「荻野目洋子」とは?

関連ニュース

バブル時代を思い出す楽曲ランキング - 05月17日(木)11:30 

お笑い芸人・平野ノラのブレイクにより、再び注目を集めているバブル時代の文化。バブル時代をほうふつとさせるヘアメイクや流行語、アイテムはもちろん、当時はやっていた音楽も注目したいところ。 そこで今回は、バブル時代を思い出す楽曲について探ってみました。 1位 ダンシング・ヒーロー(Eat You Up) 2位 六本木心中 3位 ラブ・ストーリーは突然に ⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は荻野目洋子の『ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)』! 平野ノラのコントの中でも度々使用された荻野目洋子の『ダンシング・ヒーロー』。1985年にリリースされたこの曲は、アンジー・ゴールドの『Eat You Up』をカバーしたもの。歌って踊れるノリの良さから、リリース当時から爆発的な人気を誇り、累計売上は70万枚! 最近ではこの楽曲を使用した大阪府立登美丘高等学校ダンス部による“バブリーダンス”の動画が注目を集めたこともあり、リバイバルヒットしています。 2位はアン・ルイスの『六本木心中』! 1984年にリリースされたアン・ルイスの『六本木心中』。この曲がリリースされた1984年は、今も伝説として語り継がれているディスコ『マハラジャ』が麻布十番にオープンした年。六本木界隈のディスコで華やかに踊る女性の姿はバブルの象徴とされています。 そんな六本木を謳歌しているように見える女性の...more
カテゴリー:

早見優、ビキニショット公開「撮り下ろしは、なく、全て、10代のものばかり。笑笑」 - 05月14日(月)18:06 

歌手でタレントの早見優が、14日に更新したアメブロで、写真集が発売になることを明かしている。 今年9月で52歳になる早見は、「な、なんと!私の写真集が、発売になります。」と切り出すと、「懐かしい写真がいっぱい!です。水着の写真も、、、」と内容について言及。 早見のいう「写真集」とは、『月刊平凡GOLDEN BEST!! Vol.3 早見優写真集 サマー・ガール』(マガジンハウス・アーカイブス)で、7月5日発売予定。 また、早見は写真集について「ご心配なく、撮り下ろしは、なく、全て、10代のものばかり。笑笑」と茶目っ気たっぷりにコメントしながら、当時撮影されたと思われるビキニショットを公開した。早見は中森明菜、小泉今日子、堀ちえみ、石川秀美らと同じ1982年デビュー。アイドルブームの80年代のなかでもとりわけ多くの人気アイドルを輩出し、“花の82年組”と呼ばれる。 【関連記事】 ・「サマーガール」(早見優オフィシャルブログ) ・早見優、松本伊代と渡辺美奈代と『セーラー服を脱がさないで』を歌う ・薬丸裕英が石川秀美・早見優・松本伊代の同期3ショット公開 ・森口博子 優・伊代とのステージ写真公開「昭和のパフューム」 ・荻野目洋子 早見優と2ショット公開「80年代は華がある」の声
カテゴリー:

堀ちえみ、人間ドックの結果を報告「自分の身体とよく向き合って生きたい」 - 05月13日(日)15:16 

タレントの堀ちえみが、4月21日に受けた人間ドックの結果を12日のアメブロにて報告した。背中のレントゲンを撮ったところ、背骨が左右に歪んでおり少し気になったようだが大したことはなく、夫婦揃って異常なしだったようだ。 堀は昨年3月からリウマチと神経障害性疼痛を患っており、薬で治療を続けていることを明かしていた。また、今月4日放送の『爆報!THEフライデー』(TBS系)に出演した際、国指定の難病「特発性大腿骨頭壊死症」であることをテレビ初告白した。 堀は2015年4月に人工股関節置換術を受けている。堀は今回の検査結果を受け、「驚いたのが血液検査の結果で、全て正常値!!!」と、正常な結果に驚くとともに喜んでいた。 リウマチの値は薬で正常値になっているだけで慢性炎症反応はあったとのことだったが、「まぁこの年齢で、中性脂肪もコレステロールも、肝機能も全て正常値だということに、感謝ですね」と、健康に感謝した。 そして、今後も、食事や運動に気をつけて健康に過ごせるよう、自分の身体と向き合っていきたいとつづった。 【関連記事】 ・「4月21日に受けた人間ドックの結果」(堀ちえみオフィシャルブログ) ・「リウマチのこと。」(堀ちえみオフィシャルブログ) ・三田佳子、昨年入院し手術を受けていたことを告白「危ないところだった」 ・川村りか、がん転移見つかり追加治療へ「何よりも生きるために...more
カテゴリー:

荻野目洋子、生意気な娘たちへの願い「原点にかえって見つめなおして欲しい!」 - 05月10日(木)14:55 

歌手の荻野目洋子が、8日にアメブロを更新。3人の娘たちと映画『リメンバー・ミー』を鑑賞したことを報告している。 荻野目は「我が娘達3人(主人とはすでに人生観を普段からたくさん話しているから)と共に観なくてはならない気がしていました。」と強い思いで劇場へ足を運んだようで、その理由として「ここのところ成長著しく、だけど生意気なところもトゲトゲした言葉遣いや態度も家族内で見られるので、もう一度、原点にかえって見つめなおして欲しい!家族の大切さを!」と、娘たちへの気持ちを明かした。 鑑賞を終えて「自分が生まれてくる以前の、家族の繋がりに漠然と抱いていた思いが、「あー、こういうことなのかもしれないなぁ」ってストンと胸に入ってきました。」とコメントし、続けて「ご先祖様に対して想像していた気持ちを、見事に映像化してもらったという感じです。だから観終わってからスッキリ。」と作品の感想をつづった。 また、作品内では悪役も登場したようで「世の中を渡っていくにはピュアだけじゃダメよ!って、自然と教えられるから そこはさすが、ピクサー制作スタッフさん達に感謝…」と母親ならではの思いも明かした。 映画の重要なポイントでもある主人公がギターを弾きながら歌うシーンでは「私が時々、家で弾き語りの練習をしていることも、いつか娘達が大人になった時に少しは思い出したりしてくれるのかなぁ?」と自身の家族の姿と重ね...more
カテゴリー:

キャッチコピー先行型タレントの復活、その背景とは? - 05月09日(水)08:40 

 キャッチコピーとセットで紹介されるタレントが近年、再び増加傾向にある。インパクトを狙ったキャッチコピーは、昭和のアイドル時代から続く定番の売り出し方であったが、「“国民的美少女”と言えば後藤久美子」のようにタレントの個性を表した昭和の時代と比べると、近年はキャッチコピーそのものが先行しているケースが目立つ。なぜそのような変化が起こったのか。80年代にアイドルの宣伝に携わった関係者の話を聞くとともに、昭和から現在にかけてのタレントとキャッチコピーの関係性について紐解いていく。 【写真】橋本環奈を「1000年に1人の美少女」として押し上げた“奇跡の一枚” ■キャッチコピー先行売りの定着、インパクト重視を狙う“新人タレント”  『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(TBS系)に出演中の今田美桜は「福岡一の美女」、映画『マーマレード・ボーイ』で主演を務める桜井日奈子は「岡山の奇跡」、『私に××しなさい!』『ドルメンX』などに出演するViViモデルで女優の玉城ティナは「美少女すぎて息ができない」。これらのようにキャッチコピーとセットで紹介されるタレントが近年、再び増加傾向にある。Instagramから人気に火が付き「世界一の美少年」と騒がれている翔も今田と同じく『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』に出演しネットを賑わせた。  グラビア界でも『宮本から君へ』(テレ...more
カテゴリー:

バブル時代を思い出す楽曲ランキング 1位ダンシング・ヒーロー 2位六本木心中 - 05月17日(木)09:31  news

お笑い芸人・平野ノラのブレイクにより、再び注目を集めているバブル時代の文化。バブル時代をほうふつとさせるヘアメイクや流行語、 アイテムはもちろん、当時はやっていた音楽も注目したいところ。 そこで今回は、バブル時代を思い出す楽曲について探ってみました。 1位ダンシング・ヒーロー(Eat You Up) 荻野目洋子 169票 2位六本木心中 アン・ルイス 156票 3位ラブ・ストーリーは突然に 小田和正 153票 4位浪漫飛行 米米CLUB 141票 5位CHA-CHA-CHA 石井明美 134票 6位愛は勝つ KAN 123票 7位...
»続きを読む
カテゴリー:

バブリーダンス伊原六花、憧れの芸人と対面し涙 ダンス共演も - 05月14日(月)12:00 

 バブリーダンスで話題になった登美丘高校ダンス部の元キャプテン、伊原六花が13日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系/毎週日曜21時)に出演し、憧れのお笑い芸人、流れ星のちゅうえいと初共演を果たした。【写真】「伊原六花」フォトギャラリー 昨年の日本高校ダンス部選手権でバブリーダンスを踊り準優勝した登美丘高校ダンス部のキャプテンを務めていた伊原。ダンス部は話題となり、日本レコード大賞で荻野目洋子と共演、紅白歌合戦にも出場した。 そんな伊原が中学生のときにテレビで見てファンになり、今も「大好き」だと語る相手がお笑い芸人のちゅうえい。スタジオに登場したちゅうえいは、「おーい! おーい! 本物だよ!」と伊原に向けてハイテンションでギャグを連発。伊原は本人を前に楽しくて仕方がないようで、「面白すぎる」と涙を拭いながら大ウケしていた。伊原は好き過ぎるあまりちゅうえいの持ちギャグ「肘神様」も踊れるようで、スタジオで本人とともに披露し喝采を浴びた。 さらに伊原と同じゲストの女優、吉田羊もちゅうえいのファンだと明かし、ギャグに大笑い。ただ、相方の瀧上伸一郎はそうした状況が不満のようで「ちゅうえいのギャグ、僕が作ってるんですよ!」「『肘神様』も俺が作ってるんですよ!」と明かし、スタジオの面々を驚かせた。 その後、ちゅうえいが今回伊原のために作ったというギャグ「国語、算数、りっか(六花)だよ!...more
カテゴリー:

YouTube 「ダンシング・ヒーロー」再評価のなぜ - 05月11日(金)06:34 

荻野目洋子さんのヒット曲「ダンシング・ヒーロー」が昨年、再評価された。紅白では、ボディコン衣装で激しいダンスを披露する女子高校生たちと共演。今、“バブリーダンス”に注目が集まるのはなぜか。
カテゴリー:

木梨憲武に筋書なんていらない、予定調和を破壊するタレントとしての凄み - 05月10日(木)08:40 

 とんねるず・木梨憲武が、バラエティーやイベント出演で暴れまわっている。場の空気を完全無視、共演者に言いたい放題&やりたい放題、さらにはスタジオに一般人を同伴…。その多くが主演映画の宣伝での出演だったが、そんなことはお構いなしと言わんばかりに自由奔放な姿を見せ、日々のネットニュースを騒がせた。その姿は、久しく見なかった若手時代のとんねるずのよう。芸人が誰よりも空気を読むこの時代、木梨にしかできない爪痕を残していく様に、タレントとしての“凄み”が感じられる。 【貴重写真】若き日の木梨憲武、名物キャラ「飛ぶぞ!」のノリユキ ■“ジジイ150人”を招集!“その場のノリ”が結果として愛される稀有な存在  今年の春は木梨の暴れっぷりが各所で見られた。5月1日、都内で公開中の主演映画『いぬやしき』の60歳以上男性限定のイベント「『いぬやしき』ジジイ選抜上映会 in ギロッポン(ルービー付き)」が行われ、木梨憲武が観客の“ジジイ”約150人と交流。同イベントは、以前に高校生を集めた試写会イベントを行った際に木梨が発した「高校生やるならジジイも集めようよ」というコメントが発端で実現し、完全なる“その場のノリ”の提案で六本木にジジイ150人が集結する運びになった。5月5日は都内の映画館に登場。木梨がまさかのLINE LIVEに初降臨というゲリラ的な生配信を行ったが、その中で共演者の佐藤健や本郷...more
カテゴリー:

【音楽】荻野目洋子、再ブレイク後初ワンマンライブで「ダンシング・ヒーロー」 - 04月22日(日)11:20  mnewsplus

http://www.musicvoice.jp/news/20180422092574/ 2018年4月22日 8時46分 荻野目洋子が21日、東京・竹芝のニューピアホールで、ワンマンライブ『YOKO OGINOME LIVE 2018 RETURN THE HERO!!』を開催。約2時間にわたり、アンコール含め全22曲を熱唱した。荻野目は「今日は幸福な時間をありがとうございました。またお逢いしましょう!」と語った。 昨年、「日本高校ダンス部選手権」で準優勝した大阪府立登美丘高校ダンス部が、「ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)」を使用したことをきっかけに、爆発的な再ブレイクを果たした荻野...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「荻野目洋子」の画像

もっと見る

「荻野目洋子」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる