「落語家」とは?

関連ニュース

【テレビ】「新婚さんいらっしゃい!」打ち切り説を否定 朝日放送 - 01月16日(火)23:54  mnewsplus

 朝日放送の脇阪聰史社長(70)が16日、大阪市福島区の同局で新春社長会見を行い、一部で打ち切り説がささやかれている「新婚さんいらっしゃい!」の継続を明言した。  昨年末、週刊誌に一般女性との交際が報じられた落語家の桂文枝(74)がMCを務める「新婚さんいらっしゃい!」について、打ち切り説を否定。「何ら変わることはない」と継続する意思を示した。件の報道について感想を求められると「ノーコメントでお願いします」と答えた。  また、女優の藤吉久美子(56)との交際報道があった同局のプロデューサーに...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】笑福亭鶴瓶、大河ドラマ「西郷どん」に出演が決定「ほんまかいな」 岩倉具視役[18/01/15] - 01月15日(月)21:41  mnewsplus

笑福亭鶴瓶、大河ドラマ「西郷どん」に出演が決定「ほんまかいな」 2018年1月15日21時24分 スポーツ報知 http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180115-OHT1T50151.html 「鶴瓶の家族に乾杯」セットに衣装で登場した笑福亭鶴瓶と鈴木亮平(右) 7日から放送が開始したNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜・後8時)で、幕末のキーパーソンである岩倉具視役を、落語家の笑福亭鶴瓶(66)が演じることが15日、分かった。 1999年『元禄繚乱』で歌舞伎狂言作者・並木千柳を演じて以来、2度目の大河ドラマ出演...
»続きを読む
カテゴリー:

桂歌丸は”落語家”体調不良でも高座にこだわる背景 - 01月15日(月)05:01 

 落語家桂歌丸(81)が、体調不良のため1月いっぱいは高座を休むことになりました。  高齢ですし、昨年も何度も入院したことがあるだけに、不安視する声も多いのですが、関係者によると、そんなに心配することはないようです。  昨年12月26日…
カテゴリー:

『わろてんか』第16週、ラジオ放送開始で万歳が人気に 落語重視の藤吉は風太と対立 - 01月14日(日)11:00 

 NHK連続テレビ小説『わろてんか』は、15日から第16週「笑いの新時代」が放送。昭和になってラジオ放送が始まり、時代の変化は北村笑店にも押し寄せる中、落語を大切にしたい藤吉(松坂桃李)と「万歳が今後の主流になる」と考える風太(濱田岳)が対立していた。【写真】『わろてんか』第16週フォトギャラリー 寄席では万歳人気が高まり、風太は落語よりも万歳を大々的に売り出そうとするが、藤吉は落語を大切に扱いたいと反発する。そんな風太はおトキ(徳永えり)との仲がなかなか進展しないが、それを心配したキース(大野拓朗)が、風太に西洋風のプロポーズを指南、しかし風太の一世一代の告白は無残にも失敗してしまう。 一方、藤吉は突然脳卒中で倒れ入院。だが、てん(葵わかな)の付きっ切りの看病のかいもあって意識を取り戻した。 そんな中、ラジオ局が人気落語家・団吾(波岡一喜)を出演させようと画策するが、寄席の客が減ると考えた藤吉も風太も反対する。だが風太の万歳重視に反発する団吾は、ラジオ出演を強行しようととんでもない作戦に打って出る…。 先週放送された第15週「泣いたらあかん」では、関東で大地震が起き、てんや藤吉らは東京にいるキースを心配するが、キースは浅草の焼け跡で発見され、記憶喪失の女性・志乃(銀粉蝶)を連れ大阪に戻って来る。実は志乃は、中学生のときに伊能(高橋一生)を捨てた実の母親だった。伊能は反発するがキー...more
カテゴリー:

【芸能】「もう引退して欲しい…」休演が続く桂歌丸にファン、関係者も厳しい声 - 01月13日(土)22:12  mnewsplus

1月11日、落語家の桂歌丸(81)が出演予定だった浅草演芸ホール二之席昼の部公演を休演することが歌丸が会長をつとめる落語芸術協会事務局から発表された。  歌丸は2017年頃から体調が優れず、1月1日からの新宿末広亭の初席に出演予定も、自宅を出る時に息苦しくなりそのまま休演となっているほか、 2017年度も4月~5月にかけて肺炎となり長期の休業を余儀なくされていた。  人気番組である『笑点』の功労者であった歌丸だけに彼の健康問題は落語ファンのみならず全国国民の心配の種である。 ところが近年では少し風向きが変わり、...
»続きを読む
カテゴリー:

不倫疑惑報道も桂文枝「新婚さん」継続に影響なし - 01月16日(火)16:38 

 昨年末に「56歳日舞の先生」との新たな不倫疑惑が報じられた落語家、桂文枝(74)が進行するテレビ朝日系「新婚さんいらっしゃい!」(日曜午後0時55分)が16日、大阪市福島区の朝日放送(ABCテレビ)で行われ、同局の脇阪聰史(わきさか・…
カテゴリー:

笑福亭鶴瓶:大河ドラマ「西郷どん」で岩倉具視役に - 01月15日(月)20:47 

 落語家の笑福亭鶴瓶さんが、俳優の鈴木亮平さん主演のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」に出演することが15日、明らかになった。同日に放送されたNHKの番組「鶴瓶の家族に乾杯」で発表された。鶴瓶さん…
カテゴリー:

桂文枝 また不倫報道浮上も「新婚さん」降板説浮上しない理由 - 01月14日(日)18:00 

昨年12月末発売の「週刊新潮」(新潮社)から今週発売まで2号にわたり、落語家の桂文枝(74)が「日舞の先生」の女性(56)と8年にわたり不倫関係にあると報じられた。 同誌に対し、女性は赤裸々なメールや電話でのやりとりを公開。対して文枝は今週発売号の同誌で約2時間にわたって反論したが、いまだに報道陣対応はしていない。 「報道直後、所属事務所が『一般私人のことであり、プライベートなことでもありますので、本件に関するコメントは差し控えさせていただきます』とコメントするにとどまっています。文枝師匠の立ち寄り先で待ち構えていても、ダンマリを決め込んでしまっています。ただし今回の報道を受け、現在会長をつとめる上方落語協会の次期会長選に出馬しない意向を固めたようです」(スポーツ紙記者) 文枝といえばおととしにも元演歌歌手でセクシー女優の紫艶(39)と20年にわたる不倫関係が報じられ、釈明会見を開いた。 それでも司会をつとめる長寿番組「新婚さんいらっしゃい!」は降板せず。今日14日に放送された同番組でもいつものごとくハイテンションだったが、不倫報道の影響はなかったのだろうか? 「たしかに2年前には降板説が浮上しましたが、いつの間にか消えました。ところが、今回の報道ではまったく降板説が浮上せず。その背景にあるのは、制作する朝日放送上層部の意向。前回の不倫層騒動の際、『文枝師匠が降りるまでや...more
カテゴリー:

岩沼を笑いで元気に 落語芸術協会と市が全国初の協定 新進落語家、児童らに伝統文化伝える - 01月14日(日)06:05 

文化芸術によって東日本大震災の被災者の心の復興を後押しし、地方創生にもつなげようと、岩沼市は13日、公益社団法人落語芸術協会(芸協、東京)と協定を締結した。新進落語家が修業を兼ねて訪れ、児童らに伝統文
カテゴリー:

「もう引退して欲しい…」休演が続く桂歌丸にファン、関係者も厳しい声 - 01月13日(土)22:00 

1月11日、落語家の桂歌丸(81)が出演予定だった浅草演芸ホール二之席昼の部公演を休演することが歌丸が会長をつとめる落語芸術協会事務局から発表された。 歌丸は2017年頃から体調...
カテゴリー:

もっと見る

「落語家」の画像

もっと見る

「落語家」の動画

Wikipedia

落語家(らくごか)は、落語を演じて視聴させることを職業とする人。戦前は、寄席がおもな活動の拠点で、グループを組んで地方公演も行っていたが、戦後はその話術を生かしテレビやラジオの司会業、パーソナリティなどの副業をすることも多い。「話家」「噺家」「咄家」(はなしか)は、「落語家」の古い表現である。

落語家の演ずる噺は大別して二種類ある。

  • 落とし噺:噺の終わりに「落ち(「さげ」とも言う)」がある噺。「落語」はこれに該当する。
  • 人情噺:噺の終わりに「落ち」が無い噺。基本的に続き続き…で引っぱっていく。怪談噺等もこれに属する。 このため、「落語家」という表現は、厳密には 1. のみを語る者ということになり、1. 2. 両方語る場合「噺家」の方が適切な呼称であるが、1.に属する一部の噺も人情噺として捉える主張の存在もあり、現在は「落語家」で定着している。
  • 江戸時代には狂歌や雑俳に関わる人々など素人の咄家も活躍していたが、やがて烏亭焉馬三笑亭可楽などの職業咄家たちがあらわれた。

    身分制度 江戸・東京落語の身分制度

    その身分は見習い、前座(ぜんざ)、二つ目(ふたつめ)、真打(しんうち)からなる。 見習...

    ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる