「藤井聡太四段」とは?

関連ニュース

4割超はアムロファッション経験者 アムラー世代の関心事はやっぱり! - 12月11日(月)16:43 

 歌手・安室奈美恵さんが突然の引退表明をした2017年。ファンでなくても衝撃を受けたという人は多いのでは? かつて、茶髪・細眉・ミニスカに厚底ブーツで「アムロちゃん」ファッションに憧れて青春時代を過ごした女性たちは、今、どんな女性になっているのだろうか。通信教育を展開するユーキャン(東京)が、30~44歳の女性(いわゆる“アムラー世代”)313人を対象に、関心分野や働き方についての意識調査を実施した。【写真】関連情報を含む記事はこちら  まず、全員に「2017年の印象に残った出来事」について聞いた。「社会・スポーツ・エンタメ・自然/科学技術関連」では、ダントツのトップが「安室奈美恵さん、突然の引退表明(9月)」で72.8%。2位「フィギュアスケート浅田真央選手引退(4月)」で45.4%、3位「将棋・藤井聡太四段、『最年少プロ』として前人未踏の29連勝(6月)」43.5%と、第一線で活躍してきた女性の引退や、次代を担う若者の活躍に関する話題が、上位3位に入った。「政治・経済関連」では、トップが「トランプ米大統領が就任、『米国第一主義』を宣言(1月)」で58.8%、2位「金正男氏、マレーシア国際空港にて暗殺(2月)」50.2%、3位「眞子さま大学の同級生小室圭さんと婚約へ(5月)」46.3%だった(ともに複数回答)。 次に、2018年に話題になりそうなことを聞いたところ、1位の「安室奈...more
カテゴリー:

将棋:藤井聡太四段 NHK杯ベスト8進出逃す - 12月10日(日)14:36 

 将棋界最多の29連勝を達成した最年少プロ、藤井聡太四段(15)は10日に放送されたNHK杯トーナメント3回戦で、稲葉陽八段(29)に敗れ、ベスト8進出を逃した。
カテゴリー:

浅野忠信「父逮捕」で笑いを取る/ダレノガレが立ち上げたアパレル即完売に<今週の見逃しニュース> - 12月09日(土)15:46 

 羽生善治棋聖(47)が史上初の永世七冠を達成し、大いに沸いた今週。29連勝を達成した藤井聡太四段(15)に、“ひふみん”こと加藤一二三(77)など、今年は将棋界が盛り上がりました。とりあえず「歩」以外の駒の動き方から勉 [...]
カテゴリー:

眞子さま、シャンシャンら登場=今年の「変わり羽子板」-東京 - 12月06日(水)09:11 

 今年1年で話題になった人物などを描いた恒例の「変わり羽子板」が6日、東京都台東区の人形専門店「久月」本社で披露された。 お目見えしたのは、婚約が内定した秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さんら10人と、上野動物園で約5年ぶりに誕生した雌のジャイアントパンダ「シャンシャン」。 史上最年少で将棋のプロ棋士となり、公式戦の最多連勝記録を29に塗り替えた藤井聡太四段や、陸上男子100メートルで、日本人で初めて「10秒の壁」を破った桐生祥秀選手、今年のノーベル文学賞受賞が決まった長崎県出身の日系英国人作家カズオ・イシグロさんらも選ばれた。 羽子板は8日まで本社で公開した後、全国各地の百貨店でも展示される。 【時事通信社】
カテゴリー:

加藤一二三九段、ひふみん流行語トップテン入り「素朴にうれしい」 - 12月03日(日)12:25 

 元プロ棋士の加藤一二三九段(77)が3日、都内で行われた『加藤一二三 日めくりカレンダー よろこんでいきる まいにちひふみん』発売記念イベント前の囲み取材に出席。自身の愛称「ひふみん」が、今月1日に発表された年末恒例の『2017 ユーキャン新語・流行語大賞』(現代用語の基礎知識選)のトップテン入りを果たしたことについて「本当に素朴にうれしいです」と声を弾ませた。  『流行語大賞』の年間大賞は「インスタ映え」と「忖度」の2語に決定。そのほか、トップテンには「35億」「Jアラート」「睡眠負債」「フェイクニュース」「プレミアムフライデー」「魔の2回生」「○○ファースト」が選ばれ、選考委員特別賞には、日本で初めて10秒の壁(9.98)を破った桐生祥秀選手(21)の「9.98」と、デビュー戦から半年、無敗のまま29連勝を達成した将棋の最年少プロ、藤井聡太四段(15)の「29連勝」が選出された。  同カレンダーでは、含蓄のある言葉から素直なメッセージまで、これまでの将棋人生から生まれた31の金言を収録。撮り下ろし写真でもさまざまなスタイルに挑戦しており、ひふみんのかわいさ、カッコ良さ、新しさを堪能できる内容となっている。 【関連記事】 【写真】“ひふみん”が一足早いサンタ姿を披露、黄色い声援に照れ笑い 加藤一二三、本人たっての希望で仕事復帰 胆石性急性胆のう炎で入院 (17年11月1...more
カテゴリー:

【将棋】藤井四段 久保王将に勝利!タイトル保持者から2つ目“金星” - 12月10日(日)19:24  mnewsplus

中学生棋士の藤井聡太四段(15)が10日、名古屋市内で開催された「将棋プレミアムフェスin名古屋」に出演。 特別公開対局で久保利明王将(42)に挑戦し、見事勝利を挙げた。  藤井がタイトル保持者と非公式戦で対局するのは、今年の春に2度対戦し1勝1敗だった羽生善治竜王(47)に次ぎ 2人目で、久保とは初対局。先手の久保が振り飛車、後手の藤井が居飛車と得意な戦型を選択。通算タイトル獲得6期を誇る久保が先に 藤井の王を追い詰め必至を掛けたが、最後に守りの馬の敵陣への利きを生かした見事な切り返しで金星...
»続きを読む
カテゴリー:

【将棋】<藤井聡太四段>NHK杯敗退...3回戦で敗れ全身を脱力 - 12月10日(日)12:32  mnewsplus

将棋の最年少プロ、藤井聡太四段(15)が10日、NHKのEテレで放送された第67回NHK杯トーナメント3回戦で、稲葉陽八段(29)に169手で敗れた。通算成績は52勝9敗。  終盤力のある2人は序盤から激しく攻め合った。終盤、稲葉が厳しい攻めで追い込んだが、藤井は驚異の粘りを発揮。勝負への強い執着心を見せた。大熱戦を制した稲葉は終局後、疲れた表情を見せた。藤井も力を出し切ったように全身を脱力した。 12/10(日) 12:25配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00074011-nksports-soci 写真 ...
»続きを読む
カテゴリー:

天才棋士・ひふみんが明かす長く活躍できるために必要なこと - 12月08日(金)20:00 

今年大ブレイクした著名人といえば、まずこの人が出てくるのではないか。「ひふみん」の愛称でお茶の間から親しまれている加藤一二三氏だ。「2017 ユーキャン新語・流行語大賞」では、「ひふみん」がトップテン入りを果たし、最近ではバラエティ番組で見るニコニコとした笑顔が印象的。しかし、知っている人も多いだろうが、「神武以来の天才」と呼ばれ数々の偉業を成し遂げてきた「天才棋士」だ。一二三氏は14歳で史上初の中学生プロ棋士となり、最年少の18歳3ヶ月でA級八段に昇段。150名程度しかいない将棋のプロ棋士として、1954年のデビュー以来、2017年まで第一線で戦い、将棋のタイトルの中でも最高峰の「名人位」にもなった。また、藤井聡太四段のデビュー戦が「62歳6ヶ月差対決」と話題になったのは記憶に新しい。今年、引退したが、63年もの間、厳しい勝負の世界で戦ってきた一二三氏が見出した、プロとしての心構えとはどんなものなのだろうか。『天才棋士 加藤一二三 挑み続ける人生』(加藤一二三著、日本実業出版社刊)に、それがつづられている。長く第一線で活躍し続けるために、一体何が必要なのか。一二三氏は弱点を残さないことだと述べる。棋士はどんな展開になっても十分指せるような準備・努力をすべき。そして、不得意な作戦や苦手な作戦を無理に取ると、逆に大きな弱点となり、そこを突かれてしまう。ただ、一二三氏は「こういう将棋に...more
カテゴリー:

Abema、番組連動のネットショッピングを行う会社「売れるAbemaTV」設立 - 12月04日(月)14:35 

発表資料 株式会社サイバーエージェントは1日、株式会社テレビ朝日および株式会社ロッピングライフとの共同出資によって、インターネットテレビ局「AbemaTV」を通じたインターネットテレビショッピング事業を行う新子会社「株式会社売れるAbemaTV社」を設立したと発表した。 これまで、AbemaTVの収益は、生放送番組内のCMの広告収入と、見逃し番組を好きな時に見られる「Abemaビデオ」の課金収入が収益源だった。これからは、「株式会社売れるAbemaTV社」の制作による通販番組を「AbemaTV」で放送し、商品の販売を行うことでも収益に繋げるとしている。サイバーエージェントの2017年度通期連結決算では、「AbemaTV」の赤字は209億円を計上。連勝中の藤井聡太四段の対局や元SMAPの 稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾による「72時間ホンネテレビ」などで大きな話題を発信しているものの、収益にはつながっていなかった。同社では、今後は、新たにEC収入の拡大を図ることで赤字額の減額、そして黒字化を目指すことになる。 発表資料URL:https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=210752017/12/04 ■関連記事 AppleのOSトラブルが止まらない、macOS High Sierara/iOS11.2共に...more
カテゴリー:

「インスタが経済活性化に繋がり嬉しい」 流行語大賞は「インスタ映え」と「忖度」 - 12月01日(金)20:29 

 『2017ユーキャン新語・流行語大賞』の発表・表彰式が1日、都内にて行われ、年間大賞に「インスタ映え」と「忖度」が選出された。「インスタ映え」で登場した“CanCam it girl”のモデル・中村麻美は「インスタグラムが経済の活性化に繋がっているというのは、インスタを愛用している者にとって嬉しい」と喜びを表した。【関連】『2017ユーキャン新語・流行語大賞』発表・表彰式フォトギャラリー 34回目を迎える同賞は、「現代用語の基礎知識」編集部の調査をもとにノミネート30語を選出。その中から選考委員会が選定した10語がこの日発表され、さらにそこから年間大賞の2語が選ばれた。 「インスタ映え」の“CanCam it girl”のモデル・尾身綾子は今回の受賞で「CanCam編集部のインスタグラムの知名度アップに繋がりそうで嬉しい」と喜びのコメント。また中村は「インスタは自分自身を表現できる場。自分の好きなものを発信して共感してくださる方がいるのが、インスタをやっていてよかったことです」と嬉しそうに語った。 もう一方の年間大賞「忖度」で登壇したのは「忖度まんじゅう」を発売したヘソプロダクション代表取締役・稲本ミノル氏。稲本氏は「まじめに『忖度まんじゅう』を売り続けていたら神風が吹いた」と驚きを見せた。今日この会場に来るか悩んだというが「お客さんや工場の人、そしてまんじゅうの気持ちを推し量る...more
カテゴリー:

もっと見る

「藤井聡太四段」の画像

もっと見る

「藤井聡太四段」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる