「蓮佛美沙子」とは?

関連ニュース

「べっぴんさん」143話「明美ちゃんの人生に小さな一輪の花が咲きました」 - 03月24日(金)08:30 

連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第25週「時の魔法」第143回 3月23日(木)放送より。 脚本:渡辺千穂 演出:梛川善郎143話はこんな話栄輔(松下優也)が明美(谷村美月)に一緒にならないか、と告白し、ついに明美は長く住んだキアリス一号店の2階から旅立つ。妻が美しい歌を自由に歌い、その姿を夫が見守っている。紀夫(永山絢斗)たちが退職を決め、次の社長は足立武(中島広稀)に決まった。中西(森優作)の堪らなく嬉しそうな拍手の仕方に和む。「君の汗かく姿、君のひとを見る優しい目、君のまっすぐなところ」と紀夫が足立に言う台詞が、まるで恋の告白みたいではないか。大急会長(伊武雅刀)に挨拶に行くと、会長は会長で、結婚式のスピーチみたいなことを言う。「世間では夫婦というものを夫の後を妻がついていくと言うが、君たちは逆なんだなあ。妻が歌い、先を歩く。夫が後ろをついていく。妻が美しい歌を自由に歌い、その姿を夫が後ろ手見守っている。そうして幸せな家庭や会社をつくりあげた。それを慈しみ、大切に育て、守ってください」「妻が歌い、先を歩く」という言葉は、タイトルバックのすみれのスキップにつながっているような気がした。あと、77話の「飲んで、食って、歌へ」という名言も思い出す。お互い次のステージやね 引退するすみれに対して、50歳過ぎて職...more
in English
カテゴリー:

『べっぴんさん』自分たちの思いが受け継がれたことを確信したすみれの決断とは… - 03月19日(日)11:00 

 NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』。先週放送分では、エイスを倒産させてしまった栄輔(松下優也)が、潔(高良健吾)とゆり(蓮佛美沙子)の家に居候の身に。キアリス社長の紀夫(永山絢斗)は、積極的な経営から慎重な方向に舵を切ろうとしていたが健太郎(古川雄輝)はその方針に反対する。そんな時、すみれ(芳根京子)が「創業の思いを次世代に引き継ぐための映画を作ろう」と提案する…。【関連】『べっぴんさん』第25週「時の魔法」フォトギャラリー カメラマン・亀田(上地雄輔)の助けを借りて撮影が始まった映画制作。栄輔も明美(谷村美月)に誘われ映画作りに参加する。潔はオライオンで紳士服ブランドを新たに作り、その着こなし講座を開くよう栄輔に依頼する。会社を倒産させた責任を感じていた栄輔は人前で話をすることにためらうが、ゆりの説得で引き受けることを決める。一方キアリスの経営方針について、すみれたちと意見を違える健太郎は、大手商社社長の古門(西岡德馬)に助言を求める。すみれたちは、映画制作のメンバーや家族を招き、キアリスガイド映画版「ようこそ赤ちゃん」の上映会を開き、子育てに必要な知識がわかりやすく紹介された映像は大好評を得る。 すみれたちは、東京の銀座に空きビルを借り、子育てに必要な物ならなんでもそろうキアリスの「ワンダーランド」を作ろうと意気込んでいた。しかし昭一(平岡祐太)が勤務先の銀行で必要な資金を...more
in English
カテゴリー:

「べっぴんさん」137話「男のための着こなし講座」うーん - 03月17日(金)10:00 

連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第24週「光の射(さ)す方へ」第137回 3月16日(木)放送より。 脚本:渡辺千穂 演出:中野亮平137話はこんな話「ようこそ赤ちゃん」が花束と笑顔で無事クランクアップ。花輪をかぶった藍ちゃんがすこぶるかわいかった。商売商売思ってたら いまのキアリスはなかったな きっと昔の子供服がたくさんとってあって、それを見ながら懐かしい思い出話にふけるすみれ(芳根京子)たち。白い衣類が相変わらずまったく黄ばんでない。こんなふうにきれいに長くとっておく方法を映画に盛り込んでほしいと思うが、それはともあれ、キアリスがいまあるのは、商売商売と思わず、ひたすら赤ちゃんのためであった、その想いの大事さを語る明美(谷村美月)。それを、目下、商売商売の健太郎(古川雄輝)だけでなく、過去、商売商売だった栄輔(松下優也)までが聞いて複雑な表情に。 危険な航海になるかもしれないぞ失敗したとはいえ、栄輔にはそれなりに志があり、その狙いは悪くはなかった。それを引き継ぐオライオンの紳士服ライン企画を、潔(高良健吾)はさっそく大急の会長(伊武雅刀)と社長(夙川アトム)に相談に行く。いい人でもあるし、根っから商売人でもあるのだ。会長は「危険な航海になるかもしれないぞ」と言いつつ、許可する。「航海」で、ようやくオライオ...more
in English
カテゴリー:

『べっぴんさん』百田夏菜子&蓮佛美沙子、新鮮な良子×ゆりショット披露 - 03月15日(水)07:30 

 女優の蓮佛美沙子が14日、自身のインスタグラムに百田夏菜子(ももいろクローバーZ)との2ショット写真を公開した。蓮佛は「#べっぴんさん」とハッシュタグを付けつつ、「良子×ゆり ツーショット 新鮮…!」と劇中でも珍しい2ショットを見せた。【関連】「蓮佛美沙子」フォトギャラリー 『べっぴんさん』はアパレルメーカーのファミリアをモデルに、大阪を舞台にした戦後の混乱の中、理想の子ども服作りのために「キアリス」という会社を興し、奮闘する姿を描いている。蓮佛は主人公・すみれ(芳根京子)の姉・ゆり役、百田はすみれの女学校時代の同級生で「キアリス」デザイン部責任者の良子役を担当している。 蓮佛演じるゆりと百田演じる良子の一緒のシーンがあまりないため、「ほとんど絡んでないけど、待ち時間やメイク中にいろんな話したな~楽しかったな。あぁすでに懐かしや」と本作のポスターの前で撮られた写真と共に撮影を懐かしむ言葉が綴られている。 写真をみたファンからは「べっぴんさんが終わっちゃうの寂しい」「最後まで楽しみます」「もう〜みんな大好きです 本当に終わらないで欲しいです」「うわあレアショットだ~ゆりちゃんと良子ちゃん、ちょっと似てるとこあるなって思ってたー!」「2人ともかわいい」といったコメントが挙がっている。引用:https://www.instagram.com/renbutsu_misako/ ■関連...more
in English
カテゴリー:

「ハガレン」大規模原画展、秋に開催!荒川弘5年ぶり描き下ろしの1枚絵披露 - 03月23日(木)11:00 

 荒川弘氏による人気コミック「鋼の錬金術師」の、史上初となる大規模原画展「鋼の錬金術師展」の開催日および会場が、このほど発表された。9月16日~10月29日に東京・文京区の東京ドームシティ Gallery AaMo、11月3~30日に大阪南港ATCミュージアムでそれぞれ実施される。あわせて同展のポスタービジュアルがお披露目。荒川氏が約5年ぶりに同作の1枚絵を描き下ろしており、本ビジュアルを使用したチラシが「AnimeJapan 2017」(東京ビッグサイト/3月25日にメインエリアが開幕)で数量限定配布される。  同展は、カラーイラストや初公開の描き下ろし特別原画など100点以上を紹介。さらに絵コンテやアニメ資料、実写映画紹介コーナー、人気声優による音声ガイド、会場限定のオリジナルグッズなど、ファン垂涎の多種多様な企画が用意されている。チケットや開場時間などの詳細は、イベント公式サイト(http://www.mbs.jp/hagarenten/)で告知する。  またAnimeJapan 2017のワーナー・ブラザース ジャパン ブースでは、ロイ・マスタング大佐のコスチュームが展示される。実写映画「鋼の錬金術師」でディーン・フジオカが実際に着用した衣装で、16年の東京コミコンでも話題をさらった。映画は現在編集作業が進んでおり、メガホンをとった曽利文彦監督はファンに向け「スタッフ、...more
in English
カテゴリー:

【ドラマ】唐田えりか、西島秀俊らと共演に「間近でみて、たくさん勉強したい」 - 03月18日(土)05:24 

2017.3.18 05:01  俳優、西島秀俊(45)が6月23日スタートのNHK「ブランケット・キャッツ」(金曜後10・0)に主演することが17日、分かった。ヒロインは初共演となる女優、吉瀬美智子(42)が決定。  同作には、ソニー損保のCMで脚光を浴び、JALのCMに出演中の若手女優、唐田えりか(19)も出演。「みなさんの演技を間近でみて、たくさん勉強したいと思います」と初々しい笑顔で誓った。 共演は元AKB48の島崎遥香(22)、酒井美紀(39)、美保純(56)らで、初回は蓮佛美沙子(26)がゲスト...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「べっぴんさん」135話。あの素晴らしい愛をもう一度 - 03月15日(水)08:30 

連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第24週「光の射(さ)す方へ」第135回 3月14日(火)放送より。 脚本:渡辺千穂 演出:中野亮平135話はこんな話キアリスが映画の脚本が完成。タイトルは「ようこそ赤ちゃん」に決定する。オーマイガー!ゆり(蓮佛美沙子)の英語教室で、明美(谷村美月)と栄輔(松下優也)が再会。映画づくりは若さの秘訣という話から「あんたずいぶん老けたなあ」とちくり。そう言われるわりに全然老けて見えない栄輔だが、明美は彼に脚本作りを手伝ってと頼む。栄輔は自社のかっこいいCMなどをつくってきたから頼れそうではある。あの素晴らしい愛を夜を徹して作業に没頭した明美と栄輔は、朝方テーブルに突っ伏して寝ちゃっていた。それを、店に出勤してきた龍一(森永悠希)が目撃。「あの素晴らしい愛をもう一度」と歌っているジャストタイミングで。起きてドギマギする明美と栄輔。明美がメガネを外していたが、さすがに外したら美少女でどっきりという少女漫画ふう意図ではないだろう。一晩突っ伏していたら顔がむくんでいるはずだし、年齢的にもその度合はキツイだろう。そんな飾らない素顔に栄輔がドキリとするパターンなのか。のちに明美は「死んだ魚のような目をしとって思わず声をかけた」とすみれたちに報告、すみれはそれを受けて「(映画を)栄輔さんにも手伝...more
in English
カテゴリー:

「べっぴんさん」134話。映画の世界にも敬意をもって取り組んでください - 03月14日(火)08:30 

連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第24週「光の射(さ)す方へ」第134回 3月13日(月)放送より。 脚本:渡辺千穂 演出:中野亮平134話はこんな話昭和49年、キアリスが映画をつくることになった。守ることは停滞やない栄輔(松下優也)のエイスが自己破産したわけを紀夫(永山絢斗)は「時代に踊らされてしまったのやろ」と分析、キアリスの経営を考え直そうとする。だが、スピードが大事と息巻いてきた健太郎(古川雄輝)は、見直しや縮小と言われても納得できない。「守ることは停滞やないと思っている」と紀夫は説得するが・・・。あのゆりさんが 潔(高良健吾)とゆり(蓮佛美沙子)の家に住まわせてもらった栄輔は、家にずっといて主婦業をしているゆりに「もったいないなと思って、あのゆりさんが」と不思議顔。以前、社員にも言われていたし、よっぽどデキる女だったのだなあ。「子供を産んで育てる家庭を一番に」と言うゆりだったが、近所の子供に英語を教えていた。子供も育ったいま、彼女なりに新たな道を模索している。ゆりってたくましい。栄輔が、子供をひざにのせて、最初は戸惑った顔、徐々にリラックスした顔になっていく流れがほのぼの。ゴッドファーザー レリビィで流れてきた「ゴッドファーザー」(72年)のテーマ曲に反応する明美(谷村美月)。仕事帰りに映画を見るこ...more
in English
カテゴリー:

「蓮佛美沙子」の画像

もっと見る

「蓮佛美沙子」の動画

Wikipedia

その他 脚注 注釈 出典 外部リンク
  • Yahoo!ブログ - ☆ヒロイン誕生物語☆ 蓮佛美沙子(旧ブログ)
  • 蓮佛美沙子のオフィシャルブログ(旧ブログ、2010年8月15日をもって、公式サイトに移行)
  • 特集 あの人のとっておきセレクション 蓮佛美沙子さん NHKアーカイブス

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる