「葛飾区」とは?

関連ニュース

【社会】自転車で車道側に転倒し、後ろから来たトラックに撥ねられる。女子高生死亡。埼玉県 - 10月19日(木)22:22  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00010004-saitama-l11 19日午前6時45分ごろ、埼玉県八潮市新町の市道で、草加市に住む県立高校1年の 児玉由惟さん(16)が自転車を運転中に転倒、後方から走行してきたトラックにはねられた。 児玉さんは頭を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。 草加署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、トラックを運転していた 東京都葛飾区の会社員男性(47)を現行犯逮捕したが、約4時間半後に釈放した。 同署は「事故の状況などを総合的に判断した」としている。 同署に...
»続きを読む
カテゴリー:

23区で大型ドローンを飛ばせる! DJI ARENA BY JDRONE TOKYOオープン - 10月18日(水)10:30 

DJI JAPANと日本サーキットは10月17日、国内初となるDJI公認のドローン室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」をオープンすると発表した。運営は日本サーキットが担当。東京都葛飾区にて10月21日(土)より営業を開始する。
カテゴリー:

平野ノラ 母校の創立70周年記念式典に出席、校長先生に「出世したわね~」 - 10月17日(火)20:11 

お笑い芸人の平野ノラが、母校の創立記念式典にサプライズゲストとして出演したことを、アメブロで報告している。 平野の母校・葛飾区立金町中学校は、10月14日に創立70周年を迎え、それを記念した式典が開催。それに平野がサプライズゲストとして出演した。体育館で行われていた式典に平野が登場すると、生徒たちは大盛り上がり。これには平野も、「ノリノリのイケイケー!ぶっ飛び盛り上がったーマンモスたのPかった!」と、ノリノリだった様子。 また当時平野が所属していたバレー部の顧問の先生や、中3の時の担任の先生にも再会できたといい、平野は「当時バレー部の顧問をしていた伊藤先生が今は校長先生に! 出世したわね~笑よっ!5時から男!」「中3当時担任だった山路先生も駆けつけて頂き久しぶりに会えて嬉P~!」「私は本当に先生方や学校に恵まれていてありがたいです 素晴らしい体験でした!」と、母校凱旋はいい思い出になったようだ。 またファンからも、「生徒さん達の笑顔からどれほど貴重な時間だったか伝わってきました。」「平野さんの母校は素敵な所ですね!私も、感激しました!」など、感動の声が寄せられている。 【関連記事】 ・「昨日は」(平野ノラオフィシャルブログ) ・元おニャン子 80年代の懐かしバブリー写真公開「まるで平野ノラ」 ・平野ノラ 尊敬するアンガールズ・田中卓志をバックハグ ・平野ノラ、『エン...more
カテゴリー:

秋本治、新作は原点回帰!『こち亀』の復活は「両さんに聞いてみないと」 - 10月17日(火)11:30 

 『こちら葛飾区亀有公園前派出所』で知られる漫画家・秋本治が16日に都内で行われた集英社の2017新刊企画発表会に出席。『こち亀』の復活について「両さんに聞いてみないとわからない」と語るとともに、新作『BLACK TIGER ブラックティガー』に込めた熱い想いを明かした。【関連】「集英社 2017新刊企画発表会」フォトギャラリー 2016年に40年におよぶ連載が終了となった『こち亀』。2017年9月16日発売の「週刊少年ジャンプ」では連載終了から約1年ぶりに新作が掲載され、ファンを喜ばせた。秋本は「ひょっこり戻りました」と笑顔を見せつつ、今後については「(主人公の)両さんに聞いてみないとわからない」とコメント。「イレギュラーのこと。“戻るの!?”と僕が驚いたくらいだった」と今回の復活は自身にとっても意外なことだったという。 「連載が終わるときに、“来年、何かを描きましょう”という話をしていた。新作で戻ると思っていたら、“やっぱり両さんでしょ”となった」と経緯を明かし、「“懐かしかった”など反響をいただいて、みんな両さんを愛してくれているんだなとホッとした」としみじみと語っていた。 『BLACK TIGER ブラックティガー』は、南北戦争後のアメリカを舞台に、女ガンマン“ブラック・ティガー”の活躍を描く西部劇。「劇画の絵。“両さんとは違う絵になった”と言われますが、もともと僕は劇画を...more
カテゴリー:

秋本治氏『こち亀』後初連載は「読後感のある作品」 新ジャンルシネマンガで勝負 - 10月16日(月)20:10 

 『こちら葛飾区亀有公園前派出所』で知られる漫画家・秋本治氏が16日、都内で行われた集英社の新刊企画発表会に出席。昨年9月に『こち亀』終了後、同12月からグランドジャンプで『BLACK TIGER ブラックティガー』(11月2日コミックス1巻発売)を連載している秋本氏は、昔から劇画、西部劇が好きだったと明かし、「『両さんと違う』とかいろいろ言われるけれど、これは原点なんです。40年前からずっとこういうのが描きたかった。両さんが終わって、次なる新しい一歩です」と力を込めた。  『BLACK TIGER ブラックティガー』は、女賞金稼ぎブラック・ティガーが、かつてない銃撃戦を生き抜く本格西部劇。この日は、女優の松田るかがティガーに扮して登場した。  連載をするにあたり、「新しいジャンルを描くってことで、“シネマンガ”と名前をつけました。漫画でもなく映画でもなく、両方のいいところをとった」と説明し、「『ティガー』に対しては、漫画を見るというより映画を観るような、読後感のある作品にしていきたい」と熱弁。  また、先日『週刊少年ジャンプ』で『こち亀』が1年ぶりに掲載されたが、今後の連載は「両さんに聞いてみないとわからない」と笑い、「おかげさまで反響があって、やっぱりみんな両さんを愛してくれるんだなってほっとしました」としみじみ語った。  発表会では、『BLACK TIGER ブラック...more
カテゴリー:

DJIが体験型ストアを併設した公認のドローン飛行施設『DJI ARENA BY JDRONE TOKYO』を10月21日にオープン - 10月18日(水)12:00 

DJIは日本初となる公認のドローン飛行施設『DJI ARENA BY JDRONE TOKYO』を、10月21日にオープンすることを発表しました。テスト飛行をしてから購入できる体験型のストアを併設し、相談や修理のテクニカルサポートも受けられるのが特徴です。 JR総武線・小岩駅からバスか、京成線・高砂駅から徒歩15分でアクセス可能。 ショップには最新のDJI製品がズラリ。コンパクトドローン『DJI Spark』や折り畳み可能な『DJI Mavic Pro』、主力機の『DJI Phantom』シリーズなどが施設内でテスト飛行して購入できます。 施設の運営はDJI正規販売代理店で、カスタムドローンやドローンシステムの開発を手掛ける日本サーキットが担当。ドローンに精通したエンジニアスタッフが常駐し、使い方の相談や修理を受け付けます。 入口から手前側は初心者向けでテスト飛行に利用できるベーシックエリア。奥はLEDゲートやフラッグを備え、飛行の練習や講習に利用できるアドバンストエリアとなっています。 産業用途の製品の展示や各産業向けのセミナー開催も予定。発表会では『DJI Matrice 210』を使用して、赤外線カメラによるソーラーパネルの点検作業を実演していました。 利用料金は、ベーシックエリアが平日30分800円、土日祝日30分900円から、アドバンストエリアが平日30分...more
カテゴリー:

DJI公認ドローン屋内飛行場「DJI ARENA」が東京・葛飾区にオープン! その場で買えるストアも併設 - 10月17日(火)20:53 

Image: DJI ARENA おおっ!? 広いぞ! 奥行き22mのエリアもある!10月21日、韓国・龍仁市につづいて、第2のDJI公式認定ドローン屋内飛行場となる 「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」が、東京都葛飾区にオープンしますよ。最寄り駅は京成高砂駅・京成小岩駅(共に徒歩15分)または、JR小岩駅(徒歩21分、バスを使って約11分)ですって。東京在住で、自由に飛ばすエリアまで行くのが大変なドローンオーナーにとって、この場所は福音となりそう。料金もなかなかリーズナブルなんですよ。平日30分で800円(土日祝900円)~。1時間で1,400円(土日祝1,600円)~ですから。 Image: PR TIMES 障害物のないベーシックエリアは 約8.5m☓15mで、可動式 LED ゲートなどが設置されているアドバンスエリアは約9.5m☓22m。各フライトエリアの同時飛行ドローン数は基本的に1台なので、マイペースに練習できます。技適マークのついた機体・送信機であれば、ほかメーカーのドローンも持ち込めます。さらにARENAには、その...more
カテゴリー:

日本初、DJI認定のドローン専用飛行施設 - 10月17日(火)13:56 

DJI ジャパンと日本サーキットは10月17日、報道陣向けにDJIのドローン製品の飛行ができる室内飛行施設「DJI Arena by JDRONE Tokyo」(東京都葛飾区)の内覧会を開催した。
カテゴリー:

松田るか女ガンマンに変身 原作者・秋本治氏が太鼓判「イメージ通り」 - 10月16日(月)20:23 

 『仮面ライダーエグゼイド』(テレビ朝日系/毎週日曜 前8:00)のヒロイン・仮野明日那/ポッピーピポパポを演じる女優の松田るかが16日、都内で行われた漫画『BLACK TIGER ブラック・ティガー』コミックス第1巻発売記念イベントに出席。主人公の女性ガンマン「ブラック・ティガー」の衣装をまとった松田を見て、原作者の秋本治氏は「イメージ通り」と太鼓判を押した。 【全身ショット】女性ガンマンに変身した松田るかと作者の秋本治氏  『グランドジャンプ』で連載中の同漫画は、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』で知られる秋本氏による本格西部劇。11月2日にコミックス第1巻の発売を予定している。  秋元氏は「ティガーは強いけれどレスラーみたいに筋肉質じゃなくて、華奢なんです。でも女性らしいボディラインはあるっていうのが描きたかったので、イメージ的には本当にこの感じ。大満足です」と絶賛。帽子や銃は秋本氏の私物だといい、びっしり弾が収納されたガンベルトを持った松田は「意外と重くて、ティガーって強いんだなと。これを着ていると強くなれた気がします」と声を弾ませた。 【関連記事】 秋本治氏の新連載が連続スタート 女子高生の青春物語&スパイアクション (17年02月01日) 秋本治氏の新連載第4弾がスタート 銭湯を舞台にした下町人情コメディー (17年03月16日) 【写真】『ONE PIECE』...more
カテゴリー:

[松田るか]ライダー美女が女性ガンマンに変身 秋本治も「大満足」 - 10月16日(月)19:47 

 特撮ドラマ「仮面ライダーエグゼイド」でヒロイン・ポッピーピポパポ(仮野明日那)を演じたことも話題の女優の松田るかさんが16日、東京都内で行われたマンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」(集英社)の作者・秋本治さんの「BLACK TIGER ……
カテゴリー:

もっと見る

「葛飾区」の画像

もっと見る

「葛飾区」の動画

Wikipedia

葛飾区(かつしかく 英:Katsushika Ward)は、東京都特別区のひとつで、23区東部に区分される。

概要

区内には、山田洋次監督の映画男はつらいよシリーズで知られる柴又帝釈天や、江戸期の菖蒲文化を伝える堀切菖蒲園秋本治漫画こちら葛飾区亀有公園前派出所で有名になった亀有亀有公園はあるものの公園前に派出所交番)は存在しない。最も近い実在の交番は亀有駅北口交番)がある。

近年は松戸・三郷・船橋等の近隣都市から、「土地家賃も安く、より都心に近い」(新小岩駅や亀有駅からは東京都心...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる