年して開成高等学校を卒業、画家を志して東京芸術大学...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる