「茅野愛衣」とは?

関連ニュース

【アニメ】『けものフレンズ』 指原莉乃プロデュースアイドルで舞台化 - 01月17日(水)23:02  mnewsplus

代アニ×指原莉乃プロデュース“=LOVE”が「けものフレンズ」&「ガールフレンド(仮)」コラボステージプロジェクト発足 テレビ東京動画配信サービス「あにてれ」と代々木アニメーション学院×指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ 『=LOVE』とのコラボレーションによるステージプロジェクトが発足! 「あにてれ」と「=LOVE」により人気タイトルを続々と舞台化することが決定いたしました。 第1弾作品「けものフレンズ」(2月に公演決定) 第2弾作品「ガールフレンド(仮)」(今夏公演予定) まずは、第1弾となる「けもの...
»続きを読む
カテゴリー:

「劇場版マジンガーZ」初日に水木一郎、上坂すみれ、永井豪らみんなで「ゼーット!」 - 01月13日(土)18:55 

本日1月13日に東京・丸の内TOEIで行われた映画「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」の初日舞台挨拶に、キャストの森久保祥太郎、茅野愛衣、上坂すみれ、花江夏樹、宮迫博之(雨上がり決死隊)、オープニングテーマを歌う水木一郎、監督の志水淳児、原作者の永井豪が登壇した。
カテゴリー:

デビュー50周年・水木一郎「今日が生涯で一番嬉しい」 劇場版「マジンガーZ」封切りで熱唱 - 01月13日(土)13:10 

 画業50周年を迎えた永井豪氏による「マジンガーZ」シリーズをアニメ映画化した「劇場版 マジンガーZ INFINITY」が1月13日、全国152館で公開初日を迎え、原作の永井氏をはじめ声優を務めた森久保祥太郎、茅野愛衣、上坂すみれ、花江夏樹、宮迫博之(雨上がり決死隊)、志水淳児監督、オープニングテーマ曲を手がけた水木一郎が東京・丸の内TOEIでの舞台挨拶に出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  30年以上の時を経て同シリーズが劇場アニメ化されたことに対し、永井氏は感激の様子で「自分が見たかったものはこれだったと感動して、本当に楽しんで見ました。いい作品になりました、ありがとうございます」と感想を述べる。兜甲児に声を吹き込んだ森久保に目を向け「森久保さんの『マジン、ゴー!』はしびれましたね。脳天にきました」と絶賛し、これに森久保は「声優は20年以上やっていますが、ロボットに乗る(キャラ)が初めてなんです。そういう意味でも、感慨深い作品になりました」としみじみと語った。  今年でデビュー50周年となった“アニソンの帝王”水木は、「45年前にテレビで歌った歌が、また映画で新たに歌えたということは、アニメ史上でもなかなかない。感動の一言で、奇跡に近いし、この日が夢のよう。『マジンガーZ』を愛してくれたみなさまに、とても感謝しています」と破顔。今作に...more
カテゴリー:

宮迫博之の想いを水木一郎が代弁? そして水木のリードで『マジンガーZ』のテーマを大合唱! ―『劇場版マジンガーZ/INFINITY』初日舞台挨拶 - 01月13日(土)12:31 

(上段左から)志水淳児監督、上坂すみれ、茅野愛衣、花江夏樹 (下段左から)宮迫博之、水木一郎、原作の永井豪、森久保祥太郎 今年画業50周年を迎える永井豪のスーパープロジェクトとして、45年の時を経て復活する『劇場版マジンガーZ/INFINITY』がついに公開初日を迎え、声優の森久保祥太郎(兜甲児役)、茅...
カテゴリー:

「グランクレスト戦記」第2話の先行カットが到着。テオの国の最初の戦が始まる…! - 01月11日(木)13:07 

テレビアニメ「グランクレスト戦記」第2話の先行カットとあらすじが到着しました。 第2話「野心」より /(C)2017 水野良・深遊/株式会社KADOKAWA刊/エーラム魔法師協会 <第2話「野心」あらすじ>メスト・ミードリックの聖印と領地を手に入れたテオ。しかし安息の時間も束の間、領地を奪い取ろうと近隣の君主たちが動き始める。最初に動いたのはセーヴィスの君主、ラシック・ダビッド。シルーカの先輩でもある契約魔法師のモレーノ・ドルトゥスを従え、小領ながら兵力を整え戦いに備えてきた野心家だ。ラシックに対抗するべく、シルーカは姉である邪紋使いのアイシェラを呼び寄せる。いま、テオの国の最初の戦が始まろうとしていた。[シナリオ:木澤行人、絵コンテ:神戸洋行、演出:飛田剛、作画監督:石川洋一・前澤弘美] 第2話「野心」は、1月12日(金)24時からTOKYO MX・とちぎテレビ・群馬テレビ・BS11で放送。続いて、テレビ愛知・ABC朝日放送・AT-Xでも順次放送されます。また、dアニメストア・ニコニコチャンネル・ニコニコ生放送・AbemaTVなどの各配信サービスでも毎週更新されます。 本作は、累計1000万部を突破する小説「ロードス島戦記」シリーズの著者・水野良さんの最新作をアニメ化。混沌がすべてを支配する大陸・アトラタンを舞台に、人々の秩序の結晶である<皇帝聖印(グランクレスト)>をめぐって...more
カテゴリー:

【画像】 人気声優アイドル=LOVEが『けものフレンズ』を実写化 可愛すぎると話題wⅴwⅴwⅴwⅴw - 01月17日(水)16:41  news

代アニ×指原莉乃プロデュース“=LOVE”が「けものフレンズ」&「ガールフレンド(仮)」コラボステージプロジェクト発足 テレビ東京動画配信サービス「あにてれ」と代々木アニメーション学院×指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ 『=LOVE』とのコラボレーションによるステージプロジェクトが発足! 「あにてれ」と「=LOVE」により人気タイトルを続々と舞台化することが決定いたしました。 第1弾作品「けものフレンズ」(2月に公演決定) 第2弾作品「ガールフレンド(仮)」(今夏公演予定) まずは、第1弾となる「けも...
»続きを読む
カテゴリー:

宮迫博之、水木一郎との対面に感激 「アニソン歌手が夢」 - 01月13日(土)17:12 

 お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之、アニソン歌手の水木一郎が13日、都内で行われた『劇場版 マジンガーZ/INFINITY』(公開中)の初日舞台あいさつに出席。 【動画】水木一郎、マジンガーZ生歌唱に雨上がり・宮迫感激  45年ぶりにテーマソングを収録したという水木がスペシャルゲストとして登場すると、宮迫は「こうして横に並んでいると、うれし過ぎて心臓がバクバクします」と感激した様子。「今はお笑い芸人やらせてもらっているけど、最初になりたかった職業はアニソン歌手。それこそアニキ(水木)にすごく憧れていました」と明かした。  これを受け水木も「バラエティー番組で共演した時に、『僕はまだ夢がかなってないんです』って言うんです。こんな有名になっているのにって思っていたら、『夢はアニソンを歌うことなんです』って真面目な顔で言うんで、これは本気だなと思いましたね」とエピソードを披露。さらに原作者・永井豪氏に「もし新作の予定があったら、彼をぜひお願いします」とオファーして笑わせた。  しめにはテーマ曲「マジンガーZ」を水木と登壇者が歌唱。最終的に会場全体での合唱になるほどの盛り上がりを見せていた。  イベントにはこのほか、声優の森久保祥太郎、茅野愛衣、上坂すみれ、花江夏樹、志水淳児監督が出席した。 【関連記事】 【写真】ペロリ…上坂すみれのキュートな舌出しショット 【写真】ド...more
カテゴリー:

アニソン歌手になりたかった宮迫博之、レジェンド2人の前で「マジンガーZ」を大熱唱! - 01月13日(土)12:43 

2017年に画業50周年を迎えた漫画界のレジェンド・永井豪の代表作のひとつ「マジンガーZ」が『マジンガーZ / INFINITY』としてスクリーンに復活。その初日舞台挨拶が13日、東京・銀座の丸の内TOEI1で行われ、森久保祥太郎、茅野愛衣、上坂すみれ、花江夏樹、ゲスト声優の宮迫博之と監督を務めた志水淳児、さらに原作者の永井豪と主題歌の水木一郎が一堂に会した。 【写真を見る】『マジンガーZ / INFINITY』初日舞台挨拶に豪華声優陣と2人のレジェンドが集合! 1972年に連載開始された「マジンガーZ」は漫画版・アニメ版ともに高い人気を博し、人間が乗り込み巨大ロボットを操縦するというギミックは、その後の日本のアニメーション作品に多大なる影響を与えてきた。巨大ロボットアニメの原点である本作が、約半世紀の時を経て再び蘇ったのだ。 本作で描かれるのはアニメ版の10年後。パイロットから離れて科学者になった兜甲児はある日、富士山地中に埋まった超巨大遺跡インフィニティと、そこから現れた謎の生命体リサに遭遇する。インフィニティを使って野望を成し遂げようと復活を遂げた宿敵Dr.ヘルを食い止めるため、兜甲児は再びマジンガーZとともに立ち上がる。 「40数年振りにマジンガーをスクリーンで観ることができてうれしいです」と自身の代表作への想いを語った永井は「自分が観たかったのはこれだったと感動しました」...more
カテゴリー:

ブラック・ジャックの婚活動画第2弾、ピノコの登場にドロンジョ困惑!? - 01月11日(木)15:17 

 1月1日に公開されたWEB動画(4本)の総再生回数が10日で100万回を突破する反響のあった、『ドロンジョとブラック・ジャック』の第2弾が11日に公開された。 【動画】ピノコが登場! 第六話「秘密」  創業55周を迎えたタツノコプロのアニメキャラクター「ドロンジョ」と、今年、生誕90年の手塚治虫(1928- 89年)の代表的キャラクター「ブラック・ジャック」がまさかの“婚活”、お見合いをしているという意外性でSNS上も賑わせたが、その中でも憶測されていたとおり、第六話「秘密」で、ブラック・ジャックが「実は、私には娘がいます」と告白。ピノコも登場する。  この動画は、本来なら出会うはずのないドロンジョとブラック・ジャックの婚活シーンを通して、「想像を超える出会い」を表現した婚活支援サービスの「パートナーエージェント」のWEB広告。この国民的キャラクターたちが広告でコラボレーションするのは、ドロンジョが生まれて40年、ブラック・ジャックが生まれて50年の歴史の中で史上初の試みだ。  ピノコの存在に、ドロンジョは困惑!? 第2弾では、第五話「態度」、第六話「秘密」、最終話の第7話「赤い糸」まで公開されている。二人の未来はいかに。 ■スペシャルサイト http://www.p-a.jp/db1801-01/ 【関連記事】 船越英一郎、ガッチャマン“生みの親”南部博士役に緊張...more
カテゴリー:

ボンズ×村田和也の新作アニメ『A.I.C.O.』Netflixで3・9世界配信 - 01月10日(水)22:49 

 『交響詩篇エウレカセブン』『僕のヒーローアカデミア』などを手がけるアニメーション制作会社のボンズと、『翠星のガルガンティア』、『鋼の錬金術師:嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』などの代表作を持つ村田和也監督のタッグによるオリジナルバイオSFアクション『A.I.C.O. -Incarnation-』(アイコ インカーネーション)が、3月9日より、映像配信サービス「Netflix」で全世界独占配信される。メインスタッフ&キャスト、キャラクター原案の鳴子ハナハル氏による新キービジュアルが一挙公開された。 【動画】『A.I.C.O. -Incarnation-』作品の世界がわかる最新PV  時は、2035年11月。人工生体の研究中に起きた大事故“バースト”により、黒部峡谷一帯は暴走した人工生命体“マリグナント・マター”に侵蝕された。そして2037年。バーストで家族を失い、自身もリハビリを続けながら車椅子で高校に通う15歳の少女・橘アイコ(CV:白石晴香)は、謎を抱えた転校生・神崎雄哉(CV:小林裕介)と出会う。「この災厄に終止符を打てるのは……君しかいないんだ」という雄哉。彼から自身の身体について、家族について衝撃的な事実を聞かされたアイコは、戸惑いながらも行動をともにすることを決意するが…。運命に翻ろうされた少女が、辿り着く先とは…。  そのほかの主な登場キャラクターは、雄哉とアイコ...more
カテゴリー:

もっと見る

「茅野愛衣」の画像

もっと見る

「茅野愛衣」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる