「藤子・F・不二雄」とは?

関連ニュース

NHK「プロフェッショナル―」番組スタッフが語る継承と挑戦 - 04月22日(土)07:00 

NHK総合で毎週月曜夜10.25から放送中の「プロフェッショナル 仕事の流儀」。さまざまなプロフェッショナルに密着して、その仕事ぶりや哲学に迫るNHKの看板番組の一つだ。 【写真を見る】5月1日(月)放送にはメジャーリーガー・田中将大投手が登場!(放送は夜7.30-8.43)/(C)NHK これもまた看板番組だった「プロジェクトX~挑戦者たち~」(2000年~2005年)の後番組としてスタート。放送10周年の節目を迎えた2016年度には、18歳世代の若者たちが番組で取り上げたプロフェッショナルの下で仕事の極意を学ぶ、「10代 VS. プロフェッショナル 弟子入りスペシャル」(2016年11月28日放送)や、初めて競走馬にフィーチャーした「ただ、ひたすら前へ 競走馬・オグリキャップ」(2017年2月13日放送)を放送するなど、新たな挑戦を続けている。 そんな「プロフェッショナル―」立ち上げ時のディレクターであり、現在チーフ・プロデューサーを務める大坪悦郎氏を直撃して、番組の変遷と新たな挑戦の意味、立ち上げ時から継承される取材の流儀を聞いた。 ■ 番組立ち上げメンバーが語る「プロフェッショナル―」黎明期の空気とは!? ――まずは、大坪さんと番組のかかわりを聞かせてください。 僕は、前番組である「プロジェクトX―」を作っていて、2006年の「プロフェッショナル―」立ち上げ時に、そのままデ...more
in English
カテゴリー:

【芸能】<小泉今日子>堤真一との禁断「路上暴走」一部始終!(1)「チューしそうに」を実行した(2)数々の酒豪エピソード - 04月16日(日)08:49 

■小泉今日子 堤真一との禁断「路上暴走」一部始終!(1)「チューしそうに」を実行した サラリーマン夫をなじりまくる「鬼嫁」を好演し、話題を呼んだドラマはすでに第2弾が現実味を帯び、勢いそのままの打ち上げパーティは大盛り上がり。 いや、盛り上がりすぎて、キョンキョンは禁断の暴走を目撃されてしまったのだ。  ドラマ低迷時代にあって、初回放送で12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークした「スーパーサラリーマン左江内氏」(日本テレビ系)。 3月18日に放送された最終回少し前の3月13日、都内のイタリアン...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

『映画ドラえもん』最新作41億円突破、新シリーズ興収記録を2年連続更新 - 04月17日(月)21:37 

 3月4日から公開中の『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』が、4月16日までの44日間で、観客動員365万6559人、興行収入41億4795万7300円を記録し、昨年に続いて、新シリーズの興収記録を更新した。 【画像】大人に好評だったイメージボードのポスター  前作『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』(2016年3月5日公開)が公開61日間(5月4日)で40億円を突破したのに対し、今作は公開37日間(4月9日)で40億円を突破。昨年より24日間早く、約106.8%で推移している。  新シリーズは、現在の声優陣で制作された2006年公開『映画ドラえもん のび太の恐竜2006』(通算26作)以降の作品。通算37作目となる本作は、原作者の藤子・F・不二雄の得意とするS(すこし)F(ふしぎ)な南極での壮大な冒険を、『千と千尋の神隠し』(2001年)の監督助手を経て、『青の祓魔師 -劇場版-』(12年)で監督デビューした高橋敦史氏がオリジナルストーリーで手がけ、子どもだけではなく、大人も楽しめる作品として、『モアナと伝説の海』『SING』と共に、春休み興行を牽引した。 【関連記事】 劇場版『名探偵コナン』公開2日で興収12億円 歴代最高記録更新 (17年04月17日) 『映画ドラえもん』新シリーズ、興行収入累計400億円突破 (17年03月28日) 「映画ドラえもん」...more
in English
カテゴリー:

『コロコロ』40周年記念号に『ドラえもん物語』掲載 藤子氏の創作の秘密に迫る - 04月13日(木)13:43 

 小学館の漫画誌『コロコロコミック』の創刊40周年記年となる5月号が、15日に発売される。メイン読者の子どもはもちろん、かつて『コロコロ』を読んでいた大人たちも楽しめる企画が準備されている。 【書面カット】藤子・F・不二雄先生の人柄がわかるエピソードも  最大の目玉企画は、藤子・F・不二雄氏の最後の弟子・むぎわらしんたろう氏による『ドラえもん物語~藤子・F・不二雄の背中~(前編)』。ドラえもんを生み出した伝説の漫画家と、ドラえもんが大好きで漫画家を目指した青年の真実の物語で、新たに発掘された藤子氏の未発表直筆書簡をもとに、知られざる創作の秘密を公開していく。2号連続企画で後編は6月号(5月15日ころ発売)に掲載される。  また、付録は24年ぶりに復活する「コロコロドラゴンパスポート」。かつて日本中の男子たちのマストアイテムが、久しぶりに登場する。 【関連記事】 『映画ドラえもん』新シリーズ、興行収入累計400億円突破 (17年03月28日) 野原しんのすけ、テレ朝のカフェを視察「あそびに来れば〜♪」 (17年04月02日) ドラえもんと南極の大空へ…巨大球面4Kシアターがオープン (17年02月17日) 『映画クレヨンしんちゃん』テレビ朝日系列アナウンサー8人“襲来” (17年03月23日) 森絵都氏の小説『DIVE!!』が来年7月TVアニメ化 梶裕貴が出演 (16年12...more
in English
カテゴリー:

「藤子・F・不二雄」の画像

もっと見る

「藤子・F・不二雄」の動画

Wikipedia

藤子・F・不二雄(ふじこ・エフ・ふじお、本名:藤本 弘(ふじもと ひろし)、1933年〈昭和8年〉12月1日 - 1996年〈平成8年〉9月23日)は、日本漫画家脚本家

富山県高岡市定塚町出身。富山県立高岡工芸高等学校電気科卒。安孫子素雄(藤子不二雄)と共に“藤子不二雄”としてコンビを組み、数多くの作品を発表。児童漫画の新時代を築き、第一人者となる。代表作はドラえもんパーマンキテレツ大百科エスパー魔美21エモンなど。

経歴

1951年(昭和26年)、安孫子と共に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる