「芸術」とは?

関連ニュース

【京都】本阿弥光悦作の幻の茶碗「有明」 300年ぶりに発見 - 09月26日(火)22:25  newsplus

江戸時代初期に活躍した芸術家・本阿弥光悦の代表作の1つで、300年以上も所在不明だった幻の茶碗が発見されました。 月の光を表現したとされる赤筒の茶碗「有明」は、1600年代前半に作られたとみられ、本阿弥光悦の代表作に数えられています。江戸の書店に渡った記録を最後に300年以上、所在がつかめず、「幻の茶器」とされていました。京都市にある古田織部美術館の宮下玄覇館長が、2年前、収集家から入手。鑑定の結果、本阿弥光悦の作品とわかりました。重要文化財級の価値があるということで、宮下館長は、「ないとされ...
»続きを読む
カテゴリー:

【木下愛華インタビュー】すず役を務める舞台『海街diary』が再演「初演以上に初めて台本を読んだ時の直感を大切に」 - 09月26日(火)21:07 

NHK Eテレ『Rの法則』でも活躍中の女優・木下愛華さんが10月6日から東京・紀伊國屋ホールで再演される舞台『海街diary』に初演に続き出演する。吉田秋生氏による人気コミックが原作で、綾瀬はるかさんら出演の映画でも話題になった本作、その舞台化作品となっている。木下さんが演じるのは三人の姉の異母妹・すず役。今回、再演への意気込みのほか、女優活動を始めたきっかけや今後への意気込みについても語った。  --久しぶりに『海街diary』の稽古の現場に入って感触はいかがですか? 「再演が決まった時に久しぶりに台本を読み返して大丈夫かなと思ったんですけど、稽古を始めたらスムーズにセリフなどが蘇ってきました。初日から楽しめました!」 --それは再演ならではのことですね。 「セリフに追われる状態じゃないのがありがたかったです」  --初演(今年3月~4月)時の主要キャストの四姉妹(山崎真実、柳ゆり菜、門前亜里)ももちろん同じで。 「はい、嬉しかったです!」  --一緒にやってきて絆ができた4人だから、最初から入っていきやすかったかもしれません。 「それも再演のいいところだと思います。家族のお話なのでこれからも公演を重ねるたびに絆が深まっていく感じで」  --舞台はある程度期間があるので、初日と千秋楽近くではそういう“絆”感も変わってくるのかも...more
カテゴリー:

「文学的失語」に見舞われた芥川賞作家 6年ぶりの新作を語る(2) - 09月26日(火)20:00 

作家は、大きく分けて2種類いる。速ければ年に数作ものペースで新作を量産できるタイプと、一つの作品を仕上げるのに長い時間を要する寡作なタイプである。8月に『岩塩の女王』(新潮社刊)を刊行した諏訪哲史さんはまちがいなく後者。2007年に『アサッテの人』で群像新人文学賞と芥川賞を受賞し、華々しくデビューした諏訪さんだが、前作『領土』を2011年に刊行して以降、実に6年もの間、小説の発表がなかった。この「沈黙の6年」をどのように過ごし、新作『岩塩の女王』を書き上げたのか。そしてデビューから10年を経た今の心境はどのようなものか。前回につづき、諏訪さんにお話をうかがった。(インタビュー・記事/山田洋介)――諏訪さんは、作家としてかなり寡作な部類に入ると思いますが、小説を書いていない時はどう過ごされているんですか?諏訪:異常なほど本ばかり読んでいます。読んで文学や思想を味わいたいということもあるのですが、一方では書いていないことの罪悪感を読書で紛らわせているところもあるんですよね。「今日は小説は書けなかったけど、たくさん読書したから少しは仕事をした」という気持ちになれるので。中高生が、テストが近づくほど読書が進む心理と一緒です(笑)。だから一日六時間くらい読書をしていますが、そうやっていると逆に「これだけ読んだのだから、タダでは終わらせられない」という気になるんですよ。幼少時からの読書の積み重...more
カテゴリー:

大学教授が検定の問題と解答を学生に漏えい 9/26 17:53更新 - 09月26日(火)17:53 

栃木県の文星芸術大学で今年7月、77歳の男性名誉教授が学内で行う予定だった「日本語ワープロ検定」の問題と模範解答のコピーを学生10人に事前に渡していたという。名誉教授は「他人にはしゃべらないこと」などと書いた紙も同封し口止めもしていた。
カテゴリー:

哀川翔、主演ミュージカル再演  会見で劇中曲披露も「まったく覚えてなかった」 - 09月26日(火)17:08 

 俳優の哀川翔が26日、都内にて行われた主演ミュージカル『HEADS UP!』(12月14日~上演)再演の製作発表会見に、演出のラサール石井らとともに登壇した。会見では劇中曲のミニライブも行われ、『劇場で起こること』『HEADS UP』など計4曲を披露したが、哀川は会見用に改めて歌うとなって「まったく覚えてなかったです」と苦笑いした。【関連】ミュージカル『HEADS UP!』製作発表フォトギャラリー 脚本:倉持裕、原案・作詞・演出:ラサール石井、作曲・音楽監督:玉麻尚一により、2015年11月に初演されたオリジナルミュージカルの本作。とあるミュージカルの仕込みから閉幕後のバラシまでを描いた、バックステージエンターテイメントだ。第32回読売演劇大賞 優秀演出家賞を受賞し、話題となった。 ラサールは「初演の時のお客様の熱気がすごく、早く再演したいと思っていたら、今回みなさんのスケジュールが上手く合って」と喜びを表し、「毎回が夢のような感じ。家で寝転がって考えていたことが実現するとは」と振り返った。 哀川は初演時は初舞台だったが最初は拒否していたという。「舞台に恐怖があった。でもすごくいい環境を作ってくださったので乗り越えられた」と明かした。その雰囲気の良さは、初演時のキャストのLINEグループが今も続いているということにも表れている。今も哀川は朝4時30分に「今から釣りに行ってきまーす...more
カテゴリー:

「草間ワールド」満開 初の個人美術館、10月オープン - 09月26日(火)21:21 

 世界的な人気を誇る前衛芸術家、草間彌生(やよい)さん(88)の作品を展示する「草間彌生美術館」が10月1日、東京都新宿区弁天町に開館する。オープンに先だち、26日に報道関係者らに内部が公開された。水…
カテゴリー:

【パパ活女子】彼女の父親も公認、現役音大生の月収は100万 -中編- - 09月26日(火)21:00 

世の中にすっかり定着した感のあるパパ活動こと“パパ活”。今回、そのリアルな実態を知るべく、男性から金銭的援助を受けている女性をゲストに迎えて直撃インタビューを実施。イマドキの“パパ活女子”たちのお財布事情やパパとの真の関係性について、そのリアルな実態を全3回の連載でお届けします。前回記事はコチラ → 【パパ活女子】24歳の港区女子、ビジネス感覚で月収80万 -前編- “パトロン”的パパとの出会い 今回ゲストに迎えた可奈子さん(仮名)は、現在、音大でヴァイオリンを専攻しています。透き通るような白い肌にワンピースを着た愛らしい女の子。そんな彼女のパパ活による“月収”は100万円。 4年制の大学を卒業後、ヴァイオリンを極めるため音大に進むことになった可奈子さん。 音大ともなれば、学費、コンサートで着るドレス代、楽器のメンテナンスなど、何かと沢山お金がかかります。そんな時、手を差し伸べてくれたのが、先輩が食事会に連れてきた50代の男性。それが彼女の“パパ活”のはじまりだったそうです。 ――パパ活暦はかれこれどれくらいになりますか? 可奈子「5年くらいになります」 ――月に100万円は何に使っていますか? 可奈子「学費やレッスン費にあてています。以前はバイトをしていたのですが、その必要がなくなったので、音楽に身を捧げられる時間が増えてとても充実しています」 ――男性とはどれくらいのペースで会...more
カテゴリー:

草間弥生美術館:念願かない「生涯最大の感激」 - 09月26日(火)18:02 

 世界的な前衛芸術家、草間弥生さん(88)の作品を集めた「草間弥生美術館」(東京都新宿区)の報道関係者向け内覧会が26日、開かれた。  同美術館は10月1日にオープンする予定で、来年2月25日まで開館記念展「創造は孤高の営みだ、愛こそはまさに芸術への近づき」を開催する。展示室の壁一面に近作「わが永遠の魂」シリーズを中心とした大型絵画が並ぶほか、新作の体験型インスタレーションもあり、「草間ワールド」を堪能できる。
カテゴリー:

【東京】「草間彌生美術館」オープン前に内覧会 今回の展示のために作られた「無限のかなたへかぼちゃは愛を叫んでゆく」展示 - 09月26日(火)17:20  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170926/k10011156961000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_006 水玉などを用いた色鮮やかな作品で世界的に高い評価を受けている前衛芸術家、草間彌生さんの美術館が東京都内にオープンするのを前に26日、内覧会が行われ、会場を訪れた草間さんが「生涯における最大の感激です」などと話しました。 草間彌生さん(88)は、水玉や網目模様を用いた鮮やかな色彩の絵画や立体作品などを手がける前衛芸術家として世界的に高い評価を受け、去年、文化勲章を受章しています。 その作品を...
»続きを読む
カテゴリー:

「草間彌生美術館」オープン前に内覧会 - 09月26日(火)16:39 

水玉などを用いた色鮮やかな作品で世界的に高い評価を受けている前衛芸術家、草間彌生さんの美術館が東京都内にオープンするのを前に26日、内覧会が行われ、会場を訪れた草間さんが「生涯における最大の感激です」などと話しました。
カテゴリー:

もっと見る

「芸術」の画像

もっと見る

「芸術」の動画

Wikipedia

芸術(げいじゅつ、、techné、)とは、表現者あるいは表現物と、鑑賞者が相互に作用し合うことなどで、精神的・感覚的な変動を得ようとする活動。文芸言語芸術)、美術造形芸術)、音楽音響芸術)、演劇映画総合芸術)などを指す。藝術の略式表記下記節「表記」参照。

語源

ギリシャ語の「 techné(テクネー)」やその訳語としてのラテン語の「ars(アルス)」、英語の「art(アート)」、フランス語の「art(アール)」、ドイツ語の「Kunst(クンスト)ドイツ語では、Kunst(芸術)、Kunstwissenschaft(芸術学)、allgemeine Kunstwisse...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる