「荒川良々」とは?

関連ニュース

映画『ハード・コア』山田孝之×佐藤健×荒川良々で実写化 - 08月14日(月)11:15 

山田孝之が主演を務める、映画『ハード・コア』が、2018年に全国の劇場で公開される。
カテゴリー:

山田孝之、盟友山下監督と「ハード・コア」を映画化! 共演は『2秒で出演を決めた』佐藤健ら - 08月11日(金)04:00 

ある時は織田信長の首を狙う武将に、またある時には闇金の社長に、またある時には勇者に、そして謎の生物“エリザベス”の中の人にと、変幻自在の活躍を見せる個性派俳優・山田孝之が主演&プロデュースを務める、映画最新作「ハード・コア」が、2018年に全国ロードショーされることが分かった。 【写真を見る】山田孝之プロデューサーの手腕が問われる!? 本作は、これまでテレビのドキュメンタリードラマなどでもタッグを組んできた“盟友”山下敦弘監督とのコラボレーション作品。 山田の愛読書でもあったという、原作・狩撫麻礼(作)/いましろたかし(画)の伝説的原作コミックを基にした本作で、山田は都会の片隅で決して豊かでも恵まれてもいない日々を送る、正真正銘のアウトロー・権藤右近を演じる。 右近は、あまりにもピュアで、世知辛い世の中になじめず、信念を曲げることができない男。自分を見下し、利用しようとする人間に卑屈になれず、常に戦い居場所を失くしてきた。 山田はそんなキャラクターに対し、「全くどうしようもなく不器用な男の生きざまを見ていると、イライラしてくる。でも嫌いになれない。この男の不器用さは自分に足りない部分なのでは?とすら思えてくる」と評しており、早くもその不器用な男に共感を覚えているよう。 そんな彼と、素朴な友人・牛山(荒川良々)の、面白くも無為な日々を歯がゆい気持ちで見守るのが、右近の弟・権藤左近(佐...more
カテゴリー:

[山田孝之]プロデュース&主演で愛読書を映画化 「北区赤羽」監督と再タッグ - 08月11日(金)04:00 

 俳優の山田孝之さんが、自身の愛読書という狩撫麻礼さん原作、いましろたかしさん作画のマンガ「ハード・コア-平成地獄ブラザーズ」を、プロデュース&主演で映画化することが11日、分かった。共演は佐藤健さん、荒川良々さんで、「山田孝之の東京都北 ……
カテゴリー:

山田孝之主演&プロデユース、山下敦弘監督『ハード・コア』公開 共演に佐藤健ら - 08月11日(金)04:00 

 俳優の山田孝之が主演&プロデュースを務める映画『ハード・コア』が2018年に全国公開されることが発表された。監督を『山田孝之のカンヌ映画祭』の山下敦弘が務め、共演に佐藤健、荒川良々が名を連ねる。【関連】「山田孝之」フォトギャラリー 『ハード・コア』は、狩撫麻礼といましろたかしによる漫画『ハード・コア‐平成地獄ブラザーズ』を完全実写化。現代の日本を舞台に、正真正銘のアウトロー・権藤右近(山田)が、弟・権藤左近(佐藤)、そして素朴な友人・牛山(荒川)と共に、高性能なロボットを見つけたことをきっかけに破天荒な事件に巻き込まれ、人生を一変するやも知れない事態に直面する姿を描く。 主役の右近を演じる山田は「全くどうしようもなく不器用な男の生き様を見ていると、イライラしてくる。でも嫌いになれない。この男の不器用さは自分に足りない部分なのでは? とすら思えてくる。そして男たちの結末に、僕は泣いた。それはきっと、曲がった世界を真っ直ぐ生きる男の姿、そこに間違いなく憧れがあるからだろう」とコメント。 オファーを受けたときのことを「山田孝之ファンとしては、山田孝之との兄弟役と聞き2秒で出演を決めました」と述懐する佐藤は、「詳しく話を聞いていくと、素敵な共演者の方々、原作、そして山下監督とご一緒できるとのことで、棚から牡丹餅的な気持ちです。不思議な魅力を漂わせる映画になればいいなと思っております」と出...more
カテゴリー:

山田孝之、佐藤健と兄弟役 2作目の映画プロデュースは伝説的コミック実写化 - 08月11日(金)04:00 

 俳優の山田孝之(33)が今年6月公開の映画『山田孝之3D-山田孝之 全告白-』に続いて、2作目の映画プロデュースを手がけることがわかった。盟友の山下敦弘監督(40)とのタッグで、愛読書であった伝説的コミック『ハード・コア-平成地獄ブラザーズ』(原作:狩撫麻礼/いましろたかし)の実写化に挑戦する。 【動画】『銀魂』では…エリザベスの着ぐるみに入って登場した山田孝之  1991年から93年まで『グランドチャンピオン』(秋田書店)で連載されていた同作は、閉塞感漂う現代日本への生命力溢れるメッセージを伝えるような、おかしくも切ない物語。飲み屋で楽しそうに騒ぐ若者たちを見れば腹を立て大暴れしてしまう、怪しい活動家で埋蔵金掘りを生業にする権藤右近、彼が唯一心を許す同僚の牛山、右近の弟でエリート商社マンの権藤左近の3人が、ひょんなことからロボットを見つけてしまい波乱の展開となる。  主人公の右近役に山田、弟の左近は佐藤健(28)、牛山を荒川良々(43)が務めることが決定。佐藤は「山田孝之ファンとしては、山田孝之との兄弟役と聞き2秒で出演を決めました。詳しく話を聞いていくと、素敵な共演者の方々、原作、そして山下監督とご一緒できるとのことで、棚から牡丹(ぼた)餅的な気持ちです。不思議な魅力を漂わせる映画になればいいなと思っております。ご期待ください」とやる気十分。  荒川も「生きてくうえで...more
カテゴリー:

【映画】山田孝之&佐藤健、漫画「ハード・コア」実写化で初の兄弟役!監督に山下敦弘、共演に荒川良々 - 08月11日(金)04:50  mnewsplus

2017年8月11日 04:00 山田孝之&佐藤健、漫画「ハード・コア」実写化で初の兄弟役!監督に山下敦弘、共演に荒川良々 [映画.com ニュース] 作・狩撫麻礼氏、画・いましろたかし氏によるカルト的人気漫画「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」が、「ハード・コア」のタイトルで実写映画化されることになり、山田孝之と佐藤健が初の兄弟役を務めることがわかった。 山田の盟友・山下敦弘監督(「映画 山田孝之3D」など)がメガホンをとり、個性派俳優・荒川良々が脇を固める。 今作は都会の片隅、ドン底に生きる純粋すぎる男たち...
»続きを読む
カテゴリー:

「ハード・コア」山田孝之主演&プロデュースで映画化!共演は佐藤健、荒川良々 - 08月11日(金)04:00 

狩撫麻礼といましろたかしによる「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」の映画化が発表された。山田孝之が主演とプロデュースを担当する。
カテゴリー:

山田孝之&佐藤健が兄弟役、荒川良々は気合い十分! 『ハード・コア』映画化 - 08月11日(金)04:00 

俳優の山田孝之が、映画『ハード・コア-平成地獄ブラザーズ』(2018年公開)の主演を務めることが11日、わかった。
カテゴリー:

山田孝之&佐藤健、漫画「ハード・コア」実写化で初の兄弟役!監督に山下敦弘、共演に荒川良々 - 08月11日(金)04:00 

 作・狩撫麻礼氏、画・いましろたかし氏によるカルト的人気漫画「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」が、「ハード・コア」のタイトルで実写映画化されることになり、山田孝之と佐藤健が初の兄弟役を務めることがわかった。山田の盟友・山下敦弘監督(「映画 山田孝之3D」など)がメガホンをとり、個性派俳優・荒川良々が脇を固める。  今作は都会の片隅、ドン底に生きる純粋すぎる男たちによる、切なくもおかしい友情を描く。世知辛い世の中で信念を曲げることもできず、飲み屋で楽しそうに騒ぐ若者を見れば腹を立て大暴れする男・権藤右近(山田)。そんな右近が唯一心を許せる相手が、自身と同じく怪しい活動家のあっ旋で埋蔵金掘りの仕事をしている心優しい牛山(荒川)だ。そして右近の弟でエリート商社マンの左近(佐藤)は、報われないが自由に生きる2人の姿を、歯がゆさとほんの少しの憧憬を抱きながら見守っていた。  右近と牛山はある日、住処の廃工場で1体の古びたロボットを発見する。左近が調べると、現代科学を凌駕しかねないほどの高性能なものであることがわかった。やがて3人はロボットと心を通わせ、その性能を駆使して本物の埋蔵金を掘り当ててしまう。その一方で右近は、怪しい活動家の娘と肉体関係を持ち、道ならぬ恋に落ちていく。  ずば抜けた実力と独特の存在感で人気を博す山田は、原作を愛読していたという。主演を務めるほか2度目となる映画...more
カテゴリー:

山田孝之&佐藤健、漫画「ハード・コア」実写化で初の兄弟役!監督に山下敦弘、共演に荒川良々 - 08月11日(金)04:00 

作・狩撫麻礼氏、画・いましろたかし氏によるカルト的人気漫画「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」が、「ハード・コア」のタイトルで実写映画化されることになり、山田孝之と佐藤健が初の兄弟役を務めること...
カテゴリー:

もっと見る

「荒川良々」の画像

もっと見る

「荒川良々」の動画

Wikipedia

荒川 良々(あらかわ よしよし、1974年1月18日 - )は、日本俳優。本名・荒川 良友(あらかわ よしとも)。佐賀県小城市出身。大人計画所属。龍谷高等学校卒業。身長183cm、体重83kg、血液型O型。左利き。

来歴・人物

実家は呉服屋。ぽっちゃりの体型・丸刈りという容姿で活躍する個性派俳優であり、かつては荒川 上手(あらかわ じょうず)の芸名で活動していたが、名前の読み間違いが多かったことなどの事情により、本名から一字をとって、現在の芸名に改名した(どちらの芸名も大人計画の主宰・松尾スズキが命名したものである)。

映画・ドラマ・CMに多数出演。2008年公開の映画全然大丈夫で初の主役を演じる。

出演 舞台
  • タ・マニネ「ワニを素手でつかまえる方法」(2004年、PARCO劇場
  • 「アイスクリームマン」(2005年、下北沢ザ・スズナリ
  • 「恋する妊婦」(2008年、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる