「菓子店」とは?

関連ニュース

道の駅で自慢のまんじゅう食べ比べ - 11月19日(日)10:22 

 秋田県羽後町の菓子店や県南の道の駅が自慢のまんじゅうを持ち寄る「まんじゅうミニ博覧会」が18日、同町の「道の駅うご 端縫いの郷(さと)」で始まり、住民や観光客でにぎわった。19日まで。羽後町菓子組合…
カテゴリー:

限定タルト目当てに5時間半待ち!「葉山の朝市」行ってみた - 11月17日(金)11:00 

日本各地で開かれている朝市。石川県「輪島朝市」が千年を超える歴史を持つように、朝市は多くの日本人に親しまれてきた。いま、朝市で売られているのは旬の野菜や鮮魚だけではない。それぞれの地域で、いろいろなお得感が味わえるユニークさが話題を呼んでいる。そんな朝市名物を求めて、時には夜明けより早く行列ができ、多くの人が詰めかけ瞬時に売り切れるものまであるという……。 ■神奈川県・葉山町「絶大な人気の限定タルト」 11月初旬、朝6時半。この日は風が強く、気温も14度とひんやりしていた。葉山港の門をくぐると、スタッフが2時間後のオープンに向けて準備を進めていた。しかし、すでに50人ほどの行列が! 前方に並んでいた30代の男性に話を聞くと……。 「夜勤終わりに小田原から1時間かけてバイクで。3時に着きました。今日は母の誕生日なので、名物でおいしいと聞いたタルトを購入します」 1年で5回もリピート中だという神奈川県鎌倉市から買いに来た40代男性や、4時起きで埼玉県さいたま市から訪れた50代夫婦などで、8時前には100人を超す大行列に。 並んでいる人たちの狙いの多くは、葉山で45年続く人気洋菓子店「ラ・マーレ・ド・チャヤ」の朝市限定・数量限定のワンホールのタルト(1,000円)とバタークリームを使ったチョコレートケーキの切り落とし。なん...more
カテゴリー:

「コウノドリ」産婦人科医の力が及ばない現実、死産…改めて「出産は奇跡」5話 - 11月17日(金)09:45 

瑞希「私のせいですか? 私が切迫早産だったからですか? もっと安静にして、シャワーの回数を減らしていれば良かったですか?」サクラ「違います。西山さんのせいではありません」瑞希「じゃあ、なんで赤ちゃん死んじゃったんですか……?」2017年11月10日放送の金曜ドラマ『コウノドリ』(TBS系列)第5話。切迫早産の可能性があり緊急入院していた妊婦が、原因不明の死産を経験する。第5話 あらすじ妊娠27週を迎えた妊婦・西山瑞希(篠原ゆき子)は、切迫早産の可能性があると診断され、緊急入院することになった。同じく切迫早産で入院していた同室の七村ひかる(矢沢心)と意気投合。お互いに励まし合いながら正産期を待つ。しかし、ある日鴻鳥サクラ(綾野剛)がエコーを確認すると、瑞希の赤ちゃんはお腹の中で亡くなっていた。出産は奇跡、だから人ができないこともあるサクラ「僕も昨日から、ずっと考えています。なんでだろう、なんでだろうって。でも、わからないんです」四宮「死産の四分の一は原因不明なんだ。俺たちにだってわからないことがある。できないことだってある。俺なら絶対に頭を下げない。次の出産に向けて、綿密な計画を練るだけだ」苦難を乗り越えて赤ちゃんが誕生する奇跡を見せてきてくれた『コウノドリ』。5話では、産婦人科医であっても力が及ばないことがある現実を「原因不明の死産」をもって描いた。「早産」とは、妊娠37週0日~4...more
カテゴリー:

倒産危機の老舗和菓子屋を救った「桔梗信玄餅」の奇跡 - 11月16日(木)04:30 

山梨の定番みやげとして誰からも愛されている「桔梗信玄餅」。最近では桔梗信玄餅シリーズとしてプリンやケーキを売り出したり、定期的に行う「信玄餅詰め放題」でも大きな話題を呼んでいます。「テレビ東京『カンブリア宮殿』(mine)」は、放送内容を読むだけで分かるようにテキスト化して配信。今回は、伝統と新しさが不思議とマッチした「桔梗信玄餅」の歴史と、その人気の秘密をご紹介します。 老舗菓子店が挑む常識破りのベンチャー魂・桔梗屋 東京駅の地下にある「諸国ご当地プラザ」には全国各地のおみやげが取り揃っている。この店の売上げナンバーワンが巾着袋に入った山梨の「桔梗信玄餅」。発売から50年経つ超ロングセラーだ。きな粉をタップリまぶした餅に特製の黒蜜をかけて食べる、素朴なお菓子。JR東日本の「おみやげグランプリ2017」でも、みごとお菓子部門の金賞に輝いた。 人気のお菓子を作っている桔梗屋は山梨県笛吹市にある。朝5時半。桔梗屋の本社兼工場に続々と人が集まり、大行列ができていた。 お目当ては「信玄餅」の詰め放題。観光客に人気のイベントとなっている。あまりにも人数が多いため、整理券を配布する。この日は220人分用意されたが、わずか10分でなくなった。ビニール袋に詰め放題の参加費はわずか220円。安さの秘密は、消費期限がこの日までだからだ。 桔梗屋の工場は山梨屈指の観光スポット。年間160万人がやってくる...more
カテゴリー:

女子大と共同開発、特産ユズの焼き菓子=埼玉県毛呂山町〔地域〕 - 11月15日(水)10:54 

 毛呂山町は、和菓子店「かにや」(狭山市)と女子栄養大学(坂戸市)と共同で、毛呂山町特産の桂木ユズを使った焼き菓子「桂木の真珠」を開発した。19日開催の「毛呂山町産業まつり」でお披露目販売し、20日からかにや全店やオンラインショップで販売する。毛呂山町特産の桂木ユズをPRしてブランド化を図る。 毛呂山町は奈良時代からユズを栽培していたと伝えられており、日本最古の生産地として有名。桂木ユズは実が大きく肉厚で、味が濃く香りが強いことが特徴だ。 「桂木の真珠」の企画は、女子栄養大学の学生が担当。地元企業のかにやが若い感性を生かして製造した。新たなブランド化を図り、ユズの販路拡大つなげたい考えだ。 商品名「桂木の真珠」やパッケージにもこだわった。毎年5月中旬に咲くユズの白い花をパッケージに描き、真珠のように丸く輝くユズのつぼみから名前をつけた。また製品化に当たっては、素材の良さを十分生かし、香料などを使わず桂木ユズの本来の味わいを引き出しながら、ユズの花が持つかれんなイメージに合った味わいや食感に仕上げている。 今回商品開発に携わった女子栄養大学のリーダーで4年生の岩井綾花さん(22)は、「ユズの生産農家を見学したとき、高齢の方が大変な作業をしているのを見た。私たちのアイデアが少しでも皆さんのやる気につながってほしい」と期待する。またメンバーの一人、網悠花さん(21)は「この商品を通して一...more
カテゴリー:

話題沸騰中!京都の人気店「菓子店千茜」の焼菓子を家庭でたのしむ - 11月17日(金)17:20 

[株式会社 世界文化社] [画像1: https://prtimes.jp/i/9728/388/resize/d9728-388-301449-0.jpg ] ●京都の人気焼菓子店が、おいしさの秘密を公開します スイーツ通の間で話題の「菓子店千茜」(かしてんちせん)がレシピを初公開。バ...
カテゴリー:

驚きのふわふわケーキ コトリ焼菓子店 (那覇市樋川) - 11月17日(金)11:00 

 那覇市樋川、与儀公園そばの住宅街にある「コトリ焼菓子店」。県外からもお客さまが訪れるシフォンケーキの名店として知られ、約3年にわたり宜野湾市で営業を続けていましたが、ことし3月、現在の場所に移転しました。  名物のシフォンケーキは、驚きのふわふわ・しっとり食感。手に取っただけで、他のシフォンケー...
カテゴリー:

『コウノドリ』出産は奇跡。産声なき出産を通し、夫婦が教えてくれた命の大切さ - 11月16日(木)11:00 

© TBS『コウノドリ』(TBS系)第5話が11月10日に放送された。描かれたのは、切迫早産により長期入院となった妊婦。子宮内胎児死亡というあまりに悲しい結末に、最後の最後まで涙があふれて止まらなかった。私たちの心にダイレクトに届いた“妊娠・出産は奇跡”というメッセージ。命がいかにはかなく、尊いものであるか、1組の夫婦とベビーが教えてくれた。■産声なき悲しい出産の現実© TBSサクラ(綾野剛)のもとを訪れた妊娠27週の西山瑞希(篠原ゆき子)は、切迫早産の診断を受け急きょ入院することになる。同室の七村ひかる(矢沢心)と励ましあいながら明るく入院生活を送るが、32週のエコーで事態が急変。胎児の心拍停止が発覚するのだ。四宮(星野源)の診察も受けるが、結果は同じ。そして、ベビーが亡くなった理由はサクラにもわからなかった。途方に暮れ、「ごめんね、ごめん…」と涙する瑞希を夫・寛太(深水元基)はやさしく抱き寄せる。おなかにいる赤ちゃんの名前は“あかり”に決まっていた。それは「(母・瑞希のように)女は明るい方がいいから」と寛太が名付けたものだった。翌日、陣痛促進剤を投与し瑞希の出産が始まる。赤ちゃんが亡くなっていても、痛みは通常のお産と変わらない。「あかりーっ」そうわが子の名前を叫びながら力を振り絞って出産するが、そこに産声は響かなかった…。子宮内で亡くなったベビーは戸籍に残すことができない。小松...more
カテゴリー:

【東海紅葉さんぽ】街中が黄金色に染まる!愛知・祖父江のイチョウのじゅうたん散策 - 11月15日(水)13:25 

ギンナンの生産量が全国で3割を占めることで有名な愛知県稲沢市祖父江町。イチョウの木は約1万1000本にも及ぶ。黄葉の最盛期となる11月中旬には町全体が黄金色に包まれ、どこを歩いても見事な黄葉を楽しめる。 【写真を見る】祭り会場内にある祐専寺は特に人気のスポット。夜間はライトアップが行われる 【紅葉DATA】色付き始め:11月中旬/落葉:12月中旬/ライトアップ:2017年11月18日(土)~25日(土)/黄葉祭り:2017年11月18日(土)~26日(日)/規模:約1万1000本 そんな祖父江町では、2017年11月18日(土)から25日(日)まで、黄葉まつりが開催。祖父江町一帯で黄葉が楽しめるが、特に祐専寺のある「山崎会場」や「祖父江町体育館会場」(11月18日・19日のみ)には、グルメ屋台が立ち並び、例年多くの人でにぎわう。 黄葉を目で楽しんだ後は、ギンナングルメを味わってみよう。会場でギンナンを使ったコロッケや、和菓子などが味わえる。「一品料理 福弥」が手掛ける「銀杏コロッケ」は1個100円。ソースなしでもおいしく食べられる塩味仕立てで、ギンナンの風味が口に広がる。またそのコロッケが2つ入り、モチ米を使ったギンナンおこわと一緒に楽しめる「銀杏おこわコロッケ弁当」(600円)などもオススメ。また地元和菓子店の「菊国製菓」の「銀杏だんご」(140円)や、小豆こしあんを刻みギンナン...more
カテゴリー:

【フィギュア】村上佳菜子、職業病で体毛増える「ここだけ男の人みたい」 - 11月15日(水)10:00  mnewsplus

フィギュアスケートのソチ五輪代表で4月に現役引退した村上佳菜子(23)が、14日放送の日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」(火曜・後7時56分)に出演し“職業病”を明かした。 スケート靴のヒモをきつく縛るタイプという村上は「ここだけ男の人みたい」とスケート靴のひもが当たる部分の体毛が濃くなったことを告白した。 また、かき氷大好きという村上は「1日に最高9杯食べた」と自己記録を披露。司会の明石家さんま(62)は「おなかは痛めないの?」と冷えを心配。 村上は「痛めます。シャーシャーです」といい、お...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「菓子店」の画像

もっと見る

「菓子店」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる