「芳根京子」とは?

関連ニュース

大友花恋、“きゃっきゃきゃっきゃの撮影会”の写真を公開「これ以上の可愛さは存在しない」の声も - 10月19日(木)18:55 

女優の大友花恋が18日自身のアメブロを更新。友達とのInstagramの写真撮影会の様子をつづり、自身の写真も公開した。 「Instagramにあげた、写真の別バージョン。ぬくぬくしてるところを友達にとってもらいました!」とInstagramの写真撮影の様子を明かした大友は「ノリノリで撮ってくれた友達に、もっとこうして!こんな感じも!と、指示してもらいながらきゃっきゃきゃっきゃの撮影会でした笑」とコメント。 「写真にタイトルをつけるならなんだろう」と言いながら「髪の毛、どんな経緯でその隙間からでてるの?」「めちゃ笑ってる!なにがあったんだっけなあ、、?」とつづり、ナチュラルな笑顔の自身の写真を公開。 「センスの問題とかじゃないですね。もっと、なんていうか、、、秋風のなんとか、みたいな 満月の~、みたいなのがいいのかも、、、汗」と少し迷った様子を見せながら「1枚目の写真にタイトルを付けて、と弟に頼んだら ひつじもさもふ と、決めてくれました。うん、なかなか、、、笑 きょうだい!!!」と弟のセンスにもつっこみながらしめくくった。 この写真公開に「これ以上の可愛さは存在しない」「モコモコ似合いすぎ」「ほっこりしました」「めっちゃ可愛い」と絶賛のコメントが寄せられている。 【関連記事】 ・ちゃいます。(大友花恋オフィシャルブログ) ・大友花恋 「君の膵臓がたべたい」で同一人物役...more
カテゴリー:

金爆・樽美酒研二、裸でうなだれる写真の使用許可出す - 10月14日(土)16:17 

ゴールデンボンバーの樽美酒研二が「この写真を大喜利に使っても構いませんから」と自身のアメブロで呼びかけ、1枚の写真を公開した。 その写真は、裸の樽美酒が殺風景な倉庫のような場所に座り、うなだれているもの。部屋の隅にはドラム缶があり、樽美酒は鉄格子の中にいる。 樽美酒は「飲み過ぎて昨日のことが思い出せない。。」のコメントを書き、大喜利の一例として挙げている。コメント欄には130を超えるコメントが書き込まれ、この写真を笑うほか、実際に大喜利をする人も。 「お兄ちゃん! あんなに注意したじゃん!! 大好きなバナナケースだけで 外に出ちゃダメだって!!」 「♪か~ごめ かごめ 後ろの正面だぁれ~♪」 また、「#彼氏とデートなうに使っていいよ」というハッシュタグがSNSで今年の夏は話題となったが、同様に「ただいま彼氏が牢屋に閉じ込めらているなうw」に使うのもいいのでは? と提案する人も。 【関連記事】 ・「この写真を大喜利に使っても構いませんから」(樽美酒研二オフィシャルブログ) ・鈴木福 芦田愛菜と6年ぶり「マルモリ」披露、「『マルモのおきて』またやらないかな」と期待も? ・福田萌 夫・中田敦彦と顔交換した写真公開、「夫って美人かも」 ・新木優子、芳根京子ら… 忙しい撮影の合間に、観劇に行く若手女優たち ・モー娘。石田亜佑美 7回撮り直した顔はめパネル写真に「納得いってない」
カテゴリー:

新木優子、芳根京子ら… 忙しい撮影の合間に、観劇に行く若手女優たち - 10月14日(土)14:52 

女優の新木優子が、アイドルグループ「アンジュルム」の主演舞台『演劇女子部「夢見るテレビジョン」』を2度観劇したことをインスタグラムで報告している。 新木は10月11日、一緒に観劇した岡本杏理とアンジュルムら舞台出演者と記念撮影した写真を投稿。「夢見るテレビジョン2回目の観劇させて頂きました 杏理ちゃんと!! #2度目も本当に素晴らしかった#お疲れ様でした#囲まれて幸せ」と喜びの気持ちをつづっている。また、同じ写真がアンジュルムのメンバーのアメブロでも投稿されている。 アンジュルムのファンであることを公言している新木の場合、今回は“女優”としてというよりも“ファン”としての観劇なのかもしれないが、仕事の合間を縫って、様々な演劇を観賞する若手女優は多い。 たとえば、NHKの連続テレビ小説『べっぴんさん』でヒロインを演じた芳根京子は、9月25日のブログで、コフレリオ新宿シアターで上演された『ニコニコさんが泣いた日』を観たことを報告。 「めちゃくちゃ面白かった! 笑って泣いて素敵な時間でした。 あっという間だったなぁ。 ありがとう、美樹ちゃん!! オン眉美樹ちゃん、かわいかった。 象さん、かわいかった。 会えて嬉しかった」 とのことで、過去に共演した女優の金井美樹が出演していたということで、観劇した模様だ。 昨年12月にも芳根は宮藤官九郎作・演出『サンバイザー兄弟』を観劇し、「...more
カテゴリー:

『虹色デイズ』実写映画化 佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星カルテット主演 - 10月10日(火)06:00 

『別冊マーガレット』(集英社)で連載された水野美波氏の漫画『虹色デイズ』が、佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中川大志、高杉真宙、横浜流星ら4人の主演で映画化されることが明らかになった。SNSのフォロアーとブログ読者の合計が100万人近い人気を誇る4人が、日本映画史上初となる「カルテット主演」として集結し、青春映画の歴史を刻む。2018年夏公開予定。  少女漫画誌で連載されていたにも関わらず、男子高校生4人組が主人公という斬新かつ異色な設定で人気を集めた原作は、性格も趣味もバラバラだがいつもつるんでいる、ちょっとおバカでお騒がせなイケメン男子高校生たちの友情と恋を描いた青春ストーリー。今回の実写映画化を手掛けるのは、『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』『大人ドロップ』の飯塚健監督。『君に届け』の根津理香氏と共に脚本も担当する。  配役は、ピュアで元気な愛されキャラで、同級生の杏奈に片想いする「なっちゃん」こと羽柴夏樹を演じるのは、GENERATIONS from EXILE TRIBEのパフォーマーとして活躍中の佐野。映画初主演となる本作では、少し恋に奥手だけれども、何事にもまっすぐで一生懸命なキャラを演じる。  チャラくて女好きなモテ男、「まっつん」こと松永智也を演じるのは、今年公開の映画『きょうのキラ君』『 ReLIFE ...more
カテゴリー:

【芸能】剛力彩芽の連ドラ出演が減少傾向?大コケ続きで女優生命の危機に - 09月28日(木)09:15  mnewsplus

崖っぷちに立たされている? タレントで女優の剛力彩芽(25)が、2017年下半期からドラマ出演の機会が減少しつつある。 “ゴリ押し女優”として名を馳せた剛力の女優ロードは、このまま終わりを告げてしまうのか。 今年8月に25歳になった剛力。 ヒット作に恵まれないまま、数多くのドラマや映画に出演して“ゴリ押し女優”と揶揄されてきた。 ファンの間では「ゴリ押しが減った」と言われているが、2017年もこっそり多数のドラマに出演。 1月期の深夜ドラマ『レンタルの恋』(TBS系)を皮切りに『女囚セブン』(テレビ朝日系)、松本...
»続きを読む
カテゴリー:

有村架純らインスタ世代が絵文字を使わない理由 ブログは「言葉で勝負」の場所か - 10月17日(火)18:01 

LINEのスタンプや動画など、文字以外の表現方法が溢れる昨今。芸能人も当然、自身のSNSでこういったビジュアルコミュニケーションを駆使しているが、若手俳優・女優のアメブロでは、この世の中のトレンドと逆行するような、ある“変化”が起きているようだ。 従来のアメブロでは、芸能人・一般人問わず、フォントに色をつけたり、大きくしたりするなど、絵文字を駆使して華やかなブログ記事が主流だったが、若手俳優・女優に限れば、ブログで記事にそういった“デコレーション”をほとんど使わないケースが目立つ。 実際に編集部で調査したところ、「トレンド俳優・女優」部門にランクインした芸能人30人のうち、絵文字を使用してブログを更新したのは3人のみ。フォントをデコレーションしている人は1人もいない。(インスタグラム連携記事を除く、10月12日時点)。コンスタントなブログ更新で知られる芳根京子や現在朝ドラで主演を務める葵わかな、中川大志、福士蒼汰などの若手俳優も、時たま顔文字は使うものの、絵文字は使用しないシンプルなブログ記事がメインだ。 たとえば有村架純は、ブログについて以前「ゆっくり自分のペースでお話しができるので良い」「言葉を綴る時は、とても慎重になってしまうので時間はかかりますが 喋るよりも、文字に起こすほうがきちんと伝えられるの」と言及。日々考えたことや感じたこと、学んだことなどを、真摯に丁寧につづる...more
カテゴリー:

村上虹郎、赤髪&ラスト再撮影など裏話明かす 「春なれや」アンコール上映 - 10月14日(土)15:35 

 9月にユーロスペースの2週間レイトショー動員記録を作った映画監督外山文治短編作品集「春なれや」「わさび」のアンコール上映が10月14日、東京・渋谷のユーロライブで行われ、「春なれや」に出演した村上虹郎と外山監督がトークショーを行った。  午後に落語映画のイベントを控えているという事情もあり、村上と外山監督は舞台上に設置された高座の座布団に座ってのトークショーという珍しいスタイル。自身で配給・宣伝まで手掛けた外山監督は「ここまでお客さんが入ったのは、(『わさび』主演の)芳根京子ちゃん、虹郎くんのおかげ。SNSで宣伝してくれた。なのに、こんな状態(のトークショー)でごめん」と笑う。  「春なれや」は、熊本県菊池市を舞台に“ソメイヨシノは60年以上、咲くことが出来ない”という話の真偽を確かめるため、若き日に学校の庭に植えたソメイヨシノを見に行こうとする老女(吉行)と、彼女を案内する若者(村上)の物語。村上は「撮影は去年の春で、19歳。実は、髪の毛がまっかっかだった。(撮影では)頑張って黒く染めているんだけど、スプレーで塗っているんで、ところどころバレている」と明かした。赤い髪は役作りではなく、プライベートで面白がって染めたのだという。外山監督は「赤も面白いとは思ったけども。サクラより目立っちゃうな、と思って……」と説明した。  村上は、共演の吉行については「チャーミングな方です...more
カテゴリー:

【芸能】芳根京子、吉岡里帆、川島海荷 忙しい撮影の合間に、観劇に行く若手女優たち - 10月14日(土)14:52  mnewsplus

NHKの連続テレビ小説『べっぴんさん』でヒロインを演じた芳根京子は、9月25日のブログで、コフレリオ新宿シアターで上演された『ニコニコさんが泣いた日』を観たことを報告。 「めちゃくちゃ面白かった! 笑って泣いて素敵な時間でした。 あっという間だったなぁ。 ありがとう、美樹ちゃん!! オン眉美樹ちゃん、かわいかった。 象さん、かわいかった。 会えて嬉しかった」とのことで、過去に共演した女優の金井美樹が出演していたということで、観劇した模様だ。 昨年12月にも芳根は宮藤官九郎作・演出『サンバイザー兄弟』を...
»続きを読む
カテゴリー:

【視聴率】朝ドラ「わろてんか」初回20・8%の好発進 - 10月03日(火)10:32  mnewsplus

2日に放送された、女優・葵わかな(19)主演のNHK総合の朝の連続テレビ小説「わろてんか」(月~土曜・前8時)の初回の平均視聴率が20・8%だったことが3日、分かった。 タイトルは大阪弁で「笑ってください」という意味。 明治から昭和初期の活気あふれる大阪の街を舞台に夫の北村藤吉(松坂)と笑いを商売にすべく奮闘した藤岡てん(葵)の半生を描く。 てんの父・藤岡儀兵衛を遠藤憲一(56)、母しずを鈴木保奈美(51)が演じる。また幼なじみで「藤岡屋」の使用人・武井風太を濱田岳(29)、てんを後押しする青...
»続きを読む
カテゴリー:

「芳根京子」の画像

もっと見る

「芳根京子」の動画

Wikipedia

芳根 京子(よしね きょうこ、1997年2月28日 - )は、日本の女優である。

東京都出身。ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属。

来歴

都立高校1年生のとき、友達に誘われて行った遊助(所属事務所の先輩にあたる)のライブ会場でスカウトされ芸能界入りのちに、べっぴんさん(第24週)で上地との共演が実現した。。その後、通信制高校に転校。

2013年にフジテレビ系ドラマラスト♡シンデレラで女優デビュー。このドラマで主演を務めた篠原涼子(事務所の先輩にあたる)を憧れの人として挙げている。

2014年、NHK朝の連続テレビ小説花子とアンで朝ドラデビューする。花子の親友である蓮子(仲間由紀恵)の娘役を演じた。

2015年、本広克行監督による青春映画幕が上がるに出演。同年には、キャストオーディションで1000人以上の参加者...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる