「芳根京子」とは?

関連ニュース

【テレビ】NHK「べっぴんさん」採用試験の結果は20・5% - 02月23日(木)10:27 

NHK「べっぴんさん」採用試験の結果は20・5% 日刊スポーツ 2/23(木) 10:21配信  女優芳根京子(19)がヒロインを務めるNHK「べっぴんさん」(午前8時)の22日の平均視聴率が20・5%(関東地区)だったことが23日、ビデオリサーチの調べで分かった。これまでの最高は1月20日放送の22・5%。  22日は、すみれ(芳根京子)はキアリスの採用試験を受けたさくら(井頭愛海)にきっぱりと採用しないと伝える。しかし、人事部長の中西(森優作)の判断で、最終面接にまたもやさくらと健太郎が現れる。そんなな...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

来春朝ドラ、ヒロイン迷走が鍵 脚本家&チーフPが明かす狙い - 02月23日(木)05:00 

 2018年春から放送されるNHK朝の連続テレビ小説第98作が『半分、青い。』(月~土 前8:00 総合ほか)に決定した。朝ドラ脚本に初挑戦する“恋愛の神様”北川悦吏子氏、制作統括の勝田夏子氏が22日、同局で行われた記者会見でヒロイン・鈴愛(すずめ)に込めた“狙い”を明かした。 ■北川悦吏子氏のプロフィール&主な作品  朝ドラといえば、戦後の焼け跡の中で子ども服専門店を立ち上げるすみれ(『べっぴんさん』)や、菓子職人を目指す希(『まれ』)など、ヒロインが夢に向かって一直線に奮闘する姿が定番だ。  しかし今作では、岐阜出身のヒロイン・鈴愛が漫画家になる大志を抱いてバブル期に上京するが、夢に破れ、シングルマザーとなって故郷に戻るなど、七転び八起きの人生を描く。やがて失敗こそが新しい発明の母となるモノづくりの世界にたどりつき、一大発明を成しとげるまで、高度成長期の終わりから現代にかけてのおよそ半世紀の物語を紡ぎ出していく。  取材に応じた制作統括の勝田夏子氏は「失敗を重ねていく女性の話」と構想中のストーリーを明かす。失敗を繰り返し、先の見えない人生を送るヒロインの姿は“迷走”しているようにも見える。「実際に生きている人って一直線に生きていけない。その方(少し迷走した方)がリアルで、むしろ共感して観て頂けるものになるんじゃないかな。転換期を迎えた世の中では、経験したことのないような...more
in English
カテゴリー:

2018春NHK朝ドラ『半分、青い。』に決定 脚本は北川悦吏子氏 - 02月22日(水)17:03 

 NHKは22日、2018年春からの連続テレビ小説第98作が『半分、青い。』(月~土 前8:00 総合ほか)に決定したと発表した。オリジナル作品で脚本は北川悦吏子氏が担当する。 【写真】脚本を担当する北川悦吏子氏  舞台は高度成長期の終わりから現代までの岐阜県と東京。子供の頃に病気で左耳を失聴したが、それを乗り越えた失敗を恐れないヒロインが、七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明を成し遂げるまで、およそ半世紀の物語を紡ぎ出していく。  北川氏は1961年生まれ。『あすなろ白書』(1993)、『ロングバケーション』(1996)、『ビューティフルライフ』(2000)など数多くのヒットドラマを生み出した人気脚本家で、映画『ハルフウェイ』(2009)、『新しい靴を買わなくちゃ』(2012)では監督も務めた。朝ドラの脚本は今回が初めてとなる。  放送は、2018年4月2日から9月29日全156回を予定。今年秋にクランクインする。 【関連記事】 来秋NHK朝ドラ『わろてんか』に決定 脚本の吉田智子氏「朝活ならぬ笑活を」 (16年11月10日) 増田明美が朝ドラを解説!? 連続テレビ小説『ひよっこ』の「語り」に抜てき (17年02月15日) 有村架純、誕生日の誓い「24歳は『ひよっこ』に全てを捧げる」 (17年02月15日) 『べっぴんさん』芳根京子らキアリスの4人が豆まきに参加 (...more
in English
カテゴリー:

NHK「べっぴんさん」子を採用すべきか20・3% - 02月22日(水)10:06 

 女優芳根京子(19)がヒロインを務めるNHK「べっぴんさん」(午前8時)の21日の平均視聴率が20・3%(関東地区)だったことが22日、ビデオリサーチの調べで分かった。これまでの最高は1月20日放送の22・5%。  21日は、キアリス…
in English
カテゴリー:

『べっぴんさん』蓮佛美沙子、忠さん&喜代さんから「温かさで溢れた時間を頂いた」 - 02月21日(火)17:45 

 女優の蓮佛美沙子が20日に自身のインスタグラムを更新。出演しているNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』で共演してきた曽我廼家文童、宮田圭子との3ショットを公開し、「温かさで溢れた時間を頂いた」と感謝のコメントを贈った。【関連】「蓮佛美沙子」フォトギャラリー 『べっぴんさん』は戦後を舞台に、娘のため、女性のために、子ども服作りにまい進し、日本中を元気にかけぬけていくヒロイン・坂東すみれ(芳根京子)の姿を描く作品。蓮佛はすみれの姉・ゆりを、曽我廼家は坂東家の執事・井口忠一郎を、宮田は坂東家の女中・佐藤喜代を演じてきた。 蓮佛は「忠さん、喜代さん。あぁもう寂しいなぁ。温かさで溢れた時間をたくさんいただきました」と言葉を添えて、3ショットを投稿。「本当に優しい、素敵な大先輩。忠さんと喜代さんが、どこか知らない場所だとしても、いつまでも楽しそうに大冒険していますように」とも綴っている。 写真を見たファンからは、「どれだけ離れてても楽しく冒険されてますよーに」「お二人の言葉や姿に毎朝、笑顔や感動をもらっていました!」「ちゅうさんもきよさんもほんとに大好きで癒されました」「お二人の声、話し方にすごく癒されました」といったコメントが寄せられている。引用:https://www.instagram.com/renbutsu_misako/?hl=ja ■関連記事『べっぴんさん』出演者一覧<フォ...more
in English
カテゴリー:

NHK「べっぴんさん」採用試験の結果は20・5% - 02月23日(木)10:14 

 女優芳根京子(19)がヒロインを務めるNHK「べっぴんさん」(午前8時)の22日の平均視聴率が20・5%(関東地区)だったことが23日、ビデオリサーチの調べで分かった。これまでの最高は1月20日放送の22・5%。  22日は、すみれ(…
in English
カテゴリー:

北川悦吏子氏「創作魂に火がつきました」 自身の左耳も失聴 - 02月23日(木)05:00 

 『愛していると言ってくれ』『ビューティフルライフ』(ともにTBS)、『ロングバケーション』(フジテレビ)などを手がけ、“恋愛の神様”と呼ばれた脚本家・北川悦吏子氏が、2018年前期連続テレビ小説第98作『半分、青い。』を担当することが22日、NHKより発表された。“朝ドラ”の通称で親しまれている同ドラマ枠に初登板。156話にわたる連続ドラマの大作に初挑戦する。モデルやモチーフのないオリジナル企画を「自分から持ち込んだ」という北川氏が、本作にかける熱意、物語に込める思いを語った。 ■北川悦吏子氏のプロフィール&主な作品  制作統括の勝田夏子氏と記者会見に臨んだ北川氏は、「私は1961年生まれで、朝ドラと同い年。やっと、めぐり逢えたねって感じです。もし、お見合いをして朝ドラの脚本を任されたら、『私なんかでいいんでしょうか』と戸惑ってしまうと思いますが、恋愛結婚でした。私からアプローチしました。朝ドラとの“出逢い”がすてきなものになったらいいな」と、彼女らしい言葉のチョイスで、ぐいぐい北川ワールドに引き込んでいった。  「詞先、曲先、というのがあるように、私はタイトル先」と、4、5年前に「半分、青い。」というタイトルを思いつき、ドラマのイメージを広げていったという。「ヒロインは左耳が聞こえない。だから傘をさしていても、左だけ雨が降っていないみたいと、面白がる。そして、雨上がりの青...more
in English
カテゴリー:

松下優也『べっぴんさん』栄輔ロスに恐縮「プレッシャーです」 - 02月22日(水)13:57 

 ボーカル&ダンスグループ・X4のメンバーで、俳優としても活動する松下優也(26)が22日、都内で行われた映画『素晴らしきかな、人生』(25日公開)公開直前イベントに出席。NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』の栄輔役で一躍注目を集め、司会から「ディーン・フジオカさん、坂口健太郎さんに続く“栄輔ロス”現象が各所で叫ばれている」と人気ぶりを紹介された松下は「すみません、ありがとうございます。(ディーンらの)お名前を出されて、プレッシャーでしかないです」と恐縮した。  イベントでは赤いドレス姿の萬田久子(58)と共演し、気取らない関西弁でトークした松下。今年のバレンタインデーの話になると、「大変だった…って言いたいところですが、ちょうど朝ドラの現場で、女性キャストの方が全員に出してくれた分だけです」と苦笑。「普段は音楽活動をしているので、ライブがあったらもらえたと思う」と肩を落とし、「なんでですかね。今までで一番注目されているはずなのに、今までで一番少ない」と嘆いて笑わせた。  作品にちなんで、“最近受けた愛”を聞かれると、朝ドラで共演する高良健吾とのエピソードを披露し、「高良さんは、先輩なのに後輩に気を使わせない。男らしくて、プライベートでも食事に連れて行ってもらうこともあるし、そういうとろこで先輩の愛も感じます」と話していた。  同映画は、『プラダを着た悪魔』などのデヴィッド・...more
in English
カテゴリー:

『べっぴんさん』 男性キャストonlyのイベント開催した理由 - 02月22日(水)07:00 

 物語も佳境を迎えつつあるNHKの朝ドラ『べっぴんさん』。昨年末から男性の新キャストも続々と登場して、ますます盛り上がっている。1月14日には、連続テレビ小説のイベント史上初めてとなる、男性キャストだけを集めたファン感謝祭イベントが大阪で開かれた。定員1200名に対して、北海道から九州まで全国から約7000名の観覧応募があったという大人気ぶり。そこで、男性キャストの魅力について、番組の制作統括チーフプロデューサーである三鬼一希さんに話を訊いた。  まずは男性キャスト中心のイベントを企画したのはどうしてなのだろうか。 「女性を男性たちがどういうふうに支えていくのか…。いろんな形の支え方があると思うのですが、そこをドラマで描きたいと思っているので、今回は男性をフィーチャーしました。キャストは『何を話せばいいの?』と不安に思っていたみたいです(笑い)。イベントのある週末が近づくにつれて、男性キャストはそわそわしていました」(三鬼さん、以下「」内同)  作品の中での男性キャストたちの役割について、どうとらえているのか。 「女性たちが子育てしながら頑張るのを、いろんな形で支えているのが男性陣。紀夫(永山絢斗)は夫としてすみれを支えますが、潔(高良健吾)も栄輔(松下優也)も紀夫とは違う形でフォローしている。一方で小山さん(夙川アトム)のように、ヒールな役まわりの男性もいます。ヒロインのすみれ(...more
in English
カテゴリー:

NHK「べっぴんさん」キアリス20周年19・6% - 02月21日(火)10:10 

 女優芳根京子(19)がヒロインを務めるNHK「べっぴんさん」(午前8時)の20日の平均視聴率が19・6%(関東地区)だったことが21日、ビデオリサーチの調べで分かった。これまでの最高は1月20日放送の22・5%。  20日は、時代は昭…
in English
カテゴリー:

もっと見る

「芳根京子」の画像

もっと見る

「芳根京子」の動画

Wikipedia

芳根 京子(よしね きょうこ、1997年2月28日 - )は、日本の女優。

東京都出身。ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属。

来歴

特技はピアノフルートで、ピアノは幼稚園から、フルートは小学校からやっていた。

中学2年生の時にギラン・バレー症候群を発症し、その後克服したことがある。

都立高校1年の時に、友達に誘われて行った遊助(上地雄輔、所属事務所の先輩にあたる)のライブ会場でスカウトされ芸能界入り芳根京子、スカウト殺到の“すっぴん美少女”。その後、通信制高校に転校。

2013年にフジテレビ系ドラマラスト♡シンデレラで女優デビュー。このドラマで主演を務めた事務所の先輩の篠原涼子を憧れの人として挙げている。

2014年、NHK朝の連続テレビ小説花子とアンで朝ドラデビューし、花子の親友の蓮...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる