「荒唐無稽」とは?

関連ニュース

「徹底検証『森友・加計事件』」巡る朝日新聞からの抗議に、小川榮太郎氏「反論を書くのが楽しみ」 - 11月21日(火)22:08  seijinewsplus

http://www.buzznews.jp/?p=2113024 朝日新聞が11月21日、「徹底検証『森友・加計事件』朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」著者の小川榮太郎氏及び出版元の飛鳥新社に対し「厳重に抗議するとともに、謝罪や訂正を求める申入書を送った」と発表しています。 朝日新聞ではこのように述べ、小川氏と飛鳥新社に対し2週間以内の回答を求めるとしてWebサイト上で「申入書」を公開しています。 朝日新聞「本社は申入書で、入手した文書について「『総理の意向』でないことが分かってしまう部分を全て隠蔽」した事実はないと反論。「NHK...
»続きを読む
カテゴリー:

朝日新聞、「徹底検証『森友加計事件』朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」著者、小川氏へ申入書発表 - 11月21日(火)16:53  news

----- 2017-11-21 「徹底検証『森友・加計事件』 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」の著者・小川榮太郎氏と飛鳥新社への申入書  2017年11月21日   小川 榮太郎 殿 株式会社飛鳥新社 代表取締役 土井 尚道 殿 株式会社 朝日新聞社 広報部長 後田 竜衛 申 入 書  小川榮太郎著・株式会社飛鳥新社発行の書籍「徹底検証『森友・加計事件』 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」(本書という)は、 弊社による「森友学園」「加計学園」に関する一連の報道を「戦後最大級の報道犯罪」「虚報」「捏...
»続きを読む
カテゴリー:

【雇用】大手自動車も期間従業員も誰も幸せにしない5年ルール - 11月09日(木)23:24  newsplus

自動車大手各社が、期間工等の非正規雇用労働者を無期転換ではなく半年間のクーリング期間で対処する、というニュースが報じられ、波紋を呼んでいます。 2013年に施行された改正労働契約法により、有期雇用の労働者に対しては、5年経過後に本人が希望すれば期間の定めのない無期雇用に転換することが義務付けられていました。無期雇用=正社員というわけではありませんが、雇用の安定性という点では正社員に準じた待遇にしろ、というわけですね。 ところが、法律に「5年経過後に6カ月間だけ間を置けば再び働かせることができる」とい...
»続きを読む
カテゴリー:

沖タイ「多数決は危険!見知らぬ家族にいきなり家を乗っ取られる。ヒトラーがー 安倍がー」 - 11月07日(火)08:15  news

安部公房の短編小説「闖入者(ちんにゅうしゃ)」は、見知らぬ9人家族に突然部屋を占拠される男を描いた1951年の作品だ。 「出て行け」と訴えても、強引な多数決で乗っ取られる ▼反論すると「民主主義の原理を否定するファシスト」と殴られ、給料や家財を奪われ、屋根裏に追いやられる。 大家や警察も取り合わない。 問答無用の多数決で、全てが決まる世界 ▼独裁者ヒトラーは当時のドイツ議会の大多数に支持されていた。 多数決には危険が潜むからこそ、民主主義は少数意見の尊重を重視する。 国会での質問時間が野党側...
»続きを読む
カテゴリー:

朝日新聞「「森友学園」「加計学園」に関する一連の報道にねつ造はありません」「弊社が被った損害を賠償するよう強く求めます」 - 11月21日(火)18:08  seijinewsplus

http://www.asahi.com/corporate/info/11207014  小川榮太郎著・株式会社飛鳥新社発行の書籍「徹底検証『森友・加計事件』 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」(本書という)は、弊社による「森友学園」「加計学園」に関する一連の報道を「戦後最大級の報道犯罪」「虚報」「捏造」などと決めつけています。  本書は、弊社が取材で入手した文書について紙面で報じているにもかかわらず、「安倍の関与を想像させる部分以外は、文書内容をほとんど読者に紹介せず」「『総理の意向』でないことが分かってしまう部分を全て隠蔽して報...
»続きを読む
カテゴリー:

『寝ても覚めても』、東出昌大と唐田えりかが見つめ合う場面写真到着 - 11月11日(土)16:00 

 『ハッピーアワー』の濱口竜介監督が芥川賞作家・柴崎友香原作の恋愛小説を実写映画化する『寝ても覚めても』から、主演の東出昌大とヒロインを務める唐田えりかが見つめ合う姿をおさめた場面写真が解禁となった。【関連】「東出昌大」フォトギャラリー 大阪に住む21歳の朝子は、青年・麦(バク)と運命的な恋に落ちる。しかし、彼はある日忽然と彼女の前から姿を消してしまう。2年後、東京に引っ越した朝子は麦にそっくりな顔をした男・亮平と出会う。麦のことが忘れられず、はじめは亮平を避けようとするが、そんな朝子に亮平は好意を抱く。やがて、戸惑いながらも亮平に惹かれていく朝子だったが、過去の“恋”と現在の“愛”の間で心は揺らいで…。 原作におけるストーリーの荒唐無稽さと、緻密な生活描写に惚れ込んだ濱口監督が、自ら映画化を熱望してメガホンを取った本作。麦と亮平を東出が初挑戦の一人二役で演じ分け、ヒロインの朝子には唐田が扮する。その他のキャストに、瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知、仲本工事、田中美佐子が名を連ねる。 解禁となった場面写真は、出会ったばかりの亮平と朝子が見つめ合うシーンを写したもの。突如として姿をくらましたかつての恋人・麦に瓜二つな顔の亮平に触れながら、じっと見入る朝子の姿と、唐突な朝子の行動に困惑を隠せない様子の亮平が見せる表情が印象的な一枚となっている。 映画『寝ても覚めても』は、2018...more
カテゴリー:

「シンクロナイズドモンスター」は意外に骨太、世界一モテる酔っ払いが大怪獣とシンクロ、最高だ - 11月09日(木)09:45 

「ダメ女が地球の裏側の怪獣とシンクロ!」という出オチみたいなコメディかと思いきや、意外にもダメ人間たちの間にある対立軸に切り込んでいく『シンクロナイズドモンスター』。身につまされちゃってスクリーンを直視できないほど刺さる映画である。地球で一番モテる酒飲みが、ソウルの怪獣とシンクロ!主人公グロリアは執筆した記事が炎上してクビになった元WEBライター。ニューヨークで彼氏のティムと同棲していたものの、いつまでたっても無職な上に酔っ払ってはトラブルを起こしまくり、しまいにはティムに愛想を尽かされて追い出されてしまう。住むところがなくなったグロリアは、仕方なしに生まれ故郷の田舎町に戻ってくる。まずこのグロリアのキャラクター造形が眼福だ。グロリア役のアン・ハサウェイが『プリティ・プリンセス』のお姫様役でブレイクしたのも今は昔。酒に飲まれては予定をすっぽかし、彼氏の家で無職生活を満喫する正真正銘の酒クズ役をノリノリで演じている。酒を勧められればガンガン飲み、ノリも良いけどなんだかだらしない元WEBライター・現在無職のアン・ハサウェイ(めちゃくちゃ顔がいい)……おそらく地球で一番モテる酒飲みである。絶対一緒に飲みたい……。唐突に故郷に戻ってきたグロリアを巡り、一気に地元の人間関係が動きだす。ベッドもない家で寝るためマットレスを担いで帰るグロリアは幼馴染のオスカーと偶然再会し、彼が経営するバーで働く...more
カテゴリー:

「荒唐無稽」の画像

もっと見る

「荒唐無稽」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる