「荻原博子」とは?

関連ニュース

健康な人ほど掛金安く?専門家語る新型の保険 - 06月22日(木)16:00 

「『健康な人ほどお得』な保険は以前からありましたが、がん保険などにも広がっているのが最近の傾向。ただ、自分にとって本当に必要かどうか、よく吟味しましょう」 そう語るのは、経済ジャーナリストの荻原博子さん。最近、“健康な人ほど、保険料が安くなる”と宣伝する保険が増えている。どんなものがあるのか、荻原さんが解説してくれた。 ■「健康年齢」で保険料が決まる 「昨年12月に発売されたネオファースト生命の『カラダ革命』は、更新後の保険料が、実年齢ではなく健康年齢で決まります。健康年齢は、実年齢と健康診断の結果から算出します。身長・体重や血圧、尿タンパク、血中脂質などのデータを、ビッグデータを活用したネオファースト生命独自の方法で分析。健康状態がよい人ほど、健康年齢が若いと判定され、保険料が安くなります」 ■歩けばキャッシュバック 「東京海上日動あんしん生命の『あるく保険』は、毎日、平均8,000歩以上歩くという目標を設定。達成できた加入者に、保険料の最大1割をキャッシュバックします。歩数測定は、加入者に貸し出される歩数計端末を利用します。これとスマートフォンの専用アプリを連動させることで、保険会社は歩数データを蓄積していきます。データの集計は2年ごと。目標の達成度合いに応じて、キャッシュバックの金額が決まるようです」 ■健康状態で保険料を割引 「メットラ...more
カテゴリー:

橋下徹「無職は拘留して労役を課せ。税金払わない人間は生きている価値がない」 - 06月09日(金)12:26 

『そこまで言って委員会』 厚生労働省はニート対策を「若者人間力強化プロジェクト」と名付け、来年度予算で231億円を要求。 合宿形式の集団生活で、働く意欲の向上を目指す「若者自立塾」の新設などを盛り込む。 厚労相、文科相、経産相らが参加する「若者自立・挑戦戦略会議」は、 ニート対策を含む若者への就業支援として、来年度予算で810億円を要求している。 スタジオにいる全員がこの情報に激怒 「甘ったれた馬鹿どものために、我々の血税を1000億円?!」 出演各氏の提案する「ニート対策」 三宅久之氏: 「国...
»続きを読む
カテゴリー:

悪質契約取り消す新ルール、「消費者契約法」の改正を解説 - 06月15日(木)11:00 

「『買ってしまった自分が悪い』と泣き寝入りしていませんか?悪質業者への対策として、消費者契約法が改正されました」 こう語るのは、経済ジャーナリストの荻原博子さん。6月3日から施行された「改正消費者契約法」は、高齢者を悪質業者から守ることを、大きな目的としている。また、当初は想定されていなかった新しい被害のケースにも対応できるように、見直された。改正のポイントを荻原さんが解説してくれた。 【投資まがい商品】 「将来、値上がり確実」などと、国内では換金がむずかしい外国通貨や仮想通貨を購入させるなどのケース。 「“値上がり確実”な投資商品はありません。確実でないことを、確実と断定した勧誘を受けて、契約した場合は取り消せます」(荻原さん・以下同) 【過量契約】 一人暮らしでは必要のない量の寝具などを売りつけるなどのケース。 「業者が一般的に考えて、その顧客には多すぎる量だとわかっているのに、販売や契約させた場合は取り消せます」 【事実と違う重要事項を示す】 「この装置を付ければ、電気代が安くなる」などと勧誘し、実際には効果がない装置を取り付けさせるなどのケース。 「業者から事実と違う重要な情報を告げられ、信じて契約した場合は取り消せます」 【都合の悪い重要事項を示さない】 日照などを害する恐れのあるAマンションの建設計画があるのに、説明せずに...more
カテゴリー:

「荻原博子」の画像

もっと見る

「荻原博子」の動画

Wikipedia

荻原 博子(おぎわら ひろこ、1954年5月27日 - )は、日本経済評論家ジャーナリスト長野県小諸市出身。

来歴・人物

長野県上田染谷丘高等学校明治大学文学部卒業。

大学卒業後、経済評論家の亀岡大郎に師事し、亀岡大郎取材班グループで、ビジネス誌の記事を担当。1982年27歳の時、ルポライター転身を目指し独立。「満州・浅間開拓の記」という満州引揚者のルポを書くために、約1年間、長野県大日向村を取材。国が国民を棄て去る「棄民」を知り、戦争のひどさを精神的に受け止められず、本は完成し出版されたがルポライターの道をあきらめ、再びビジネスの世界で記事を書くようになったとしている。本人公式ホームページ「荻原博子MY SELF」<ジャーナリストという仕事> プロフィール。

その後、テレビ番組の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる