「荻上直子」とは?

関連ニュース

第39回PFF 1プログラム3時間超の長編作品を特集 コンペ審査員に李相日ら - 08月10日(木)15:00 

 9月16日から開催の「第39回PFF ぴあフィルムフェスティバル」記者会見が8月10日東京国立近代美術館フィルムセンターであり、コンペティション部門が映画監督の登竜門として知られる同映画祭のラインナップ、見どころを荒木啓子ディレクターが解説した。  「映画の新しい才能の発見と育成」をテーマに、自主映画の面白さを広く伝えるため1977年にスタートした映画祭で、黒沢清、中村義洋、園子温ら数多くの監督を輩出。コンペティション部門「PPFアワード2017」では548本の応募作の中から、厳正な審査を経て選出された17作品が上映され、映画祭最終日の29日に表彰式が行われる。  今年は、「映画の闘い/闘いの映画」と題し、オープニング作品として寺山修司原作の前・後編計304分の「あゝ荒野」(岸善幸監督)、228分のベネチア映画祭金獅子賞受賞作「立ち去った女」(ラブ・ディアス監督)をはじめ、「チリの闘い」(パトリシオ・グスマン監督)、「仁義なき戦い」(深作欣二監督)シリーズ4本、「非情城市」(ホウ・シャオシェン監督)、「クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」(エドワード・ヤン監督)など、1プログラムで上映時間3時間を超える長編作品を特集。荒木ディレクターは「映画祭でしかできないプログラムをやることが使命。『仁義なき戦い』は、脚本の笠原和夫さん、深作監督から、戦争時代の青春時代を映画にしたいとい...more
カテゴリー:

阪本一樹&須賀健太が運命の女を探す旅へ 「サイモン&タダタカシ」18年春公開 - 08月08日(火)10:00 

 第36回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)の「PFFアワード2014」で、「ネオ桃太郎」がジェムストーン賞(日活賞)を受賞した新鋭・小田学監督の長編デビュー作「サイモン&タダタカシ」が、2018年春に公開されることが決定。あわせて、ダブル主演を飾る阪本一樹と須賀健太の姿をとらえた場面写真がお披露目された。 ・【フォトギャラリー】「サイモン&タダタカシ」  第24回PFFスカラシップ作品として製作された本作は、工業高校に通う2人の男子高校生・サイモン(阪本)とタダタカシ(須賀)を主人公としたロードムービー。卒業後は大学に進学するサイモンと、実家の工場を継ぐ親友のタカシ。男だらけの生活に焦ったタカシが、サイモンと共に“運命の女”を探すための旅に出るさまを描く。  第28回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのフォトジェニック賞を受賞した阪本が演じるサイモンは、タカシに淡い恋心を抱いてしまうという難しい役どころ。本作で映画初出演&初主演だったため「演技指導は1、2回しか受けたことがなかったのでとても不安でしたが、やるからにはがむしゃらに自分を見せれればいいなと思いました」と撮影を振り返っている。そして「物語の始めは男子高校生のくだらないことで盛り上がったり、仲のいい2人が描かれているのですが、話が進むにつれて自分が思っていたことと全く違う結末に進んでいって凄く面白い脚本だと思い...more
カテゴリー:

「荻上直子」の画像

もっと見る

「荻上直子」の動画

Wikipedia

荻上 直子(おぎがみ なおこ、1972年2月15日 - )は、日本映画監督千葉県出身。

経歴

千葉大学工学部画像工学科を卒業後1994年に渡米。南カリフォルニア大学大学院映画学科で映画製作を学び、2000年に帰国。2001年自主製作映画星ノくん・夢ノくんが2001年度ぴあフィルムフェスティバルで音楽賞を受賞。

2003年、スカラシップ作品の権利を得て、長編劇場デビュー作バーバー吉野を発表。第54回ベルリン国際映画祭・児童映画部門特別賞を受賞。2005年、愛媛県松山市で実際に毎年開催されている...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる