「若月美奈」とは?

関連ニュース

17~18秋冬ロンドンコレ、フォルム変化でマスキュリン - 02月23日(木)06:20 

 【ロンドン=若月美奈通信員】17~18年秋冬ロンドン・コレクションにはブリティッシュチェックやテーラード、シャツといったマスキュリンな素材、アイテムが広がっている。ボリュームやフォルムの変化、スリットやカットアウトなど大胆なディテールを加え、フェミニンなアイテムに落とし込んでいる。■クリストファー・ケイン 前シーズン、10周年を記念してデビュー当初のテクニックの再現などを見せたクリストファー・ケインは、メタリックな素材などシグネチャーの要素を継続しながらも次なる方向へと進み始めたようだ。ここ3シーズン前面に出していたリサイクルやDIYを念頭に置いたデザインにも終止符を打ち、よりシャープでエレガントになった。 花模様を浮かべたダマスク織のワンピースやスカートは、ジオメトリックな斜めのラインでフロントが交差する。玉虫に光るプリーツドレスはボンテージ風の黒いテープでボディーにフィットさせる。 セーターやテーラードコートの外袖にポケットを三つ並べて段々シルエットを描く、面ファスナーでニットの袖山がはがれる、フルレングスドレスをアメリカ人アーティストのイオネル・タルパザンが描くUFOが埋めつくす、チープなスポンジをシックなスリングバックシューズに挟み込むといった遊びも盛り込みながらも、物静かなフェミニティーが漂う。 「クラフト・アンド・ワーク」という今回のテーマは、工場で働く女性たちとそこ...more
in English
カテゴリー:

17~18秋冬ロンドンコレ、鮮やかな色 - 02月21日(火)06:28 

 【ロンドン=小笠原拓郎、若月美奈通信員】17~18年秋冬ロンドン・コレクションでレディスとメンズを一緒に見せる動きが広がっている 。一方、シーナウ・バイナウへの取り組みはあまりなく、今後のコレクションのあり方について模索状態にある。若手を中心に前半にショーを行ったブランドでは、鮮やかな色使いが台頭している。■JWアンダーソン フェミニンな要素増す 作りかけて放置したかのようなデコンストラクトなライン、ミニマルな中で描くアブストラクトな装飾。そんなJWアンダーソンのデザインは、ここ数シーズンでずいぶんと変化した。一言で言えば、どんどン装飾的になっている。ここ数シーズン続けてきた長い着丈で下にバランスをとったフォルムが減り、着やすいアイテムが揃う。とはいえ、それがジョナサン・アンダーソンの確立した次のカットというところまではまだ到達していない。 胸元のスタイのようなアイテムに流したドレープ、スリットの中に挟み込んだフェザーディテールのスカート、ドレスの胸のストラップに飾った箱ポケットといったディテールが今シーズンの特徴になる。メタリックな柄をコラージュしたようなドレス、ミドリフ丈のレザージャケット、大きく胸元を開けたコンビネゾン。凛(りん)とした空気をはらんでいたジョナサンのデザインが、少し甘くフェミニンになった。コヨーテのようなファーコート、ヘムに縦にフェザーが揺れるプリントドレス...more
in English
カテゴリー:

「若月美奈」の画像

もっと見る

「若月美奈」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる