「萩原聖人」とは?

関連ニュース

「みをつくし料理帖」4話。ほのぼの飯テロ時代劇だと思ってたら、凄い話になってきた - 06月17日(土)10:00 

高田郁のベストセラーが原作の土曜時代ドラマ『みをつくし料理帖』。土曜のNHKは『みをつくし料理帖』と『ブシメシ!』という飯テロ時代劇2連発だ。しかし、両方ともほっこりした人情料理ドラマだと思ったら大間違い。『みをつくし料理帖』は先週放送の第4話「ほろにが蕗(ふき)ご飯」から激しく展開しはじめた。なんと「つる家」が燃えてしまったのだ!視聴者を安心させる優しい大人たち澪(黒木華)が考え出した料理を次々と真似する江戸一番の名店「登龍楼」。ついに、澪が店に出す前の料理まで真似するようになった。澪は「つる家」で働くようになった少女・ふき(蒔田彩珠)に疑念を抱く。「登龍楼」の卑劣なたくらみ。それは、ふきに「つる家」の台所をスパイさせることだった。両親を亡くし、幼い弟とともに「登龍楼」に引き取られたふきは言いなりになるしかなかったのだ。なにせまだ13歳、無理もない。事実を知った上でご寮さん(安田成美)は澪に語りかける。「ふきちゃんを問い詰めたかて、何にもなれへん。それよりもふきちゃんに、何をしてやれるかや」それにしてもこのドラマ、種市(小日向文世)やご寮さん、手伝いをしてくれるおりょう(麻生祐未)など、澪のまわりにいる大人たちが本当に優しい。彼らの優しさがあるから、我々も安心して見ていられる。澪もふきもおりょうが育てている太一も全員が両親を亡くした孤児。そういう子どものまわりには、彼らのような優...more
カテゴリー:

「萩原聖人」の画像

もっと見る

「萩原聖人」の動画

Wikipedia

萩原 聖人(はぎわら まさと、1971年8月21日 日本音声製作者名鑑2007、85頁、小学館、2007年、ISBN 978-4095263021 - )は、日本俳優声優ナレーター、雀士。本名同じ。愛称:ハギー。

神奈川県茅ヶ崎市出身。アルファーエージェンシー所属。身長175cm、体重56kg。

略歴

幼少期(3歳)に両親が離婚し、父親側に引き取られるが、小学4年生の時に父親は他界。その後は15歳まで茅ヶ崎で父方の祖父母に育てられた。そのため、母親とはほとんど一緒に暮らしたことがないという少年時代を過ごすAERA 1999年2月8日号 52~56ページ「現代の肖像・萩原聖人」。

茅ヶ崎市立梅田中学校を卒業後に上京。 東京都立戸山高等学校の定時制に入学するが、わずか一週間で中退。その後に短期渡米し、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる