「藤井隆」とは?

関連ニュース

『わろてんか』てんの介護で藤吉は復帰!新しい笑いを求めてアメリカへ!? - 01月22日(月)12:50 

葵わかながヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『わろてんか』(NHK総合、毎週月~土曜日8:00)。1月22日からの第17週は、「ずっと、わろてんか」をおくる。脳卒中で倒れた藤吉(松坂桃李)は、てん(葵)の献身的な介護のおかげで仕事に復帰。藤吉はてんに寄席興行のイロハを教えようと、仕事でも常に夫婦一緒に行動するようになっていた。風太(濱田岳)は藤吉から、今後百年続くような新しい万歳を見つけろとハッパをかけられ、キース(大野拓朗)やアサリ(前野朋哉)と一緒になってさまざまな試行錯誤を始める。どつき万歳とは違う、しゃべりだけの万歳という新機軸を打ち出して、万丈目(藤井隆)に台本を書かせることを思いつく。そんな時、アメリカから啄子(鈴木京香)が突然帰国し、てんや藤吉と久しぶりの団らんを楽しむのだが……。 関連リンク 山﨑賢人&菅田将暉、プライベートでの“超仲良し”エピソード告白 渡辺直美、ネクストブレイク間違いなし“最先端トレンド”を紹介 元なでしこ丸山桂里奈、ヌードグラビアに意欲 SNSは入浴写真ばかり マツコ、脱皮した“妖精”に爆笑!宝塚受験スクールを再...more
カテゴリー:

「わろてんか」91話。落語回にハズレなしの神回(「死神」だけど) - 01月22日(月)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第16週「笑いの新時代」第91回 1月20日(土)放送より。 脚本:吉田智子 演出:川野秀昭 連続朝ドラレビュー 「わろてんか」91話はこんな話団吾(波岡一喜)がラジオで落語を披露。興味をもった新しい客が、翌日寄席に押し掛けた。落語第三弾 「笑いの歴史のとんでもない瞬間を味わったのかもしれない」(藤吉)団吾は落語「死神」をやる。主人公の名まえを「藤吉」にして。そこに、彼の思いがこもっている。そして、これは東京の落語で、団吾はいつの間にか、東京の落語も会得していたと、藤吉も、東京から帰ってきたばかりの万丈目(藤井隆)も感心する。しかも、団吾は、声しか聞こえないラジオで、ちゃんと着物着て、ろうそく立てて、死ぬときはバタリと倒れて・・・と演じてみせる。ろうそくが消えた瞬間が、声だけで十分伝わってくると、万丈目たちを驚嘆させるのだ。団吾の天才的な落語によって、生で落語が見たいという観客が寄席に押し寄せる。いいものはその目で見たいと思うもの。どんなに記録媒体が発達しても、生は原点。原点は何ものにも負けないのだ。「時うどん」の文鳥(笹野高史)、「崇徳院」の団真(北村有起哉)、「死神」の団吾と、落語回はハズレなし。 命について団吾は64話で、花を生けながら、花の命は短い、それと同じで笑いも鮮度...more
カテゴリー:

「わろてんか」90話。落語「死神」を使った仕掛けと、直後の「あさイチ」の展開が見事だった - 01月20日(土)08:20 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第16週「笑いの新時代」第90回 1月19日(金)放送より。 脚本:吉田智子 演出:川野秀昭 90話はこんな話団吾(波岡一喜)がラジオに出ることを止めようと、風太(濱田岳)はラジオ局で待ち伏せるが、放送ははじまり、団吾はしっかり出演していた。落語の使い方はうまい 話の構成が甘いにもかかわらず、視聴率は20%を保ち続け、ドラマに口うるさい層をやきもきさせている「わろてんか」。ここのところ、週平均視聴率は2週続けて20%を切っており、このまま下がっていくのか持ち直すのか気になるところではあるが、ながらく辛抱して見続けていると、ごくたまにキラリ流れ星をみつけて、報われる瞬間がある。それこそが長寿作品の良さでございます。さて。88話で団吾は「死神です」と藤吉(松坂桃李)の見舞いにやって来た。師匠が風太をまんまと巻いて京都のスタジオで行ったラジオ初出演の演目は「死神」。貧しい男の元に死神が現れて、寿命が見える能力を授ける。おかげで金持ちになった男が、あるときその力を悪用してしまう、というようなお話。この落語の使い方がうまかった。16週の藤吉の生死にまつわるエピソードのみならず、ドラマの最初からの興味だった、藤吉がいつ死ぬのか問題と、「死神」の内容がうまくかかっていたのだ。「わろてんか」にお...more
カテゴリー:

藤井隆、RG、椿鬼奴によるユニットが約2年半ぶりにライブ開催 - 01月19日(金)09:00 

藤井隆、レイザーラモンRG、椿鬼奴のユニット・Like a Record round! round! round!が2月24日に東京・ロフトプラスワンでライブイベント「Hang on!!!」を行う。
カテゴリー:

「わろてんか」85話。笑いより泣きのドラマが断然向いてる説 - 01月15日(月)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第15週「泣いたらあかん」第85回 1月13日(土)放送より。 脚本:吉田智子 演出:川野秀昭 85話はこんな話志乃(銀粉蝶)と栞(高橋一生)はついに心を通わせ、風太(濱田岳)も東京から戻って来た。いい話だった 吉田智子先生は、笑わせるより泣かせるほうが得意なんだなーと思った回。マンマンで行われた志乃の送別会に、少し遅れて、栞もやって来た。でも相変わらず意地を張っていて、へその緒を返しに来たとぶっきらぼうに言う。そこで隼也(南岐佐)が役に立つ。志乃が隼也の名前の由来を褒めるエピソードが前にあったことを踏まえ、満を持しての「栞」の名前も由来が語られる。「たくさんの人の道しるべになるように」という意味だった。そして、その名前の意味は、この回の終わり、栞が大阪府から表彰されたとき出したコメント「道標になりたい」につながる。やさしい気持ちになる、とてもよくできたお話。10話連続ドラマだったら、クライマックスの前の箸休め的な7話か8話あたりにありそうだ。でも、キースがねえ・・・。 栞が小料理屋再建資金を手渡すと、当然ながら志乃は遠慮する。だが、栞は、貸すのだと言う。返すのに20年かかると。それを聞いたキースが「長生きしてほしいという意味」と通訳する。切ない。キース、全然必要ない・・・(涙)...more
カテゴリー:

『わろてんか』てんの介護で藤吉は復帰!新しい笑いを求めてアメリカへ!? - 01月22日(月)12:39 

葵わかながヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『わろてんか』(NHK総合、毎週月~土曜日8:00)。1月22日からの第17週は、「ずっと、わろてんか」をおくる。脳卒中で倒れた藤吉(松坂桃李)は、てん(葵)の献身的な介護のおかげで仕事に復帰。藤吉はてんに寄席興行のイロハを教えようと、仕事でも常に夫婦一緒に行動するようになっていた。風太(濱田岳)は藤吉から、今後百年続くような新しい万歳を見つけろとハッパをかけられ、キース(大野拓朗)やアサリ(前野朋哉)と一緒になってさまざまな試行錯誤を始める。どつき万歳とは違う、しゃべりだけの万歳という新機軸を打ち出して、万丈目(藤井隆)に台本を書かせることを思いつく。そんな時、アメリカから啄子(鈴木京香)が突然帰国し、てんや藤吉と久しぶりの団らんを楽しむのだが……。 関連リンク 山﨑賢人&菅田将暉、プライベートでの“超仲良し”エピソード告白 渡辺直美、ネクストブレイク間違いなし“最先端トレンド”を紹介 元なでしこ丸山桂里奈、ヌードグラビアに意欲 SNSは入浴写真ばかり マツコ、脱皮した“妖精”に爆笑!宝塚受験スクールを再...more
カテゴリー:

『わろてんか』第17週、藤吉はてんに寄席のイロハを教える 一方アメリカ行きの夢を… - 01月21日(日)11:00 

 NHK連続テレビ小説『わろてんか』は22日から第17週「ずっと、わろてんか」が放送される。脳卒中を克服し仕事に復帰した藤吉(松坂桃李)は、てん(葵わかな)に寄席興行のイロハを教えようと、仕事でも常に夫婦一緒に行動するようになっていた。葵はインタビューで「第18週からてんに大きな環境の変化があり、まったく新しいシリーズが始まるといってもいいくらい」と語っていたが、今週はそれに向けた転機になる内容になるかもしれない。【写真】『わろてんか』第17週フォトギャラリー 東京を視察し刺激を受けた藤吉は、風太(濱田岳)に百年以上続く万歳を作れとハッパをかけ、自分は新しい笑いを求めアメリカに行きたいと夢を語る。 風太は、新しい万歳をみつけるべく、キース(大野拓朗)やアサリ(前野朋哉)と一緒になってさまざまな試行錯誤を始める。どつき万歳とは違う、しゃべりだけの万歳という新機軸を打ち出して、万丈目(藤井隆)に台本を書かせることを思いつく。そんな時、アメリカから啄子(鈴木京香)が突然帰国し、てんや藤吉と久しぶりの団らんを楽しむのだが…。 先週放送された第16週「笑いの新時代」では、昭和になりラジオ放送が始まり、万歳を重視する風太と、落語を大切にしたい藤吉が対立。そんな折、藤吉は突然脳卒中で倒れ入院するが、てんの看病の甲斐もあり意識を取り戻す。一方、団吾(波岡一喜)にラジオ出演の誘いが来るが、寄席に客が...more
カテゴリー:

松坂桃李 鞄は高橋一生とお揃い「ビニール袋は卒業した」 - 01月19日(金)18:00 

俳優の松坂桃李(29)が19日、NHK総合『あさイチ』に生出演。台本や携帯品をコンビニのビニール袋に入れて持ち歩いていた生活を卒業し、現在は、同局の朝の連続テレビ小説『わろてんか』で共演する俳優の高橋一生(37)とお揃いのエコバッグを愛用していることを明かした。 松坂について、『わろてんか』で共演中のお笑いタレント・藤井隆(45)が「コンビニのビニール袋に台本や飲み物、ハンカチなどを入れて現場バッグとして使っている」と指摘。これについて松坂は「鞄を持っていない」と告白し、「服を買った時にもらう袋で来て、そこからビニール袋に台本や水などを入れて現場に行く」と説明した。 しかし最近は、同じようにビニール袋を活用していた高橋一生がきっかけで、ビニール袋を使用しなくなったそう。「一生さんが『桃李くんもビニール袋だったよな』とちょうどいいエコバッグを買ってきてくださったんです」と話し、「いまは一生さんと色違いのエコバッグを現場バッグにして、ビニール袋は卒業しました」とお揃いエピソードを告白した。 これを見た視聴者からは「松坂桃李と高橋一生がお揃いのカバン持ってるとか素晴らしい事案」「松坂桃李のバッグがビニール袋から進化した!サンキュー高橋一生!」「なんて素敵なエピソードなんだ」「2人ともかわいいなあ」という声があがっている。【関連記事】松坂桃李 ヒーローから一転…共演者も息のむ演技力に...more
カテゴリー:

【SPインタビュー】「キレイだ」…「おもしろ荘」優勝のレインボーを直撃! - 01月17日(水)06:00 

「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)の人気企画で、これまで小島よしおやブルゾンちえみらお笑い界のニュースターをを輩出してきた「おもしろ荘」。2017年大みそかの深夜(2018年の年明け)に放送された「ぐるナイ おもしろ荘 若手にチャンスを頂戴 今年も誰か売れてSP」にて、見事優勝を飾ったのがレインボーだ。実方演じるポッチャリ体型の非モテ男子「ひやま」と、池田演じる離婚歴のある女性「みゆき」が繰り広げるドラマチックなコントは、司会のナインティナインも大絶賛。実方の「キレイだ」というキラーフレーズも注目を集め、早くもネクストブレーク芸人の先頭に躍り出た2人に、直撃インタビューを敢行した。 ザテレビジョン名物のレモンを持っているつもりで会心の笑顔を見せるレインボー。「皆さんもザテレビジョンを読んで、私のようにテレビ好きになりましょう!」(実方) ■ フラれた女性たちからもお祝いのLINEが来てました / 実方 ――「おもしろ荘」優勝、おめでとうございます! 池田直人「ありがとうございます!!」 実方孝生「憧れのザテレビジョンさんが取材に来てくれるなんて感激です!」 ――放送後の反響はいかがですか? 池田「お母さんが誰よりも喜んでくれましたね。放送を見た夜は、うれしくて眠れなかったらしくて。次の日、寝不足で仕事へ行ったら、職場の方たちからも『おめでとう』と言われたそうです」 実方「...more
カテゴリー:

「わろてんか」81話「パレードはまわり続ける」ドラマはご都合主義のオンパレードに - 01月10日(水)08:30 

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第15週「泣いたらあかん」第81回 1月9日(火)放送より。 脚本:吉田智子 演出:川野秀昭 81話はこんな話関東大震災が起こった東京へ、風太(濱田岳)が救援物資をもって向かう。 男気を見せる風太関東が大変なことになった。救援物資を携えて助けに行こうと考える藤吉(松坂桃李)とてん(葵わかな)。藤吉を制して、俺が行くと言う風太(濱田岳)。「俺やったら家族もいてへんし」「(社長をいかすわけにも)芸人をつれていくわけにはいかん」ひとりハードボイルドの気炎を吐く濱田岳。家族もいないしって言葉が切ない。だが、そんな風太にはおトキ(徳永エリ)がいる。お守りを渡し「無事に帰ってきやへんと一生許さへん!」と送り出す女心。風太はトントン拍子に、東京でキース(大野拓朗)と会えてしまう。「このへんでえらそうな大阪弁しゃべるやつ知りまへんか」と聞いたら、そこにキース。こうしてキースは大阪に戻ることになる。なんたる、コンビニ展開。記憶喪失のお母ちゃん そして、話の中心は濱田岳から銀粉蝶へと移る。キースが東京で世話になっていた“東京のお母ちゃん”こと志乃(銀粉蝶)は、震災で記憶を失っていた。キースと一緒にお母ちゃんも大阪に避難して、北村笑店にやって来ると、たまたま居合わせた栞(高橋一生)が志乃を見て表情を変...more
カテゴリー:

もっと見る

「藤井隆」の画像

もっと見る

「藤井隆」の動画

Wikipedia

藤井 隆(ふじい たかし、1972年3月10日 - )は、日本お笑いタレント俳優歌手である。

大阪府豊中市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。妻はタレント乙葉

略歴 学生時代

豊中市立南丘小学校豊中市立第九中学校、大阪市立西商業高等学校(現・大阪市立西高等学校)卒業。高校卒業後の数年間は、化学薬品会社の経理課に勤務していた。

芸人デビュー

1992年、サラリーマンを続けながらYSP(吉本新喜劇プ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる