「藤子・F・不二雄」とは?

関連ニュース

「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」28人の美の巨人を通じて知るドラえもん達 - 11月14日(火)11:00 

「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」が11月1日~2018年1月8日、六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリー(東京都港区)で開催されている。現代アーティスト28組により、それぞれの才能の中で新たに生み出された『ドラえもん』は、まさに圧倒的な個のアート。その驚愕の世界へと足を踏み入れてみた。 ○「あなたのドラえもんをつくってください」 1970年に『小学4年生』(小学館)に掲載されて以来、多くの子どもたちに愛されてきた『ドラえもん』。しかも、当時の子どもたちから生まれた子どもたち、つまりは今現在の子どもたちも夢中になって漫画を読み、アニメや映画を見ているという、スーパーロングランな全世代的存在となっている。今の40~50代以下、全ての人たちが「ドラえもんを見て育った」と言えるという、一種奇異な位置を保ち続けているわけだ。 今回の展覧会は、現代アーティスト28組に「あなたのドラえもんをつくってください」という依頼のもとに表現されたもの。15年前に開催された「THEドラえもん展」の続編となっている。アーティストの年齢は20~60代、ジャンルは絵画、水墨画、彫刻、写真、映像、書など様々だ。これまで、それぞれに見て・感じてきたドラえもん作品は異なるだろうし、作品を見返して新しいインスピレーションを得たアーティストもいるようだ。 28組のうち、奈良美智さん、蜷川実花さん、福...more
カテゴリー:

「映画ドラえもん」が脱出ゲームに!ひみつ道具を使ってドラえもんを助け出せ - 11月10日(金)12:00 

藤子・F・不二雄原作による「映画ドラえもん のび太の宝島」と「リアル脱出ゲーム」のコラボイベント「のび太の宝島からの脱出」の開催が決定した。
カテゴリー:

漫画の聖地トキワ荘ゆかりの地&ニコニコ商店街へ--松葉のラーメンも健在 - 11月13日(月)11:00 

日本の漫画・アニメが世界中の人々を魅了するようになって久しい。海外の本屋で『ワンピース』が全巻そろって売られているという光景も、さほど珍しいことではなくなっているようだ。そんな日本の漫画の原点とも言えるのが、昭和の漫画家たち。彼らがかけだし時代を過ごしたのは、言わずと知れた「トキワ荘」だ。そのゆかりの地をゆるゆると巡りつつ、食べ歩きグルメを探してみた。 ○今もなんだか昭和っぽい!? 椎名町~落合南長崎 現在は平成29(2017)年。昭和というと、もしかしたら一片の思い出すらない読者も中にはいるかもしれない。しかし、それでも世代を超えて共通の話題となりうるものは存在する。そのひとつが、昭和から現在まで読み続けられている漫画だ。 手塚治虫、寺田ヒロオ、藤子不二雄A、藤子・F・不二雄、石ノ森章太郎、赤塚不二夫など、現在でも名の知られている「漫画界の巨匠」たちは、若かりし頃、木造2階建のアパート「トキワ荘」に住んでいた。老朽化のためトキワ荘は取り壊されてしまったが、彼らが日常を暮らしていたのが西武池袋線「椎名町」駅~都営大江戸線「落合南長崎」駅の一帯である(東京都豊島区)。 椎名町駅から続く山手通りは、いかにも新しく整然とした雰囲気だ。しかし、ひとたびトキワ荘方面へ足を踏み入れると、自転車がやっと通れるほどの細い路地が入り組んで続いている。今となってはトキワ荘も当時の建物もほとんど...more
カテゴリー:

「藤子・F・不二雄」の画像

もっと見る

「藤子・F・不二雄」の動画

Wikipedia

藤子・F・不二雄(ふじこ・エフ・ふじお、本名:藤本 弘(ふじもと ひろし)、1933年〈昭和8年〉12月1日 - 1996年〈平成8年〉9月23日は、日本漫画家脚本家

富山県高岡市定塚町出身。富山県立高岡工芸高等学校電気科卒。安孫子素雄(藤子不二雄)と共に“藤子不二雄”としてコンビを組み、数多くの作品を発表。児童漫画の新時代を築き、第一人者となる。代表作はドラえもんパーマンキテレツ大百科エスパー魔美21エモンなど。

経歴

1951年(昭和26年)、安孫子と共に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる