「薬師丸ひろ子」とは?

関連ニュース

映画や音楽をとおして地域を応援。「くまもと復興映画祭」レポート。(Gen Arai) - 04月18日(水)16:00 

斎藤工や高良健吾、薬師丸ひろ子も参加! 「くまもと 復興映画祭」に行って来ました。
カテゴリー:

元ブランチリポーターの竹内佳菜子がグラビア初登場で限界に挑戦!「恥ずかしさは、ほぼゼロかも…私の体を見て!って」 - 04月12日(木)20:00 

『王様のブランチ』の元ブランチリポーター、竹内佳菜子が発売中の『週刊プレイボーイ』17号の袋とじグラビアで決意の限界セミヌード姿を披露! 3月に発売された『週刊ポスト』で自身初となるグラビアを披露、今回、週プレ初登場となった彼女だが、実は先に撮影をしていたのはこちらが最初とのことで、人生初はこの袋とじセミヌードということになる。 そんなグラビア初挑戦に踏み切った理由や、率直な今の思いを聞いてみた。 ―早速ですが、グラビアに挑戦しようと決心した理由を教えてください。 竹内 『王様のブランチ』でブランチリポーターをやっていた頃は清楚で元気な明るい女のコっていうイメージを崩しちゃいけなかったし、自分の中にもその意識があって。2年前にブランチリポーターを卒業してから、この先どうするかを真剣に考えた時に「私は女優になりたい」って思ったんです。 何かを表現する人には昔から憧れがあったので、そのためにブランチリポーター時代のイメージをどうにか払拭(ふっしょく)したいと思い、今回、グラビアに挑戦させていただくことになりました。“女のコ”っていうよりも、“女性”っていう見られ方をしたいんです。 ―そんな思いで臨んだ初めての撮影はいかがでした? ...more
カテゴリー:

加藤玲奈×『sweet』渡辺編集長のガールズトーク 「6年前に見つけた美少女」の進化と未来 - 04月10日(火)07:00 

 先月28日に1st写真集『誰かの仕業』(宝島社)を発売した、アイドルグループ・AKB48の加藤玲奈(20)。念願の写真集は、実売部数No.1の人気女性ファッション誌『sweet』編集部がプロデュースを手がけ、オシャレでキュートでセクシーなカットが満載の女性も楽しめる作品となっている。ヒットを記録している本作の魅力に迫るため、“趣味はアイドル”という渡辺佳代子『sweet』編集長と加藤に語り合ってもらった。 【フォトギャラ】衝撃の“ぬいぐるみブラ”に挑戦した加藤玲奈 ■かとれなの魅力は「ファッション誌にハマるタイプ。メイクとスタイリングで変わりそう」 【渡辺】加藤さんを初めて生で見たのは、2012年3月のAKB48のさいたまスーパーアリーナでのライブでした。確かSKE48の松井珠理奈さんのAKBとの兼任が発表された時ですね。会場のモニターを見て、その時にカワイイと思ったのが加藤さん。その時に昇格していましたっけ? 【加藤】そのコンサートで昇格が発表されました。そんな前から見つけていただいてうれしいです。 【渡辺】加藤さんの魅力を一言で表現すると、ファッション誌にハマるタイプ。私は女性アイドルが好きで趣味でたくさん見ているんですけど(笑)、カワイイ子でも一緒に仕事をしたいと思う人とそうじゃない人がいて。加藤さんは最初に見た時から「ヘアメイクとスタイリング次第でいい感じに変わ...more
カテゴリー:

斎藤工が、高良健吾が、“僕たちの青春”薬師丸ひろ子を語る - 04月09日(月)13:00 

くまもと復興映画祭2日目となる4月7日、特集上映として薬師丸ひろ子主演の映画「メイン・テーマ」と「Wの悲劇」が35ミリフィルムで上映され、2作品の上映の間には「僕たちの中の青春映画」と題したトー...
カテゴリー:

くまもと復興映画祭開幕!行定勲監督&高良健吾、映画祭の広がりを肌で実感 - 04月07日(土)12:00 

 熊本県出身の行定勲監督がディレクターをつとめる「くまもと復興映画祭 Powered by 菊池映画祭」が4月6日、熊本市の熊本城二の丸広場で開幕した。オープニングセレモニーでは「うつくしいひと」「うつくしいひと サバ?」のスピンオフとして作られた、行定監督の熊本映画3作目「いっちょんすかん」がプレミアム上映され、主演の米村亮太朗をはじめ、高良健吾、大地康雄、倉科カナ、斎藤工、行定監督らオールスターキャストが舞台挨拶に立った。 ・【フォトギャラリー】オープニングセレモニー、その他の写真はこちら  同作は、二度の大地震に襲われた熊本地震当夜の様子をコミカルに描いた作品で、「うつくしいひと」シリーズでもお馴染みのキャラクター・田上(米村亮太朗)が主人公。田上の恋人マコ(倉科カナ)とのラブストーリーや、「いっちょんすかん」が口癖の4人の幼なじみの友情など、笑えて泣ける、心温まる感動作に仕上がっている。探偵・玉屋末吉役の高良健吾の出演はもちろん、大地が特別出演、斎藤が友情出演をしている。  タイトルの「いっちょんすかん」とは、熊本弁で「全く好きじゃない」という意味だが、「本当に嫌いな人には言わない言葉、好きだと言っているようにも思える」と行定監督が説明するように、「いっちょんすかん」と言いながらも相手を思いやる、熊本の人々のユーモアと温かな絆が描かれる。  この日は朝から雨模様だっ...more
カテゴリー:

国分太一が「男子ごはん」で今後来てほしいゲストは? - 04月18日(水)05:00 

この4月に放送スタートから10周年を迎えた「男子ごはん」(テレビ東京系ほか)。軽妙なトークで番組を盛り立てる国分太一と、多彩な料理の腕前を披露する料理家・栗原心平の2人が記念トーク。まずは10周年、おめでとうございます! 【写真を見る】男子ごはんが放送10周年! 2人「ありがとうございます!」 国分「特に続けようって続けたわけじゃなく、気付けば10年という感じ。とにかくうれしいよね」 栗原「僕は6年目。最初は緊張しましたよ~。僕が出ることで番組が終わったらどうしようって」 国分「僕は〝心平ちゃんのせいにできる〟って思ってたけどね(笑)」 そんな軽口も長年の関係性ならでは。〝男子〟の休日をのぞき込んでいるような、ナチュラルなトークもこの番組の魅力の一つ。 国分「最初は、心平ちゃんの魅力や面白いところを自然と探しながらしゃべってたかもね。今や全然、考えてない! ダメだよね。テレビなのに(笑)。心平ちゃんの魅力は、年上を年上と思わないところ」 栗原「それ、魅力なんだ(笑)」 国分「でもさ、そういうのって自然な流れで出てくるものだもんね。心平ちゃんが気を使わなくていいっていうのは、僕自身からもそういう空気感が出てるってことかな。この番組に関しては、上下関係はいらないから」 栗原「ホントにそうですね。最初はかしこまった敬語だったんですよ。でも、番組のトーンとずれてるなって違和感が出てきて。か...more
カテゴリー:

雷蔵、勝新、田宮二郎らがスクリーンに蘇る!「大映男優祭」の注目作はコレだ - 04月12日(木)12:20 

4月14日(土)~5月11日(金)まで角川シネマ新宿にて「大映男優祭」が開催される。1942年に誕生した映画会社・大映は、長谷川一夫、市川雷蔵、勝新太郎、川口浩、船越英二、田宮二郎、京マチ子、山本富士子、若尾文子、中村玉緒など、数多くの映画俳優を輩出した。その創立75周年にあたる2017年夏に「おとなの大映祭」、今冬に開催された「大映女優祭」に続き、メモリアルイヤーの最後を締めくくる第3弾として、男優の華やかな魅力が解き放たれた45作品を一挙上映するのが本映画祭だ。 【写真を見る】長谷川一夫、市川雷蔵、勝新太郎、川口浩、船越英二、田宮二郎…往年のスターが勢ぞろいする「大映映画祭」/[c]KADOKAWA1958 このたび、世界的に高く評価された3作品と舞台挨拶が行われる2作品の場面写真が公開された。 1本目は、あのクエンティン・タランティーノ監督にも影響を与えたことで知られる大ヒットシリーズの第1作『座頭市物語』(62)。強烈なキャラクターもさることながら、坊主頭で立ち回りをする勝新太郎のクールなビジュアルが印象に残る。 2本目は、海外で絶賛された傑作時代劇『地獄門』(53)。長谷川一夫演じる盛遠と京マチ子演じる袈裟の男と女のエロティックさや、せつなさを漂わせる作風は、いまなお色あせない。 3本目は、医学界の腐敗を暴いた山本薩夫の渾身の大作ドラマ『白い巨塔』(66)。鋭い眼差しを向...more
カテゴリー:

斎藤工が、高良健吾が、僕たちの青春薬師丸ひろ子を語る - 04月09日(月)13:00 

 くまもと復興映画祭2日目となる4月7日、特集上映として薬師丸ひろ子主演の映画「メイン・テーマ」と「Wの悲劇」が35ミリフィルムで上映され、2作品の上映の間には「僕たちの中の青春映画」と題したトークショーが開催された。主演女優の薬師丸ひろ子、斎藤工、高良健吾、遠藤茂行プロデューサー、行定勲監督が登壇した。  ディレクターである行定監督にゆかりのある映画人を特集上映する同企画は、同映画祭の魅力のひとつだ。今年は「今度は愛妻家」でタッグを組んだ薬師丸ひろ子を特集する。行定監督にとって「薬師丸ひろ子の映画は、私の青春そのもの」。今回は「とにかく主人公・小笠原しぶきの甘く苦い恋愛の感情が忘れられない。尊敬する森田芳光監督のウィットに富んだ演出と薬師丸ひろ子の永遠の輝きを見て欲しい」と、行定監督の熱い希望によって「メイン・テーマ」を題材に“僕たちの”青春映画について語り合った。  行定監督と薬師丸も観客と一緒に映画を鑑賞。当時、3~4回劇場に見に行ったという行定監督は、約33年ぶりの鑑賞となり、「10代の頃に見たときは、分かりたくて、何度も見るうちに段々と分かるようになったけれど、その分、頭にもの凄くこびりついている。ある種のトラウマです。今日、見て改めて思ったのは、こんなにもドロドロとした大人の男女関係の話を、薬師丸ひろ子にやらせていたのかと。また、森田監督はあんなに自由に作っているけ...more
カテゴリー:

【試写室】「探偵物語」名作に時代や環境は関係ない - 04月08日(日)06:00 

最近何かと「コンプライアンス」という言葉に縛られがちだ。 【写真を見る】美背中に美脚、大人な色気を見せつける長谷川京子/(C)テレビ朝日 数年前まで「ん? コンプラ? ガンプラみたいなもん?」って、ろくに理解している人もいない言葉だったが、今ではサラリーマンはもちろん、小学生ですら「それはコンプライアンス違反です!(キリッ)」と何かにつけて言えるくらい市民権を得た言葉になった。 それがいいのかどうかはともかく、よくも悪くも“遊び心”が理解されにくい世の中になったのではないだろうか。 って、そんな真っ当で社会派な記事を書くつもりは毛頭なく、何が言いたいかというと、古き良き時代のリバイバルものを現代でやろうとすると、例えばどんなマフィアのボスでも後部座席ではシートベルトをするし、どんなにヘビースモーカーでも歩きたばこはしないのだ。 それはマスコミとて同じで、コンプライアンスというほどではないかもしれないが、過激な内容に配慮したり、例えば水着の写真だって載せるときは配慮が必要だったり、暗黙の了解の下に記事は作られる。 まあ、そんなのは当たり前だが、つまりエンターテインメントに「現実」が多分に入ってきてしまい、素直に楽しめないものが多くなってしまった。 それもあって、あの不朽の名作が斎藤工×二階堂ふみのW主演作として現代によみがえったとしても、物足りない“なんちゃってハードボイルド”な作品...more
カテゴリー:

【音楽】安藤裕子 薬師丸ひろ子のカバー「探偵物語」配信リリース決定! 6月にはミニアルバム『ITALAN』 - 03月24日(土)21:29  mnewsplus

2018/03/23 安藤裕子 薬師丸ひろ子のカバー「探偵物語」配信リリース決定! 6月にはミニアルバム『ITALAN』  安藤裕子が、1983年に公開された映画『探偵物語』で、薬師丸ひろ子が歌った主題歌「探偵物語」をカバー。2018年4月8日に配信リリースされる。  2018年にデビュー15周年を迎え、マイペースながらも精力的に活動中の安藤裕子。カバー楽曲「探偵物語」は、テレビ朝日系ドラマスペシャル『探偵物語』の主題歌に決定しており、配信リリース日はドラマ放送日となる。  また、6月27日には初のセルフプロデュースでのミニアル...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「薬師丸ひろ子」の画像

もっと見る

「薬師丸ひろ子」の動画

Wikipedia

。ポスト山口百恵が騒がれていた頃、「薬師丸は歌わないから……」と言われていた{{Cite jour

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる