「芸術家」とは?

関連ニュース

オスカー俳優ジェフリー・ラッシュがたどり着いた、ジャコメッティの素顔とは? - 12月13日(水)16:00 

 「英国王のスピーチ」や「鑑定士と顔のない依頼人」で知られるオスカー俳優のジェフリー・ラッシュが、彫刻家アルベルト・ジャコメッティを演じた「ジャコメッティ 最後の肖像」について語った。 ・「ジャコメッティ 最後の肖像」予告編はこちら!  彫像「歩く男I」などで知られ、“20世紀で最も重要な芸術家”とも称されるジャコメッティの知られざる姿を描く本作。「トランスフォーマー」シリーズや「スポットライト 世紀のスクープ」「美女と野獣」の俳優スタンリー・トゥッチが監督・脚本を務め、ラッシュに加えて「コードネーム U.N.C.L.E.」「ノクターナル・アニマルズ」のアーミー・ハマーらが出演する。舞台は1964年のパリ。ジャコメッティ(ラッシュ)の絵のモデルを引き受けた作家で美術評論家のジェイムズ・ロード(ハマー)が、完璧な美を追求するジャコメッティに振り回されていく。  役作りのため、鼻やあご周りに特殊メイクをし、さらに体にパットを装着し、大きめの洋服を着ることで外見からジャコメッティに似せていったというラッシュは、「珠玉のような脚本だと思ったよ! 光栄にもスタンリー(・トゥッチ)から、“これは君のための作品だ。ぜひ君に出てもらいたい”と言ってもらった。生きる伝説ともいえるほど有名な芸術家のためにモデルを務めたロードの経験を描いた、非常によくできた作品だよ。創造的プロセスに伴うジレンマを...more
カテゴリー:

ニジンスキーの魂を描く傑作、独バレエ団が上演! - 12月12日(火)10:30 

世界最高峰のカンパニーとの呼び声高いドイツのハンブルク・バレエ団が、2月に日本公演を行う。バレエ団を率いるのは、現代バレエの巨匠、ジョン・ノイマイヤー。今回上演されるドラマティック・バレエの傑作『椿姫』や、マーラーやバッハの音楽に振付けた大作(ガラ公演『ジョン・ノイマイヤーの世界』でも抜粋を上演)で、日本でも多くの観客の心を捉えてきた振付家だが、さらに注目すべきもう一つの上演作品が、『ニジンスキー』である。「振付家として、私はニジンスキーに感嘆するばかりだ」「初めて一緒に仕事をするカンパニーでは、毎回ニジンスキーのことを思う」というノイマイヤーが、渾身の力と情熱をこめて手がけた意欲作だ。ハンブルク・バレエ団「ニジンスキー」チケット情報(PC)『ニジンスキー』は、20世紀初頭にヨーロッパで一斉を風靡したバレエ・リュス(ロシア・バレエ団)で活躍した天才ダンサー・振付家、ヴァスラフ・ニジンスキーとその作品の世界を舞台化したバレエ(2000年初演)。その幕開けは、1919年のニジンスキー最後の公演の場だ。ここでニジンスキーは、自身の人生の様々な場面、舞台を追体験する。彼の前には、興行主で愛人のディアギレフや妻のロモラ、また『薔薇の精』『牧神の午後』『春の祭典』など、ニジンスキーが演じたバレエの登場人物たちが幻となって現れ、やがて訪れる戦争の悪夢の中、彼は次第に狂気にとらわれてゆく──。米国...more
カテゴリー:

モダンアートを贈り物に。MoMA Design Storeのホリデーギフト新登場 - 12月10日(日)00:00 

◆モダンアートを贈り物に。MoMA Design Storeのホリデーギフト新登場左)MoMA クリスマスカード クリスマスタイム432円 右)Duralex グラス カラフル 6点セット4536円独創的な展示と世界最高峰の近・現代美術のコレクションを有することで知られる、ニューヨーク近代美術館(MoMA)。現地のアートを選定するキュレーターによってセレクトされた秀逸なプロダクトが並ぶMoMA Design Storeから、クリスマスにぴったりのホリデーギフトが登場する。今年のクリスマスは、ひと味違うおしゃれなインテリアや雑貨を贈り物にしてみては?左)ジオメトリック ペーパーリース4536円 右上)MoMA クリスマスカード クリスマスクッキー432円 右下)MoMA クリスマスカード スカンジナビアンツリー432円飾るだけで明るく華やかな雰囲気を演出するクリスマスグッズリースのイメージを覆す大胆で鮮やかなカラーペーパーリースが新登場。さまざまな折り紙の技法を駆使し複雑に折られた紙のオーナメントは、伝統とモダンなデザインがミックスされたインド発のハンドクラフトブランド「Inmark」のアイテム。吊り下げ用のリボンが付いているので、ホームパーティーで飾りたい。大切な人への気持ちをクリスマスカードにのせて贈るのもおすすめ。MoMAでは60年以上前から毎年クリスマスカードを発表し、ロバー...more
カテゴリー:

彫刻家高田博厚の全遺品寄贈=埼玉県東松山市〔地域〕 - 12月06日(水)10:09 

 日本を代表する彫刻家、高田博厚(1900~87年)が神奈川県鎌倉市に構えたアトリエが没後30年を機に閉鎖されることになり、アトリエに保管されている彫刻作品や絵画、書籍など数千点の遺品全てが埼玉県東松山市に寄贈された。 2日に鎌倉のアトリエで、文化勲章受章者の野見山暁治東京芸大名誉教授ら高田と交流のあった知人や遺族らが参加し、お別れ会を開催。高田の義理の娘、大野慶子さん(80)=神奈川県藤沢市=から森田光一東松山市長に目録が手渡された。 高田は戦前から戦後にかけてフランスで近代彫刻を学び、帰国。鎌倉で制作活動に励んだ。フランスの作家ロマン・ロランや哲学者アランらと幅広い交流があった。東松山市教育長だった故田口弘氏と親交があり、市は東武東上線高坂駅西口周辺に高田の彫刻作品を集め、西口から計32体が約1キロにわたって並ぶ「高坂彫刻プロムナード」(彫刻通り)を設置。10月に没後30年記念事業として作品を案内する看板の整備が完了した。 寄贈された遺品には、ロマン・ロランやアランの直筆署名入りの書籍も含まれる。お別れ会で、森田市長は「アトリエ閉鎖の話を聞き、市で作品の全てを引き取り、保存していくことにした。高田生誕120年となる20年をめどにすばらしい芸術家を顕彰し、作品を展示したい」と話した。大野さんも「全て東松山にお持ちいただくのは大変光栄なこと。父も喜んでいると思う」と語った。 【時事...more
カテゴリー:

【訃報】エンリコ・カステラーニ氏死去 - 12月04日(月)13:32  newsplus

12/4(月) 13:29 フジテレビ系(FNN) エンリコ・カステラーニ氏死去 絵画の世界に新境地を開いたイタリアの芸術家、エンリコ・カステラーニさんが、12月1日に死去したと、イタリアの主要メディアが報じている。87歳だった。 カステラーニさんは、ベルギーの王立美術アカデミーなどで彫刻、絵画、建築を学び、1959年に発表した「レリーフ状の黒い表面」で、立体的な表現を確立するなど、斬新な作風が評価された。 また、2010年には、高松宮殿下記念世界文化賞の絵画部門を受賞している。 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews...
»続きを読む
カテゴリー:

おしゃべり、笑顔、睡眠、スマホいじり禁止 80分耐久ぼーっとする大会 台湾 - 12月12日(火)11:21  news

(台北 11日 中央社)眠らず、笑わず、ただ「ぼうっとする」ことだけを競う大会が10日、台北市内で開かれた。 予選を勝ち抜いた70人の出場者は動物の着ぐるみを着用したり、テントを用意したり、思い思いの装備で参加。 多くの観客が見守る中、青空の下で真剣にぼんやりし続けた。 スマートフォンやパソコンの使用頻度が高く、脳が休む時間のない現代社会で、大会を通じて休息の時間の大切さを意識してもらうのがねらい。 同大会は韓国の芸術家、Woops Yangさんが立ち上げたもので、2014年に韓国で第1回が開かれた。台湾では初開...
»続きを読む
カテゴリー:

『2017 ブレイク俳優ランキング』1位は竹内涼真 上期首位の高橋一生を抜く - 12月12日(火)08:40 

 いよいよ12月に入り、この1年を振り返る時期となった。今年も数々の名作ドラマや映画が人々の心に潤いをもたらしてくれたが、ORICON NEWSでは先日の女優部門に続き『2017 ブレイク俳優ランキング』を発表。首位に輝いたのは、人気ドラマに次々と出演して、瑞々しい演技を残した【竹内涼真】だった。 【ランキング表】2017“ブレイク俳優”TOP10 ※ユーザーの声も掲載 ■朝ドラで“島谷ロス”が発生!『カホコ』のツンデレ役では“国民の彼氏”に  いつしかファンの間では “国民の彼氏”と呼ばれ、10~30代に圧倒的な人気で1位を飾った【竹内涼真】。5歳からサッカーを始め、高校時代には東京ヴェルディユースに所属し、サッカー推薦で大学に進学するが、足首のケガでアスリートの道を断念。2013年、女性ファッション誌『mina』初の男性専属モデルオーディション「minaカレグランプリ」でグランプリを獲得して芸能界入り。2014年10月から『仮面ライダードライブ』(テレビ朝日系)で警察官の主人公・泊進ノ介役を熱演した。  今年になって出演した3本のドラマで一躍、人気俳優としての地位を不動のものにした竹内。NHK連続テレビ小説『ひよっこ』では、大企業の御曹司・島谷純一郎役を演じた。主人公の谷田部みね子(有村架純)との、恋と家業の狭間で葛藤する役柄で、さらに知名度が上昇。結果みね子と別れ、...more
カテゴリー:

30万人が恐怖した!? 話題沸騰『怖い絵展』現地レポート&コワいウラ話 - 12月06日(水)11:30 

東京・上野の森美術館で開催中の『怖い絵展』は、TVやネットでも話題を呼び、1日約5,300人が訪れる人気の展覧会です。何が魅力かというと、まず「怖い絵」というタイトルとコンセプトではないでしょうか? 【ギャラリー】ぜひ実物を見てほしい!展示作品&館内ギャラリーはこちら 作家・ドイツ文学者の中野京子さんによるベストセラー『怖い絵』シリーズの刊行10周年を記念して開催された本展は、時間が経てば経つほど話題を呼び、現在は開館時間を毎日延長して開催されています。 まだ行かれていない方や、もう一度行きたい方のために、中野京子さんのお話と共に美術展の魅力をご紹介します。 大人気『怖い絵展』現地レポート 上野の森美術館で開催中の『怖い絵展』を取材して来てくれと、編集部から突然連絡あり。 なんで私に美術展の取材を頼んだのかなと思いつつ、たぶんいつもお化け屋敷レポとかやってるから、そんな感じで頼まれたのかな…と思いつつやってきました~!! この日は朝からザーザー雨が降っていて、こんなに降ってるなら人も少ないだろうと思ったけど、美術館前はもの凄い大・大・大行列!! 取材した当日は11月23日。勤労感謝の日ということで祝日だから余計に多いのかも。 普段はどちらかというと「科学博物館」派の私ですが、どんな“怖い絵”が観られるのか、行ってみたいと思います♪ 6つのエリアで味わう、さまざまな...more
カテゴリー:

日本人は縄文時代から器用で繊細でハイセンスだったことが判明 - 12月04日(月)21:16 

芸術家の岡本太郎さん(故人)が「発見」したことで知られる、縄文時代に作られた「縄文式土器」の美しさと芸術性。 その縄文時代の晩期に関東地方周辺で作られたという、土器と同じ土製の「耳飾り」が、あまりにも繊細で造形的に優美だと話題になっています。 画像とコメントを投稿したのは、ツイッターユーザーの、酒上小琴【サケノウエノコゴト】さん(@raizou5th)。 どれだけ美しい耳飾りなのか、まずは当該ツイートを早速ご覧ください。   縄文時代というと、火焔型土器のダイナミックな造形や、土偶のデフォルメされた表現を想像するが、縄文晩期に関東周辺で作られた耳飾を見ると、イメージがガラリと変わる。「これ、土製なの?」と思うほど繊細で優美だ。(縄文時代って1万年余りと長いし、初期と晩期では技術も全然違うし) pic.twitter.com/n7v9UUgHMJ — 酒上小琴【サケノウエノコゴト】 (@raizou5th) December 3, 2017   本当に美しい。。これ、本当に土? あの荒々しい縄文時代のものなの? 日本人の手先の器用さと美的感覚の原点を見たような気がしますね。 このツイートは現在、7千以上のRT、1万以上のいいね!がついています。 ※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。 MAG2 NEWS
カテゴリー:

「生きろ!生きろ!生きろ!」88歳の映画監督からの魂のメッセージ - 12月02日(土)06:00 

アレハンドロ・ホドロフスキー。カルト映画の巨匠とされるチリ出身の監督は、今年、88歳を迎えた。とはいえ、この年齢になっても精力的に映画をつくり続ける姿は、世界中を熱狂させている。本作品『エンドレス・ポエトリー』のベースとなっているのは、ホドロフスキー自身の自伝。前作『リアリティのダンス』の続編となる本作は、青年時代のストーリー。チリの首都サンティアゴへ舞台を移し、様々な芸術家たちとの刺激的な出会いの日々が描かれている。その手法は、虚実入り交じったマジックリアリズム。夢と現実が交錯したような独特の映像は、唯一無二の存在だ。詩人からの素晴らしい言葉「歳をとることは屈辱じゃない。たとえすべてを失っても、君は輝かしい人間になるのだから」この言葉は、ホドロフスキーが影響を受けたといわれる偉大なるチリの詩人ニカノール・パラのもの。彼が存命中に、ホドロフスキーは出会いを果たすことになる。そして、当時、101歳のパラに対して「その歳で、素晴らしいことはなんですか?」という質問を投げかけると、このように答えてくれたという。ホドロフスキーの人生にとても大きな意味を与えてくれたこの言葉は、実際、本作の中でも台詞として使われているほど。同時に、このポジティブなメッセージは、僕たちの心にもしっかりと届けられる。順風満帆ではなくても「生きる」ことを諦めないもともと、ホドロフスキーの名前を世に知らしめたのは、『...more
カテゴリー:

もっと見る

「芸術家」の画像

もっと見る

「芸術家」の動画

Wikipedia

芸術家(げいじゅつか)は、自身の芸術活動が社会的に広く認知された状態にある人を指す。アーティストアーチスト()とも呼ばれる。日本語の「芸術家」と英語の「」には、若干の含みの違いがある。

後述する各分野の専門家のことを指すほか、一つの表現手法に拘らず、様々な形態で作品を制作している人物について使われる場合が多い。例えば絵だけで表現する人に対しては「画家」という肩書きが用いられるが、絵のほかに彫刻や建築デザインなど、複数のジャンルを手がけている人物に対しては「画家で彫刻家で建築デザイナー」などというよりも、簡潔に「芸術家」や「アーティスト」と表現されることがある。基本的に作品の売上が主な収入源となっている。極端に認知度が低ければ、社会的には自称芸術家と呼ばれ、問題視される傾向にある。

辞書による定義

「大辞泉」(小学館)によると「芸術作品の創作活動を行う人」、「日本国語大辞典」(小学館)によると「芸術作品を創造し、また、表現する人。詩人、美術家、音楽家の類」(以上2つは、辞書)。また、「大辞林」(三省堂)によると「画家・音楽家・作家など芸術活動を行う人」(辞書)。

芸術家の種類

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる