「荻原博子」とは?

関連ニュース

【連休】“プレ金”二の舞い?新大型連休「キッズウイーク」創設へ - 05月22日(月)21:45 

政府が、「キッズウイーク」と呼ぶ新たな大型連休を創設することが分かった。「休み方改革」を進め、個人消費の拡大につなげようという思惑だ。政府肝いりの「プレミアムフライデー」はお世辞にも定着しているとは言いがたいが、今度はうまくいくのか。  キッズウイークは子供の夏休みを5日短くする代わりに、別の月の月~金曜(平日連続5日間)を休みにし、前後の土日と合わせて9日間の大型連休にする計画だ。  企業や官公庁に有給休暇の取得を促すことで親なども一緒に有給を取得できれば、正月やお盆、ゴールデンウイーク...
»続きを読む
カテゴリー:

知らぬは一千万円の差にも!住宅ローンの賢い借り方・返し方 - 05月18日(木)06:30 

人生の3大資金といえば「住宅資金」「教育資金」「老後資金」。そのうちの「住宅資金」については、マイホーム購入者の実に約9割がなんらかの「住宅ローン」を利用しているという。ただ、数千万円もの借入額を長期にわたって返済していかなければならない住宅ローンに対して、漠然とした不安を感じている人も多いはず。 【図を見る】有利な条件のときに、また、有利な条件を自分で作って借りるのが大事 そこで、住宅ローンの専門家である株式会社MFS取締役COO・塩澤崇さんに取材した。塩澤さんは金融機関で住宅ローン証券化ビジネスに参画した後、コンサルティング会社で大手金融機関向けの経営コンサルティングを実践した経歴をもつ、住宅ローンについて知り尽くしたエキスパートだ。そんな塩澤さんが、銀行に聞いても絶対に知ることができない、「住宅ローンの賢い借り方・返し方」を教えてくれた。 まずは住宅ローンの賢い借り方について。 塩澤「住宅ローンを借りる際、金融機関が借り手のどこをチェックしているかを知っておくことが大切です。各金融機関が見ているのは借り手の『年齢』『婚姻』『負債の有無』『勤務先』など。高齢の方より若い方、独身者よりは既婚者の方が有利ですし、借金は無い方がいいですね。金融機関は、それらの要素を総合的に判断して借り手の『信用力』を算出。『信用力』が高ければ高いほど、より有利なレートのローンを組むことができるとい...more
カテゴリー:

深層NEWS もう年金だけに頼らない! 5/12 2:36更新 - 05月12日(金)02:36 

年金が目減りしていく中、年金だけに頼らずに働く高齢者が増えている。定年退職を仕事の終わりとせずに、意欲的に働き続けるために必要な準備や心構えは何か。おなじみ荻原博子さんらが、ゆとりある老後を実現するためのヒントを語る。
カテゴリー:

小池都知事 問題になってた20億円クルーザーの購入を決定 さーて、そろそろ叩き始めるか - 05月18日(木)08:08 

 “決められない都知事”の決断に都民激怒 http://news.livedoor.com/article/detail/13065190/ 東京都の小池百合子知事に、都民の疑問・怒りが急浮上している。これまで税金の「ワイズ・スペンディング」 (賢い使い方)を主張していたが、何と、都の視察船として約20億円もの豪華クルーザー購入を決定していたのだ。 2020年東京五輪・パラリンピックの費用負担問題で、近隣知事に要求されても結論をなかなか出さなかった姿勢と大きく食い違う。  「冗談じゃない! なぜ、こんな豪華な船が必要なのか。海外VIPの接待...
»続きを読む
カテゴリー:

多重債務者が「銀行カードローン」にすがる理由 - 05月14日(日)17:00 

速水健朗と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス・フライデー」。5月12日(金)放送の「BREAKFAST NEWS」のコーナーでは、経済評論家の荻原博子さんをゲストに招き、過剰な融資が相次いでいる銀行カードローンの実態について話を伺いました。 無担保の過剰融資が多重債務を助長しているとして問題となっている銀行のカードローンについて、先日大手銀行や主要な地方銀行が融資の審査を厳しくする方針を示しました。 2006年に成立した改正貸金業法により、消費者金融では年収の3分の1を越える貸付は禁止されていましたが、銀行の場合はそうした規制の対象になっていませんでした。 そうした法律の抜け穴に加え、荻原さんはさらに「日銀のマイナス金利もありましたが、企業は内部留保がいっぱいあるためあまり借りません。そのため個人向けのカードローンに集中してしまったんです。とにかく貸したいのが先立って審査も甘くなっています」と指摘します。 また、クレジットカードや銀行のカードローンなどで用いられるリボルビング方式(リボ払い)の返済に、カードローンで借りたお金が使われることも。 リボ払いは毎月一定額を返済するというもので、「例えば50万円借りても返済は月々1万円でいいですよ、という形式なのですが返済が延々と続くのが大変。ひと月に1万円を6年くらい払い続けて、総返済額は75万...more
カテゴリー:

「荻原博子」の画像

もっと見る

「荻原博子」の動画

Wikipedia

荻原 博子(おぎわら ひろこ、1954年5月27日 - )は、日本経済評論家ジャーナリスト長野県小諸市出身。

来歴・人物

長野県上田染谷丘高等学校明治大学文学部卒業。

大学卒業後、経済評論家の亀岡大郎に師事し、亀岡大郎取材班グループで、ビジネス誌の記事を担当。1982年27歳の時、ルポライター転身を目指し独立。「満州・浅間開拓の記」という満州引揚者のルポを書くために、約1年間、長野県大日向村を取材。国が国民を棄て去る「棄民」を知り、戦争のひどさを精神的に受け止められず、本は完成し出版されたがルポライターの道をあきらめ、再びビジネスの世界で記事を書くようになったとしている。本人公式ホームページ「荻原博子MY SELF」<ジャーナリストという仕事> プロフィール。

その後、テレビ番組の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる