「英国民」とは?

関連ニュース

「アメリカ発の全世界監視社会がやってくる」日本の進むべき道は? ――堤未果×中西輝政の緊急対談 - 09月21日(木)15:54 

 ドナルド・トランプがアメリカ大統領に就任してから半年以上の月日が流れた。就任直後からロシアゲートほか、度重なるスキャンダルに見舞われ、人事の迷走をはじめ、政策遂行能力は著しく失われた。また、8月に入り、白人至上主義団体への擁護ともとれる発言が取り沙汰されるなど、トランプ大統領誕生以降、我々がかねてより抱いていた“自由の国”アメリカのイメージは、すっかり影をひそめてしまった印象がある。  いったい、彼の国にいま何が起きているのか。その謎を解き明かす書物として注目されているのが、『アメリカ帝国衰亡論・序説』、『【増補版】アメリカからが消える』の二冊。京大名誉教授の中西輝政氏と国際ジャーナリストの堤未果氏。両著者による緊急対談をお届けする。 ――トランプ政権が発足してから、およそ半年が経ちました。改めて振り返ってみた印象について教えてください? 中西輝政(以下、中西):「トランプはトランプ」ということに集約されると思うんです。日本から米軍を引き上げる、保護貿易政策を推進するといった選挙前の公約は、「大統領に就任したら少しまともになるんじゃないか」なんて空気感も日本にはありましたが、それはやはり幻想にすぎないということですよね。この政権は大変ということは、もっと自覚しないといけない。ショックを受けたり、パニックになる必要は何もないんですけどね、アメリカが画期的に変わっていくんだとい...more
カテゴリー:

【英国】英に迫るスタグフレーション、日系企業はコスト高に苦慮も - 09月04日(月)21:36  newsplus

http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKCN1BF0XI [東京 4日 ロイター] - 英国経済がスタグフレーションの危機に直面しようとしている。欧州連合(EU)離脱を控えた英ポンド安を背景に、輸入インフレが進行。だが、賃金伸び悩みにより、国内消費は不振で、物価高と景気後退の懸念が英経済を揺さぶっている。英国に進出した日本企業は、コスト高とブレグジット・リスクに挟撃され、対応に苦慮する展開もありそうだ。 <ポンド安による輸入インフレ> 英ポンドの対ドル相場GBP=D3は、昨年6月の英国民投票当日に1.50...
»続きを読む
カテゴリー:

【国際】ロンドンの地下鉄テロ、ISが犯行声明 負傷者29人に - 09月16日(土)11:20  newsplus

 ロンドンの地下鉄で15日朝に起きた爆発テロ事件で、過激派組織「イスラム国」(IS)が16日、系列のアマク通信を通じて犯行声明を出した。英警察が容疑者の行方を追っている。英国のメイ首相は15日夜、テロ警戒レベルを5段階で最高の「危機的」に引き上げると述べた。さらなるテロの可能性があることを意味する。  ISの声明はインターネット上でも流れ、「戦士たちが置いた爆弾が地下鉄のパーソンズグリーン駅で爆発し、約30人がけがをした」と主張した。  事件では、ロンドン南西部にある同駅で、通勤時間帯に車両...
»続きを読む
カテゴリー:

イギリスがスタグフレーションの危機に直面。ポンド安で輸入インフレが進行 - 09月04日(月)21:10  news

英国経済がスタグフレーションの危機に直面しようとしている。 欧州連合(EU)離脱を控えた英ポンド安を背景に、輸入インフレが進行。 だが、賃金伸び悩みにより、国内消費は不振で、物価高と景気後退の懸念が英経済を揺さぶっている。 英国に進出した日本企業は、コスト高とブレグジット・リスクに挟撃され、対応に苦慮する展開もありそうだ。 ポンド安による輸入インフレ 英ポンドの対ドル相場は、昨年6月の英国民投票当日に1.5022ドルの高値を付けたが、4カ月後の10月7日に1.1491ドルまで24%急落。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「英国民」の画像

もっと見る

「英国民」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる