「芳本美代子」とは?

関連ニュース

【テレビ】<芳本美代子>アイドル時代は歌詞覚えられず!ファンの口の動き見ながら歌っていた… - 03月08日(水)16:07 

 元アイドルで女優の芳本美代子(47)が、8日に放送されたカンテレ「よ~いドン!」(月~金曜・前9時50分=関西ローカル)に出演し、アイドル時代の恥ずかしい秘密を打ち明けた。  芳本は1985年3月に「白いバスケット・シューズ」で歌手デビュー。しかし歌詞を覚えるのが大の苦手で、毎週土日にデパートの屋上などで行っていたイベントでは、ステージの近くで一緒に歌っているファンの口の動きを見ながら歌っていたのだという。  「新曲を発売したら、次は新しいのを録らなきゃいけないので…」と振り返ったように、当...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「芳本美代子」の画像

もっと見る

「芳本美代子」の動画

Wikipedia

芳本 美代子(よしもと みよこ、1969年3月18日 - ) は、山口県宇部市出身の女優、元アイドル歌手。

血液型はB型。身長158cm。所属事務所は芸映プロダクション、歌手活動当時の所属レコード会社はテイチク。明治大学付属中野高校定時制卒業。愛称みっちょん

略歴

1969年3月18日、山口県小野田市(現・山陽小野田市)の病院で三姉妹の次女として誕生する。小学時は広島市己斐で育つふるさと通信 〜トップページ〜。中学時代はバスケット部に所属。中学3年在学中の1983年、KBC九州朝日放送主催のオーディション、第5回福岡音楽祭・新人登竜門ビッグコンテストに応募、本選に進むも無冠に終わる。しかし、テレビ放送を見たテイチクレコードのスタッフからスカウトされ、山口から福岡に通う形で歌のレッスンを始める。

1984年3月に芸映プロがマネジメントを引き受け、同年8月に上京、翌1985年3月21日に「白いバスケット・シューズ」でデビューを果たす。その年の各音楽祭で新...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる