「藤木直人」とは?

関連ニュース

大人も感情移入できる『リメンバー・ミー』、ピクサー流のストーリーの考え方とは - 02月24日(土)15:00 

 陽気でカラフルな“死者の国”を舞台にした大冒険を描くディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』 。本作の主人公は、ミュージシャンを夢見るも、先祖代々で音楽を禁じられている12歳の少年ミゲル。同作を手掛けたエイドリアン・モリーナ共同監督いわく、ストーリー作りには“キャラクターの欲求を描く”というピクサー流の秘密があると語っている。【写真】映画『リメンバー・ミー』来日イベントフォトギャラリー これまでもディズニー/ピクサーは『トイ・ストーリー』、『モンスターズ・インク』、『ファインディング・ニモ』など、主人公がおもちゃやモンスターであっても、涙せずにはいられない感動的なストーリーで人々を魅了してきた。最新作『リメンバー・ミー』も同様だ。モリーナ共同監督は、12歳の少年ミゲルに大人も感情移入できるようにするために「とても重要だったことは“キャラクターの欲求を描く”ということだった。ミゲルが何をしたいのか、観客に理解してもらうことで共感してもらえると思ったよ」と明かす。だが、次なる課題として、今度は観客がミゲルを応援したくなるようにするにはどんな行動を見せれば…と、ミゲルの描き方について頭を悩ませたそうで「台詞で言わせることではない説得力のある行動が必要だったんだ」と述懐する。  頭を悩ませた結果、製作陣は、ミゲルの音楽をやりたい気持ちを“台詞で言うのではなく歌で表現する”ということ...more
カテゴリー:

藤木直人「石橋陽彩の歌声は金メダル」 石橋「憧れの藤木さんと一緒に演奏できてうれしい」 - 02月21日(水)18:01 

 映画『リメンバー・ミー』の来日イベントが21日、東京都内で行われ、リー・アンクリッチ監督、エイドリアン・モリーナ共同監督、日本語版ボイスキャストの石橋陽彩、藤木直人、松雪泰子が出席した。  『トイ・ストーリー3』のアンクリッチ監督が手掛けた本作は、ミュージシャンを夢見る少年ミゲルが、陽気な「死者の国」で冒険を繰り広げる姿を描いた感動のファンタジーアドベンチャー。  本作は、世界で大ヒットを記録している。ヒットの要因を聞かれたモリーナ監督は「スタジオで製作しているときから、どのアーティストたちも、背景は違えども、共感する度合いは同じ。自分の祖先とつながる、自分の人生にとって大切な人が亡くなった後も忘れない責務といったものは、人間全体に伝わる、普遍的なものだと感じました」と分析した。  アンクリッチ監督は「美しくシンプルな物語をつづることに一生懸命だったので、どんな成績とか受賞とかは考えていなかった。でも世界中で温かく受け入れられたことに感謝しています」と喜んだ。  この日は、ミゲルの声を務めた石橋が、藤木のギター演奏で主題歌「リメンバー・ミー」を披露した。アンクリッチ監督が「素晴らしかったので、ハグさせてください」とその歌声を絶賛すると、松雪も「目の前で、初めて聞くことができて感動しました。素晴らしかったです」とうっとりした様子で語った。  石橋は「こんなに大勢の前で歌うのは、すご...more
カテゴリー:

藤木直人、『リメンバー・ミー』生演奏で指プルプル 主人公の子役と初パフォーマンス - 02月21日(水)17:22 

 藤木直人と松雪泰子、石橋陽彩、リー・アンクリッチ監督、エイドリアン・モリーナ監督が21日、都内で行われた映画『リメンバー・ミー』来日イベントに登場し、藤木のギター生演奏で石橋が本作の主題歌を披露。藤木は「この5年で一番緊張しました。指がプルプルした」と苦笑いで明かした。【写真】映画『リメンバー・ミー』来日イベントフォトギャラリー 本作は、『トイ・ストーリー3』を生んだリー監督とエイドリアン共同監督による死者の国を舞台にした最新作。何世代にもわたる“家族のつながり”をテーマに、死者の国に迷い込んだミュージシャンを夢見る少年ミゲルの冒険を描く。本国アメリカでは、公開から3週連続No.1を獲得し、ゴールデン・グローブ賞も受賞するなど大ヒットを記録。アカデミー賞では長編アニメーション賞と主題歌賞にもノミネートされており、受賞最有力との呼び声も高い。 本作で主人公・ミゲルの吹き替えを担当した石橋は「最初は緊張と不安しかなかったけど、ミゲルの気持ちと一体化して演じられたと思う」と自信をのぞかせる。一方、ミゲルの相棒・ヘクター役の藤木は「オリジナルのヘクターが豊かな、素晴らしい表現をしていたので、それに少しでも近づけるように頑張りました」と明かし、「子供にとってもキャッチーですが、大人が見ても感動的。むしろ大人の人に観てもらいたい」と本作への思いを語った。また、イメルダ役の松雪は「衝撃を受ける...more
カテゴリー:

石橋陽彩&藤木直人の「リメンバー・ミー」生演奏に監督たちも感無量!「みなさん共素晴らしかったし、関わってくれて嬉しく思う」と賛辞を送る - 02月21日(水)17:01 

松雪泰子、エイドリアン・モリーナ共同監督、リー・アンクリッチ監督、石橋陽彩、藤木直人 ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』は、カラフルな“死者の国”を舞台に、何世代にもわたる“家族のつながり”をテーマにした物語。アメリカでは公開から3週連続No.1、メキシコでは歴史上興収第1位を獲得するな...
カテゴリー:

藤木直人、ギター生演奏に緊張「指ぷるぷるしました」 - 02月21日(水)16:56 

俳優の藤木直人が21日、都内で行われたディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』(3月16日公開)の来日記者会見に出席し、ギターの生演奏を披露した。
カテゴリー:

【ピクサー】『リメンバー・ミー』監督来日レポ ミゲル役石橋さんが歌声を披露!名曲「リメンバー・ミー」誕生秘話 - 02月23日(金)06:30 

ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』が2018年3月16日(金)日本公開。 陽気なガイコツだらけの“死者の世界”!ピクサー最新作『リメンバー・ミー』特報 リー・アンクリッチ監督とエイドリアン・モリーナ共同監督による来日記者会見が行われました。 リー・アンクリッチ監督が8年ぶりの来日! 『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチ監督による最新作『リメンバー・ミー』。 リー監督は『トイ・ストーリー3』以来8年ぶり、エイドリアン共同監督は『モンスターズ・ユニバーシティ』以来5年ぶりの来日となりました。 リー・アンクリッチ監督は、「エイドリアンと私はこの作品を6年かけて作りました。愛をもって作った作品をやっとお届けできる喜びを伝えられればと思います。」 エイドリアン・モリーナ共同監督は「自分の祖先に愛を表現したい気持ちは世界でも変わらないんだなと実感しています。」とコメントしました。 監督と父との関係 リー監督は、『リメンバー・ミー』という家族の物語を制作する点での自身の経験について語りました。 「私が制作中に心配だったことは、高齢の父に映画を見せられるかということでした。 公開時には父は映画館に行ける体力はありませんでした。 そこで、父の家を訪ね、パソコンで映画を見せることができました。 その数日後に父は亡くなりました。 これは一生忘れられない瞬間で...more
カテゴリー:

ピクサー新作「リメンバー・ミー」監督、アカデミー賞よりも大切なことは? - 02月21日(水)18:00 

 ディズニー/ピクサーの新作「リメンバー・ミー」の会見が2月21日、東京・日比谷のペニンシュラ東京で行われ、来日中のリー・アンクリッチ監督、エイドリアン・モリーナ共同監督、日本語吹き替え版声優を務めた石橋陽彩(ミゲル役)、藤木直人(ヘクター役)、松雪泰子(イメルダ役)が出席した。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  「モンスターズ・インク」「トイ・ストーリー3」のアンクリッチ監督が、1年に1度だけ他界した家族に会えるメキシコの祝日“死者の日”を題材に約6年がかりで紡いだ、笑いと感動のミステリーアドベンチャー。一族のおきてで大好きな音楽を禁止されたギター少年ミゲルが、伝説的ミュージシャンのギターを手にしたことをきっかけに、まるでテーマパークのように楽しく美しい死者の国へと迷いこみ、冒険するさまを描く。  第75回米ゴールデングローブ賞の最優秀長編アニメーション映画賞を獲得したほか、第45回アニー賞では11部門を制覇するなど、“ピクサー史上最高傑作”の呼び声も高い。残すは日本時間3月5日発表の第90回アカデミー賞(長編アニメーション賞&主題歌賞)のみだが、受賞への自信を問われたアンクリッチ監督は「『トイ・ストーリー3』で受賞した時は最高の気分。人生で二度と起きないのではと思いつつ、感謝の気持ちでいっぱいでした。この作品でまたノミネートされ、想像を超える出来事です。受賞...more
カテゴリー:

歌うま石橋陽彩、藤木直人と映画の歌「とても緊張」 - 02月21日(水)17:15 

 ディズニー映画「リメンバー・ミー」(リー・アンクリッチ監督、エイドリアン・モリーナ共同監督、3月16日公開)の来日会見が21日、都内で行われ、日本版の声優を務める石橋陽彩(ひいろ=13)藤木直人(45)松雪泰子(45)が出席した。  …
カテゴリー:

藤木直人:天才少年・石橋陽彩の歌を絶賛「金メダルです」 - 02月21日(水)17:00 

 俳優の藤木直人さんが21日、東京都内で開かれたディズニー・ピクサーの劇場版アニメ「リメンバー・ミー」(リー・アンクリッチ監督、3月16日公開)の来日イベントに登場した。歌の天才少年として注目され、…
カテゴリー:

藤木直人、ディズニー/ピクサー監督の前でギター生演奏に緊張「手がぷるぷるした」 - 02月21日(水)16:53 

 俳優の藤木直人が21日、都内で行われたディズニー/ピクサー『リメンバー・ミー』(3月16日公開)の会見に出席。来日したリー・アンクリッチ監督、エイドリアン・モリーナ共同監督の前で、日本語吹き替え声優を務める藤木がギター、主人公役の石橋陽彩(ひいろ)が歌を歌い、主題歌「リメンバー・ミー」を生披露した。 【動画】エンドソングはシシド・カフカ、日本版予告  監督たち、吹き替え声優を務めた松雪泰子が見守るなか、藤木のギター演奏にあわせて石橋が感情豊かに楽曲を歌い上げた。  演奏を終えた藤木は「緊張しましたね、指がぷるぷるしましたから。この5年で一番緊張するっていうくらいドキドキした」と無事に終わって一安心。「陽彩くんも『緊張する』と言っていたけれど、こんなに堂々と歌っていたすごい。すごくしっかりしていて、こういう感じをどこかで見たと思ったら、平昌オリンピックでした。陽彩くんは幼稚園の頃から歌をずっと習っていたと聞いて、アスリートと一緒だなと。陽彩くん歌は金メダルです」と太鼓判を押した。  2人の演奏について、アンクリッチ監督は「すばらしい演奏をありがとうございます」と感激し、石橋に感謝のハグ。モリーナ共同監督も「この曲は簡単そうに見えてとっても難しいですよね。お2人の演奏でこの歌と映画のテーマがちゃんと届いたと思います」と称えた。  同作は、陽気でカラフルな“死者の国”に迷い込...more
カテゴリー:

もっと見る

「藤木直人」の画像

もっと見る

「藤木直人」の動画

Wikipedia

藤木 直人(ふじき なおひと、1972年7月19日 - )は、日本俳優歌手ミュージシャン

千葉県佐倉市出身。所属芸能事務所は株式会社キューブ、所属レコード会社は株式会社ポニーキャニオン早稲田大学理工学部情報工学科卒業。二卵性双生児の弟。愛称は「フジッキー」。

来歴 生い立ち

岡山県倉敷市にて二卵性双生児の弟として生まれ、父親の転勤に伴い、10歳までの間に神戸、横浜、...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる