「英語圏」とは?

関連ニュース

大学生が選ぶ! 英語圏以外でおすすめの留学先Top5、第2位:フランス - 06月24日(土)11:00 

留学先として多く選ばれているのが、カナダやアメリカ、オーストラリアといった英語圏。英語の勉強を兼ねて英語圏を選ぶ人が多いようですが、英語圏以外の国も魅力的ですよね。言語だけではなく、その国の文化を学びに……という留学ももちろんあるでしょう。では、英語圏以外の国だとどの国が人気なのでしょうか? 実際に大学生に話を聞いてみました。 ■英語圏以外でおすすめの海外留学先を教えてください。 第1位「ドイツ」61人(15.8%) 第2位「フランス」58人(15.0%) 第3位「スペイン」47人(12.1%) 第4位「中国」40人(10.3%) 第5位「イタリア」39人(10.1%) ●第1位「ドイツ」 ・日本人と気質が合いそう(女性/19歳/大学1年生) ・デュッセルドルフは日本人街もあって過ごしやすかった。サッカー観戦にもよい(女性/21歳/大学3年生) ・日本の次の経済大国で、医療制度が整っているから(男性/19歳/大学2年生) ・文化に興味がある(男性/18歳/大学1年生) ●第2位「フランス」 ・歴史に洗練された文化に触れ、多くのことを学べるから(男性/20歳/大学3年生) ・料理がおいしいし街並みなどもきれいだから(女性/21歳/大学3年生) ・観光地がたくさんあるから(女性/20歳/大学3年生) ・いろいろ歴史が深いから(...more
カテゴリー:

真夏のビーチをイメージしたデザートブッフェ - 06月19日(月)20:00 

青い夏の海を眺め、爽やかな風に吹かれながら食べたくなるようなフルーツ系スイーツを取り揃えた「サマーブリーズ デザートブッフェ」が、7月1日~8月27日まで、ヒルトン小田原リゾート&スパで開催される。 この夏はフランス発祥の話題の“萌え断スイーツ”「ガトーインビジブル」が初登場。スライスしたフルーツが薄い生地と一体化して“見えなくなる”というガトーインビジブル。「サマーブリーズ デザートブッフェ」に登場するガトーインビジブルは、バナナとココナッツを使用。バナナの優しい甘みとココナッツの香りがギュッと詰まったトロピカルなおいしさが特徴だ。 輪切りのスイカをフルーツのトッピングで飾ったカラフルでフォトジェニックな「スイカピザ」は、お皿を彩る新感覚の夏スイーツ。 見た目も涼しげなゼリー系スイーツには、「マンゴーとナタデココ」、「グレープフルーツとシトラスのゼリー」、「メロン杏仁豆腐」が並び、どれもフルーツの香りと風味が口の中ではじけて爽やかな気分にさせてくれる。 濃厚な味わいが魅力のスイーツも夏アレンジで用意されている。「パッションとチョコレートのヴェリーヌ」では甘酸っぱいパッションフルーツとリッチなチョコレートのハーモニーを楽しめる。「プラムとサワークリーム」「ルバーブとラズベリー」「レモン」の3種類のタルトは、ほどよい酸味がたまらない。 ちなみにフルーツたっぷりの...more
カテゴリー:

大学生が留学で行きたい英語圏の国Top5! 2位イギリス - 06月15日(木)12:00 

大学生のうちに経験しておきたいことの1つとして、「留学」をあげる人も多いのではないでしょうか。若いうちに海外の文化に触れておくことで、見聞がぐっと広がりますよね。特に英語圏の国への留学は、英語力を上げたい人にはぴったり。では実際留学しに行くとしたら英語圏の国の中でどんな国が人気なのでしょうか? そこで今回は大学生が、「留学するならここに行きたい!」と思う英語圏の国を調査してみました。 ■留学するなら行きたい英語圏の国はどこですか? 第1位「アメリカ合衆国」140人(34.7%) 第2位「イギリス」77人(19.1%) 第3位「オーストラリア」54人(13.4%) 第4位「カナダ」54人(13.4%) 第5位「シンガポール」17人(4.2%) ●第1位「アメリカ合衆国」 ・多国籍国家だからいろいろな人と出会えそう(女性/21歳/短大・専門学校生) ・少なくとも世界の中心の一つの国であり、日本と関わりが強い国であるから(女性/20歳/大学2年生) ・なまりのないきれいな英語を身に付けることができると思うから(女性/20歳/大学2年生) ・世界最先端の考えを学びたい(男性/24歳/大学院生) ●第2位「イギリス」 ・イギリスの街並みや、伝統文化などに興味があるから(女性/21歳/大学3年生) ・国固有の文化を持ってい...more
カテゴリー:

Facebook MessengerのAIアシスタント、スペイン語に対応して言語の壁を乗り越える - 06月14日(水)11:04 

英語しか使えないテクノロジーは世界の75%を無視している。この問題はFacebookのグローバルなユーザー基盤ではいっそう深刻だ。しかしながら、米国と中国の研究者による自然言語処理を中心とした人工知能の研究は、多くの言語を置き去りにしてきた。 しかし今日は、AIのアクセシビリティにとって記念すべき日だ。Facebook Messengerの人工知能アシスタント “M” は、スペイン語で提案できるようになった。メッセージの中にスペイン語を検出するとこの機能が働く。Mの提案機能は英語圏では2カ月前に公開されこか システムは単語とメッセージの意図を理解し、Messengerの様々な機能を提案するポップアップを表示する。例えば、 “Te debo $20” とあればMは支払い機能を提案する。“Besos!” と書けば、かわいいスタンプが薦められ、“¿Dónde estás?” なら位置情報の共有機能が提示される。 Mの新機能は、米国で言語をスペイン語に設定している全ユーザーが利用できる。メキシコでも公開されつつある。 昨年Facebookは、Facebookページに多言語シェアボタンを追加し、一つの言語で投稿すると、各国の人たちに母国語で表示されるしくみを提供した。そして、毎月8億人を優に超え...more
カテゴリー:

ヴィレヴァン、原田治氏の限定「OSAMU GOODS」(オサムグッズ)などを販売開始 - 06月12日(月)15:33 

スクールバッグ 株式会社ヴィレッジヴァンガードコーポレーションは12日、イラストレーター原田治氏が描いたキャラクターをプリントした、様々な新アイテムをヴィレヴァンオンラインで販売開始すると発表した。   原田治氏は、英語圏の伝承童謡「マザーグース」をモチーフにしたキュートでポップなグッズ「OSAMU GOODS」で知られ、ミスタードーナツでポイントを集めるとオサムグッズがもらえたり、カルビーポテトチップスのポテト君のデザイン目にしたりと、ファンの多いイラストレーターだ。   今回取り扱いを開始するのは、これまで人気だったアイテムの新バージョンやヴィレヴァン限定色など。   80年代の女子高生に人気だったスクールバッグやあるだけで部屋を可愛くするクッション、「OSAMU GOODS」が生まれた1976年をあしらったTシャツなどがラインナップされている。 Tシャツ 「OSAMU GOODS」 URL:https://vvstore.jp/feature/detail/9975/?utm_source=press 2017/06/12   ▷こちらもおすすめ 話題の回転おもちゃ「ハンドスピナー」を装着したiPhoneケースが続々登場   ドン・キホーテがPBで4Kテレビ最安値に挑戦!50V型を5万4800円で発売   示温インクを用いた「コカ・コーラ」の新パッケージが登場...more
カテゴリー:

英語圏以外でおすすめの海外留学先ランキング! 2位フランス - 06月22日(木)12:00 

留学するとすれば、英語の習得を目的に英語圏の国に行く人が多いと思います。しかし、英語圏以外にも語学や文化などさまざまなことを学べる国はたくさんありますよね。そこで今回は、大学生のみなさんに英語圏以外のおすすめの海外留学先はどこか聞いてみました。■英語圏以外でおすすめの海外留学先を教えてください。 第1位「ドイツ」65人(16.2%) 第2位「フランス」59人(14.7%) 第3位「スペイン」48人(11.9%) 第4位「イタリア」42人(10.5%) 第5位「中国」40人(10.0%) ●第1位「ドイツ」 ・友達が行っていてよさそうだったから(女性/23歳/大学院生) ・第二外国語で履修したから(男性/23歳/大学院生) ・思想や文化の中心だから、特定の分野で意味のあることを知れると思うから(男性/19歳/短大・専門学校生) ・日本の次の経済大国で、医療制度が整っているから(男性/19歳/大学2年生) ●第2位「フランス」 ・ファッションの中心だから(女性/18歳/短大・専門学校生) ・歴史に洗練された文化に触れ、多くのことを学ぶことができるから(男性/20歳/大学3年生) ・教育水準が高そうだから(女性/20歳/大学3年生) ・フランス語を学ぶ機会があり必要だと思ったから(男性/20歳/大学3年生) ●第3位「スペイン」 ・スパニッ...more
カテゴリー:

大丈夫なの…?うちの子に「イヤイヤ期」が来ない驚きの理由2つ - 06月18日(日)22:00 

出典:https://www.shutterstock.com 日本では“魔の2歳児”もしくは“イヤイヤ期”、英語圏では“Terrible Two”などと呼ばれる、2歳頃のいわゆる反抗期。 ところがこの時期に反抗期が来ないと、小学2年生ごろに来るというまことしやかな話があります。 これは本当なのでしょうか? 今回は、子育てアドバイザーであり4児の母でもある筆者が、“子どもが反抗期を迎える条件”についてお伝えします。  反抗期は「子どもの独立宣言」それは2歳前後に来るものとは限らない ●最初に反抗期である「イヤイヤ期」なかには全くない子もいる いわゆる反抗期と呼ばれる行動は、年代を問わず同じ意味を持っています。1歳や2歳でその時期を迎えようが、小学生、はたまた青年になってから迎えようが、全て等しく同じです。 どもにとっての反抗期は“親からの独立宣言”であり、また親にとっては“子離れ”の始まりということです。 ●反抗期が起こる条件は「支配的かつ信頼が築けている関係」!? 出典:https://www.shutterstock.com 何事も火の無いところに煙は立ちません。子どもが反抗期を迎えるには、2つの必要条件があると筆者は考えます。 1つめは、それまでの親の対応がその子にとって支配的だったという事実です。 ……が、これは決して親自身を責める材料ではないということを、ぜひとも忘...more
カテゴリー:

発音良すぎ!? わが家のEテレ・新「えいごであそぼwith Orton」体験談 - 06月14日(水)22:00 

出典:https://www.shutterstock.com/ ある日、洗面所で手を洗っていた時のこと。息子が突如「ラ、ラ、ラ、ライオン!」と、ものすごくキレイな発音で喋り出しました。 その「ラ」の音は「レ」に近いような発音で、舌が動かして出せるようなそんな音。私はすぐに「これは『えいごであそぼ』で聞いたヤツだ!」と、ピンと来ました。 筆者の長男はこの春、幼稚園入園を機に早起きするようになり、6時台のEテレを見るようになったのですが、そこで出合った『えいごであそぼ with Orton』がすっかりお気に入り。 英語番組を集中して見ていること自体びっくりしたのですが、さらに驚いたのが、見始めて1ヶ月も経たないうちに、息子の口から“ネイティブのような発音の英単語”が飛び出したことでした! そこで今回は、新『えいごであそぼ』の魅力を、筆者の子どもたちの英語体験をを通してご紹介します。 厚切りジェイソン博士の実験コーナーが楽しい! 今年4月から始まった、Eテレ『えいごであそぼ with Orton』は、“英語の音”に注目した、新しいスタイルの幼児向け英語番組です。 以前の『えいごであそぼ』より、朝の放送時間が早朝(月〜金曜日の午前6:45〜6:55)と、夕方の遅い時間帯(月〜金曜日の午後5:10〜5:20)のため、新しくなってからまだ見ていないという親子も多いのでは? キャストも一新し...more
カテゴリー:

海外で「暮らす」ことを本気で考えたときに気づいた、大切なこと。 - 06月13日(火)17:10 

「今まで行った街の中で、どこがいちばん良かったですか?」「どの国がいちばん好きですか?」街であればベネチアやポルト(ポルトガル)と答えるかもしれないし、もう一度訪ねたい場所であればアラスカと答えるかもしれない。主観的な答えにはなるが、このような質問はよく受けるから、さほど悩まずに答えられる。だけど、何年か前に尋ねられた質問には、意外と悩まされた。「今まで行った中で、住むとしたらどこがいい?」「え、住むなら?」
うまく答えられず、なんだかモヤモヤした。
旅行で訪ねる分には、どこの国だって行ってみたい。だけど、住むとなれば色々な条件が出てきそうだ。そしてその条件は、「人生で何を大切にするか」「どんなときに心地良さを感じるか」という、人それぞれの価値観によって異なる。ミャンマーで起業した日本人便利さや快適さだけ求めるのであれば、先進国に住むのがいい。しかし、きっとある人にとっては快適さよりももっと大切ものがあるからこそ、アジアやアフリカなどの途上国に住むのだろう。今年3月、ミャンマーで起業したふたりの日本人とヤンゴンで食事をしていたとき、突然レストランが停電した。「こんなの、いつものことですよ」と彼女は笑った。
新谷夢さん(左)は、お土産用のクッキーをヤンゴン最大のボージョー・アウンサン・マーケットで売っている。ミャンマーに来るまでは、日本の地方銀行で働いていた。この国で暮らしてもう5年...more
カテゴリー:

「英語圏」の画像

もっと見る

「英語圏」の動画

Wikipedia

英語圏(えいごけん、)は、公用語国語英語が定められている、もしくはそこに住む人々の主に話す言語が英語である国・地域の総称。かつてイギリスやアメリカなどの植民地であった地域が、英語圏になっている場合が多い。英語は、世界約80カ国以上で話されている。

国の公用語が英語であることは、国民や地域住民の過半数が英語を第一言語とする、もしくは英語を話す能力を備えていることを必ずしも意味しない。例えば、ジンバブエでは国民の大半がショナ語もしくは北ンデベレ語を日常会話に用いる。世界の英語話者(第一言語として)の3分の2が集中するアメリカ合衆国では、憲法の規定としての公用語は存在していないが、事実上、英語の占める位置が圧倒的に優勢であるため、英語圏とみなされている。

英語が公用語・国語の地位にある国・地域

世界の英語圏地域。濃い青色は英語が公用語または事実上の(''de...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる