「蒼井優」とは?

関連ニュース

第41回日本アカデミー賞、『三度目の殺人』『関ヶ原』が最多10部門で受賞 - 01月15日(月)16:41 

 「第41回日本アカデミー賞」優秀賞発表記者会見が15日、都内にて行われ、授賞式で司会を務める西田敏行と宮沢りえが出席した。正賞15部門の各優秀賞が発表され、『三度目の殺人』『関ヶ原』が10部門で最多受賞となった。司会を務める宮沢は、当日に向け「役者さんたちの普段聞けないような言葉を引き出せたらいいなと思います」と抱負を語った。【写真】「第41回日本アカデミー賞」優秀賞発表記者会見の様子、優秀賞&優秀アニメ作品賞フォトギャラリー この日は、「優秀作品賞」「優秀アニメーション作品賞」「優秀監督賞」「優秀主演男優賞」「優秀主演女優賞」「優秀助演男優賞」「優秀助演女優賞」など正賞15部門、ならびに「新人俳優賞」が発表され、『三度目の殺人』『関ヶ原』が最多10部門で受賞、8部門の『花戦さ』がそれに続いた。 日本アカデミー賞協会組織委員会副会長で、5年連続司会を務める西田は今回『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で優秀助演男優賞に選ばれているが「最優秀賞をとりたい!」と切望。ライバルを問われると、『三度目の殺人』『関ヶ原』の2作品で受賞した役所広司、そして『武曲 MUKOKU』の村上虹郎を挙げた。 また「新人俳優賞」では中条あやみ、浜辺美波、北村匠海、竹内涼真の4人が選ばれたが、特に期待する人として西田は「『陸王』をよく観てたので…」と竹内を挙げ、「一緒に何かで共演したい」とコメント。 一方の宮沢は、19...more
カテゴリー:

第41回日本アカデミー賞、受賞作品発表 「三度目の殺人」「関ヶ原」が最多10部門 - 01月15日(月)14:55 

 第41回日本アカデミー賞は1月15日、正賞15部門各優秀賞および新人俳優賞・正賞外賞を、東京・グランドプリンスホテル新高輪で発表した。最多受賞は、10部門の是枝裕和監督作「三度目の殺人」と原田眞人監督作「関ヶ原」。また役所広司が、同2作品で優秀助演男優賞をダブル受賞した。 ・【フォトギャラリー】この日の会見、その他の写真はこちら  優秀作品賞は、「君の膵臓をたべたい(2017)」「三度目の殺人」「関ヶ原」「ナミヤ雑貨店の奇蹟」「花戦さ」。そして優秀アニメーション作品賞は「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」「ひるね姫 知らないワタシの物語」「メアリと魔女の花」「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」「夜は短し歩けよ乙女」、新人俳優賞には中条あやみ、浜辺美波、北村匠海、竹内涼真が名を連ねた。  授賞式の総合司会を務める西田敏行&宮沢りえも登壇。5年連続8度目の司会で、今回は優秀助演男優賞にも輝いた西田は「今年も素晴らしい作品が列挙されていますので、どの作品が最優秀をとるのか」と期待をしつつ、「私も一応助演男優賞を受賞しています……最優秀賞をとりたいなあ!」と切なる願いを打ち明け、場内を沸かせた。  さらに「同部門でのライバルは?」と問われると、西田は「役所広司くんが2作品で受賞しています。役所くんが強いかなあ、迫ってくるだろうなと。私がどれだけの脚力を見せられる...more
カテゴリー:

日本アカデミー賞優秀賞発表 『関ヶ原』『三度目の殺人』が最多10部門受賞 - 01月15日(月)13:50 

 2017年の1年間に日本で公開された映画の優秀作品を表彰する『第41回日本アカデミー賞』15部門と新人俳優賞の受賞者・作品が15日、日本アカデミー賞協会から発表された。優秀作品賞は『君の膵臓をたべたい』、『三度目の殺人』、『関ヶ原』、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』、『花戦さ』の5作品。『関ヶ原』と『三度目の殺人』が最多10部門を受賞し、両作品に出演する役所広司は、優秀助演男優賞を2作品で受賞した。最優秀賞は3月2日に都内で行われる授賞式で決定する。 日本アカデミー賞で最多10部門を受賞した映画『三度目の殺人』  優秀主演男優賞は大泉洋(『探偵はBARにいる3』)、岡田准一(『関ヶ原』)、佐藤健(『8年越しの花嫁 奇跡の実話』)、菅田将暉(『あゝ、荒野 前編』)、藤原竜也(『22年目の告白―私が殺人犯です―』)が受賞。優秀主演女優賞は蒼井優(『彼女がその名を知らない鳥たち』)、新垣結衣(『ミックス。』)、土屋太鳳(『8年越しの花嫁 奇跡の実話』)、長澤まさみ(『散歩する侵略者』)、吉高由里子(『ユリゴコロ』)が受賞した。  新人俳優賞は、中条あやみ(『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』)、浜辺美波(『君の膵臓をたべたい』)、北村匠海(『君の膵臓をたべたい』)、竹内涼真(『帝一の國』)の4名が選ばれた。  今回の選考対象は、2016年12月16日~20...more
カテゴリー:

賛否両論! 浜田雅功の黒塗りメイクやベッキーへのタイキックをどう感じる? まずは見てから考えよう - 01月12日(金)19:36 

年末年始の休み気分からまだ抜け出せていないという人もいるかもしれないが、新たな気持ちで日常生活を送りたいところ。そこで、2017年をきちんと締めくくる意味でも、12月の月間ランキングから話題の番組をおさらいしておきたい。 まず、最後の最後まで圧倒的な強さを見せたのは『ウォーキング・デッド』。3ヵ月連続の首位に輝いており、2017年のナンバーワン大ヒットドラマと言ってもいいだろう。そして、続く2位につけたのは、年末の風物詩としておなじみの『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけないシリーズ』。ランクインしているのは、過去に放映されたシリーズではあるものの、新作の前に見返しておきたいと思った視聴者が多かったようだ。 毎年、何かと話題になる本シリーズ。今回の「2017年 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!(2017)」ではダウンタウン浜田雅功の黒塗りメイクやベッキーへのタイキックなどが賛否両論を巻き起こしているが、現在、Huluでは1月21日まで期間限定で配信されているので、見逃してしまったという人は、自分の目で確かめたうえでどう感じるかを考えてみては。 そのほか、このシリーズと共に大晦日に欠かせない番組と言えば、やはり紅白歌合戦。特に今回は、今年の9月で引退を発表している安室奈美恵が特別出演することで大きな注目を集めた。瞬間最高視聴率においても、...more
カテゴリー:

新国立劇場の新シーズン始動!舞踊、演劇部門ともに魅力的な演目が勢ぞろい - 01月12日(金)16:10 

1月11日、新国立劇場2018/2019シーズンのラインアップ説明会が行われ、舞踊芸術監督の大原永子、次期演劇芸術監督の小川絵梨子が、それぞれ新シーズンの方針を語った。4期目を迎える舞踊芸術監督の大原は英国ロイヤル・バレエで初演され、演出の斬新さや多様性ある振付で注目を集めた『不思議の国のアリス』をオーストラリア・バレエと共同制作のもと、日本のバレエ団として初めて上演することを発表。『くるみ割り人形』『シンデレラ』など新国立劇場を代表するような演目も並ぶ。また、新国立劇場バレエ団所属のダンサーたちの成長にも触れ、「彼らの踊りをみてほしい」と語る。さらに海外で実力をつけたダンサーたちのなかにも、この劇場に立ちたいと熱望している人々がいることを明かし、「20年の歴史は海外のナショナルバレエ団に比べると浅いけれども、一生懸命走って追いつこうとしている」と話した。30代にして演劇芸術監督に就任した小川は「幅広い観客層に演劇を届ける」「演劇システムの実験と開拓」国内外の作り手との交流による「横の繋がり」を方針に掲げ、全キャストをオーディションで選ぶ鈴木裕美演出の「かもめ」、1年間をかけて作品を育てていく「こつこつプロジェクト」など特徴ある試みを発表。かねてよりファンだったという少年王者舘の新作公演や、同世代で信頼をおいている上村聡史演出によるギリシャ悲劇「オレステイア」の日本初演など、魅力的...more
カテゴリー:

日本アカデミー賞の優秀賞が発表!8年目の司会&優秀助演男優賞受賞の西田敏行「最優秀賞獲りたいな」 - 01月15日(月)15:44 

第41回日本アカデミー賞の優秀賞発表記者会見が15日、東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪で行われ、授賞式で総合司会を務める西田敏行と、昨年『湯を沸かすほどの熱い愛』で最優秀主演女優賞を受賞した宮沢りえが登壇した。 【写真を見る】3度目の大役に緊張の面持ちで抱負を語る宮沢りえ 「今年はかなりの接戦だった」と岡田裕介日本アカデミー賞協会会長のコメントから始まった今年の記者会見。これまで発表されている他の映画賞とは異なる作品賞の顔ぶれに会場から驚きの声があがると、岡田会長は「上位5作品が専門家たちの選んだものとはだいぶ違っていて、これが生の声だと受け止めております」と述べた。 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で優秀助演男優賞を受賞した西田は「年々元気になってくる日本の映画と出会うのが待ち遠しく、恋い焦がれている」とうっとりとした表情で語ると「私も選ばれておりますので、最優秀賞獲りたいな!」と茶目っ気たっぷりにコメント。 5人の俳優が6つの作品で最優秀賞を競うこととなった今年の助演男優賞。西田は、2作品で優秀賞を受賞している役所広司を最大のライバルとして挙げた。そして『ナミヤ雑貨店の奇蹟』でも共演している若手俳優・村上虹郎についても「若いのに手強いかな」と述べると「あとは大丈夫かな」とあっけらかんと発言。大きく笑いを誘った。 一方で、今回で3度目の司会となる宮沢は「緊張と喜びでいっぱいです」と...more
カテゴリー:

【芸能】日本アカデミー賞「三度目の殺人」「関ヶ原」が最多10部門受賞 役所広司は2作品で助演賞、最優秀賞発表は3/2 - 01月15日(月)14:15  mnewsplus

1/15(月) 14:00配信  「第41回日本アカデミー賞」の優秀賞発表会見が15日、都内で行われ、「三度目の殺人」「関ヶ原」が最多10部門で受賞した。 役所広司は両作品で優秀助演男優賞にそれぞれ選出された。日本アカデミー賞協会の岡田裕介会長によると「非常に接戦だった」といい、この日は優秀作品賞、優秀主演俳優賞など正賞15部門および新人俳優賞が決定した。  優秀作品賞は「君の膵臓をたべたい」「三度目の殺人」「関ヶ原」「ナミヤ雑貨店の奇蹟」「花戦さ」、アニメーション優秀作品賞は「打ち上げ花火、下から見るか...
»続きを読む
カテゴリー:

長澤まさみ、20代は「長かったし苦しかった」 インタビューで本音を吐露 - 01月14日(日)16:00 

 女優の長澤まさみが、女性誌「FRaU」2月号(講談社)に、クールでセクシーな黒いパンツスーツ姿で登場。これまであまり話してこなかった子ども時代の話や仕事・結婚について、大人になることについて語り、「私の20代は、長かったし苦しかった」と本音を明かした。【写真】長澤まさみ主演ミュージカル『キャバレー』フォトギャラリー 長澤は8ページにわたる「長澤まさみの現在地」と題したグラビアページに登場し、大人の色気溢れる姿を披露。昨年30歳を迎えますます輝きを増した長澤は、胸元の開いたパンツスーツで鋭い視線を向けるカットや、アンニュイに遠くを見つめるカットなどさまざまな表情を見せる。また、自分について語ることがあまり得意ではないという長澤が、今の率直な思いを、自分史を紡ぐように丁寧に語ったインタビューも掲載されている。 長澤は、出演する映画『嘘を愛する女』が1月20日より全国公開されるほか、4月期のフジテレビ系月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』への主演も発表されている。 なお、今号では「近くて新しい九州」と題した巻頭特集に蒼井優や平野紗季子、佐田真由美も登場。蒼井は幼少期以来の長崎旅、平野は地元福岡・小倉でお寿司ざんまい、佐田は福岡で暮らしの道具を巡る旅を紹介している。 雑誌「FRaU」2月号は、講談社より発売中。 ■関連記事「長澤まさみ」フォトギャラリー映画『嘘を愛する女』完成披露舞台...more
カテゴリー:

アジア版アカデミー賞で「三度目の殺人」が作品賞候補!「空海」最多6ノミネート - 01月12日(金)17:00 

 第12回アジア・フィルム・アワードのノミネーションが1月11日に香港で発表され、是枝裕和監督の「三度目の殺人」が作品賞候補に選出された。  最多6ノミネートに輝いたのは、チェン・カイコー監督作で、染谷将太が主演を務めた中国・日本・香港合作の「空海 KU-KAI 美しき王妃の謎」。監督賞をはじめ、助演女優賞、撮影賞、衣装デザイン賞、美術賞、視覚効果賞で候補に挙がった。  日本作品では、作品賞候補の「三度目の殺人」のほか、監督賞に石井裕也(「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」)、新人監督賞に岸善幸(「あゝ、荒野」)がノミネート。「彼女がその名を知らない鳥たち」の蒼井優が主演女優賞、「無限の住人」の杉咲花と「三度目の殺人」の広瀬すずが助演女優賞の候補者に名を連ねた。  2007年に創設された、アジア全域版アカデミー賞にあたる同賞。今年は、新人監督賞とアクション作品賞が新設され、全17部門に拡大。アジア26の国と地域の作品が対象となり、10の国と地域の32作品がノミネートされた。  第12回アジア・フィルム・アワード主なノミネートは以下の通り。授賞式は3月17日にマカオのリゾート施設ザ・ベネチアン・マカオで開催される。 ▽作品賞 「天使は白をまとう」(中国) 「Newton(原題)」(インド) 「The Day After(原題)」(韓国)ホン・サンス 「三度目の殺人」(日...more
カテゴリー:

【映画】キネマ旬報ベスト・テン発表 邦画1位「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」洋画1位「わたしは、ダニエル・ブレイク」 - 01月11日(木)19:06  mnewsplus

https://www.asahi.com/articles/ASL1C4C92L1CULZU001.html 2018年1月11日16時26分  映画雑誌「キネマ旬報」は11日、2017年に公開された作品のベスト・テンと個人賞を発表した。 日本映画の1位は、東京の片隅で生きる若者を活写した石井裕也監督の「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」が選ばれた。ベスト・テンと受賞者は次の通り。  【日本映画】①映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ②花筐/HANAGATAMI③あゝ、荒野④幼な子われらに生まれ⑤散歩する侵略者⑥バンコクナイツ⑦彼女の人生は間違いじゃない⑧三...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「蒼井優」の画像

もっと見る

「蒼井優」の動画

Wikipedia

蒼井 優(あおい ゆう、1985年8月17日 - )は、日本の女優、モデル。本名は非公開。福岡県出身。イトーカンパニー所属。身長160cm、血液型はA型。

略歴

両親は大阪府の出身で、母は娘を宝塚歌劇団へ入れるのが夢だったが、生まれた娘を見てあきらめたという。

堀越高等学校出身。日本大学藝術学部中退。

小学生の頃から地元のモデル事務所に所属してCMや広告に出演しており、1999年、1万人の中からミュージカルアニーのポリー役に選ばれデビューした。1999年夏に、オーディション情報誌月刊デ・ビュー(オリコン・エンタテインメント刊)の「夏の特別オーディション」企画に掲載されていたタレント募集の中から現事務所に応募し、以来所属している。

2001年には、岩井俊二監督の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる