「菓子屋」とは?

関連ニュース

広瀬すず主演『なつぞら』 母役・松嶋菜々子は「力添えができれば」 - 04月26日(木)19:48 

 2019年前期の連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/毎週月曜~土曜8時)の北海道・十勝編の出演者発表会見が26日、NHK放送センターで行われ、松嶋菜々子、藤木直人、清原翔、岡田将生、草刈正雄ら14名が出席した。主演の広瀬すずは「これから遠慮なく“お父さん”“お母さん”と甘えたいと思います」と語った。【写真】『なつぞら』出演者の広瀬すず、松嶋菜々子、藤木直人ら 『なつぞら』は、大森寿美男の脚本で、戦災孤児となったヒロイン・奥原なつ(広瀬)が父の戦友である北海道・十勝の酪農家の元で育ち、創世記のアニメ業界で活躍する姿を描く物語。 今回発表されたのは、父の戦友・柴田剛男役の藤木直人、剛男の妻で、母としてなつを育てる柴田富士子役の松嶋菜々子、二人の長男・柴田照男役の清原翔、二人の長女・柴田夕見子役の福地桃子、北海道移民一世である剛男の義父・柴田泰樹(たいじゅ)役の草刈正雄らの柴田一家。 また、柴田家の酪農を手伝う戸村悠吉役の小林隆、その息子・戸村菊介役の音尾琢真、和菓子屋を営む小畑雪之助役の安田顕、その母・小畑とよ役の高畑淳子。その息子で、なつと共に上京する親友・小畑雪次郎役の山田裕貴の2家族と、なつの実兄で、別々に育つことになる咲太郎(さいたろう)役の岡田将生も出席した。 さらになつに絵心を教える青年画家・山田天陽(てんよう)役の吉沢亮、その母・山田タミ役の小林綾子も発表された。天...more
カテゴリー:

【朝ドラ】TEAM NACS・音尾&安田&戸次が朝ドラ『なつぞら』出演 地元・北海道が舞台 - 04月26日(木)18:41  mnewsplus

 北海道出身の演劇ユニット・TEAM NACSの音尾琢真、安田顕、戸次重幸の3人が、女優・広瀬すずがヒロインを務める2019年春から放送のNHK連続テレビ小説第100作『なつぞら』(作:大森寿美男)への出演が決定した。今回発表された『北海道・十勝』編キャストとして出演する3人のうち、音尾と安田が26日、同局内で行われた会見に出席し、意気込みを語った。  本作の舞台となるのは、北海道と東京。戦争で両親を亡くした少女・奥原なつ(広瀬)は、養父とともに北海道・十勝に移り住み、大自然と開拓精神にあふれた人たちに育まれ、たく...
»続きを読む
カテゴリー:

TEAM NACS・音尾&安田&戸次が朝ドラ『なつぞら』出演 地元・北海道が舞台 - 04月26日(木)17:57 

 北海道出身の演劇ユニット・TEAM NACSの音尾琢真、安田顕、戸次重幸の3人が、女優・広瀬すずがヒロインを務める2019年春から放送のNHK連続テレビ小説第100作『なつぞら』(作:大森寿美男)への出演が決定した。今回発表された『北海道・十勝』編キャストとして出演する3人のうち、音尾と安田が26日、同局内で行われた会見に出席し、意気込みを語った。 【写真】連続テレビ小説『なつぞら』のヒロインを務める広瀬すず  本作の舞台となるのは、北海道と東京。戦争で両親を亡くした少女・奥原なつ(広瀬)は、養父とともに北海道・十勝に移り住み、大自然と開拓精神にあふれた人たちに育まれ、たくましく成長する。高校卒業後、上京して、当時草創期を迎えていたアニメーション業界に飛び込み、みずみずしい感性を生かして活躍する生き様を描いていく。  安田は十勝・帯広のお菓子屋『雪月』の店主・小畑雪之助、音尾はなつの新しい家族となる柴田牧場の従業員・戸村悠吉(小林隆)の息子・菊介、戸次は戦後に東京から入植した山田家の主・正治を演じる。  今回が朝ドラ初出演の音尾は「憧れの朝ドラ、しかも100作目に出ることができ、北海道出身でつくづく良かった…」としみじみ。しかし「隣をみると劇団の仲間がいることで、ちょっとだけ喜びが半減しています。俺だけじゃないのか。あと2人(大泉洋、森崎博之)出てこないことを願います」と...more
カテゴリー:

愛媛県の八幡浜には、日本一黒い「ブラック商店街」がある。 - 04月26日(木)05:59 

シャッター商店街の話題は日本各地で聞くけれど、「ブラック商店街」というのはあまり聞いたことがない。長時間労働? ハラスメント? 精神論?八幡浜にあるこの商店街は、とにかく「黒い」んです。ポストも黒いし自販機も黒い地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒づくめ」にすること。シャッター通りのブラックさを逆手にとったかのようなこの取り組み、おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が協力(2018年1月現在)。八幡浜市内のブラックにまつわるグルメやスポットを70点以上掲載している「ブラックリスト」も、すでに第3弾まで改定されています。通りには、黒い郵便ポストや、黒い自動販売機が……。黒だしちゃんぽんと黒お好み焼きソウルフードの八幡浜ちゃんぽんも、黒くなっちゃいました。商店街にある「愛花亭」で食べられるのは、イカスミを使った黒だしのスープ。サービスには黒ライスもついてきます。黒いちゃんぽんってどうなんだろう……と思いきや、魚介の風味が濃厚で、とてもおいしくいただきました。麺の気分じゃないときは、黒いお好み焼きもどうぞ。柑黒まんじゅうと黒豆のモンブランうすかわ饅頭で有名な、1897年(明治30年)創業の老舗和菓子屋さん「宮川菓子舗」も思った以上に真っ黒でした。ブラックリストの殿堂入り商品...more
カテゴリー:

ハマの定番おやつ 日本人に生まれてよかった!と思う瞬間。麗しの和菓子に囲まれる「茶菓 あずきや」 - 04月24日(火)20:02 

「茶菓 あずきや」は、富山県の和菓子屋さんに生まれ育ち、数々の和菓子店で修業した水上陽一さんが2007年にオープン。店内にはロールケーキやパウンドケーキなどの洋菓子も数多く並び、すべて水上さんの手作り。店主は、“和菓子に魅入られ”つつも、“洋菓子にも目がない”。 【写真を見る】美しいビジュアルで食べるのがもったいない!「菖蒲」(期間限定)をイメージした「上生菓子」は270円/(C)KADOKAWA 撮影=小林祐美 和菓子の繊細さと美しさにハマったという水上さん。伝統の品から創作和菓子まで、日々制作に邁進している。最近では歌舞伎の演目を表現する「わがしばなし・勧進帳」も手がけた経歴を持ち、若手だがかなりの実力派だ。そんな新進気鋭の和菓子職人・水上さんが生み出す、見た目も麗しい和スイーツベスト3はこちら! ■ 第3位 口の中であっという間に溶けてしまう「和三盆プリン」 子供から大人まで、男女を問わず、大人気の「和三盆プリン」(228円)。“盆の上で砂糖を三度研ぐ”という意味の和三盆は、日本で工夫された独自の製法の高級砂糖であり、細やかな粒子と口溶けのよさが特徴だ。この「和三盆プリン」もとろ〜りとなめらかに口の中で消えていき、和三盆の上品な甘さと余韻も十分に楽しめる。材料は卵、牛乳、和三盆糖だけ、という昔ながらの素朴なプリンながらも、とても深い味わい。 ■ 第2位 和洋折衷の深い味わい...more
カテゴリー:

清原翔、福地桃子、山田裕貴、吉沢亮…朝ドラ初出演4人の若手俳優が意気込み - 04月26日(木)18:44 

 NHKは26日、女優・広瀬すず(19)がヒロインを務める、2019年春から放送の連続テレビ小説第100作『なつぞら』(作:大森寿美男)の新たな出演者14人を発表。小林綾子や松嶋菜々子といった朝ドラにゆかりのあるキャストと並行して、広瀬と世代の近い朝ドラ初出演の俳優たちもフレッシュに登場。男女含めて約2500人のオーディションを勝ち抜いてきた4人が朝ドラにかける意気込みを語った。 【写真】連続テレビ小説『なつぞら』のヒロインを務める広瀬すず  本作の舞台となるのは、北海道と東京。戦争で両親を少女・奥原なつ(広瀬)は、養父とともに北海道・十勝に移り住み、大自然と開拓精神にあふれた人たちに育まれ、たくましく成長。高校卒業後、上京して、当時、草創期を迎えていたアニメーション業界に飛び込み、みずみずしい感性を生かして活躍する生き様を描いていく。  藤木演じる、なつの育ての父・柴田剛男の長男・照男を演じる清原翔(25)は「こうして、この場に立たせていただけることは不思議で幸せです。僕自身まだまだ未熟なので、共演者のみなさんにいろいろ教わって、吸収して成長していけたらと思っています」と初々しくあいさつ。  同じく柴田家の長女・夕見子を演じる福地桃子(20)も「出演が決まりましたということを聞いた時から時間が経ったのにも関わらず、実感がわかず、きょう初めてみなさんとお会いして、ようやく始...more
カテゴリー:

朝ドラ『なつぞら』、TEAM NACS全員出演の可能性も示唆「頑張って交渉したい」 - 04月26日(木)18:34 

 北海道出身の演劇ユニット・TEAM NACSの音尾琢真、安田顕、戸次重幸が、2019年春から放送のNHK連続テレビ小説第100作『なつぞら』(作:大森寿美男)への出演が26日、発表された。今回は『北海道・十勝』編キャストとして、メンバー5人中3人が決定したが、制作統括の磯智明氏は「出演していただけるように頑張って交渉したい」とリーダー・森崎博之と大泉洋の含めた全員出演の可能性も示唆した。 【写真】連続テレビ小説『なつぞら』のヒロインを務める広瀬すず  本作の舞台となるのは、北海道と東京。広瀬すず演じる戦争で両親を亡くした少女・奥原なつは、養父とともに北海道・十勝に移り住み、大自然と開拓精神にあふれた人たちに育まれ、たくましく成長する。高校卒業後、上京して、当時草創期を迎えていたアニメーション業界に飛び込み、みずみずしい感性を生かして活躍する生き様を描いていく。  安田は十勝・帯広のお菓子屋『雪月』の店主・小畑雪之助、今回で朝ドラ初出演となる音尾は、なつの新しい家族となる柴田牧場の従業員・戸村悠吉(小林隆)の息子・菊介、戸次は戦後に東京から入植した山田家の主・正治をそれぞれ演じる。磯氏は「地元の人たちに喜んでもらえる人に出てほしい。やはりTEAM NACSというのは北海道での知名度はものすごいものがある。そういう方々たちのお力も借りたい」と起用理由を説明した。  26日に同...more
カテゴリー:

小林綾子『おしん』以来、約35年ぶり朝ドラ出演「うれしく」 - 04月26日(木)17:50 

 女優・小林綾子(45)が、広瀬すず(19)がヒロインを務める、2019年春から放送のNHK連続テレビ小説第100作『なつぞら』(作:大森寿美男)への出演が決定した。今回発表されたのは『北海道・十勝』編キャスト。第31作『おしん』以来、約35年ぶりに朝ドラに帰還し、26日に同局内で行われた会見に出席した小林は「月日の立つのは早い。原点となった朝ドラに参加することができまして、うれしく思っています」と喜びを語った。 【写真】連続テレビ小説『なつぞら』のヒロインを務める広瀬すず  本作の舞台となるのは、北海道と東京。戦争で両親を少女・奥原なつ(広瀬)は、養父とともに北海道・十勝に移り住み、大自然と開拓精神にあふれた人たちに育まれ、たくましく成長。高校卒業後、上京して、当時、草創期を迎えていたアニメーション業界に飛び込み、みずみずしい感性を生かして活躍する生き様を描いていく。  小林が演じるのは戦後、東京から入植し、なつに絵心を教えた青年画家・山田天陽(吉沢亮)の母・タミ。「東京育ちでおっとりとしていて農業は苦手。近所の人とも交流をしない設定。なつさんのアニメーターとなるきっかけの天陽の母としてなっちゃんを支えていければ」とサポートを誓った。  このほか、なつのたった一人の兄・奥原咲太郎を演じる岡田将生、なつの新しい家族となる柴田牧場のキャストとして草刈正雄(柴田泰樹)、松嶋菜々...more
カテゴリー:

駄菓子から高級な兜まで!おもちゃ箱のような「松屋町」を中国人が散策 - 04月25日(水)15:04 

「おもちゃ箱をひっくり返したような町」と呼ばれる場所があるのをご存じですか? 【写真を見る】昔懐かしい日本人形がズラリ それは、大阪・松屋町。地下鉄長堀鶴見緑地線「松屋町駅」の側にある「松屋町筋商店街」が、松屋町がまるでおもちゃ箱のようだと言われる所以です。 「日本には色々な商店街があります」と、中国人レポーターが言うように、日本には、主に調理道具専門店が立ち並ぶ千日前道具屋筋商店街(大阪・難波)や、鶴橋商店街振興組合(大阪・鶴橋)のようなコリアン色豊かな商店街など、様々な色を持った商店街がありますよね。 ここ、松屋町の特色は「人形」。 「日本人形」を扱う問屋がずらっと立ち並びます。日本人形と聞くと「うわ、高そう」、なんて思ってしまいますが、松屋町筋商店街に並ぶのは問屋だです。だからこそ、普通のお店の半分ほどの価格で美しい人形を購入できるんですよ。 この人形なんて、約2000円。人形には詳しくないけれど8000円くらいすると思っていたので、これなら気軽に購入することができそうですね。 もちろん、とても高級なものも取り扱っています。 こちらの美しく立派なひな人形たちは、なんと300万。これにはレポーターも思わず大きな声をあげてしまいました。確かに、簡単に手が出る値段ではありません。ただ、こういったものは「受け継がれる」ものでもあるので、母から娘、そのまた娘...more
カテゴリー:

4か月で23キロ増やし、うつ病に…美人女優が変わり果てた姿に役作り - 04月24日(火)08:44 

 圧倒的な美貌で人気の女優シャーリーズ・セロン(42)が、新作映画『タリー(原題)』に向けた役作りで、20キロ以上も体重を増やす苦労について明かした。  同映画で3人の子を持つ母親役を演じるにあたり、4か月間で50ポンド(約23キロ)近く体重を増やしたシャーリーズ。なんと、そのことでうつ状態に陥ってしまったという。 「この映画のために50ポンドくらい増やしたの。この女性がどんな気持ちだったか実感したかったし、この女性にできるだけ近づいてその考えを理解する私なりの方法だったんだと思う」 「でもそのことで、うつ病になってしまったことには驚かされたわ」 「人生で初めてすごい量の加工食品を食べたり、砂糖たっぷりの飲み物を大量に飲んでたの。この映画の撮影時は、あまり近寄りたくないタイプの人間だったと思うわ」  芸能メディア『エンターテイメント・トゥナイト』にこう語ったシャーリーズ。『タリー』では、育児に疲れ切っている母親役を演じているが、実生活でも2児の母だ。  体重を増やし始めた当初、好きなものを何でも食べることを楽しんでいたシャーリーズだが、すぐにそれが仕事と化してしまったそうだ。 「最初の3週間は楽しいものよ。だってお菓子屋さんの子供みたいな気分だもの。ハンバーガー店で2杯もシェイクを飲むような朝食を取ったり、楽しいものだわ」 「でも3週間を越えると楽しくなくなるの。突...more
カテゴリー:

もっと見る

「菓子屋」の画像

もっと見る

「菓子屋」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる