「藤子・F・不二雄」とは?

関連ニュース

「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」に“ジャイアン カフェ”オープン - 05月25日(木)16:42 

神奈川「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」では、2017年5月31日(水)から7月2日(日)まで、「ジャイアンフェア2017 GIAN CAFE」を開催する。
カテゴリー:

iPhoneで、「ホットドッグかそうでないか」を判定できるアプリ「Not Hotdog」 - 05月17日(水)12:15 

iPhoneのカメラに表示されているものが、ホットドッグかそうでないかを判定するアプリ「Not Hotdog」が、SeeFood Technologiesからリリースされた。米国のiTunes App Storeで提供されている。 【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】 このアプリは、米国のケーブルテレビ局HBOが放送するドラマ「Silicon Valley」から生まれたもの。ネタバレになるので詳細は省くが、英語があまり得意ではない登場人物の勘違いによって、「seafood(シーフード)」のレシピアプリではなく「seefood(食べ物を確かめる)」アプリができてしまった、というエピソードがベースとなっている。 「Not Hotdog」は、ドラマ中に登場するアプリを再現したもの。実際にカメラに映っているものがホットドッグかそうでないかを、かなりの精度で判別できるそうだ。 アプリをダウンロードした人は、食べ物に限らず、様々な物をアプリで確認し、結果をTwitterに投稿している。目につくのは、愛犬を撮影したもの。「うちのホットな犬は、ホットドッグではないと判定された」などととして投稿している。犬種としては、ダックスフンドが多いようだ。その他、PC画面上に表示された犬の画像を判定している人も。 だが、ホットドッグのコスチュームを纏った犬は、ホットドッグと判定...more
カテゴリー:

思わず鼻を押しちゃう人続出!コピーロボット型のモバイルスタンド発売 - 05月23日(火)13:08 

「コピーロボットマスコット モバイルスタンド」 株式会社ヴィレッジヴァンガードコーポレーションは23日、同社の公式通販サイトで、藤子・F・不二雄作品「パーマン」に登場したキャラクターをモチーフにした「コピーロボットマスコット モバイルスタンド」の販売を開始した。価格は2138円(税込)。   本製品はコピーロボット型のモバイルスタンド。作中では押した人そっくりに変身するために機能した鼻は、シリコン製になっていて、スマートフォンを優しくクッションとして保護する。また、下部は足の甲がストッパーとなってスマホをホールドする。 iPhone7/7Plusのサイズにも対応し、スマホの横置き縦置きの両方が可能。スマホを置いて動画視聴などができる。   本体サイズは、高さ110×幅83×奥行き94mm。   「コピーロボットマスコット モバイルスタンド」 URL:http://vvstore.jp/i/vv_000000000129568/ 2017/05/23   ■関連記事 扉が急に開いてぶつかることを防げる人感センサー!「扉につけるお知らせライト」 (2017.5.23) グリーンハウス、AndroidスマホやMacBookに対応したType-Cカードリーダーを発売 (2017.5.23) 日立マクセル、Lightni...more
カテゴリー:

「藤子・F・不二雄」の画像

もっと見る

「藤子・F・不二雄」の動画

Wikipedia

藤子・F・不二雄(ふじこ・エフ・ふじお、本名:藤本 弘(ふじもと ひろし)、1933年〈昭和8年〉12月1日 - 1996年〈平成8年〉9月23日)は、日本漫画家脚本家

富山県高岡市定塚町出身。富山県立高岡工芸高等学校電気科卒。安孫子素雄(藤子不二雄)と共に“藤子不二雄”としてコンビを組み、数多くの作品を発表。児童漫画の新時代を築き、第一人者となる。代表作はドラえもんパーマンキテレツ大百科エスパー魔美21エモンなど。

経歴

1951年(昭和26年)、安孫子と共に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる