「藤原竜也」とは?

関連ニュース

君島十和子 デヴィ夫人御用達カフェの行列ではしゃぐ写真公開 - 04月24日(月)17:00 

タレントの君島十和子(50)が自身のブログで、夫・君島誉幸とデヴィ婦人御用達のカフェに夫・君島誉幸氏と行ったことを明かした。 君島は自身のブログで、 「夫人が御用達だという 噂のカフェ。 行くたびに長蛇の列で 諦める事3回… 今日、初めて買うことが出来ました。」 「もちろん、並びましたが 過去3回の行列から学び、 少し外した時間に…」 とコメントし、あまりに嬉しかったという君島は、アプリで加工した、夫とのツーショットを公開。「待ってる間にはしゃいでみた」というとおり、満面の笑みで写っている。 デヴィ夫人御用達のカフェとは、渋谷にあるCMELBACKでサンドウィッチとエスプレッソが人気の店。君島は、「塩キャラメルラテ」と「チーズとリンゴとはちみつのサンドイッチ」をチョイスし、 「好みの、ドツボでした。 美味しかったです。」 とコメントした。 君島は、1995年に実業家の君島誉幸氏と結婚。1997年に長女を、2001年に次女を出産した。長女は現在、宝塚歌劇団月組で男役として活動している。 【関連記事】 ・「○○夫人に会える?!」(君島十和子オフィシャルブログ) ・三船美佳が応援してくれる人に心からの感謝をする ・平愛梨が外科医役での白衣姿を公開し撮影の裏話語る ・GACKT 目から赤いビームを放つ絶叫動画が大反響 ・田中聖 藤原竜也ら『サンブンノイチ』メンバーと...more
in English
カテゴリー:

シェネル、実は日本語が分かっている!?藤原竜也の疑問に微笑 - 04月24日(月)12:00 

藤原竜也主演の連続ドラマ『リバース』(TBS系列、毎週金曜22:00~)。この度、主題歌「Destiny」を歌うシェネルが撮影現場を表敬訪問した。本作は、湊かなえの同名小説の映像化。主人公・深瀬和久(藤原)の恋人・美穂子(戸田恵梨香)のもとに届いた「深瀬は人殺しだ」という告発文を機に、深瀬が10年前に起きた親友・広沢由樹(小池徹平)の不審死の真相と向き合っていく姿を描いたヒューマンミステリー。ドラマの撮影真っ只中の3月某日、「ラブソングプリンセス」の異名を持つシェネルが訪れたのは緑山スタジオ。その日は、深瀬と美穂子が運命的に出会うコーヒー店「クローバーコーヒー」のセットで撮影が行われていた。そんなまさに“Destiny”な場所に、実際に店を訪れた客のようにシェネルが花束を持って登場。英語で受け答えをするシェネルに対し、藤原が「意外にシェネル、日本語は分かっているのでは?」と質問。シェネルが「ちょっと……ちょっとだけ(笑)」と微笑むと、現場は笑いに包まれた。また藤原は、シェネルが主題歌を歌うことに対し改めて「この楽曲は本当に力強いし、ドラマに大きな影響を与えてくれる。僕ら出演者も励みになるし、やり甲斐を感じます!」と熱くコメントしていた。「Destiny」は5月10日(水)よりCDシングルとしてリリース。iTunesやレコチョクなどでは4月28日(金)から先行配信される。 ...more
in English
カテゴリー:

お父さん犬・海斗くん、刑事ドラマで名演技披露 - 04月24日(月)11:10 

CMの「お父さん」役としておなじみの北海道犬・海斗くんが、4月24日(月)20時より放送される月曜名作劇場『内田康夫サスペンス「信濃のコロンボ4」』(TBS系列)に出演し、名演技を披露する。本作は、「浅見光彦シリーズ」などで知られる国民的推理作家・内田康夫による「信濃のコロンボ」シリーズのドラマ化第4弾。寺脇康文演じるちょっと風変わりな田舎刑事・竹村岩男が、高橋克典演じる超エリート刑事・岡部警部とタッグを組み活躍する本格サスペンス。今回は、竹村が妻の陽子(麻生祐未)と友人の丸山(温水洋一)と共に軽井沢へ旅に出ると、殺人事件に居合わせてしまう。その数日後、東京・本郷でも同じような殺人事件が発生。すると、それぞれの事件は繋がっていることがわかり……。海斗くんが演じるのは、劇中に登場する雑貨店「オリーブ」の飼い犬・コタローだ。知らない人が来るとすぐに吠えてしまうコタローは、番犬としては良いのだが、客にも吠えてしまうという少し困った犬だ。事件の発端は、「オリーブ」の前で別の場所で毒殺された遺体が発見されたことなのだが、知らない人が来ると必ず吠えるはずのコタローが、死体が運ばれてきた時には吠えなかった……。そんな、台本の登場人物にもきちんと表記されている重要な役どころを演じた海斗くん。役者に演技を付けるように、海斗くんにも監督が「はい!ここで吠えて!!」と演技(?)を付ける様子に、思わずスタ...more
in English
カテゴリー:

2017年春ドラマの本命、新鮮な藤原竜也が見れる『リバース』第1話レビュー - 04月21日(金)21:49 

4月14日にTBSにて湊かなえ原作のドラマ『リバース』が15分拡大で放送された。
in English
カテゴリー:

中居正広一度脱いだパンツ履く初出演「アメトーーク」で一人暮らし語る - 04月21日(金)10:00 

4月20日放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)に、中居正広が登場。洗濯のストックがなくなり、一度履いたパンツをまた履く、など独身男性ならでは!?のズボラな私生活を赤裸々告白した。 【写真を見る】宮迫は「ひとり暮らしは間違いないんですね!?」と中居に追求 トークテーマは「ひとり暮らし長〜い芸人」。田中卓志(アンガールズ)、岩尾望(フットボールアワー)、バカリズム、塚地武雅(ドランクドラゴン)、小沢一敬(スピードワゴン)ら独身芸人に交じって、中居正広がスタジオ登場すると、会場からは歓声が。 しかし、司会の宮迫博之(雨上がり決死隊)が中居の存在を無視して「ひとり暮らし長いと、ブスばっかですね」「キモチ悪いやつばっかり」「華がない」など、出演者をイジっていると、「違和感ない?オレがここにいるのおかしいでしょ!」と中居が自らの存在をアピール。 そこで、「今日のテーマで出ていいの?触れていいの?ひとり暮らしだって?」「ひとり暮らしは間違いないんですね!?」と、含みをもたせ発言をする宮迫に「この話したら、他の女の子よべなくなるだろう?」と中居が返し、爆笑の中番組はスタートした。 「ひとり暮らしあるある」のコーナーで中居は、「10年間、エアコンと洗濯機の掃除をしていない」「パンツの引き出しなんてもう何年も使ってない。お風呂はいったらそこ(パンツが干してある所)に行って履く」と、自堕落な様子を語...more
in English
カテゴリー:

シェネル、実は日本語が分かっている!?藤原竜也の疑問に微笑 - 04月24日(月)12:13 

藤原竜也主演の連続ドラマ『リバース』(TBS系列、毎週金曜22:00~)。この度、主題歌「Destiny」を歌うシェネルが撮影現場を表敬訪問した。本作は、湊かなえの同名小説の映像化。主人公・深瀬和久(藤原)の恋人・美穂子(戸田恵梨香)のもとに届いた「深瀬は人殺しだ」という告発文を機に、深瀬が10年前に起きた親友・広沢由樹(小池徹平)の不審死の真相と向き合っていく姿を描いたヒューマンミステリー。ドラマの撮影真っ只中の3月某日、「ラブソングプリンセス」の異名を持つシェネルが訪れたのは緑山スタジオ。その日は、深瀬と美穂子が運命的に出会うコーヒー店「クローバーコーヒー」のセットで撮影が行われていた。そんなまさに“Destiny”な場所に、実際に店を訪れた客のようにシェネルが花束を持って登場。英語で受け答えをするシェネルに対し、藤原が「意外にシェネル、日本語は分かっているのでは?」と質問。シェネルが「ちょっと……ちょっとだけ(笑)」と微笑むと、現場は笑いに包まれた。また藤原は、シェネルが主題歌を歌うことに対し改めて「この楽曲は本当に力強いし、ドラマに大きな影響を与えてくれる。僕ら出演者も励みになるし、やり甲斐を感じます!」と熱くコメントしていた。「Destiny」は5月10日(水)よりCDシングルとしてリリース。iTunesやレコチョクなどでは4月28日(金)から先行配信される。 ...more
in English
カテゴリー:

お父さん犬・海斗くん、刑事ドラマで名演技披露 - 04月24日(月)11:31 

CMの「お父さん」役としておなじみの北海道犬・海斗くんが、4月24日(月)20時より放送される月曜名作劇場『内田康夫サスペンス「信濃のコロンボ4」』(TBS系列)に出演し、名演技を披露する。本作は、「浅見光彦シリーズ」などで知られる国民的推理作家・内田康夫による「信濃のコロンボ」シリーズのドラマ化第4弾。寺脇康文演じるちょっと風変わりな田舎刑事・竹村岩男が、高橋克典演じる超エリート刑事・岡部警部とタッグを組み活躍する本格サスペンス。今回は、竹村が妻の陽子(麻生祐未)と友人の丸山(温水洋一)と共に軽井沢へ旅に出ると、殺人事件に居合わせてしまう。その数日後、東京・本郷でも同じような殺人事件が発生。すると、それぞれの事件は繋がっていることがわかり……。海斗くんが演じるのは、劇中に登場する雑貨店「オリーブ」の飼い犬・コタローだ。知らない人が来るとすぐに吠えてしまうコタローは、番犬としては良いのだが、客にも吠えてしまうという少し困った犬だ。事件の発端は、「オリーブ」の前で別の場所で毒殺された遺体が発見されたことなのだが、知らない人が来ると必ず吠えるはずのコタローが、死体が運ばれてきた時には吠えなかった……。そんな、台本の登場人物にもきちんと表記されている重要な役どころを演じた海斗くん。役者に演技を付けるように、海斗くんにも監督が「はい!ここで吠えて!!」と演技(?)を付ける様子に、思わずスタ...more
in English
カテゴリー:

藤原竜也「リバース」広沢の死の謎は6・3% - 04月24日(月)10:16 

 藤原竜也(34)主演のTBS系連ドラ「リバース」(金曜午後10時)の21日第2話の平均視聴率が6・3%(関東地区)だったことが24日、ビデオリサーチの調べでわかった。初回は10・3%だった。    平凡な会社員が、10年前の友人の死の…
in English
カテゴリー:

藤原竜也UFOとの交信ロケで暴走!度を超えたUFO好きが明らかに!! - 04月21日(金)11:00 

4月20日(木)放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)に、ドラマ「リバース」(毎金夜10.00-TBS系)に出演中の藤原竜也、戸田恵梨香、Kis-My-Ft2の玉森裕太が登場。 【写真を見る】藤原は空に向かい「ゆ〜んゆ〜ん」とUFOに呼びかけた 戸田は自分好みの椅子リメイク、玉森はダサいと指摘される走り方の矯正に挑戦した。 大のオカルト好きという藤原は、催眠術師・十文字幻斎と念願のご対面。 ドラマで共演している三浦貴大と山崎銀之丞、撮影の合間に飛び入り参加した門脇麦は催眠術にかかったものの、一番催眠にかかりたがっていた藤原には一向にかからず時間切れ。 菅田将暉と広瀬すずに続く“催眠術にかからない性質”の芸能人となってしまった。 さらに藤原は「幼稚園の頃からずっと空見て生きてるんです」とこぼすほど熱望する、UFOとの遭遇願望を告白。 数々のメディアで交信に成功したUFOコンタクティ・武良信行を指名し、UFOの召喚に挑んだ。 まずはUFOのエンジン音を模して「ゆんゆん」と繰り返し呼びかけるも反応無し。 共に空へ呼びかけていた藤原は「照明部には申し訳ないけど、明かりを消そう!」と提案し、スタッフ全員に呼びかけを強要するなど暴走し始めた。 だが、見つかるのは飛行機ばかりで1時間が経過。 武良は過去の成功手段としてピンク・レディーの「UFO」をかけたが、やはり収穫はなくロケは終了した。 ...more
in English
カテゴリー:

「リバース」1話。夜神月(藤原竜也)L(小池徹平)ミサミサ(戸田恵梨香)結集、武田鉄矢の手にはみかん - 04月21日(金)10:00 

金曜ドラマ「リバース」第1話  TBS 金曜よる10時〜  原作:湊かなえ 脚本:奥寺佐渡子 演出:塚原あゆ子 出演:藤原竜也 戸田恵梨香 小池徹平 玉森裕太 三浦貴大 市原隼人 武田鉄矢 ほか読んでイヤな気分になるミステリー、略して“イヤミス”の大家・湊かなえがはじめて挑んだ男性を主人公にしたミステリーがドラマ化された。!-- (IMAGE-001) -->大学時代のゼミ仲間のひとり広沢由樹(小池徹平)が旅行先で謎の死を遂げてから10年。一緒に旅行していた仲間たち深瀬和久(藤原竜也)、浅見康介(玉森裕太)、谷原康生(市原隼人)と、別荘を宿泊先に提供した、もうひとりの仲間・村井隆明(三浦貴大)はその出来事を「墓場までもっていく」と誓いあったものの、何者かによる“復讐”が10年経ってはじまってしまうという、こわ〜いお話だ。いったい誰が広沢を殺したのか? すごく仲良さそうだったのになんのために? 4月14日に放送された初回は、生まれてからずっと、珈琲を淹れることくらいしか特技がなく、まったくもって冴えない人生を送ってきた深瀬(藤原竜也)に、ついにかわいい恋人(戸田恵梨香)ができたというのに、幸せ絶頂のとき、彼女のもとに「深瀬和久は人殺しだ」 という手紙が届いて・・・というもの。冴えない人生のなかで唯一の友人だった広沢と深瀬の仲良い場面が何度も何度も出てくるが、深瀬は人殺しなのか? それ...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「藤原竜也」の画像

もっと見る

「藤原竜也」の動画

Wikipedia

藤原 竜也(ふじわら たつや、1982年5月15日 - )は、日本俳優

埼玉県秩父市出身。ホリプロ所属。秩父市立秩父第二中学校卒業。堀越高等学校中退本人曰く「4日で中退」。。

略歴

1997年 蜷川幸雄演出の舞台身毒丸主役オーディションでグランプリを獲得し、デビュー。バービカン・センターロンドン)での公演にて、「15歳で初舞台とは思えぬ存在感で天才新人現る」と大絶賛され、翌年の凱旋公演も行われた。

2000年 映画バトル・ロワイアルの主演に抜擢された。

2001年 新・星の金貨で連続ドラマで初主演を務める。(星野真里とのW主演)

2003年 日本演劇史上最年少21歳で...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる