「荒井敦史」とは?

関連ニュース

松井玲奈ら「笑う招き猫」メンバーの大喜利対決は珍回答続出で波乱の展開に - 04月18日(火)20:00 

 松井玲奈と清水富美加が漫才師役に初挑戦した映画「笑う招き猫」の完成披露上映会が4月18日、東京・新宿武蔵野館で行われ、松井のほか共演の落合モトキ、前野朋哉、角田晃広(東京03)、お笑いコンビ「なすなかにし」の那須晃行と中西茂樹、メガホンをとった飯塚健監督が舞台挨拶に登壇。「初めてお客さんに見てもらうのでドキドキしてます」と心境を明かした松井。映画に先駆けて放送されたテレビドラマ版とは「全く別のテイストになっています」とアピールに努めた。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  山本幸久氏による小説すばる新人賞受賞作を実写化した本作は、若手漫才コンビ「アカコとヒトミ」の本田アカコ(松井)と高城ヒトミ(清水)がお笑いの世界で奮闘し、挫折しながらも固く結ばれた女の友情を糧に夢を追いかける青春物語。飯塚監督も松井と同じく「映画のイメージは、テレビドラマ版とは180度違うもの」と明かし「“辞める”ということがテーマ。様々な状況におかれた人々が、次へ進むために“辞める”という決断を下す物語なんです」と説明していた。  この日は前野&落合が進行役を務め、ドラマ版の場面写真を題材にした大喜利が行われた。松井がブリを抱えている写真を見た那須は「おめでとうございます。綺麗な男の子ですよ」と応えるも、場内の反応はイマイチ。やがて悩みに悩んだ松井が「絶対怒られそうだけど…」と前置きして「豊...more
in English
カテゴリー:

山﨑賢人「みんなを引っ張りたい」主演舞台に意気込み - 04月14日(金)21:30 

山﨑賢人が2014年に初舞台・主演を飾った『里見八犬伝』が再び山﨑の主演で4月15日(土)より上演される。 スペクタクル時代劇『里見八犬伝』は4月15日(土)館山市・南総文化ホールを皮切りに、4月18日(火)~24日(月)東京・文京シビックホールはじめ、大阪・高松・高知・長崎・福岡・金沢・広島・愛知・青森・仙台・東京凱旋、全国12都市にて上演される。 知勇に優れ、仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌 8つの玉に導かれた8人の勇猛果敢な犬士(剣士)たちが出会い、立ちはだかる怨霊集団に果敢に挑み、戦いの末に悪を打ち滅ぼしていくという、滝沢馬琴原作の壮大な歴史ドラマを、時代物の舞台作品に抜群の腕を振るう鈴木哲也が既存の物語設定をもとに書き下ろし、映画監督、故・深作欣二の代表作でもある当作品を、息子の深作健太が舞台版として演出。 対決、変幻、忠義と裏切り、恋と友情など…、様々な要素が散りばめられた人間ドラマをベースに、活劇的娯楽性も盛り込まれ、ドラマティックで胸を打つ、魅惑のアクションエンターテインメントに仕上がっている。 2年4ヶ月ぶりの上演となる今回は、2014年版で初舞台にして主演を飾り、迫真の演技で大絶賛を浴びた山﨑が熱い要望に応え、再び主演の犬塚信乃に挑む。 注目の八犬士には、青木玄徳、玉城裕規、和田雅成、西銘駿、松島庄汰、荒井敦史、丸山敦史という勢いのあるメンバーが大集...more
in English
カテゴリー:

山崎賢人、再演舞台で殺陣に磨き「今回は移動も激しい」 - 04月14日(金)18:43 

 俳優の山崎賢人が14日、千葉・館山市の南総文化ホールで主演舞台『里見八犬伝』の公開けいこを行った。 【写真】比嘉愛未、青木玄徳らも参加したけいこの模様  2014年に同作で舞台初出演・初主演を飾った山崎は、2年4ヶ月ぶりに主人公・犬塚信乃を演じる。けいこ後の囲み取材では、再演に喜びながら「前回からのキャストと、今回は新しいキャストもいて、だからこそ新しい化学反応が起こっていて、どんどん良い方に向かっています」と早くも手応えをにじませた。  前回好評だった殺陣のシーンについては「今回は舞台美術の移動も激しくて、セットが動きながらそこからキャストが出てきたりするのでインパクトがあって、見どころの一つです」とアピール。全体のクオリティーアップを約束し「みんなを引っ張っていきたいです」と座長として、言葉に力を込めた。  山崎のほか、青木玄徳、玉城裕規、和田雅成、西銘駿、松島庄汰、荒井敦史、丸山敦史と勢いのある俳優陣が脇を固める。演出の深作健太氏は「今回、殺陣がうまい役者さんがそろいましたし、賢人君も本当に殺陣が上達したので、アクション監督の諸鍛冶さんも手をゆるめずどんどんアクションが難しくなっていっています」と話した。  同舞台は、あす15日の同所で行われる初演を皮切りに青森、大阪、福岡など全国12都市を回り、5月31日に新宿文化センター大ホールで千秋楽を迎える。 【関連記...more
in English
カテゴリー:

山崎賢人、2年4ヵ月ぶりの再演舞台「里見八犬伝」をアピール! - 04月16日(日)14:54 

滝沢馬琴原作の壮大な歴史ドラマを、山崎賢人主演で舞台化した「里見八犬伝」。この作品の公開抜き稽古が4月14日に館山市・南総文化ホールで行われた。 同作は、知勇に優れ、仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌、8つの玉に導かれた8人の勇猛果敢な犬士(剣士)が出会い、立ちはだかる怨霊集団に果敢に挑み、戦いの末に悪を打ち滅ぼしていくというストーリー。時代物の舞台作品に抜群の腕を振るう鈴木哲也が既存の物語設定をもとに脚本を書き下ろし、故・深作欣二の代表作でもある当作品を、息子の深作健太が舞台版として演出する。 2年4ヵ月ぶりの上演となる今回は、2014年版で初舞台にして主演を飾り、大絶賛された山崎が、再び主演の犬塚信乃に挑む。注目の八犬士には、青木玄徳、玉城裕規、和田雅成、西銘駿、松島庄汰、荒井敦史、丸山敦史というメンバーが集結! さらに青野楓や栗山航など若手注目株の俳優や、松田賢二、比嘉愛未など実力派俳優も参戦した! 「いよいよ明日から初日ですが…」と意気込みを聞かれた山崎は「2年半ぶりの『里見八犬伝』です。前回からのキャストと今回は新しいキャストもいて、だからこそ新しい化学反応が起こっていて、どんどん良い方向に向かっています。『里見八犬伝』ゆかりの地であるこの館山で、前回の2014年は大千秋楽を迎えることができ、今回は初日を迎えられることには意味があると思います。全力でお客様に届けたいです...more
in English
カテゴリー:

山崎賢人、主演舞台開幕! 殺陣上達で演出・深作氏「どんどんアクションが難しくなっています(笑)」 - 04月14日(金)21:14 

4月15日に開幕する舞台「里見八犬伝」の公開抜き稽古が14日、作品ゆかりの地・千葉県館山市で行われ、主演を務める俳優・山崎賢人らが本番さながらの迫力で八犬士を熱演した。最終調整を終え、舞台は間もなく本番を迎える。座長としてメンバーを引っ張る山崎は、「経験豊富な先輩方がたくさんいらっしゃるので支えられながら、でも自分自身はしっかりと(犬塚)信乃を演じることで、みんなを引っ張っていきたい」と意気込んだ。 【写真を見る】作品最大の見せ場“30分間の大立ち回り”/撮影:阿部章仁 舞台「里見八犬伝」は滝沢馬琴原作で、知勇に優れ仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌と8つの玉に導かれた8人の勇猛果敢な犬士(剣士)が怨霊集団に立ち向かうスペクタクル時代劇。2014年に上演された本作で犬塚信乃を演じ、初舞台にして初主演を飾った山崎が今回も同じ役柄に挑む。また、信乃とともに戦う八犬士に青木玄徳、玉城裕規、和田雅成、西銘駿、松島庄汰、荒井敦史、丸山敦史という勢いのあるメンバーが集結し、松田賢二や比嘉愛未ら実力派俳優が脇を固める。この日行われた約40分間の公開抜き稽古でも、本番同様の衣装や照明の中、山崎をはじめ出演者らが八犬士の物語を熱演した。 舞台の開幕を前に山崎のコメントも到着。山崎は2014年版「里見八犬伝」と今回の違いについて、「前回理解しきれていなかっところもやっと理解できて、もっとこうしたいと思える...more
in English
カテゴリー:

「荒井敦史」の画像

もっと見る

「荒井敦史」の動画

Wikipedia

荒井 敦史(あらい あつし、1993年5月23日 - )は、日本俳優。男性俳優集団D2およびD-BOYSのメンバーである。

埼玉県出身。ワタナベエンターテインメント所属。身長183cm。

略歴

2009年、第21回JUNONスーパーボーイコンテストにてビデオジェニック賞を受賞したことがきっかけで芸能界入り。同年7月、D2のメンバーになる。

2011年、D2総出演の映画ポールダンシングボーイ☆ずにて主演を務める。撮影中より同作監督の金子修介に「次の作品にも出てもらう」と指名を受け、同年公開のメサイアの主演に選ばれる。2012年はライフ・イズ・デッドリアル鬼ごっこ4ガチバン TRIBALで主演を務める。

2013年10月、D2がD-BOYSに加入し、D-BOYSメンバーとなる。

出演 映画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる