「若年層」とは?

関連ニュース

“Off-JT”若年層で低調に 連合総研調べ - 05月22日(火)05:01 

 連合総研(古賀伸明理事長)の調べで、過去1年間にOff-JTを受けた20、30歳代が少ない実態が分かった。順に25.7%、22.0%で、ともに2割台の低さとなっている。  雇用形態別では正社員23.5%に対し非正社員11.6%と開きがある。  首都圏と関西圏に住む20~64歳の民間企業で働く2000人に聞いた。…[続きを読む]
カテゴリー:

ハワイ州観光局、親善大使に石田ニコルさんを起用 - 05月21日(月)12:41 

ハワイ州観光局は、6代目となる親善大使に、女優でモデルの石田ニコルさんが就任したと発表した。 石田ニコルさんは山口県出身。Instagramで51万人以上のフォロワーを有している。ニコル流ハワイ滞在、趣味のサーフィンやダイビング、ロマンティックなハワイなどハワイの魅力を若年層に向けて、SNSなどを中心に発信していく。 ハワイ州観光局のエリック高畑局長は、「この度、石田ニコルさんが弊局親善大使に就任頂いたことを非常にうれしく思っております。ニコルさんには、今後ハワイ州観光局の親善大使として、様々なイベントへご出演頂きますが、イベントやメディアを通じて、彼女の言葉で、ハワイの魅力を語って頂けることを楽しみにしております。そして、ニコルさんを通じて、初めてハワイの魅力を知るハワイ・ファーストタイマーの皆様をハワイへお迎えできることを期待しております」とコメントしている。 5月20日と21日には、ホノルルで行われたホノルル駅伝や親善大使就任式に参加した。6月16日には広島、9月1日には札幌、9月22日には東京で開かれる旅行やハワイ関連のイベントに出演する。 投稿 ハワイ州観光局、親善大使に石田ニコルさんを起用 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

全国に広がる「新幹線の通学補助」 若者の地元回帰へとつながるか - 05月19日(土)20:00 

地方出身者あるあるといえる現象のひとつが、高校卒業と同時に生まれ育った地域を離れ、大都市の大学に進学、大学卒業後もそのまま就職し、地元に戻らないというパターンだろう。典型的な地方の若年人材流出の構図で、これだけが理由というわけではないが、人口減少の一因となっているのは間違いない。記者もこのパターンで、東京で就職し、広島に帰るのは年に数回だ。この状況をなんとか変えられないかと考えた自治体が取り組んでいるのが、県外の大学(短大、専門学校なども含む)に通う学生に、地元から通えるよう新幹線通学の補助を行う制度だ。特に首都圏に近い地域で見られるようだが、近年広がりを見せている。北陸新幹線開通が契機に定住や移住促進のために新幹線通勤の費用を補助する制度を取り入れている自治体も見られるが、今回注目したのは通勤ではなく「通学」だ。全国的なブームとまではいかないものの、ここ数年で実施する自治体は増えている。例えば、2015年の北陸新幹線開通に合わせて「新幹線で通学推進事業」を始めたのが富山県富山市。市内に居住しているが、県外の学校(小中高は除く)に通う学生を対象とし、富山駅発の新幹線学割通学定期券に月額2万円の補助を行っている。距離と時間を考えると、東京通学はちょっと現実的ではないかもしれない(少なくとも1限がかなり厳しい)が、長野や金沢であれば通学圏内と言えるだろう。Jタウンネットが事業を担当する...more
カテゴリー:

日本コスメVS韓国コスメ、欧米で日本勢が巻き返しスタート! - 05月18日(金)08:45 

 昨年末頃からイギリスのメディアを中心に欧米での日本製化粧品「Jビューティ」の復活を期待する声が高まっています。 ◆アメリカのドラッグストアに日本製コスメはないって本当?  実は欧米では数年前から韓国製Kビューティの独壇場で、アメリカでも韓流スターを絡めたメディアの取り扱いもさることながら、スーパーマーケットやドラッグストアでも韓国の化粧品Kビューティは見るけど、Jビューティは見かけないという状況になっていました。  日本でも話題となった「カタツムリクリーム」や「クッション・ファンデーション」「発酵エッセンス」がヨーロッパやアメリカの女性たちの間でも人気となり、ロレアルやイヴ・サンローランなど名だたる有名ブランドが同様の商品を発売。  Kビューティは近年欧米に広がる“透明感のあるガラススキン・ブーム”の火付け役になっていました。  一方、以前から海外で人気のあった資生堂やSKII、シュウ ウエムラといったJビューティは欧米での存在感を薄めていました。  海外でも今やプチプラコスメの勢いは増すばかりで、デパートでしか売っておらず高価な日本ブランドは若年層にそっぽを向かれてしまったのかもしれません。  しかし、ここへ来て「JビューティがKビューティに取って代わる日も近い」と有名ファッション誌が次々紹介。韓国勢優勢の欧米で日本のコスメの反撃がいよいよ始まることを予測していま...more
カテゴリー:

【経済】デジカメが売れない・・・カシオは事業から撤退 でも富士フィルム「チェキ」は別 昨年は770万台を販売★2 - 05月17日(木)16:33  newsplus

 富士フイルムは「チェキ」の愛称で知られるカメラ「インスタックス」シリーズの販売台数について、2018年度に前年度比約17%増の900万台を目指す計画を明らかにした。欧米を中心に全世界で拡販する。  これに伴い、神奈川工場(神奈川県南足柄市)でフィルムの生産能力を2割増強することも決めた。  助野健児社長は「欧米、中国や新興国を中心にインスタックスブランドを定着させたい」と意欲をみせた。  インスタックスシリーズは、撮影したその場で画像をプリントできるカメラ。海外を中心に若年層に人気で、17年度には770...
»続きを読む
カテゴリー:

ハワイ州観光局、親善大使に石田ニコルさんを起用 - 05月21日(月)12:41 

ハワイ州観光局は、6代目となる親善大使に、女優でモデルの石田ニコルさんが就任したと発表した。 石田ニコルさんは山口県出身。Instagramで51万人以上のフォロワーを有している。ニコル流ハワイ滞在、趣味のサーフィンやダイビング、ロマンティックなハワイなどハワイの魅力を若年層に向けて、SNSなどを中心に発信していく。 ハワイ州観光局のエリック高畑局長は、「この度、石田ニコルさんが弊局親善大使に就任頂いたことを非常にうれしく思っております。ニコルさんには、今後ハワイ州観光局の親善大使として、様々なイベントへご出演頂きますが、イベントやメディアを通じて、彼女の言葉で、ハワイの魅力を語って頂けることを楽しみにしております。そして、ニコルさんを通じて、初めてハワイの魅力を知るハワイ・ファーストタイマーの皆様をハワイへお迎えできることを期待しております」とコメントしている。 5月20日と21日には、ホノルルで行われたホノルル駅伝や親善大使就任式に参加した。6月16日には広島、9月1日には札幌、9月22日には東京で開かれる旅行やハワイ関連のイベントに出演する。
カテゴリー:

エッジの利いた個性派俳優も続々参戦、胸キュン青春映画に起きた変化とは? - 05月20日(日)08:40 

 『君の名は。』、『ちはやふる』、『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』等々、若年層をターゲットにした、いわゆる“胸キュン青春映画”は安定したヒットを保っている。実際、昔からの超定番ジャンルだったわけだが、とりわけ最近は本数も増加傾向にあり、話題性にも長けている。そんな胸キュン青春もの映画の出演者側にある変化が起きている。これまで敬遠されがちだった演技派・個性派役者の出演例が増えているのだ。 【写真】菅田将暉と土屋太鳳、“個性派”役者が青春映画で共演 ■映画界を席巻、“胸キュン青春映画”ブーム続く  現在の映画界は“胸キュン青春”映画ブーム。現在、菅田将暉&土屋太鳳主演の『となりの怪物くん』が公開中。その他、今年2018年は小松菜奈がヒロイン役で出演する『坂道のアポロン』、広瀬すず出演『ちはやふる-結び-』、同じく小松菜奈が主演で女子高生役とさえない40代ファミレス店長(大泉洋)との淡い純愛を描いた『恋は雨上がりのように』、夏には朝ドラ女優の葵わかながヒロインを務める『青夏 Ao‐Natsu』や、注目度急上昇中の浜辺美波と竹内涼真が学園ラブコメに挑戦する『センセイ君主』の公開も控えている。  さらに、神木隆之介が初青春(恋愛)モノに主演する『フォルトゥナの瞳』や欅坂46の平手友理奈主演の『響 ‐HIBIKI‐』など話題作が続き、漫画・アニメ・小説の原作を問わず、ま...more
カテゴリー:

若年層向け住戸リノベの事業提案を募集 - 05月18日(金)09:00 

「香里三井C団地」で実施した17年度2戸1化リノベーション住戸  大阪府住宅供給公社は17日、団地住戸リノベーションプランの事業提案競技参加者の募集を開始した。
カテゴリー:

【脱力タイムズ・リレーインタビューVol.4】ダニの先生五箇公一、番組の反響とバラエティーへの深い愛 - 05月18日(金)06:00 

 お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平がMCを務めるフジテレビ系バラエティー『全力!脱力タイムズ』(毎週金曜 後11:00)が、今春から4年目に突入している。メインMCのアリタ哲平(有田)を筆頭に、同局の小澤陽子アナウンサー、全力解説員、ゲストコメンテーターが“報道番組”という枠組みを使って見せるドタバタ劇。お笑いファンから熱視線を集める人気番組の魅力を探るため、ORICON NEWSでは出演者へのインタビューを行い、リレー形式で毎週掲載していく。 【番組カット】18日の放送には和牛・水田信二、安藤サクラが出演  第4回は、サングラス姿で常にニヒルな雰囲気を漂わせている侵入生物専門家・五箇公一氏。“ダニの先生”として親しまれており、番組では必要以上にしゃべらないキャラクターとして人気を博しているが、実はプライベートではかなりの饒舌(じょうぜつ)。そんな五箇氏が、番組の反響、解説員としての心得、フジテレビ愛まで、いつもは心に秘めていることを語り尽くした。 ■出演辞退を引き止めたのは広瀬すず? 専門分野の普及・啓発に一役「非常にラッキー」  番組に出るきっかけは、番組総合演出の名城ラリータさんから「お会いしたい」と連絡を頂き、銀座の喫茶店でお会いしたんですけど、変なVTRを見せられて「これで解説してみてください」って言われて。これはいったいどんな審査なんだ?と思いながら、と...more
カテゴリー:

事業提案競技の参加者を募集開始 子育て世帯や若年夫婦などの若年層向け住戸リノベーション~ 堺市・寝屋川市・吹田市の高経年団地が舞台に~ - 05月17日(木)14:00 

[大阪府住宅供給公社] [画像1: https://prtimes.jp/i/19188/53/resize/d19188-53-586013-5.jpg ] 募集要項はこちらで公表しています。 <茶山台団地(堺市南区)> https://www.osaka-kousha.or.jp/x-whatsnew/2018_chayama/ <香里三...
カテゴリー:

もっと見る

「若年層」の画像

もっと見る

「若年層」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる