「菅田将暉」とは?

関連ニュース

池田エライザ、童貞たちのマドンナに 『チェリーボーイズ』で過激シーンに挑む - 11月24日(金)07:00 

 林遣都、柳俊太郎、前野朋哉ら注目の若手俳優3人が“25歳の童貞”に扮する映画『チェリーボーイズ』のヒロインとして、若手女優・池田エライザが出演することが分かった。併せてポスタービジュアルが解禁されたほか、主題歌が斉藤和義と中村達也によるロックユニット・MANNISH BOYSの『GO! GO! Cherry Boy!』に決定したことも発表された。【関連】「池田エライザ」フォトギャラリー 本作は、古泉智浩の同名コミックを原作に、とある地方都市に住む、仕事も恋愛も上手くいかず、何事にも中途半端な3人の若者が“脱童貞”を目指し奔走する姿を描くコメディ。共演には石垣佑磨、岡山天音、般若、山谷花純、吹越満らが顔をそろえる。 信一(林)、達也(柳)、誠(前野)たちが、いつも集まって考え話すことは“セックス”の話題ばかり。上手く行かない世の中への愚痴や女性のことばかり語り合う3人の“負け組認定の男達”は、自分たちと人生を変えるべくある計画を立てる…。 新たに発表された池田の役どころは、童貞3人組のマドンナ的存在であり、脱童貞大作戦のターゲットにされる釈笛子。下世話な噂が絶えない大胆キャラに扮し、過激シーンにも果敢に挑むなど、幅広い演技と体を張った熱演で童貞3人組と対峙する。撮影について「悩める男子たちの青春の一ページに参加できて楽しかったです」と感想を語る池田は、「母性全開でお届けしています。...more
カテゴリー:

菅田将暉・桐谷健太らが"兄さん"との交流に感謝 「気合い入る」 - 11月23日(木)19:09 

映画『火花』(11月23日公開)の初日舞台挨拶が23日、都内で行われ、菅田将暉、桐谷健太、川谷修士(二丁拳銃)、三浦誠己、板尾創路監督、原作の又吉直樹が登場した。
カテゴリー:

ロバート秋山「天才子役・みち君」として登場するも…膝が悲鳴 - 11月23日(木)16:00 

 お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次が23日、都内で行われた『祝20しゅーねん!たまごっち』CM発表会に出席。憑依芸人として名高い秋山が、“天才子役 上杉みち君”で登場した。 【動画】巨大な小学生姿を披露したロバート秋山  「劇団えんきんほう所属の天才子役・6歳のみち君」という設定で、同商品の新CMでも遠近法を生かした演出で画面上では“大きい小学生”を演じた秋山。「ボクを撮る側が大変!でもちゃんと子どもとして出られた!」とCMさながらの子どもっぽい喋り方で、しっかりと大人な感想を述べ、撮影時を振り返った。しかし、同イベントでは、終始ヒザをついた状態で、背を低く見せていたため、「(体重が)95キロあるんだよ。床に毛布が欲しい」とおどけながら、膝への負担を訴えて笑いを誘っていた。  全世界で累計4000万個を販売し、大ヒット商品となった「たまごっち」が発売20周年を迎え、今回、初代たまごっちの完全復刻版として、「祝20しゅーねん! たまごっち」として販売されることになった。 【関連記事】 【写真】遠近法で小さくなったみちくん(天才子役に扮した秋山) 【写真】衝撃…全身タトゥー姿を披露した鳥居みゆき 【写真】菅田将暉も便乗…架空の偉人を演じるロバートの秋山竜次 【写真】秋山扮するクリエイティブディレクター「近松マサヲミ」 【写真】ファン公言!開放感あふれる白ドレスで脚線美を披露し...more
カテゴリー:

[菅田将暉]「火花」撮影は「メモリアルな日々」 ピース又吉は映画公開に感激 - 11月23日(木)13:13 

 俳優の菅田将暉さんと桐谷健太さんが23日、東京都内で開かれたダブル主演映画「火花」(板尾創路監督)の初日舞台あいさつに登場。映画について、菅田さんは「現場も楽しく、和気あいあいとして、大好きな芸人さんもいて、ハッピーでメモリアルな日々だ……
カテゴリー:

火花初日 菅田将暉の人気ぶりにキャスト陣も恨み節 - 11月23日(木)12:12 

 映画「火花」(板尾創路監督)の初日舞台あいさつが23日、都内で行われ、キャスト陣が主演菅田将暉(24)の人気ぶりに恨み節をさく裂させた。  ピース又吉直樹(37)の同名小説の映画化作品で、菅田と桐谷健太(37)が主演した。共演はお笑い…
カテゴリー:

[火花]菅田将暉、桐谷健太W主演 解散ライブの臨場感が半端ない - 11月23日(木)19:30 

 俳優の菅田将暉さん、桐谷健太さんダブル主演の映画「火花」(板尾創路監督)が、23日からTOHOシネマズスカラ座(東京都千代田区)ほかで公開される。原作は、お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんの第153回芥川賞受賞作。全く芽の出ない若手芸人が先 ……
カテゴリー:

【心理テスト】映画『火花』のように売れない芸人だったら? 答えでわかる出世する方法 - 11月23日(木)17:00 

 お笑いコンビ・ピース又吉直樹さんの『火花』(文藝春秋)が、11月23日映画化! お笑いコンビ「スパークス」として活動するものの、一向に売れる気配のない徳永(菅田将暉)が、4歳年上の神谷(桐谷健太)と出会い、物語が始まります。果たして、徳永は芸人として売れることができるか。今回は、この映画にちなんだ心理テストを紹介します。 【質問】  この映画の主人公のように、あなたはお笑い芸人。今のところまったく売れていません。どうする? A:別の人と組む B:芸風を変える C:営業&オーディション強化 D:解散する  あなたはどれを選びましたか? それでは結果をみていきましょう。 【診断できること】 「あなたの出世の仕方」  お笑い芸人として売れるには、策略が必要です。あなたがどんな策略を練るのかから、どんな方法で今の職場で出世していきそうかがわかるのです。 ■A:別の人と組む……コネを利用して出世  別の人と組むのは、ある意味今の相方を裏切る行為。これを選んだあなたは、ちょっとズルい人。上司や社長など目上の人にこっそり根回しをして、気に入られて得をするタイプです。それほど実力はなくても、上の人が権力を握り出世していくのに合わせて、あなたのポジションも上がっていくでしょう。 ■B:芸風を変える……新しい分野を開拓して出世  芸風を変えるには、かなりの思い切りが必要です。これを選んだあなたは、ダ...more
カテゴリー:

菅田将暉「メモリアルな日々でした」 漫才師として生きた『火花』を振り返る - 11月23日(木)15:08 

 映画『火花』の初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の菅田将暉、桐谷健太、川谷修士(2丁拳銃)、三浦誠己、板尾創路監督、原作者の又吉直樹(ピース)が登壇した。  又吉の芥川賞受賞作を映画化した本作は、売れない若手芸人が一旗揚げようと奮闘する青春物語。劇中では、菅田と川谷が「スパークス」、桐谷と三浦が「あほんだら」として漫才コンビを組んだ。  売れない漫才師の徳永を演じた菅田は「現場も楽しく芸人さんたちもいて和気あいあい。ハッピーな意味でもメモリアルな日々でした」と振り返った。  また「徳永としての日々は忘れちゃいかん。そういう時間だった。今日公開できるのが本当にありがたい。純粋に楽しみ」と心境を明かした。  一方、徳永の師匠となる先輩芸人・神谷を演じた桐谷は「単純に公開してうれしいのと、もうこうして集まることもなかなかないんやなという寂しさがある。ぜひ最低、3回は大ヒット御礼の舞台あいさつができるように、どうか皆さんお力添えを」と呼び掛けた。  また、監督の板尾は「漫才師の話ですから、(本物の)漫才師と俳優がコラボして、なんとか“本当のコンビ”を作り上げられたら、この映画は成功するなと日々思っていました」と明かし、その仕上がりについては「僕は大満足です」とコメントした。  後輩の又吉の小説を映画化するに当たっては「又吉の書いたネタを俺がやるみたいな、何とも言えない雰囲...more
カテゴリー:

菅田将暉、芸能界のいい兄さんを明かす 映画『火花』公開初日舞台挨拶 - 11月23日(木)12:50 

 俳優の菅田将暉と桐谷健太が23日に都内で行われた映画『火花』の初日舞台挨拶に、共演の川谷修士、三浦誠己、監督の板尾創路、原作者の又吉直樹とともに登壇。2人は公開を喜ぶとともに、撮影現場の様子などを語った。【関連】映画『火花』初日舞台挨拶フォトギャラリー 本作は、お笑いコンビ・ピース又吉による同名小説を基にした作品で、漫才の世界に身を投じるも、結果を出せずくすぶっている青年・徳永(菅田)と、徳永の師匠となる先輩芸人・神谷(桐谷)が織りなす人間模様を描く。 菅田は撮影を振り返り、「現場も楽しく、大好きな芸人さんの方々がいて、和気あいあいと。すごく、ハッピーな意味でもメモリアルな日々だった」としたうえで、「徳永としての日々っていうのは、なんか忘れちゃいかんなっていうような、忘れたくないような時間を過ごせて」としみじみ。一方の桐谷は、「公開して嬉しいっていうのと、こう集まることもなかなかないんやっていう寂しさを本当に感じるくらい、すごくみんなと仲良くやれた」と振り返った。 また、桐谷は劇中で漫才コンビを組んだ三浦について初対面時の印象が最悪だったことを告白。「俺の顔見て、『お前なあ、おい』みたいな。『なんやこいつ』って」と苦笑するも、本作で関係は改善したとのこと。「クランクイン前に、やっぱり俺、漫才の稽古したいって言ったら、ほんま30分くらいしか時間なくても来てくれたりとか、ほんまに色々...more
カテゴリー:

菅田将暉、板尾創路監督の演出に「号泣しました」 - 11月23日(木)12:10 

芥川賞を受賞した又吉直樹による同名小説を、板尾創路が映画化した『火花』の初日舞台挨拶が11月23日にTOHOシネマズスカラ座で開催され、菅田将暉、桐谷健太、川谷修士、三浦誠己、板尾監督、原作者の又吉が登壇。菅田が「号泣した」と板尾監督の演出に涙したことを明かした。 【写真を見る】菅田将暉、真っ赤なシャツにブラウンのスーツ姿で登場。桐谷健太のトークに大爆笑 本作は、漫才の世界に身を投じるも、結果を出せず底辺でくすぶっている青年と先輩芸人が出会い、現実の壁に阻まれながら歩み続ける姿を描く青春物語。芸人の又吉が綴った小説を、その先輩である板尾がメガホンをとり、漫才師人生の悲哀をリアルに描いた。 菅田は「現場もすごく楽しく、大好きな芸人さんの方々がいて和気あいあいとしていた。ハッピーな意味でもメモリアルな日々だった」と撮影を述懐。「徳永としての日々は忘れちゃいかんな、忘れたくないなという時間を過ごせた」と芸の道で葛藤する徳永として生きた日々に思いを馳せた。 板尾監督は「漫才師役を芸人と俳優がコラボして、本当のコンビを作り上げられたら(本作は)成功すると思っていました。大満足です」とキャスティングへのこだわりを吐露。「『又吉の書いたネタを俺がやる』みたいな、なんとも言えない気分もあった。『全部お任せします』と言ってくれたので、なんとかいい映画にしようと120パーセントくらい頑張りました」と渾...more
カテゴリー:

もっと見る

「菅田将暉」の画像

もっと見る

「菅田将暉」の動画

Wikipedia

菅田 将暉(すだ まさき、1993年2月21日 - )は、日本俳優大阪府箕面市出身。トップコート所属。

来歴

2007年、アミューズが行った「アミューズ30周年記念オーディション」で応募者65,368人の中からファイナリスト31人に残るが落選。

2008年、第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリスト12人に選出される。このコンテストがきっかけで、トップコートに所属が決定した。

2009年9月より、平成仮面ライダーシリーズ第11作仮面ライダーWテレビ朝日)にて仮面ライダーシリーズ最年少でフィリップ / 仮面ライダーW(声)役で連続テレビドラマ初出演・初主演を飾り、桐山漣とW主演を務め、放送開始前の8月に公開された...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる