「若年層」とは?

関連ニュース

70代以上高齢者の孤立防止を強化 秋田県が自殺対策計画案  - 02月18日(日)10:38 

秋田県は、県自殺対策計画の素案を公表した。2018〜22年度の5カ年で、自殺者の多い若年層や高齢者らを主な対象に個別の対策を講じる。県政運営の指針「ふるさと秋田元気創造プラン」などと一体的に推進し、全
カテゴリー:

【経済】日本の公共交通機関(特に鉄道)は高過ぎる 東京-大阪間の距離がフランスでは10分の1 移動する自由が無くなると経済は停滞★2 - 02月17日(土)14:15  newsplus

自分の行きたいところに行き、住みたいところに住む。先進国の住人にとっては当たり前と思われていたことが、日本では徐々に困難となりつつある。 経済の基礎体力に比べて、一部の公共交通機関のコストが高すぎ、移動が難しくなっているのだ。日本は「移動貧困」の状態に陥りつつある。 〈中略〉 実際のところ日本と諸外国で移動コストはどのくらい違うのだろうか。例えば東京から大阪、あるいは東京から福岡に移動するケースを基準に考えてみよう。 東京-大阪間の新幹線料金はのぞみの指定席の場合、約1万5000円である。東京と...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】日本の公共交通機関(特に鉄道)は高すぎだった 東京-大阪間がフランスでは10分の1 移動する自由が無くなると経済は停滞★2 - 02月16日(金)01:20  newsplus

自分の行きたいところに行き、住みたいところに住む。先進国の住人にとっては当たり前と思われていたことが、日本では徐々に困難となりつつある。 経済の基礎体力に比べて、一部の公共交通機関のコストが高すぎ、移動が難しくなっているのだ。日本は「移動貧困」の状態に陥りつつある。 〈中略〉 実際のところ日本と諸外国で移動コストはどのくらい違うのだろうか。例えば東京から大阪、あるいは東京から福岡に移動するケースを基準に考えてみよう。 東京-大阪間の新幹線料金はのぞみの指定席の場合、約1万5000円である。東京と...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】日本の公共交通機関(特に鉄道)は高すぎだった 東京-大阪間がフランスでは10分の1 移動する自由が無くなると経済は停滞 - 02月15日(木)21:06  newsplus

自分の行きたいところに行き、住みたいところに住む。先進国の住人にとっては当たり前と思われていたことが、日本では徐々に困難となりつつある。 経済の基礎体力に比べて、一部の公共交通機関のコストが高すぎ、移動が難しくなっているのだ。日本は「移動貧困」の状態に陥りつつある。 〈中略〉 実際のところ日本と諸外国で移動コストはどのくらい違うのだろうか。例えば東京から大阪、あるいは東京から福岡に移動するケースを基準に考えてみよう。 東京-大阪間の新幹線料金はのぞみの指定席の場合、約1万5000円である。東京...
»続きを読む
カテゴリー:

【IT】バラ描いた「仮想アート」、1億円で売れる - 02月15日(木)18:42  newsplus

バレンタインデーの14日、電子的に作成した赤いバラの花の画像が、コレクターのグループに100万ドル(約1億円)で販売された。実体を持たない「仮想アート」の作品としては、これまでで最も高い値が付いたとみられる。 「フォーエバー・ローズ」と名付けられたこの作品は、アーティストのケビン・アボッシュ氏と、ネット上での仮想の贈り物のやりとりを運営するプラットホーム「GIFTO」とが提携して作成した。仮想通貨に使われるテクノロジーをアートの市場に応用することについて、人々に考察を促すための取り組みだという...
»続きを読む
カテゴリー:

【飲食】ドムドムハンバーガー、「2027年に100店舗」のビジョン 現状の3倍 - 02月18日(日)00:43  bizplus

〈レンブラントHD傘下で再スタート 新規出店を加速、SNSによる情報発信も〉 日本初のハンバーガーチェーンとして1970年に誕生した「ドムドムハンバーガー」は昨年、ホテル・不動産・再生事業を柱に事業展開を行うレンブラントホールディングス(神奈川県厚木市、以下HD)グループの傘下となり、新たな運営会社の下、再スタートを切った。 2027年に現状の3倍に当たる100店舗のビジョンを掲げ、レンブラントグループの物件開発チームの協力を得て多店舗展開を進めていく構えだ。SNSによる情報発信も開始し、若年層の認知拡大も進め、新規...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】政府「北方領土対岸へ修学旅行を」教員向け下見旅行実施 2016年度の利用は9校 - 02月17日(土)09:53  newsplus

 政府は中学・高校の修学旅行を北方領土対岸の北海道東部に誘致するため、今夏から秋にかけて教員らを対象に下見旅行を実施する。北方領土問題に対する若年層の関心を、修学旅行を通じて高めるため、まずは教員らの関心を喚起する。  下見旅行は、根室市、別海町、中標津町、標津町、羅臼町の1市4町を巡る1泊2日を想定している。根室半島先端の納沙布岬にある「北方館」など啓発施設を訪れるほか、海上からの北方領土視察や、元島民の話を聞くことなどを計画している。  2018年度予算案には関連経費として約1000万円...
»続きを読む
カテゴリー:

中国人のフカヒレ離れが深刻。っていうか、あれって食感だけで味はスープの味だろ - 02月15日(木)21:18  news

北京(CNN) 環境保護団体「ワイルドエイド」は15日までに、中国人の若年層などの食習慣が変わり、中国本土でのフカヒレの消費量が2010~14年に80%の激減となったと報告した。 中国政府による公式の宴会などでの禁止令や著名人を巻き込んだ反対キャンペーンなどの効果としている。 フカヒレ料理はサメにとってもはや最大の脅威ではないと主張。ただ、同団体のピーター・ナイツ最高経営責任者(CEO)は フカヒレスープの人気は他の場所で依然人気でサメ保護の闘いにはまだ勝利していないと釘を刺した。 ワイルドエ...
»続きを読む
カテゴリー:

【CNN】中国人のフカヒレ離れが深刻 消費が80%激減 - 02月15日(木)18:57  newsplus

中国でフカヒレ離れ進む、消費が80%激減 (CNN.co.jp) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-35114785-cnn-int 2/15(木) 18:03配信 CNN.co.jp 北京(CNN) 環境保護団体「ワイルドエイド」は15日までに、中国人の若年層などの食習慣が変わり、中国本土でのフカヒレの消費量が2010~14年に80%の激減となったと報告した。 中国政府による公式の宴会などでの禁止令や著名人を巻き込んだ反対キャンペーンなどの効果としている。 フカヒレ料理はサメにとってもはや最大の脅威ではないと...
»続きを読む
カテゴリー:

中国でフカヒレ離れ進む、消費が80%激減 - 02月15日(木)18:03 

環境保護団体「ワイルドエイド」は15日までに、中国人の若年層などの食習慣が変わり、中国本土でのフカヒレの消費量が2010〜14年に80%の激減となったと報告した。 中国政府による公式の宴会などでの禁止令や著名人を巻き込んだ反対キャンペーンなどの効果としている。 フカヒレ料理はサメにとってもはや最大の脅威ではないと主張。ただ、同団体のピーター・ナイツ最高経営責任者(CEO)はフカヒレスープの人気...
カテゴリー:

もっと見る

「若年層」の画像

もっと見る

「若年層」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる