「菊地陽子」とは?

関連ニュース

ラブソングの女王・西野カナ、「トリセツ」後に目指すインスタ映え - 11月20日(月)20:00 

 西野カナが、1年4ヶ月ぶりのアルバム『LOVE it』を発売した。初期は「会いたくて 会いたくて」、最近では「トリセツ」など、自身の年齢に応じた恋愛ソングを世に送り出してきた彼女。常に日常を歌詞に反映してきた西野だが、今作で考えたのは音楽の“インスタ映え”だという。『日本レコード大賞』受賞やドームライブなど、ソロの女性アーティストとして進化を続ける彼女に心境を聞いた。 【動画】キュートな肩だしコスチューム! 踊る西野カナ ◆いわゆる“インスタ映え”しそうな曲になればいいな ――昨年の『Just LOVE』は、話題になった「トリセツ」も収録されていて、“ザ・恋愛”という色合いが濃かった印象です。今作は今までとは違う意味で、より広い“LOVE”をテーマにした作品になっていますね。西野さんと言えば、どうしても「ラブソングの女王」というイメージがあって。 【西野カナ】自分では、その時その時で「これ!」って思ったことについて歌詞を書いているだけなんです。だから、タイトルにある“it ”も、私が日常の中で「これ、いい!」って思う、そんな瞬間を集めた感じ。SNSが、コミュニケーションツールとしても、自分のライフスタイルを伝えていく場としても、すごく流行っているじゃないですか。みんなそこに、「いいね!」ってつけていくでしょ? その「いいね!」って気持ちも、広い意味での愛だと思うし。インスタ...more
カテゴリー:

「菊地陽子」の画像

もっと見る

「菊地陽子」の動画

Wikipedia

菊地 陽子(きくち ようこ、1967年10月28日 - 1999年12月23日)は、日本の元アイドル歌手、女優。本名同じ。血液型はA型。1982年、ミス·セブンティーンコンテストでTBS賞を受賞。入賞をきっかけにニューバンブー音楽事務所の所属となり、1983年、当時のCBS・ソニー(現:ソニー・ミュージックエンタテインメント)からアイドル歌手としてデビュー。NHKのドラマでヒロインに起用されるなどしたが、1986年のニューバンブー社の倒産により、ベテランの俳優中心の芸能事務所である竹内事務所に移籍。以後はドラマを中心に女優として活動した。1993年10月頃、関美彦とポップスユニットBUTTER FIELDを結成し、ミニアルバムEARLY AUTUMNを1995年にリリースしているが、その後解散14 関 美彦 PART 3 of SPECIAL INTERVIEW。

人物

青森県八戸市出身。堀越高等学校青山学院大学卒業。

高校の同級生に岡田有希子、本田美奈子、南野陽子長山洋子高部知子、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる