「茂木淳一」とは?

関連ニュース

「ひよっこ」16話。やたら毒舌なアナウンサー - 04月21日(金)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第3週「明日に向かって走れ!」第16回 4月20日(木)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:福岡利武  視聴率:  %(ビデオリサーチ社調べ 関東地区)前日比16話はこんな話聖火リレー大会の様子がテレビで放送され、谷田部家、助川家、角谷家がそろって鑑賞する。 聖火リレーの放送、「ほんの短い時間」とナレーション(増田明美)は言っていたけれど、そこそこみんな映っていて、よかった、よかった。時子(佐久間由衣)がドキドキしながら見ていたら映らなくてがっかり、みたいな流れになるんじゃないかと思ったら、そんなことはなくてホッとした。ただ、アナウンサー(声・茂木淳一)が、「村一番の美人さんであります」と持ち上げた後に「夢の翼が折れないことを祈ろうではありませんか」と落し、「スタイルの向上には目をみはるものがある」と持ち上げた後に「どうか翼が折れないことを祈るばかり」とまた落とすという仕打ちに、時子はいささかむくれてしまう。アナウンサーはこれ以外にも、「人里離れた小さな村」 「便乗する」「あやかろうと」「いかにも農家の三男坊という顔をしています」「孫を応援するおばあちゃん」「これでも昔は」「侮れませんな」などと、なんとなくバカにしたような表現を重ねる。なぜだ。こんなことあっていいのか。それでも奥茨城...more
in English
カテゴリー:

「茂木淳一」の画像

もっと見る

「茂木淳一」の動画

Wikipedia

茂木 淳一(もぎ じゅんいち、1972年8月27日 - )は、日本のタレントナレーター群馬県前橋市出身。血液型はO型。所属事務所はソニー・ミュージックアーティスツ

来歴

1995年に千葉大学工学部工業意匠学科卒業後、東急ハンズに入社するも7ヶ月あまりで退社。その後、某アーティストのDJを務めていた。1998年からライブソリューション「千葉レーダ」として歌と司会で雰囲気を展開。DVD「スキージャンプ・ペア」の実況アナウンスをきっかけに、ナレーターとしての地歩を固める。その他テレビラジオWEBなどメディアへの出演や、コラム執筆・ライタ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる