「英語圏」とは?

関連ニュース

【JAPAN Forward】Kou Shibusawa, Creator of ‘Nobunaga’s Ambition,’ Talks About the Future of Gaming - 10月20日(金)13:03 

 「JAPAN Forward」は産経新聞の記事を中心に英語で発信するニュース・オピニオンサイト。一般社団法人ジャパンフォワード推進機構が運営し、日本に関心がある英語圏の人たちに日本への理解を深めてもらおうと、産経新聞の記事以外にも、良質の記事や評論、インタビューを英語でタイムリーに分かりやすく発信しています。
カテゴリー:

【JAPAN Forward】Virtual Reality Ushers In A New Era of Gaming - 10月20日(金)12:08 

 「JAPAN Forward」は産経新聞の記事を中心に英語で発信するニュース・オピニオンサイト。一般社団法人ジャパンフォワード推進機構が運営し、日本に関心がある英語圏の人たちに日本への理解を深めてもらおうと、産経新聞の記事以外にも、良質の記事や評論、インタビューを英語でタイムリーに分かりやすく発信しています。
カテゴリー:

【ドラマ明日の約束に見る心理カウンセラー活躍情報】Lovelyイベント、企業コンサル、Youtuberなどココロに寄り添う時代にマッチした試みが社会を変える!! - 10月17日(火)08:00 

カウンセリング事業を手掛ける、一般社団法人 日本免疫カウンセリング協会(所在地:東京都渋谷区代々木1-39-11 MFPR代々木タワー1302、会長:大和久 敏正)は、「Lovely Meeting」を、2017年10月22日(日)13時より開催します。■「Lovely」 とは英語圏では。より素敵で、グレートな大いなる言葉になります。 ■「Lovely Meeting」 とは、あなたの優しさ、賢さ、偉大さなどに出逢う事ができるイベントです。 ■Lovely Meeting<ラブリーミーティング>http://jikojyuyou.com/lovely
カテゴリー:

綾瀬はるか熱演!カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』再放送 - 10月13日(金)19:00 

英国のベストセラー作家、カズオ・イシグロ氏が本年度ノーベル文学賞を受賞したことを受け、同氏原作の連続ドラマ『わたしを離さないで』(TBS系列、2016年放送)が再放送されることが決定した。イシグロ氏は、英国の栄誉ある文学賞・ブッカー賞を受賞したベストセラー作家。2005年に出版された「わたしを離さないで」は、その直後から話題となり、英国で100万部を超えるなど英語圏で大ベストセラーになった。同氏の作品がドラマ化されたのは、制作されたこのドラマが世界初。原作ではイギリスだった舞台を日本に置き換え、特別な運命を背負った主人公・恭子(綾瀬はるか)、友彦(三浦春馬)、美和(水川あさみ)が生きる希望を得ようとする姿が丁寧に描かれた。再放送の日程は下記の通り。(※一部地域を除く。放送日時・時間が変更になる場合あり)第1話 10月18日(水)26:35~27:45 第2話 10月19日(木)27:05~28:00 第3話 10月20日(金)27:07~28:00 第4話 10月23日(月)26:35~27:30 第5話 10月24日(火)26:45~27:45 第6話 10月25日(水)26:35~27:30 第7話 10月26日(木)27:05~28:00 第8話 10月27日(金)27:07~28:00 第9話 10月28日(土)27:08~28:00 第10話 10月30日(月)26:20...more
カテゴリー:

情報戦争の時代に日本でも大量拡散! 兵器化された「インターネット・ミーム」とは? - 10月12日(木)06:00 

『週刊プレイボーイ』本誌で「モーリー・ロバートソンの挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが英語圏で破壊力をもつインターネット・ミームが、政治的に悪用されていることについて語る! * * * 近年、世界中で「兵器化(ウェポナイズ)」された情報が社会を蝕(むしば)んでいます。その象徴が、英語圏などですさまじい破壊力を持つに至ったインターネット・ミーム(以下、ミーム)。写真やイラストにコメントを加え、ネタとして楽しむものだったミームが、最近は巧妙に“味つけ”され、フェイクまがいのニュースなどと組み合わせて政治的に悪用されています。 昨年の米大統領選挙でドナルド・トランプが旋風を巻き起こしたのも、ミームの威力と無関係ではありません。彼を後押しした極右政治ムーブメント“Alt-right(オルトライト)”は、もともとなんの政治性もなかったカエルのイラストを勝手にシンボルに仕立て、様々な政治的主張と組み合わせてミーム化することで人々の潜在意識へより深く浸透したといえますし、トランプ大統領本人もツイッターでしばしば趣味の悪いミームをリツイートし、支持層にアピールしています(今年7月には、敵対している大手放送局CNNのロゴをトランプがタコ殴りにするミーム動画を堂々とリツイートしてい...more
カテゴリー:

【JAPAN Forward】eSports Taking the World by Storm, and Japan Has to Catch Up - 10月20日(金)12:49 

 「JAPAN Forward」は産経新聞の記事を中心に英語で発信するニュース・オピニオンサイト。一般社団法人ジャパンフォワード推進機構が運営し、日本に関心がある英語圏の人たちに日本への理解を深めてもらおうと、産経新聞の記事以外にも、良質の記事や評論、インタビューを英語でタイムリーに分かりやすく発信しています。
カテゴリー:

ぺこ&りゅうちぇる、新婚旅行は米国? 「行く場所は決まっていて準備も万端」 - 10月19日(木)17:26 

 オンライン宿泊予約サイト、ブッキング・ドットコムの「遠くへ行こう!好きなホテルをBookingキャンペーン」プレス発表会が19日、東京都内で行われ、ゲストとしてぺこ&りゅうちぇる夫妻が登場した。 昨年12月に入籍、今年9月に挙式した2人。新婚旅行の予定について聞かれたりゅうちぇるは「行く場所は決まっていて、準備も万端。今はそのためにお仕事を頑張っています」とにっこり。場所は公表できないそうで、ぺこが「みんなに“うちら、ここに来てました~”と(後から)SNSで見せたいので」と理由を明かすと、りゅうちぇるも、「ごめんなさ~い」と報道陣に謝った。 それでも、国内か海外かを尋ねられると「海外です」ときっぱり。報道陣から「りゅうちぇるはアメリカンレトロに憧れているんだよね?」と追及されると、ぺこが「英語圏ではあります」と回答。話の内容から“アメリカ説”がますます有力になると、りゅうちぇるは「アメリカといっても超デカイから。ヤバイから!」とタジタジになって、笑いを誘った。 これまでで一番印象深い旅行として、ぺこは「21歳のお誕生日に2人で行ったグアム旅行」を挙げた。グアムではりゅうちぇるがサプライズでお祝いしてくれたそうで、「人生で初めて誕生日を海外で過ごしました。本当に幸せでした」と回想。りゅうちぇるも「リムジンを予約したり、ケーキのデザインを考えたり、バルーンルームにしたり。計画するのは...more
カテゴリー:

綾瀬はるか熱演!カズオ・イシグロ原作ドラマ『わたしを離さないで』再放送 - 10月13日(金)19:08 

英国のベストセラー作家、カズオ・イシグロ氏が本年度ノーベル文学賞を受賞したことを受け、同氏原作の連続ドラマ『わたしを離さないで』(TBS系列、2016年放送)が再放送されることが決定した。イシグロ氏は、英国の栄誉ある文学賞・ブッカー賞を受賞したベストセラー作家。2005年に出版された「わたしを離さないで」は、その直後から話題となり、英国で100万部を超えるなど英語圏で大ベストセラーになった。同氏の作品がドラマ化されたのは、制作されたこのドラマが世界初。原作ではイギリスだった舞台を日本に置き換え、特別な運命を背負った主人公・恭子(綾瀬はるか)、友彦(三浦春馬)、美和(水川あさみ)が生きる希望を得ようとする姿が丁寧に描かれた。再放送の日程は下記の通り。(※一部地域を除く。放送日時・時間が変更になる場合あり)第1話 10月18日(水)26:35~27:45 第2話 10月19日(木)27:05~28:00 第3話 10月20日(金)27:07~28:00 第4話 10月23日(月)26:35~27:30 第5話 10月24日(火)26:45~27:45 第6話 10月25日(水)26:35~27:30 第7話 10月26日(木)27:05~28:00 第8話 10月27日(金)27:07~28:00 第9話 10月28日(土)27:08~28:00 第10話 10月30日(月)26:20...more
カテゴリー:

【国際】ラスベガス銃乱射事件容疑者と交際していたフィリピン女性の素顔 - 10月13日(金)14:53  newsplus

【アツいアジアから旬ネタ直送「亜細亜スポーツ」】 米国史上最悪のラスベガス銃乱射事件(1日)で渦中の人となってしまったのが、犯行後自殺したスティーブン・パドック容疑者(64)と交際していた フィリピン女性マリルー・ダンリーさん(62)だ。ベガスから130キロ離れたネバダ州メスキートの一軒家で同棲し、事件当時はフィリピンにいた ダンリーさんはフィリピンからオーストラリアへ移住し市民権を得て、その後ベガスでカジノ従業員として働いているとき、同容疑者と知り合ったとみられる。 フィリピンの地元紙報道に...
»続きを読む
カテゴリー:

ウーマン村本、2年後に本格的な米国留学の意思明かす ピース綾部と同期 - 10月11日(水)07:34 

 お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔が6日に放送されたインターネットテレビ局「AbemaTV」のトーク番組『エゴサーチTV』に出演。2年後に本格的な留学のため、米国へ渡る意思があることを明かした。 【写真】恥ずかしそうに笑う同期の村本と西野  番組はキングコングの西野亮廣がMCを務め、ゲスト自らがエゴサーチをしながらネットで出てきた「情報・噂・秘密」などについてトークする。村本が自身の名前をエゴサーチすると「留学」という第2検索ワードが現れた。これについて村本は「年に2~3回、1ヶ月ずつ留学する」「来年も2月と5月に行く」と定期的に短期留学していることを明かした。  理由についてはコメンテーターとして活動していくうちに、ニュースに対する「なんとかしたい」という気持ちが出てきたからだという。その思いを、お笑い芸人としてネタにしなくてはいけないと考え、実際に沖縄で基地問題に切り込んだネタを披露した。すると沖縄県民の人から「よく言ってくれた」と泣いて喜ばれて、村本は「お笑いってすごい…!」と実感したという。  さらにウーマンラッシュアワーの今後について西野が尋ねると、村本は「いつか解散するんじゃない。その場合、俺も吉本を辞める」ときっぱり。アメリカにかける思いを語った。西野が「予定あるんですか?いつアメリカに完全に行くみたいな」と確信に迫る質問をすると、村本は「あと2...more
カテゴリー:

もっと見る

「英語圏」の画像

もっと見る

「英語圏」の動画

Wikipedia

英語圏(えいごけん、)は、公用語国語英語が定められている、もしくはそこに住む人々の主に話す言語が英語である国・地域の総称。かつてイギリスやアメリカなどの植民地であった地域が、英語圏になっている場合が多い。英語は、世界約80カ国以上で話されている。

国の公用語が英語であることは、国民や地域住民の過半数が英語を第一言語とする、もしくは英語を話す能力を備えていることを必ずしも意味しない。例えば、ジンバブエでは国民の大半がショナ語もしくは北ンデベレ語を日常会話に用いる。世界の英語話者(第一言語として)の3分の2が集中するアメリカ合衆国では、憲法の規定としての公用語は存在していないが、事実上、英語の占める位置が圧倒的に優勢であるため、英語圏とみなされている。

英語が公用語・国語の地位にある国・地域

世界の英語圏地域。濃い青色は英語が公用語または事実上の(''de...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる