「藤井聡太四段」とは?

関連ニュース

枝野代表、秋葉原で演説/19日の芸能社会ニュース - 10月20日(金)04:58 

 10月19日の芸能・社会ニュースをまとめて振り返ります。   将棋の最年少プロ、藤井聡太四段(15)が、第59期王位戦予選で小林裕士七段(41)を破り、公式戦通算47勝目(6敗)を挙げました。 10月19日の芸能ニュース振り返り 元B…
カテゴリー:

天才棋士「藤井四段」インタビュー プロへの一歩を振り返る - 10月18日(水)16:40 

藤井聡太四段が語るプロへの“一歩”史上最年少の14歳2ヶ月で将棋棋士デビューし、無敗のまま新記録となる29連勝を達成。日本中に将棋ブームを巻き起こした天才中学生・藤井聡太四段が、奨励会三段時代を振り返る番組「めざせプロ棋士(藤井聡太四段ゲスト回)」が、10月24日(火)に囲碁・将棋チャンネルで放送される。「将棋との出会いは5歳のとき。祖母が持ってきた入門者用の“スタディ将棋”から始めました。最初は祖父母に教わりましたが、二人とも初級者だったのですぐに勝てるようになりました(笑) それから将棋教室に通うようになり、将棋ノートをつけたりして、とにかく将棋が楽しかった。小学校低学年のときに『全国小学生倉敷王将戦』という大会で優勝してから、プロ棋士になることを意識するようになりました」プロ棋士になるには、養成機関の「奨励会」で勝ち抜いて四段にならなくてはならない。10歳で6級入会した藤井少年は驚異的なスピードで昇級昇段。彼の才能にほれ込み、見守る大人たちが周囲にいたという環境も影響していたようだ。「3級のときに降級点(2回取ると降級)を取ったことがありましたが、すぐに立ち直ることができたのがよかったです。地元のアマ強豪の方に研究会に誘われ、教えていただいたりもしました。これがとても大きな経験でした」そして、藤井少年は奨励会最後の難関「三段リーグ」に進む。総勢30名以上が半年間をかけて戦う過...more
カテゴリー:

藤井四段、新境地「受けの決め手」 初の順位戦で5連勝 - 10月13日(金)05:01 

 将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(15)が12日、第76期将棋名人戦・C級2組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の5回戦に臨み、88手で勝利した。終盤、受けの達人で知られた「大名人」を思わせる「受け…
カテゴリー:

藤井四段が5連勝、C級1組昇級へ前進 将棋・順位戦 - 10月12日(木)22:19 

 将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(15)が12日、大阪市福島区の関西将棋会館で第76期将棋名人戦・C級2組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の5回戦に臨み、星野良生(よしたか)四段(29)に勝った。…
カテゴリー:

神木隆之介、『3月のライオン』キャスト発表時を振り返る「みなさんの声が励みに」 - 10月11日(水)10:30 

 しばしば賛否両論が巻き起こるコミック原作ものにおいて、原作ファンからも、キャスティングに太鼓判を押された映画『3月のライオン』。[後編]ブルーレイ&DVDの発売にあわせて、主演の神木隆之介に単独インタビューを実施。“完璧なキャスティング”とまで言われたプレッシャーのなかで、17歳のプロ棋士・桐山零を演じきった神木に本作への思いを改めて語ってもらった。【関連】映画『3月のライオン』主演の神木隆之介 インタビュー写真 「映画化の話が出るずっと前から、友だちに『零に似てるね!』と言われていたんです」と少し照れながら話し始めた神木。「それで、友だちに(零のトレードマークの)長いダッフルコートを着させられて、メガネをかけて、写真を撮ったりしていました。まさか、本当に零として着られるなんて、あの時は思っていませんでした」。 自身も原作の大ファンだった神木にとって、オファーは嬉しいものだった。キャスティングが世の中に発表された時の“歓迎の声”も、プレッシャーではなく純粋にパワーになったと言う。「コミック原作の実写化で“合っている”と言ってもらえることって、そうそうないので、本当にありがたかったです。発表になったときは撮影中だったのですが、みなさんの声はやっぱり大事です。僕もコミックやアニメが好きで、実写化される時に原作ファンとして、声を出す側になったりもするので(笑)。両方の気持ちが分かります...more
カテゴリー:

【将棋】最強の女流棋士 里見香奈五冠、年齢制限で今年がプロ棋士になる最後の機会  - 10月19日(木)13:34  news

 将棋の女流棋士、里見香奈女流五冠(25)が、女性初の「棋士」を目指し挑戦する第62回奨励会三段リーグが21日に開幕する。 女流棋士としては圧倒的な強さを誇る一方、過去4回挑んだ三段リーグではいずれも厚い壁に阻まれた。今回、原則26歳の年齢制限をリーグ途中で迎え、勝ち越さなければ退会となる。 「今できることを自覚し、こつこつやっていきたい」。正念場を迎えた里見女流五冠の最後の挑戦に注目が集まる。(中島高幸)  第62回奨励会三段リーグは36人が参加。来年3月までの間、1人が18局指し、上位2...
»続きを読む
カテゴリー:

【将棋】藤井四段が大金星! 「魂の七番勝負」第3局で現役A級棋士・行方八段を撃破 - 10月15日(日)13:00  mnewsplus

インターネットテレビのAbemaTVが14日に配信した将棋の非公式戦「魂の七番勝負」第3局で、 史上最年少棋士の藤井聡太四段(15)が5期連続A級所属の強豪・行方尚史八段(43)を下す金星を挙げた。 振り駒で後手番となった藤井は四間飛車を採用。 終盤は1時間にも及ぶ1分将棋の厳しい条件下ながら、132手で相手王を冷静に追い込み 「ずっと難しい将棋。最後、なんとか勝ちになりました」と振り返った。 藤井は同TVが企画した今春の「炎の七番勝負」でA級所属の羽生善治3冠(当時)を破っている。 ともに...
»続きを読む
カテゴリー:

【将棋】<最年少プロ、藤井四段>通算46勝 順位戦5戦全勝首位キープ  - 10月12日(木)23:22  mnewsplus

公式戦29連勝の新記録を樹立した将棋の最年少プロ、藤井聡太四段(15)が12日、 大阪市の関西将棋会館で指された76期順位戦C級2組5回戦で星野良生四段(29)を88手で破り、5戦全勝とし首位をキープした。公式戦通算46勝(6敗)。 序盤からリードを広げ、落ち着いた正確な指し回しで快勝した藤井は「仕掛けていったのですが、よくなってから少しもたつきました」と振り返った。 星野四段は「鋭い踏み込みでした。感心させられるところが多かった」と完敗を認めた。 順位戦は、A級、B級1組、B級2組、C級...
»続きを読む
カテゴリー:

名人戦順位戦:藤井四段5連勝 通算成績は46勝6敗 - 10月12日(木)21:42 

 中学生棋士の藤井聡太四段(15)が12日、大阪市福島区の関西将棋会館であった第76期名人戦順位戦C級2組の5回戦で星野良生四段(29)に88手で勝ち、開幕から5連勝。参加棋士50人が各自10局指し、上位3人がC級1組へ昇級する。藤井四段の通算成績は46勝6敗(未放映のテレビ棋戦を除く)となった。
カテゴリー:

将棋:藤井聡太四段、本戦入り タイトル戦の叡王戦 - 10月09日(月)22:11 

 将棋界最多の29連勝を達成した最年少プロ、藤井聡太四段(15)は9日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第3期叡王戦段位別予選の決勝で杉本和陽四段(26)を破り、本戦トーナメントに進出した。
カテゴリー:

もっと見る

「藤井聡太四段」の画像

もっと見る

「藤井聡太四段」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる