「若い世代」とは?

関連ニュース

【音楽】アリス、5年ぶり6度目の再始動を宣言 フジ「ボクらの時代」出演 - 02月24日(土)05:09  mnewsplus

2/24(土) 5:00 サンケイスポーツ アリス、5年ぶり6度目の再始動を宣言 フジ「ボクらの時代」出演  「今はもうだれも」「チャンピオン」などのヒット曲で知られる伝説のバンド、アリスの3人が、3月4日放送のフジテレビ系トーク番組「ボクらの時代」(日曜前7・0)に出演。2013年以来、5年ぶり6度目の再始動を宣言することが23日、分かった。  普段はソロ活動をしているボーカル&ギターの谷村新司(69)と堀内孝雄(68)、ドラムの矢沢透(69)。3人だけでテレビのトーク番組で話すのは、1972年のレコ...
»続きを読む
カテゴリー:

イーストウッド監督のすご味は?堀潤&モーリー・ロバートソン&木佐彩子が持論展開 - 02月23日(金)18:00 

 クリント・イーストウッド監督の最新作「15時17分、パリ行き」の公開記念トークイベントが2月22日に都内で行われ、国際ジャーナリストのモーリー・ロバートソン、ジャーナリストの堀潤、フリーアナウンサーの木佐彩子が出席。それぞれの立場から、映画の見どころを解説した。 ・「15時17分、パリ行き」トークイベントの模様はこちら!  2015年8月21日に起こった無差別テロを題材に、現場に居合わせ、犯人を取り押さえた当事者3人を主演に迎えて映画化。米空軍兵のスペンサー・ストーンとオレゴン州兵のアレク・スカラトス、そして2人の幼なじみである青年アンソニー・サドラーは、オランダのアムステルダム発の高速列車に乗り、フランスのパリを目指すが、同じ列車には銃で武装したイスラム過激派の男が乗り合わせていた。  堀は「実際の事件を振り返る過程で、背景にある複合的な要因を注意深く描き、社会問題と向き合うための“気づき”をうまくちりばめている」と語り、「そういう意味では、イーストウッド監督はジャーナリストだと思う」と力説。「政治的な主張ではなく、ヒューマニズムに基づき、個を描き切ることで、当事者性を喚起させるメッセージが存分に伝わる」と話していた。  木佐とロバートソンは、一緒に試写を見たといい「3日前のことですが、今も余韻に浸っています。モーリーさん、泣いていましたよね?」(木佐)、「あっ、バレた...more
カテゴリー:

プロライセンス発行でますます盛り上がりを見せているeスポーツの競技大会を主催!『レインボーシックス シージ(PS4) レオパレス21 カップ』3月11日(日) 11時15分より試合開始 - 02月23日(金)15:10 

[レオパレス21] [画像1: https://prtimes.jp/i/5429/465/resize/d5429-465-883190-0.jpg ] ■ eスポーツについて 10代半ば~20代後半の若い世代を中心に人気のeスポーツは、陸上や競泳以外にも囲碁や空手など地域性を反映させて...
カテゴリー:

【韓国】韓国の大学生調査 敵国1位は日本で54.3%、北朝鮮は21.4% ★3 - 02月23日(金)10:53  newsplus

 韓国の抗日史観に立てば、戦後にアメリカの後押しで大統領になった李承晩より、日本統治時代に抗日運動に身を投じ、英雄ファンタジーを持つ金日成、つまり北朝鮮に国としての正当性があるように見えてしまうのだという。 これが若い世代になると国家の正統性云々といった発想は薄まるものの、それでも反日・親北の傾向は依然としてある。  2012年8月に韓国の求人情報サイト「アルバモン」が国内の大学生718人を対象に、韓国の友好国と非友好国に関するアンケート調査を実施したところ、 「韓国に非友好的な敵国」として「日本」を...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】賃上げも、40代だけ給与減る 取り残される団塊ジュニア、就職氷河期世代で職歴やスキル積めず? 若い世代や50代以上優先★2 - 02月23日(金)01:50  newsplus

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO26847110T10C18A2EE8000 2018年2月13日 19:54 緩やかながら起こり始めた賃上げ。しかし世代別に分けてみると、その機運にも温度差がある。「団塊ジュニア」と呼ばれる40代だけが取り残されている。 厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、2016年の正社員の所定内給与(6月分)は32万1千円と、4年前から4700円増えた。ところが、45~49歳は7千円減り、40~44歳は4500円減った。20~34歳や55~64歳といった年齢層は7千~8千円程度増えているのと対照的だ。 グラフ ?w=680&h=980&am...
»続きを読む
カテゴリー:

ドロドロ劇はない、男性同士のピュアな恋愛模様 - 02月23日(金)20:17 

原作と映像化された作品を、重箱の隅をつつくように細か〜く比較する【元ネタ比較】。今回はBL原作の『花は咲くか』を紹介します。 【元ネタ比較】『花は咲くか』前編 『ジュウオウジャー』の渡邉剣が出演 特別に偏った趣味のヲタクでなくても、今や若い世代から主婦層にまでファンを広げているBL(ボーイズラブ)。中でも人気の高い、2人組の作家コンビ・日高ショーコ原作による「花は咲くか」が実写映画化された。 日高ショーコ原作では、名家の若き当主と執事を描いた時代物の「憂鬱な朝」の方が面白く、腐女子には人気が高いように思われる。しかし、逆に言えば腐女子でなくBL初心者でも入って行きやすく読みやすいのが「花は咲くか」だ。 「花は咲くか」は美大生の蓉一とサラリーマンの桜井がひょんなことで知り合い、年の差や社会人と学生のすれ違いなどを乗り越えながら、惹かれ合っていくというピュアなラブストーリー。恋愛のドキドキやもどかしさ、切なさが全5巻に渡ってゆっくりと丁寧に描かれ、万人に共通する古典的な恋愛模様はBL好きでなくても楽しめる内容だ。 同性同士だが、蓉一は他人に興味を持たずに人と距離を置くような性格の恋愛初心者で、ちょっと天然キャラで固定観念も薄いから自分の気持ちに葛藤することはなく素直。桜井の方も男の子の蓉一を好きになってしまったことに戸惑いはあるものの、仕事が忙しく女っ気はなかったようだし、同...more
カテゴリー:

若者からそっぽ向かれる日本のリベラル★2 - 02月23日(金)17:37  seijinewsplus

日本の「リベラル」の実態、憲法の問題点と改正、保守とは何か、奇怪な「日本型反知性主義」、 若い世代が政治から離れる理由などを政治学者の岩田温氏が縦横に語った。 https://vpoint.jp/politics/105904.html 関連スレ 若い世代ほど安倍内閣支持。約7割という驚異的な数字 若い世代はマスコミの偏向報道に騙されない傾向が強い★4 https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1518317387/ 【極左の偽装】左派のどこがリベラル? 現実をみつめようとせず愚かな観念論に固執 https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijin...
»続きを読む
カテゴリー:

【極左の偽装】左派のどこがリベラル? 現実をみつめようとせず愚かな観念論に固執 - 02月23日(金)13:43  seijinewsplus

政治記事を書くうえで、ずっと違和感を覚え、どうしてそう言うのか意味不明なので極力、使わないようにしてきた言葉がある。 それは「リベラル」である。本来は「自由を重んじること」や「自由主義的なさま」のことのはずだが、政界では明確に違う意味で使用されている。 迷える左翼の新看板  「リベラル勢力結集の要として頑張りたい」 「リベラル勢力の再結集をはかろう」  これは、社民党の福島瑞穂元党首が昔から、好んで口にする言い回しである。だが、果たして福島氏は本当に「リベラル」なのだろうか。 むしろ、端的に...
»続きを読む
カテゴリー:

【韓国】韓国の大学生調査 敵国1位は日本で54.3%、北朝鮮は21.4% ★2 - 02月23日(金)02:16  newsplus

 韓国の抗日史観に立てば、戦後にアメリカの後押しで大統領になった李承晩より、日本統治時代に抗日運動に身を投じ、英雄ファンタジーを持つ金日成、つまり北朝鮮に国としての正当性があるように見えてしまうのだという。 これが若い世代になると国家の正統性云々といった発想は薄まるものの、それでも反日・親北の傾向は依然としてある。  2012年8月に韓国の求人情報サイト「アルバモン」が国内の大学生718人を対象に、韓国の友好国と非友好国に関するアンケート調査を実施したところ、 「韓国に非友好的な敵国」として「日本」を...
»続きを読む
カテゴリー:

【韓国】韓国の大学生調査 敵国1位は日本で54.3%、北朝鮮は21.4% - 02月23日(金)00:01  newsplus

 韓国の抗日史観に立てば、戦後にアメリカの後押しで大統領になった李承晩より、日本統治時代に抗日運動に身を投じ、英雄ファンタジーを持つ金日成、つまり北朝鮮に国としての正当性があるように見えてしまうのだという。 これが若い世代になると国家の正統性云々といった発想は薄まるものの、それでも反日・親北の傾向は依然としてある。  2012年8月に韓国の求人情報サイト「アルバモン」が国内の大学生718人を対象に、韓国の友好国と非友好国に関するアンケート調査を実施したところ、 「韓国に非友好的な敵国」として「日本」を...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「若い世代」の画像

もっと見る

「若い世代」の動画

Wikipedia

若い世代(わかいせだい)は、1966年4月10日から1969年4月6日までNHK教育で放送された討論番組である。

概要

現代の青年の実態をフィルムによって多角的にとらえ、彼らの悩みと問題をスタジオに招いた同世代の仲間たちとゲストの講師で討論しあう番組であった。40分のスタジオ討論と20分のフィルムで構成される。

放送時間
  • 1966年度:日曜 19:00 - 20:00
  • 1967年度:土曜 18:00 - 19:00/土曜 15:00 - 16:00
  • 1968年度:日曜 18:00 - 19:00/土曜 15:00 - 16:00
司会 スタジオ討論の主なテーマ

異性、土と青春、はたちの責任、新天地、愛国心、結婚の条件、若者は何故怒らない、現代の孤独、資格、日本的とは、出かせぎ、歌謡曲とわたしたち、自由と規律、わたしと先生、現代の暴力

フィルムの主な内容

詩を作る工場、マットにかける青春、山谷の太陽、流行を作る裏方たち

参考文献
  • アカイさん資料室(1966 - 1968年)

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる