「若手人材」とは?

関連ニュース

今後の会社成長の鍵を握るのは「40代社長」 社長が若くなければ成長を望めない理由とは? - 08月16日(水)14:00 

近年、企業の社長就任の年齢に若返りの傾向が見られる。2017年、DMM.comの社長が56歳の亀山敬司氏から34歳の片桐孝憲氏にバトンタッチした。また、2015年には出版大手であるカドカワの社長が46歳で、マイクロソフトの社長が44歳で、それぞれ就任している。環境変化が速く、ビジネスモデルの短命化が激しい中で、企業の「連続の成長」は極めて難しくなっている。そこで企業が求めているのが破壊的イノベーションを実現し、新たなスタイルのリーダーシップを発揮できる「40歳社長」だ。『40歳が社長になる日』(岡島悦子著、幻冬舎刊)では、なぜ今、40歳社長が求められているのか。また経営者はどう40歳社長を育成すればよいか、上を目指すビジネスパーソンはどんなスキルを備えるべきかが解説されている。■「40歳社長」が求められるのはなぜか?これからの経営トップは、環境変化のスピードに対応し、様々なテクノロジーを柔軟に活用できるスキルと感性が必要だ。現在の30~40代は、コンピュータやスマホ、インターネット、ビッグデータなどのテクノロジーに若いころから自然に触れている。つまり、上の世代にはないITリテラシーを持った「デジタル・ネイティブ世代」であり、これからの経営に必要な「破壊的イノベーション」を実現する潜在的資質をすでに備えているのだ。数々の企業のプロジェクトに参画する著者は、「先見性のある企業では、すで...more
カテゴリー:

「若手人材」の画像

もっと見る

「若手人材」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる