「萬田久子」とは?

関連ニュース

【芸能】萬田久子 泉ピン子からイジメ報道を否定 土下座は認める - 04月23日(日)07:41 

女優・萬田久子が22日、TBS系で放送された「ジョブチューン」に出演。デビュー直後に共演したドラマで “泉ピン子からいじめられた”との報道について、土下座したことは認めた上で、「ピン子さん正しい」と話した。 1978年、ミスユニバース日本代表に選出された萬田は80年に女優デビュー。82年にドラマ「淋しいのはお前だけじゃない」でピン子と共演。 当時、雑誌に“泉ピン子が萬田(※当時は万田)いじめ”と報じられた。 この一件について、萬田は「いじめられてないんですけどね」と切り出し、説明した。当時は深夜0...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

ディーン・フジオカが結婚詐欺師に 映画『結婚』予告編&主題歌解禁 - 04月20日(木)08:00 

 俳優のディーン・フジオカが結婚詐欺師を演じる映画『結婚』(6月24日公開)の予告編が20日、解禁された。DEAN FUJIOKA名義で自ら書き下ろした主題歌「Permanent Vacation」も一部お披露目された。 【映像】ディーン・フジオカが魅惑的な結婚詐欺師に 映画『結婚』予告編  同作は、直木賞作家・井上荒野氏の同名小説を実写映画化。ディーンが演じるのは、あらゆる女性を大人の色気で翻弄(ほんろう)する結婚詐欺師・古海(うるみ)。柊子、中村映里子、松本若菜、安藤玉恵、古舘寛治、萬田久子、貫地谷しほりらが共演し、監督はNHK連続テレビ小説『あさが来た』でチーフ演出を務めた西谷真一氏が務める。  妻を持ちながらも結婚詐欺を生業とする古海は、まるで呼吸するかのように「結婚しよう」と甘い言葉をささやき、そして女の前から消える。予告編ではダンス、ピアノ演奏、キスシーンなど、結婚詐欺師としての古海の魅力と色気が存分に散りばめられているほか、頬をつたう一粒の涙など、古海の闇と孤独も映し出している。 【関連記事】 ディーン・フジオカの書き下ろし曲、4・22初オンエア (17年04月14日) ディーン・フジオカ主演映画に萬田久子、貫地谷しほりら 映画『結婚』キャスト発表 (17年03月22日) ディーン・フジオカ、全編中国語詞曲に初挑戦 『テレビで中国語』テーマ曲 (17年03月...more
in English
カテゴリー:

ディーン・フジオカの書き下ろし曲、4・22初オンエア - 04月14日(金)00:00 

 音楽活動にも精力的な俳優のディーン・フジオカが書き下ろす、テレビ朝日系『サタデーステーション』『サンデーステーション』のエンディングテーマ「Unchained Melody」が、22日の『サタデーステーション』初回でオンエア解禁されることが明らかになった。 【写真】メインキャスターの高島彩と長野智子  ディーンは「ジャカルタへのフライト直前にベトナム料理を一緒に食べながら、聞かせていただいた制作チームの熱いパッション。なぜテレビ番組を作るのか? そして、何を伝えたいのか? あの夜受け取った思い、胸に込み上げた感情を歌詞に込めた、この曲は私からのアンサーソングです」と楽曲について語っている。  これまでもアメリカ、アジア圏を中心にグローバルに活動し、語学も堪能なディーンは、『サタデーステーション』に不定期出演し、“インフルエンサー”として国内外各地に赴き番組を盛り上げる。 ■番組情報 『サタデーステーション』4月22日スタート、毎週土曜 後8:54 メインキャスター…高島彩 インフルエンサー…ディーン・フジオカ(不定期出演) コメンテーター…磯田道史(歴史学者)、ほか 『サンデーステーション』4月23日スタート、毎週日曜 後8:54 メインキャスター…長野智子 コメンテーター…後藤謙次、ほか 【関連記事】 ディーン・フジオカ主演映画に萬田久子、貫地谷しほりら 映画『...more
in English
カテゴリー:

ディーン・フジオカが妖艶なベッドシーンを披露!「結婚」予告編公開 - 04月20日(木)08:00 

 俳優のディーン・フジオカが結婚詐欺師役で主演する映画「結婚」の劇中カットと、フジオカが妖艶なキスシーンやベッドシーンを披露する予告編が公開された。 ・【動画】「結婚」予告編  映画は、直木賞作家・井上荒野氏の同名小説を原作に、結婚を求めて騙された女たちの苦悩と、騙した男が抱える秘密と悲しみを描く。フジオカが出演した連続テレビ小説「あさが来た」で、チーフ演出を務めた西谷真一がメガホンをとった。  古海健児(フジオカ)は、妻・初音(貫地谷しほり)と暮らしながら、職業や名前を変えて様々な女たちを相手に結婚詐欺をはたらいていた。騙された女たちは、詐欺の相棒で過去に古海に騙されそうになった経験を持つ女・千石るり子(柊子)にたどり着き、古海の本当の目的を知ることになる。  予告編では、フジオカがDEAN FUJIOKA名義で書き下ろした楽曲「Permanent Vacation」にのせて、古海が複数の女性と肉体関係を持ち、“理想の男”を演じることで手玉にとっていくさまが描かれる。ロマンチックなプロポーズの後に、事もなげに金を振り込ませたかと思えば、自問自答して追い込まれていく様子や意味深な涙も見せており、古海が抱える心の闇が垣間見える仕上がりとなっている。  また、全国共通前売り鑑賞券(ムビチケカード)が、4月22日から全国の公開劇場で発売(一部劇場を除く)されることが決定した。数...more
in English
カテゴリー:

松井玲奈富美加ネタに苦笑い 飯塚監督「やめるということがテーマになっている」 - 04月18日(火)20:33 

 映画『笑う招き猫』の完成披露試写上映会が18日、東京都内で行われ、出演者の松井玲奈、落合モトキ、前野朋哉、なすなかにし、角田晃広(東京03)、飯塚健監督が登壇した。 本作は、27歳の漫才コンビ「アカコとヒトミ」の2人が、お笑いの頂点を目指して奮闘する青春ガールズムービー。映画公開の直前には、全4話のテレビドラマも放送された。 松井とW主演で女性漫才コンビを演じたのは、宗教団体「幸福の科学」に出家を表明した清水富美加。この日、清水は欠席したが、飯塚監督は冒頭から「誰一人欠けることなく、この日を迎えられてうれしく思います」とあいさつして、笑いを誘った。 芸人を描いた映画にちなみ、会場では“大喜利コーナー”も実施された。写真を基に“何か面白いことを言う”というお題では、テレビドラマのワンシーンである「幼なじみの三人が生け垣から顔を出して何かをのぞいている写真」が登場した。 早速角田が「元気そうだね。富美加ちゃん!」と“富美加ネタ”を投下すると、驚いた松井はこらえきれずに観客に背を向けて苦笑い。共演者から「真央ちゃんみたいになってる」と、引退会見で涙を隠そうとした浅田真央選手に例えられる一幕もあった。 そんな松井は「アカコ(松井)が巨大ブリを抱いている写真」というお題が出ると「後で怒られちゃうかな…」としながらも「豊洲(市場)はここになったわよ!」と時事ネタを披露した。 さらに“ハリセン...more
in English
カテゴリー:

「萬田久子」の画像

もっと見る

「萬田久子」の動画

Wikipedia

外部リンク
  • 萬田久子 オフィシャルサイト
  • どらく-ひとインタビュー 思い立って実現した語学留学 20代では思いつかない挑戦 - 2012年11月27日時点のアーカイブ

...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる