「落合福嗣」とは?

関連ニュース

東ちづる生きづらかった過去、母に「裏切られた」と… - 12月09日(土)11:00 

「いま思えば、白血病の彼の淡々とした姿に、私自身の生きづらさがリンクしたんだと思います。彼も、本当の自分を後回しにしているように見えた。まわりに、とくに親にね、迷惑をかけないように頑張っているというか」 そう当時を振り返るのは、女優の東ちづるさん(57)。「お嫁さんにしたい」ともてはやされていた25年前。東さんが、たまたま自宅で情報番組を見ていると、画面に17歳の高校生が現れた。 「彼は白血病でした。私の故郷、広島の因島の男のコで、余命幾ばくもないかも、と」(東さん・以下同) 気になったのは、取材を受けている少年の、あまりにも淡々とした様子だった。 「なぜかすごく引っかかったんです。死を見つめているはずなのに、泣くでも怒るでもない。彼はどうして出演をOKしたんだろう。だって、全国ネットで自分の病気を公表するんですよ」 少年の本当の気持ちが知りたくて、「居ても立ってもいられなくなった」。連絡先を調べ、彼の自宅に電話。そんな衝動は初めてだった。 「じつは、あのころの私は、周囲の期待どおりに振る舞いながら、ひとりになると、わけのわからない焦燥感に押しつぶされそうだったんです。『生きていて何の意味があるんだろう』とか」 ――東さんは、1960年、広島県因島市(現・尾道市)に生まれた。造船関係の仕事をしていた父25歳、会社員の母21歳という若い共働き両親の初めての子どもだ。 ...more
カテゴリー:

プロ野球アニメ「グラゼニ」凡田夏之介役・落合福嗣が少年時代を語るPR動画公開 - 12月08日(金)23:30 

 「BSスカパー!」初のオリジナル連続アニメとして、「週刊モーニング」(小学館刊)連載のプロ野球漫画をアニメ化する「グラゼニ」のPR動画第1弾「インタビュー編(1)」が、作品公式サイトで公開された。  森高夕次氏が原作、アダチケイジ氏が漫画を担当する原作漫画は、「グラウンドにはゼニが埋まっている(グラゼニ)」をモットーとする、年俸マニアの中継ぎ投手・凡田夏之介の活躍を通じ、球界のお金にまつわる悲喜こもごもを描く。アニメ版では「ドラえもん」「宇宙兄弟」の渡辺歩が監督、「めぞん一刻」「逆境無頼カイジ」の高屋敷英夫が脚本を務め、「昭和元禄落語心中」「GIANT KILLING」のスタジオディーンがアニメーション制作を行う。  PR動画「インタビュー編(1)」では、夏之介と容貌がそっくりなことで話題になった、夏之介役の声優・落合福嗣が、幼少期のエピソードや父親との思い出を語る。PR動画は今後、「ドラフト指名編」「契約更改編」「ビールかけ編」が公開されることも決定しており、撮影時には、かねて原作漫画のファンだったという落合自身から「こうしたほうが、よりリアルになるのでは?」といった提案も飛び出したという。なお、公式サイトには、落合が本編出演に向けての意気込みを語るインタビュー記事も掲載されている。  「グラゼニ」は、2018年プロ野球開幕シーズン期に放送が決定している。 【作品情報】...more
カテゴリー:

プロ野球アニメ「グラゼニ」凡田夏之介役・落合福嗣が少年時代を語るPR動画公開 - 12月08日(金)23:30 

「BSスカパー!」初のオリジナル連続アニメとして、「週刊モーニング」(小学館刊)連載のプロ野球漫画をアニメ化する「グラゼニ」のPR動画第1弾「インタビュー編(1)」が、作品公式サイトで公開された...
カテゴリー:

最初はロボットを出す予定がなかった! 『機動戦士ガンダム』誕生秘話 - 12月06日(水)16:05 

1979年に誕生したアニメ『機動戦士ガンダム』。登場するロボットや戦艦などを立体化したプラモデル「ガンプラ」とともに社会現象的な一大ブームを巻き起こし、今なおアニメ、コミック、小説と多岐にわたって新作を生み出し続ける国民的作品だ。ブーム初期は“シャア”や“ガルマ”といった美形キャラが女性に人気を博し、今のBL(ボーイズラブ)ならびに女性向け同人誌ブームの嚆矢(こうし)となった作品の一つでもある。『宇宙戦艦ヤマト』の弱点を見つけた!企画がスタートしたのは放送前年の1978年。当時は77年に劇場公開された『宇宙戦艦ヤマト』が大ブームとなっていた。「こうならなくちゃいかん」と奮起した日本サンライズ(現・サンライズ)のメンバーたちはヤマトに関する分析を重ねた結果、「ハイターゲットに絞って、30万~40万の熱狂的なファンをつかめば、それで十分商売になる」という結論に達する。だが、ヤマトと同じことをするつもりはなかった。彼らはヤマトの弱点を見つけ出していたのだ。ヤマトには数名以外、若々しいキャラが出ておらず、これでは子供の視聴者は感情移入できない。それならば子供たちだけの世界を作ってみたらどうだろうか? 『十五少年漂流記』の宇宙版を作ろう! これがガンダムの最初の企画案である。企画案は『フリーダム・ファイター』と名づけられた。サンライズのスタッフたちがもう一つ頭をひねったポイントは、誰を主人公...more
カテゴリー:

「落合福嗣」の画像

もっと見る

「落合福嗣」の動画

Wikipedia

ナレーション テレビ

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる