「荻原博子」とは?

関連ニュース

【荻原博子の「3分でわかるお金の話」】:話題の「こども保険」、得なの? 損なの? - 08月21日(月)06:30 

子育て世代にとって大きな負担となる教育費。その負担を軽減し、少子化対策に役立てるために今年3月、自民党の若手議員たちから「こども保険」という案が示されました。こども保険とは、どのような保険なのでしょう。 撮影=村越将宏 こども保険は「社会保険」のひとつという位置付けです。会社員の場合、社会保険には病気やけがに備える「健康保険」、老後に備える「厚生年金保険」、介護に備える「介護保険」(大きなくくりでは「雇用保険」「労災保険」も含まれる)があります。こども保険は、現在ある保険ではカバーできない子どもが必要な保育・教育等を受けられないリスクに備えるという目的があります。でも、今は子どもの保育・教育のための「児童手当」があります。2012年度以降の児童手当の額(1人当たり月額)は、0~3歳未満では一律1万5000円(所得制限限度額以上のケースを除く、以下同じ)、3歳以上小学校修了前では1万円(第3子以降は1万5000円)、中学生では一律1万円が受け取れます。 現在検討されている案では、こども保険は児童手当に上乗せして支給されます。こども保険給付金1人当たり月2万5000円。対象は約623万人(2016年4月1日現在)の未就学児童で、加算後は月額0~3才未満では一律4万円、3歳以上小学校入学までは3万5000万円(第3子以降は4万円)となり、小学校就学前の幼児教育・保育が実質的に無償化されま...more
カテゴリー:

【年金受給年齢引き上げ】 「75歳まで働かないとつまらない」と政府が国民の意識改革中★9 - 08月08日(火)11:40  newsplus

いま、年金の受給開始年齢を「75歳」にしようとする計画が進められている。 そのために、政府は国民を65歳以降もできるだけ長く働かせようとしている。 高齢で介護が必要になったり、日常生活に支障が出るような病気もなく、自立して健康に生活できる年齢を「健康寿命」と呼ぶ。 2015年に米国ワシントン大学が世界188か国を調査したところ、日本人の健康寿命は男性71.1歳、女性75.5歳で世界トップだったと発表したが、それでも男女平均で75歳には達していない。 政府の「75歳年金受給開始」は、健康寿命が尽きても働けというに等し...
»続きを読む
カテゴリー:

【年金受給年齢引き上げ】 「75歳まで働かないとつまらない」と政府が国民の意識改革中★7 - 08月07日(月)15:39  newsplus

いま、年金の受給開始年齢を「75歳」にしようとする計画が進められている。 そのために、政府は国民を65歳以降もできるだけ長く働かせようとしている。 高齢で介護が必要になったり、日常生活に支障が出るような病気もなく、自立して健康に生活できる年齢を「健康寿命」と呼ぶ。 2015年に米国ワシントン大学が世界188か国を調査したところ、日本人の健康寿命は男性71.1歳、女性75.5歳で世界トップだったと発表したが、それでも男女平均で75歳には達していない。 政府の「75歳年金受給開始」は、健康寿命が尽きても働けというに等し...
»続きを読む
カテゴリー:

【年金受給年齢引き上げ】 「75歳まで働かないとつまらない」と政府が国民の意識改革中★5 - 08月07日(月)02:31  newsplus

いま、年金の受給開始年齢を「75歳」にしようとする計画が進められている。 そのために、政府は国民を65歳以降もできるだけ長く働かせようとしている。 高齢で介護が必要になったり、日常生活に支障が出るような病気もなく、自立して健康に生活できる年齢を「健康寿命」と呼ぶ。 2015年に米国ワシントン大学が世界188か国を調査したところ、日本人の健康寿命は男性71.1歳、女性75.5歳で世界トップだったと発表したが、それでも男女平均で75歳には達していない。 政府の「75歳年金受給開始」は、健康寿命が尽きても働けというに等し...
»続きを読む
カテゴリー:

【アベノミクス/一億死ぬまで働け】「75歳まで働かないとつまらない」と政府が国民の意識改革中【75歳年金受給開始】 - 08月06日(日)21:36  seijinewsplus

NEWSポストセブン 2017.08.06 15:00 https://www.news-postseven.com/archives/20170806_602749.html  いま、年金の受給開始年齢を「75歳」にしようとする計画が進められている。そのために、政府は国民を65歳以降もできるだけ長く働かせようとしている。高齢で介護が必要になったり、日常生活に支障が出るような病気もなく、自立して健康に生活できる年齢を「健康寿命」と呼ぶ。  2015年に米国ワシントン大学が世界188か国を調査したところ、日本人の健康寿命は男性71.1歳、女性75.5歳で世界トップだったと発表したが、それ...
»続きを読む
カテゴリー:

相続税の法改正が検討中…親と話し合うときのポイント - 08月18日(金)16:00 

「相続に関する民法規定の見直しが検討されています。古い民法の規定を、今の時代に合った内容に変えようとする動きです。来年の国会で議論される予定ですから、注目しておきましょう。いっぽう、相続税はすでに'15年1月から、引き上げられています。課税対象者は'14年の4.4%から、'15年には8%に増加しました(国税庁調査)」 そう語るのは、経済ジャーナリストの荻原博子さん。とはいえ、約9割の人が相続税とは無縁。「たいした財産がないから相続の心配なんて必要ない」と思う人が多いのでは。 「ですが実は、相続でもめるのは遺産が少ない家庭が多いのです。裁判所に持ち込まれ、調停成立した相続事案のうち、32%が遺産1,000万円以下です。遺産5,000万円以下まで含めると、全体の約8割を占めます('15年度・裁判所調査)」 親戚が集まるお盆は、相続を話し合うには絶好のチャンスだという。そこで、“争族”に陥らないように、少しずつ話し合っておくべきポイントを、荻原さんが解説してくれた。 【1】資産をまとめる 「元気な親に、面と向かって相続の話を持ち出しづらい方は、親の資産をまとめて保管することから始めましょう。親は、複数の銀行預金通帳や保険証券、自宅の権利書などを持っています。また、貴金属や子どもに内緒の金融資産などもあるかもしれません。親が亡くなった後、それらを探し出すだ...more
カテゴリー:

【年金受給年齢引き上げ】 「75歳まで働かないとつまらない」と政府が国民の意識改革中★8 - 08月08日(火)06:54  newsplus

いま、年金の受給開始年齢を「75歳」にしようとする計画が進められている。 そのために、政府は国民を65歳以降もできるだけ長く働かせようとしている。 高齢で介護が必要になったり、日常生活に支障が出るような病気もなく、自立して健康に生活できる年齢を「健康寿命」と呼ぶ。 2015年に米国ワシントン大学が世界188か国を調査したところ、日本人の健康寿命は男性71.1歳、女性75.5歳で世界トップだったと発表したが、それでも男女平均で75歳には達していない。 政府の「75歳年金受給開始」は、健康寿命が尽きても働けというに等し...
»続きを読む
カテゴリー:

【年金受給年齢引き上げ】 「75歳まで働かないとつまらない」と政府が国民の意識改革中★6 - 08月07日(月)08:26  newsplus

いま、年金の受給開始年齢を「75歳」にしようとする計画が進められている。 そのために、政府は国民を65歳以降もできるだけ長く働かせようとしている。 高齢で介護が必要になったり、日常生活に支障が出るような病気もなく、自立して健康に生活できる年齢を「健康寿命」と呼ぶ。 2015年に米国ワシントン大学が世界188か国を調査したところ、日本人の健康寿命は男性71.1歳、女性75.5歳で世界トップだったと発表したが、それでも男女平均で75歳には達していない。 政府の「75歳年金受給開始」は、健康寿命が尽きても働けというに等し...
»続きを読む
カテゴリー:

【年金受給年齢引き上げ】 「75歳まで働かないとつまらない」と政府が国民の意識改革中★4 - 08月06日(日)23:49  newsplus

いま、年金の受給開始年齢を「75歳」にしようとする計画が進められている。 そのために、政府は国民を65歳以降もできるだけ長く働かせようとしている。 高齢で介護が必要になったり、日常生活に支障が出るような病気もなく、自立して健康に生活できる年齢を「健康寿命」と呼ぶ。 2015年に米国ワシントン大学が世界188か国を調査したところ、日本人の健康寿命は男性71.1歳、女性75.5歳で世界トップだったと発表したが、それでも男女平均で75歳には達していない。 政府の「75歳年金受給開始」は、健康寿命が尽きても働けというに等し...
»続きを読む
カテゴリー:

【年金受給年齢引き上げ】 「75歳まで働かないとつまらない」と政府が国民の意識改革中★3 - 08月06日(日)21:13  newsplus

いま、年金の受給開始年齢を「75歳」にしようとする計画が進められている。 そのために、政府は国民を65歳以降もできるだけ長く働かせようとしている。 高齢で介護が必要になったり、日常生活に支障が出るような病気もなく、自立して健康に生活できる年齢を「健康寿命」と呼ぶ。 2015年に米国ワシントン大学が世界188か国を調査したところ、日本人の健康寿命は男性71.1歳、女性75.5歳で世界トップだったと発表したが、それでも男女平均で75歳には達していない。 政府の「75歳年金受給開始」は、健康寿命が尽きても働けというに等し...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「荻原博子」の画像

もっと見る

「荻原博子」の動画

Wikipedia

荻原 博子(おぎわら ひろこ、1954年5月27日 - )は、日本経済評論家ジャーナリスト長野県小諸市出身。

来歴・人物

長野県上田染谷丘高等学校明治大学文学部卒業。

大学卒業後、経済評論家の亀岡大郎に師事し、亀岡大郎取材班グループで、ビジネス誌の記事を担当。1982年27歳の時、ルポライター転身を目指し独立。「満州・浅間開拓の記」という満州引揚者のルポを書くために、約1年間、長野県大日向村を取材。国が国民を棄て去る「棄民」を知り、戦争のひどさを精神的に受け止められず、本は完成し出版されたがルポライターの道をあきらめ、再びビジネスの世界で記事を書くようになったとしている本人公式ホームページ「荻原博子MY SELF」<ジャーナリストという仕事> プロフィール。

テレビ番組の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる