「草刈民代」とは?

関連ニュース

草刈民代、夫婦円満の秘訣「あまり干渉しないこと」 - 09月19日(火)14:58 

 草刈民代(52)が19日、都内で行われたスターバックスコーヒージャパン新プログラム発表会に出席した。草刈は普段からよくスターバックスコーヒーを利用しているという。「ソイラテが好きで、それしか頼みません」と照れた。  プライベートでは、…
カテゴリー:

草刈民代、バレエに捧げた半生を振り返る - 09月15日(金)07:00 

女優の草刈民代が、9月15日放送の『アナザースカイ』(日本テレビ系、毎週金曜23:00~)に出演。番組初となるルーマニアの地を訪れる。1981年から牧阿佐美バレエ団に参加し、84年には正団員になり、87年に『白鳥の湖』オデット・オディールの初役を務め、以降バレエ団の主要バレリーナに。その後、世界各地でゲストバレリーナとして活躍を続け、自身がプロデュースも兼ねた2009年の公演『Esprit~ローラン・プティの世界~』をもって現役を引退した。その後は女優業に転身し、大河ドラマ『龍馬伝』への出演も果たしている。今回は、彼女がルーマニアの地を訪れる旅路に密着。バレリーナ時代に、日本人として初めて舞台に立ったブカレストの国立劇場を25年ぶりに再訪し、思わず涙するが、その理由とは。また、ルーマニアへと導いてくれたパートナーと再会し、サプライズを受ける一幕も。さらに、ルーマニアで一番人気の穴場スポットにも赴く。そして、バレエに捧げた半生を振り返る中で、「日本アカデミー賞主演女優賞に輝いた映画『Shall we ダンス?』(1996年)に出演したのはバレエのため!?」といったエピソードも飛び出す。 関連リンク 【写真】バレエに捧げた半生を振り返る草刈民代 速水もこみち「彼女を満足させ...more
カテゴリー:

【映画】高良健吾、丸刈り丸めがねで登場 観客から驚きの声 - 09月14日(木)04:56  mnewsplus

[2017年9月13日20時20分] 高良健吾、丸刈り丸めがねで登場 観客から驚きの声  高良健吾(29)初音映莉子(35)が13日、都内で主演映画「月と雷」(安藤尋監督、10月7日公開)の完成披露舞台あいさつに出席した。  高良が、丸刈りに丸めがね姿で登場すると、観客から驚きの声も上がった。舞台上で、ヘアスタイルについては何も語らなかったが、関係者は「役作りではなく、ただの気分転換のようです」と話した。 ちなみに10日の出演イベントでは、七三分け風の髪形だった。  この日は、「念願の安藤組でした。10...
»続きを読む
カテゴリー:

初音映莉子&高良健吾、草刈民代の魂の演技に感嘆「とにかく格好いい」 - 09月13日(水)20:00 

 初音映莉子と高良健吾のダブル主演で直木賞作家・角田光代氏の小説を実写映画化する「月と雷」の完成披露試写会が9月13日、東京・スペースFS汐留で行われ、初音と高良のほか、共演の草刈民代、藤井武美、木場勝己、メガホンをとった安藤尋監督が出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  「八日目の蝉」「紙の月」などで知られる角田氏の同名小説を映画化。幼少期に母が家出し、普通の家庭を知らぬまま大人になった泰子(初音)の前に、亡き父の愛人である直子(草刈)の息子・智(高良)が現れ、穏やかな生活が変わっていくさまを描く。初音は本作を通じて「いかに人生は短いか」ということを実感。「季節の移ろいが、一瞬一瞬こぼれるように過ぎていきます。生命と再生、出会いと別れの真っただ中に、自分は今いるんだなと思いました。皆さんの過去と未来をぐっと抱きしめてくれるような作品です」と語った。  夫・周防正行監督作以外の実写映画に初参加した草刈。昼間から酒を飲み、タバコをふかす荒んだ女性・直子を体当たりで演じたことについて「いくつかの取材を受けて“汚れ役”と言われてしまいまして(笑)。私自身はそう思っていないんです。そんなにひどく見えたかな」と苦笑い。「初見の人にはそんなに強烈に映ってしまったのかと心配になりましたが、自分の素の部分が見えてしまうと失敗だと考えていました。その点を全く...more
カテゴリー:

草刈民代、バレエに捧げた半生を振り返る - 09月12日(火)18:14 

女優の草刈民代が、9月15日放送の『アナザースカイ』(日本テレビ系、毎週金曜23:00~)に出演。番組初となるルーマニアの地を訪れる。1981年から牧阿佐美バレエ団に参加し、84年には正団員になり、87年に『白鳥の湖』オデット・オディールの初役を務め、以降バレエ団の主要バレリーナに。その後、世界各地でゲストバレリーナとして活躍を続け、自身がプロデュースも兼ねた2009年の公演『Esprit~ローラン・プティの世界~』をもって現役を引退した。その後は女優業に転身し、大河ドラマ『龍馬伝』への出演も果たしている。今回は、彼女がルーマニアの地を訪れる旅路に密着。バレリーナ時代に、日本人として初めて舞台に立ったブカレストの国立劇場を25年ぶりに再訪し、思わず涙するが、その理由とは。また、ルーマニアへと導いてくれたパートナーと再会し、サプライズを受ける一幕も。さらに、ルーマニアで一番人気の穴場スポットにも赴く。そして、バレエに捧げた半生を振り返る中で、「日本アカデミー賞主演女優賞に輝いた映画『Shall we ダンス?』(1996年)に出演したのはバレエのため!?」といったエピソードも飛び出す。 関連リンク 【写真】バレエに捧げた半生を振り返る草刈民代 速水もこみち「彼女を満足させ...more
カテゴリー:

草刈民代が語るバレエ哲学「勝てないけれども負けちゃいけない」 - 09月16日(土)11:05 

9月15日放送の「アナザースカイ」(日本テレビ系)に草刈民代がゲスト出演。25年前のルーマニアでの経験と自身が歩んできたバレエ人生について語った。 【写真を見る】2012年に発売した写真集では新たな一面も 日本を代表するバレリーナとして43歳まで現役で踊り続けた草刈。女優としても映画「Shall we ダンス?」で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞して注目を集めた。 日本のバレエ界で活躍していた1989年、トップダンサーのミハイ・バブシュカから誘いを受けた草刈は、革命後の混乱期にあったルーマニアを訪問。日本人として初めてブカレスト国立オペラ劇場の舞台で踊ることになる。 当時のブカレストは革命の戦いによる傷痕が街のあちこちに残っており、「(外国には)1人で行っても平気なタイプだったんですけど」「ここに(滞在期間の)10日間いられるのかなって思っちゃった」と草刈。 そうした困難を乗り越えてでも世界に立とうとした当時の心境を「日本人でバレエを極めようという意思があったら外国見るしかない。それしかなかった」と草刈は回顧した。それは「自分を向上させるための戦い」であり、「(決められた)枠の中でやっててもアーティストとして先に行けないんじゃないか」という不安との戦いでもあったという。 世界のバレエ界には自分よりもレベルの高いダンサーもたくさんいたが「一流の人と踊る時にやっぱり負けてはいけな...more
カテゴリー:

草刈民代、バレエに捧げた半生を振り返る - 09月15日(金)07:00 

女優の草刈民代が、9月15日放送の『アナザースカイ』(日本テレビ系、毎週金曜23:00~)に出演。番組初となるルーマニアの地を訪れる。 1981年から牧阿佐美バレエ団に参加し、84年には正団員にな…
カテゴリー:

高良健吾気分転換で丸刈り姿 舞台あいさつでお披露目 - 09月13日(水)20:37 

 俳優の高良健吾(29)が13日、都内で行われた映画『月と雷』(10月7日公開)の完成披露舞台あいさつに出席。3日前のイベント出演時まではショートスタイルだった頭髪をバッサリと切り、“丸刈り姿”を披露した。 【写真】高良健吾が照れながらバックハグ  これまでマッシュショートやショートパーマ、そして丸刈りと役作りなどで髪型を何度も変えてきた高良。イベント中にヘアスタイルについて言及することはなかったが、関係者によると「今は撮影と撮影の間の期間。リフレッシュや気分転換も兼ねて、本人が希望して今のヘアスタイルにしたようです」という。  高良と初音映莉子がダブル主演を務める同作は、角田光代氏の小説を映画化。1ヶ所に定住しない根無し草のような女・直子とその息子・智(高良)、そして、その母子と過去に一緒に住んだ男の娘・泰子(初音)の物語を描く。  撮影秘話を問われた初音は、2人の再会シーンを挙げ「智が目の前に現れたという感動と、智に迫って来られることに対する泰子としての恐怖感が入り交じって、よくわからない興奮を覚えました。一生懸命に自転車を漕いで、ガーッと智から逃げました」と笑顔で回顧。高良も「置いていかれないように、僕もガーッと追いかけました!」と返して、笑わせた。  舞台あいさつにはそのほか、草刈民代、藤井武美、木場勝己、安藤尋監督が出席。フォトセッションでは、同作のポスターにな...more
カテゴリー:

初音映莉子&高良健吾、草刈民代の魂の演技に感嘆「とにかく格好いい」 - 09月13日(水)20:00 

初音映莉子と高良健吾のダブル主演で直木賞作家・角田光代氏の小説を実写映画化する「月と雷」の完成披露試写会が9月13日、東京・スペースFS汐留で行われ、初音と高良のほか、共演の草刈民代、藤井武美、...
カテゴリー:

高良健吾、地元・熊本地震の経験踏まえ「知っておく備え」の重要さを力説 - 09月10日(日)13:30 

 俳優の高良健吾が9月10日、東京・有明のそなエリア東京で行われた防災イベント「みんなの防災+ソナエ」の記者発表に出席した。 ・【フォトギャラリー】高良健吾、その他の写真はこちら  イスに座って地震の震度を体感したり、災害時のドローン操縦体験などができるイベントで、9月3日~12月10日の間に全国14会場で開催。この日の会見が行われた同施設内のオペレーションルームは、映画「シン・ゴジラ」で政府の対策本部として撮影に使用された場所で、出演した高良は「ちょうど長谷川博己さんと入ってきて、ここからハケていきました。いろいろな場所でロケをしましたが、その中でも特に印象に残っていますね」と懐かしそうに語った。  昨年4月に地元の熊本で大地震が起き、自身もボランティアとして何度も現地入り。校庭に「のみ水ください」というメッセージを書いた熊本市内の中学校は母校でもあり、「市内でも大人が1日500ミリのペットボトル1本という状態だった。地元に残っている仲間や、こっちに出てきている友達と連絡を取り合い自分たちのつてでいくらでも運ぶことができた」と振り返った。  当時の様子については、「どの避難所でも、配る時に並ぶと必ずお年寄りや子どもたちを優先する。パワーをもらったのは、大変な状況なのにユーモアを忘れない人が必ずいて、周りをほぐしていく景色。大切なことだと思った」と明かした。  現在は、地...more
カテゴリー:

もっと見る

「草刈民代」の画像

もっと見る

「草刈民代」の動画

Wikipedia

草刈 民代(くさかり たみよ、本名;周防 民代日本紳士録 第八十版(交詢社出版局)より、1965年5月10日 - )は、日本の女優。元バレリーナ。愛称は「たみちゃん」。東京都新宿区出身。オスカープロモーション所属。

経歴

3姉妹の長女。夫は映画監督周防正行。父は中央精版印刷株式会社社長の草刈龍平。父方の祖父は元中央精版印刷社長の草刈親雄。

川村小学校卒業、川村中学校卒業、川村高等学校中退。札幌五輪のジャネット・リンに憧れバレエを始める。1973年、小林紀子バレエアカデミーに入門し、1981年、牧阿佐美バレヱ団に参加。

1983年デビュー以来、同バレエ団の主役クラスを演じるダンサーに成長した。その後数々の賞を受賞。1990年にソビエト文化省招聘により海外で初め...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる