「藤子・F・不二雄」とは?

関連ニュース

京都丹後鉄道沿線の魅力をご当地コーヒーで !「丹鉄珈琲」誕生 - 07月27日(木)18:11 

WILLER TRAINSは8月1日、「丹鉄(たんてつ)珈琲」の販売を開始する。丹鉄珈琲は京都丹後鉄道沿線地域をイメージした味や香りを楽しめるご当地コーヒーとして、京都丹後鉄道の観光列車「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」の車内ドリンクのほか、観光列車内および天橋立駅窓口でお土産品としても販売する。 同コーヒーは、日本全国にファンを持つ「日光珈琲(栃木県日光市)」と、沿線地域の食の魅力を知り尽くす「城崎スイーツ(兵庫県豊岡市)」 がタッグを組んだ「城崎珈琲焙煎所」でロースト・ブレンドしている。「そこでしか味わえない、その土地の風景・歴史を感じさせる珈琲でありたい」という思いを込め、丹後地域の暮らしや文化をコーヒーを通して感じることができるよう、個性豊かな風味のブレンドに仕上げたという。 ブレンドの種類は、日本が誇る観光地をイメージした、飲みやすく愛される味わいの「天橋立ブレンド(フレンチブレンド)」、ちりめん街道の歴史をイメージした深みのある味わいの「与謝野ブレンド(グァテマラブレンド)」、丹後の海山川をイメージしたコクのある独特な味わいの「京丹後ブレンド(マンデリンブレンド)」、舞鶴の海と青空を感じさせる穏やかな酸味のある味わいの「舞鶴ブレンド(モカブレンド)」、大江山の霧のような、気品漂うさわやかな味わいの「福知山ブレンド(ブラジルブレンド)」の全5種とな...more
カテゴリー:

「ドラえもん×コロコロコミック展」に行ってきた--貴重な原画の数々に感激 - 07月26日(水)11:00 

「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」にて、7月8日~2018年1月15日まで『コロコロコミック』(小学館)とのコラボ展「ドラえもん×コロコロコミック 40周年展」が開催されている。さっそく会場に足を運び、圧巻の展示を見てきたのでリポートをお届けしよう。 ○「大長編ドラえもん」シリーズの展示は圧巻! 『ドラえもん』も『コロコロコミック』も、誰もが少年時代に夢中になったはず。今回のコラボ展では、同誌に連載されていた「大長編ドラえもん」シリーズ全17作品の原画を一挙展示。かつて数作ずつ分けて公開されたことはあったものの、全作品の原画が一堂に会するのは今回が初めてとなる。 いざ展示会場に到着すると、入口で迎えてくれたのは40年分の『コロコロコミック』全469冊。ズラリと並ぶ表紙を眺めていると「あーこれ買ったなぁ」と、なんだかノスタルジックな気分に。早くもがっつり見入ってしまうが肝心の展示はこれからだ。 1作目である「のび太の恐竜」にはじまり、連載順に各作品の原画や扉絵などがまとめられている。藤子先生直筆の原稿が目の前にあるだけでも感動モノだが、各展示の脇には当時の担当編集者やアシスタントのコメントも添えられており、当時の様子が垣間見れるのも嬉しい限りだ。 どの作品も大好きだが、個人的に「のび太とブリキの迷宮」は幼い頃に何度もコミックを読んで、何度も映画を見ていた作品だったので...more
カテゴリー:

村上春樹がカップ焼きそばの作り方を書いた場合 - 07月20日(木)17:00 

 少し前にネットで流行したウェブサービス「村上春樹風 Tweet Maker」。入力したツイートから自動的に村上春樹風の文章を生成してくれるということで、ツイッター上は"村上春樹っぽい文体"であふれかえりました。  こんなふうに、誰かの文体を真似るという遊びは、きっと多くの人が好きなのではないでしょうか。ということで、近代から現代までの国内作家、代表的な海外の作家、歌手やエッセイストなどを取り上げて、彼らの文体を模倣した「カップ焼きそばの作り方」を紹介しているのが、神田桂一氏、菊池良氏著による本書『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』となります。その数、実に100人!  通常、「カップ焼きそばの作り方」を考えてみると、フタをはがす→かやくやソースを取り出す→かやくを麺の上にあける→熱湯を注いで3分待つ→お湯を捨ててソースを混ぜ合わせる、という手順が基本です。ところが、本書に出てくるカップ焼きそばの作り方といったら! ここまで百人百様にフリーダムな表現ができるのかととても驚かされます。それでいて、そのどれもが「〇〇が書いたみたい!」と言わざるを得ません。  たとえば村上春樹であれば、始まりは「きみがカップ焼きそばを作ろうとしている事実について、僕は何も興味を持っていないし、何かを言う権利もない。」という一文から。誰が読んでも「村上春樹っぽい!」と一目瞭然です。紀貫之...more
カテゴリー:

ドラえもん尽くし! 藤子・F・不二雄ミュージアムで企画展限定フードを実食 - 07月27日(木)06:00 

「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」にて、7月8日~2018年1月15日まで『コロコロコミック』(小学館)とのコラボ展「ドラえもん×コロコロコミック 40周年展」が開催されている。展示はもちろんだが、館内カフェで食べられる企画展限定フードもスゴイらしい。さっそく食べてきたのでリポートしたい。 ○ボリューム満点のフードメニュー 今回のコラボ展では「大長編ドラえもん」シリーズの原画が展示されることを受け、館内カフェでも作品にちなんだ限定メニューが登場する。 フードは6種類がラインナップ。まずは、「畑のレストラン」(1,850円)。ドラえもんの道具でもお馴染みの"ヤシの実"をイメージした白いお皿の中に入っており、料理は「スタミナ豚丼」「夏のロコモコ丼」「テリヤキバーガー」の3種類がそろう。いずれもボリューム満点のメンズライクながっつりメニューとなっている。 続いては、5種の豆と穀物をブレンドしたヘルシーなタコミートがのった「ドラえもんタコライス」(1,600円)。タケコプターで飛んでいるドラえもんがモチーフになっており、子どもでも食べられるように辛さは控えめになっていた。 次は「のび太の恐竜 白亜紀プレート」(1,450円)。その名の通り、「のび太の恐竜」の世界観が表現されており、ピー助に見立てた白身魚のフライが目を引く。 「のび太の海底鬼岩城 ポセイドン 冷やしまぜ翡翠...more
カテゴリー:

観てよかった「銀魂」はゴージャスな学芸会では終わらない、そして超見どころはエンドロール(版権的に) - 07月21日(金)10:00 

『銀魂』と相性が良すぎる福田雄一監督空に天人の宇宙船が飛び交い、日本家屋と高層ビルなど近代建築がカオスに入り乱れる江戸の町並み。CGをフル活用して造られたかぶき町のチープなこと!そんなオープニングで『これぞ『銀魂』!」と言える人、こんにちわ。あるいは「メッチャ金の掛かった『勇者ヨシヒコ』じゃん!」と小躍りできる人、いらっしゃい。あなた達は、1800円の入場料を払って1万円の満足感を持ち帰れる幸せな人たちだ。『ONE PIECE』が累計発行部数3億4千万部に対して、『銀魂』は5千万部。つまり、『銀魂』ファンはワンピよりも選りすぐりの読者である。それだけ「許せる」「許せない」の一線が厳しいわけで、実写版の企画が難航したのもそのためだろう。そんな中で原作者の空知先生が、この監督なら行けるんじゃないか?と思ったのが、『勇者ヨシヒコ』シリーズや『アオイホノオ』の福田雄一監督だったという(以下、ソースはパンフレット)。どこが気に入ったか。コスプレ感まるだしでも「違うところ」に面白さを求めるやり方だ。うん、「ヨシヒコ」なら「勇者が魔王を倒しに行く」ドラクエの王道をやりながら、脱力ギャグ。『アオイホノオ』はあだち充や高橋留美子(敬称略)などの許可を取って漫画のコマを使う原作リスペクトっぷり。どうあがいても、国産映画はハリウッドと比べれば予算には限りがある。その枠の中でベストの実写『銀魂』が撮れる男...more
カテゴリー:

「藤子・F・不二雄」の画像

もっと見る

「藤子・F・不二雄」の動画

Wikipedia

藤子・F・不二雄(ふじこ・エフ・ふじお、本名:藤本 弘(ふじもと ひろし)、1933年〈昭和8年〉12月1日 - 1996年〈平成8年〉9月23日は、日本漫画家脚本家

富山県高岡市定塚町出身。富山県立高岡工芸高等学校電気科卒。安孫子素雄(藤子不二雄)と共に“藤子不二雄”としてコンビを組み、数多くの作品を発表。児童漫画の新時代を築き、第一人者となる。代表作はドラえもんパーマンキテレツ大百科エスパー魔美21エモンなど。

経歴

1951年(昭和26年)、安孫子と共に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる