「草なぎ剛」とは?

関連ニュース

香取慎吾、美少女の歌喰い中島セナに「褒められた!」と笑顔 - 02月17日(土)05:00 

稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が立ち上げた「新しい地図」による意欲的なプロジェクト、短編オムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』が4月6日(金)より公開となる。香取主演の『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』には、新人の中島セナが物語の鍵を握るキャラクターに抜てきされた。本作の撮影現場を訪れると、香取と中島のナイスコンビネーションを目にすることができた。 笑顔で取材に応じる香取慎吾 舞台「トロワグロ」で岸田國士戯曲賞を受賞した山内ケンジが監督・脚本を務める本作。歌を食べて生きる少女“歌喰い”(中島)と、彼女に歌を食べられたアーティスト(香取)の不思議な関係を描く。本作で香取は本人役にチャレンジ。都内某所に“慎吾の部屋”をイメージしたセットが作られ、山内監督のもと香取と中島が撮影に臨んでいた。 本作が映画デビューとなる中島は、2006年生まれの小学生。「COMMERCIAL PHOTO」「POPEYE」で表紙を飾るなど、モデルとして活躍中だ。起用理由を聞いてみると、山内監督は「最初は雑誌でお見かけしたんです。ビジュアルが“歌喰い”という役にとても合っていると思った。実際にお会いしてみると、全然笑わないんです。これはぴったりだなと思った」とニヤリ。透明感と神秘性にあふれた佇まいは、確かに謎に包まれた“歌喰い”役と好相性。山内監督も撮影が進むごとに「本当に素晴らしい。当て書きをしたかのようです」と確信を...more
カテゴリー:

香取慎吾「クソ野郎―」クランクイン&アップ!! 「ほぼ、僕です」と語るその内容とは - 02月17日(土)05:00 

■ 香取慎吾、映画デビューの少女に「僕どうでしたか」と聞いた結果… 【写真を見る】共演の11歳少女に「すごくうまい」と褒められる香取 4月6日に公開を迎える、稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛が4つの物語を紡ぐ短編オムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』。1月下旬の時点でまだ撮影が始まっていないことを、やや自虐的に明かしていた香取慎吾だが、自身が主演する物語のひとつ「慎吾ちゃんと歌喰いの巻」がすでにクランクイン、そして無事クランクアップしていることが分かった。 1月29日の自身のTwitterで、衣装合わせを行ったことと、監督&脚本を務める山内ケンジと会ったことを明かしつつ、「ってまだ撮影してないんかーい?!」と締めくくっていた香取だったが、その後、2月7日Instagramで「#遂に #やっと #ようやく #映画 #クソ野郎と美しき世界 #慎吾ちゃんと歌喰いの巻 #撮影 #開始 #クランクイン」と撮入したことを報告。そして9日、「#祝 #クランクアップ #楽しかった !」と撮了した旨を投稿。そして花束を持った写真とともに「#てか #早っ !! #KUSOYARO」という投稿をし、わずか3日間の撮影だったことを明かしていた。 香取は、「皆さんから『撮影してるんですよね』『がんばってください』と言われていたのが、やっと始まった!と言えるようになって、この世界にもうちょっといたかったのですけれ...more
カテゴリー:

JUNON:元SMAP3人が16年ぶり登場 稲垣&草なぎ&香取で60… - 02月16日(金)17:00 

 元「SMAP」の稲垣吾郎さんと草なぎ剛さん、香取慎吾さんが、女性誌「JUNON(ジュノン)」(主婦と生活社)に16年ぶりに登場することが16日、分かった。23日発売の4月号で、全12ページにわたっ…
カテゴリー:

稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾、16年ぶりに『JUNON』再登場 - 02月16日(金)17:00 

 元SMAPの稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾が、雑誌『JUNON』(主婦と生活社)に16年ぶりに登場することが、明らかになった。23日発売の4月号は“奇跡の再登場”の第一弾として、60分におよんだ3人のインタビューをほぼノーカットで掲載する。 【別カット】夜景をバックにクールな3人  草なぎは、同誌に登場していた20歳の頃について、「今思えば、生意気だったし、トンがってたし、どうしようもないな、と思うんだけど、初々しさというか。最近、この歳になるとどこか“あの頃のことを忘れたくないな”って思ったりするんですよね」と回想。  そして、昨年に「新しい地図」を立ち上げ、3人で新たな道を歩み始めた現在の心境について「いろんな新しいことに挑戦して、今こうやってまた縁がつながってJUNONさんにも出してもらって、あの頃の気持ちの若さのままに、突き進んでる感じなのかな」と打ち明けている。  また、同号の巻頭には俳優の福士蒼汰が登場。そのほか、超特急、竹内涼真、宮野真守、中川大志、野村周平、新田真剣佑、三浦大知などが誌面を飾っている。 【関連記事】 【写真】草なぎの愛犬・くるみちゃんがテレビに登場 【写真】稲垣吾郎の半同居人「ヒロくん」TV初登場 【写真】ついに実現!香取慎吾&山本耕史の親友2ショット 【写真】草なぎ剛、激しく踊る! 退所後初CMは「1本満足バー」新作 稲垣・草なぎ・香取...more
カテゴリー:

稲垣&草なぎ&香取、16年ぶりに「JUNON」登場! ロングインタビューで心境告白 - 02月16日(金)17:00 

 稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が、23日に発売される雑誌「JUNON」4月号(主婦と生活社)に16年ぶりに登場することが発表された。「愛すべきクソ野郎たち。」と題された12ページに渡る特集の中で、3人は60分のインタビューに応じ、今の心境を語っている。【写真】稲垣&草なぎ&香取登壇『GQ MEN OF THE YEAR 2017』授賞式フォトギャラリー 10代から20代の彼らを取材してきた「JUNON」。16年の歳月ぶん素敵な大人に成長した3人と、また新たな絆を紡いでいきたいというコンセプトで企画された今回の特集では、60分に渡るインタビューを敢行。その模様がほぼノーカットで収録される。 草なぎは、「JUNON」に載っていた20歳のころを振り返り、「今思えば、生意気だったし、トンがってたし、どうしようもないな、と思うんだけど、初々しさというか。最近、この歳になるとどこか“あの頃のことを忘れたくないな”って思ったりするんですよね」と告白。さらに、「去年に“新しい地図”を立ち上げて、いろんな新しいことに挑戦して、今こうやってまた縁がつながってJUNONさんにも出してもらって、あの頃の気持ちの若さのままに、突き進んでる感じなのかな、今」と、新しいことにチャレンジを続ける今の気持ちを明かした。 雑誌「JUNON」4月号は、主婦と生活社より2月23日発売。価格は680円(税込)。 ■関連...more
カテゴリー:

香取慎吾「歌いたい」とホンネ吐露!主演映画で歌を喰われた本人役 - 02月17日(土)05:00 

稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾らが出演する4つの短編で構成されたオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』(4月6日公開)。香取が主演する『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』では、香取が“歌えなくなったアーティスト”として本人役を演じるとのこと。一体、どんな物語が展開するのか気になって仕方がない。本作の一端を探るべく、撮影現場に潜入。“慎吾の部屋”と名付けられたセットで目にしたのは、自らの描いた絵に囲まれて「この役はほぼ僕」とリラックスした笑顔を見せる香取だ。脚本の印象をはじめ「歌というのは僕にとって、ついてまわるもの」「歌いたい」と歌に対する本音までを語ってくれた。 【写真を見る】香取慎吾の絵がいっぱい!温かみに満ちた“慎吾の部屋” 山内ケンジが監督・脚本を務める『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』は、歌を食べて生きる少女“歌喰い”(中島セナ)と、彼女に歌を食べられたアーティスト・香取慎吾の不思議な関係をつづる物語。主な舞台となるのは、“慎吾の部屋”。足を踏み入れるや、所狭しと飾られた大小さまざまな絵に圧倒される。これはすべて、画家としても活躍する香取が描いたもの。 香取は「香取慎吾役なので。とても楽です」とニッコリ。「個展もやったことがないので、いつもとは違う場所に自分の絵が集まっているのを見て『絵を描きたい!』と刺激も受けて。新たな経験をしています」と温かみに満ちた“自分の部屋”で、創作意欲を刺激され...more
カテゴリー:

香取慎吾、奪われ気づいた歌の重要性 『新しい地図』映画の撮影風景公開第2弾 - 02月17日(土)05:00 

 元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾ら『新しい地図』のメンバーが出演する映画『クソ野郎と美しき世界』(4月6日公開)。香取が出演するパート『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』(山内ケンジ監督)の都内某所で行われていた撮影現場取材の情報が17日、解禁となった。山内監督、今作が映画デビューとなる“新人”でモデルの中島セナとともに取材に応じた香取は、自身にとって“歌”がいかに重要性であるかを語った。 【写真】撮影現場に持ち込まれた香取慎吾の絵  同作は、episode.1からepisode.4までの短編オムニバス構成で、4つのepisode.を4人の監督が脚本し、2週間限定で全国86館で上映される。Episode.2である『慎吾ちゃんと歌食いの巻』は歌を食べて生きる少女「歌喰い」(中島)と歌えなくなったアーティスト(香取)の不思議な関係が大きな変化を起こし…、という物語となっている。  香取慎吾役となった香取は「普段から役作りとか、あんまり考えない方なんですけど香取慎吾本人役なんで、いつも以上に何も考えてません(笑)。すごく楽ですね」とにっこり。当初は個人名を設定せずに行う予定だったが、山内ケンジ監督の意向によって本人役となった。『クソ野郎――』で初めて芝居の世界に足を踏み入れた中島は「たくさん話しかけてくださった」と香取の優しさに感謝した。  香取の部屋となる場所には、実際にアトリ...more
カテゴリー:

稲垣・草なぎ・香取、16年ぶり『JUNON』登場「おかえりなさい!」 - 02月16日(金)17:00 

元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が、2月23日に発売される『JUNON』4月号に、16年ぶりに登場することが15日、明らかになった。
カテゴリー:

稲垣、草なぎ、香取が16年ぶりに「JUNON」登場「また縁がつながった」 - 02月16日(金)17:00 

2月23日に発売される雑誌「JUNON」4月号に稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が登場する。
カテゴリー:

社会に対する先鋭的な作品群!2018年度KAATラインアップ - 02月16日(金)16:40 

KAAT神奈川芸術劇場の2018年度のラインアップ発表会が行われた。ラインアップには20作以上の作品が並ぶ。チケット情報(PC)最初にKAAT芸術監督の白井晃は「“普通“を見直すのが舞台の先鋭性。アーティストが社会をどう見ているのか、話し合いながらラインアップを決めました」。その白井が演出するエンダ・ウォルシュの『バリーターク』については「何もわからないまま日常が繰り返されるうち、彼らがいる場所がわかってくる。『ゴドーを待ちながら』の現代版のような内容」と言う。KAATと松井周の個人ユニットであるサンプルとの共同制作『グッド・デス・バイブレーション考』は、深沢七郎の小説「楢山節考」にインスパイアされた作品。松井は「近未来で姥捨山と言えば安楽死ではないか。琵琶法師のような感覚で、語りが歌になったり物語の中に歌が出るような話にできれば」と語る。KAAT×地点『山山』は、『忘れる日本人』に続いて松原俊太郎が書き下ろす作品。松原は「山をふたつにすると可愛いし、『~~したいのはやまやまですが』などの表現は“使える”。ふたつの山をモニュメントとして提示したい」。白井いわく「福島を連想させる世界」で、提携公演『忘れる日本人』との連続公演だ。森山開次『不思議の国のアリス』は、昨年の舞台の再演で、今回は全国ツアーに赴く。森山は「出演者6名は第一線の強者ばかり。その全力で真剣勝負のパフォーマンスを、全...more
カテゴリー:

もっと見る

「草なぎ剛」の画像

もっと見る

「草なぎ剛」の動画

Wikipedia

'''(くさなぎ つよし、1974年7月9日 - )は、日本俳優、声優、歌手タレント司会者であり、男性アイドルグループSMAPの全活動期(1988年 - 2016年)のメンバーである。愛媛県生まれ草彅剛 TOWER RECORDS ONLINE 2016年1月14日閲覧。、埼玉県出身春日部市育ち。ジャニーズ事務所所属。なお、名字の「なぎの漢字」は日本の国字および特殊文字字体は弓偏(ゆみへん)に剪(せん)で「彅'''」:一部のコンピュータや閲覧ソフトでは表示されない場合があり、インターネットのニュースなどでは「なぎ」または「...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる