「花音」とは?

関連ニュース

【テレビ】『めちゃイケ』終了に涙する同世代JD…こんな老若男女に愛される番組はもう現れない? - 11月14日(火)21:41  mnewsplus

「神保町☆女子大生Cafe」第68回。現役女子大生たちが、旬で話題の流行りネタについて言いたい放題のから騒ぎしちゃいます! 11月4日、フジテレビの国民的バラエティ『めちゃ×2イケてるッ!』の終了が発表されました。1996年にスタートし、数々の名コーナーや名キャラクターを生んだ『めちゃイケ』。 21年間、日本のお笑いブームを牽引してきた番組ということもあり、終了を惜しむ声も多いようです。 そこで今回のテーマは、「『めちゃイケ』で好きだった企画や出演者は?」。 現役女子大生たちが生まれた頃に始ま...
»続きを読む
カテゴリー:

早見優 SKE48ユニット対抗戦で司会、SKEファンと自身のファンとの共通点見出す - 11月14日(火)15:36 

歌手でタレントの早見優が、アメブロで、先日開催された「SKE48 第1回目 ユニット対抗戦」に審査員として参加したことを振り返っている。 このユニット対抗戦は、くじ引きで決められた2~7人のメンバーとユニットを組み、持ち時間5分の間にアイドル性や面白さをしっかり表現するパフォーマンス対決。計18組のユニットが、歌やダンスやコントなどで魅力をアピールした。 この対決で審査員を務めた早見は、「とにかくみんな多才で、面白かった!です。」「歌も振り付けも可愛いし お笑いをするときには、徹底的にやる! 気合と情熱を感じましたね。」と、今のアイドルの多才さに感嘆。 特に司会を務めたメンバーの大矢真那については、「大矢真那さんの司会がまた最高に上手で、面白かったです! さすが、ですね、今のアイドルは!」と、べた褒め。 さらに、「一番驚いたのは、ステージから見たお客さまの年齢層が私のライブに来てくれるファンの方々とあまり変わらなかった事!」「やはり、昔アイドル好きな方は今でもアイドル好きなのですね。」とファンの年齢層にも驚いたようだ。 読者からも、「おっしゃるとおり学生の頃からアイドル大好きでして(笑)優さんの歌をたくさん聞いてました。」「ファンも大変かなって思うけど 今も昔も基本は変わらないですよね。」「SKEを見に行きましたが早見優さんを見れたのが1番嬉しかったです。僕らの永遠のアイ...more
カテゴリー:

SKE48ユニット対抗戦は内山命&日高優月が優勝 来年1・10シングル発表も - 11月13日(月)04:10 

 アイドルグループ・SKE48が12日、名古屋国際会議場センチュリーホールで『第1回SKE48ユニット対抗戦』を昼夜2公演開催し、内山命&日高優月の2人ユニット「STRAWBERRY PUNCH」が優勝した。イベント中には、来年1月10日に22ndシングル発売が決定したことなどがサプライズ発表され、ファンを歓喜させた。 【写真】松井珠理奈ら「IDOL NO OWARI」は決勝で敗れる  48グループ初の試みとなるユニット対抗戦は、抽選で決められた2~7人ユニット18組が前半戦9組、後半戦9組に分かれてパフォーマンス対決。持ち時間5分で、ユニットごとに考案した歌やダンス、コントなどのステージを披露した。審査対象はパフォーマンス、アイドル性、面白さ、斬新さの4項目で、前半戦は石塚英彦、後半戦は中山秀征を審査員長に迎え、審査員は前後半戦ともに早見優、永野、はじめしゃちょーと観客が採点。司会はトップリードと今月いっぱいでSKE48を卒業する大矢真那が務めた。  前半戦では、斉藤真木子・須田亜香里・高畑結希・森平莉子の4人ユニット「どつきまわし隊」が、ドラマ『マジすか学園』をオマージュした寸劇を披露。上村亜柚香・都築里佳・浅井裕華・谷真理佳・片岡成美からなる5人ユニット「#La Pucelle(ラピュセル)」は、都築と谷がオタ芸で沸かせるなどしたが、内山&日高のユニット「STRAWBE...more
カテゴリー:

【→Pia-no-jaC← ライヴレポート】『BEST OF →PJ← TOUR 2017』2017年11月5日 at 東京国際フォーラム ホールC - 11月10日(金)21:00 

 デビュー10周年を記念した全国ツアーも、いよいよファイナル。前半の第1部のセットリストは、最新作『EAT A CLASSIC 6』の収録曲も含むクラシックのカバーで構成されていた。スタイリッシュなスーツに身を包んだHAYATO(Piano)とHIRO(Cajon)が最初に届けたのはシューベルト「アヴェ・マリア」。遊び心に満ちたサウンドが、明るい手拍子と掛け声を誘っていた。鍵盤〜“3Dピアノ”に蛍光色が映える演出のリムスキー・コルサコフ「熊蜂の飛行」なども届けられ、片時も目も耳も離せない。そして、グランドピアノで温かい音色を奏でたベートーヴェン「悲愴」で第1部は締め括られた。  組曲『  』からスタートした第2部は、代表曲の数々をたっぷりと聴かせてくれた。“ライヴ前にいつも手を重ねてハイタッチするんだけど、HAYATOの手が柔らかいんです”というHIROの発言が爆笑を巻き起こすなど、時折挟まれるMCも絶好調。“デビューして10周年。言うても10周年。これからもみんなと楽しんでいけたらなと思っています”というHAYATOの言葉が感動的だった。アンコールではHAYATOのソロアルバム『Fine』に収録されている「幻奏」も披露。ラストを飾った「PEACE」は、笑顔を浮かべた観客がいっせいに手拍子。エンディングを迎えた時、会場全体で掲げられたたくさんのピースサインは、→Pia-no-ja...more
カテゴリー:

井上和香 難易度高いみかんの剥き方「シャンデリア」公開、「出来上がるとかなり嬉しい」 - 11月06日(月)12:30 

タレントの井上和香が自身のアメブロで、高度なみかんの向き方を披露している。 井上は6日、自身のアメブロで「お父さんから教わったみかんの剥き方これは難しいのであまりやらないし、娘は興味は持ちますが、すぐに破壊します。笑」「シャンデリア」「わかりづらいと思いますが、全部くっついてます。持ち上げて見るとこんな感じ」とコメントし、みかんの実を裏返しに繋げた「シャンデリア」という剥き方を披露。 甘皮のスジで繋がってるため、すぐに取れてしまい、難しいという剥き方で、井上は「頑張って作ってもすぐに壊されるので、なんか悲しくて。笑」「なのであまり作らなかったんですが、出来上がるとかなり嬉しいんですよね」と娘はともかく、自身は大満足の様子。 井上は10月23日のアメブロでも、「食後に娘の大好きなみかんを食べたんですが、じいじが電車みかんを作ってくれました 「シュシュ?」と言いながら楽しそうに遊んでました」「すっかり忘れてましたが、私も小さい頃お父さんに作ってもらってたなぁ~と思い出しました」とコメントし、実を横に連ねた「電車みかん」を2歳の娘が食べている写真を投稿している。 みかんにはこの他にも、皮をベルトにした「みかん時計」や、実を花に見立てた「フラワーみかん」など様々な剥き方がある。他の果物と違ってみかんは手で簡単に剥けるため、剥き方のバリエーションが増えやすいようだ。 【関連記...more
カテゴリー:

『めちゃイケ』終了に涙する同世代JD…こんな老若男女に愛される番組はもう現れない? - 11月14日(火)17:00 

「神保町☆女子大生Cafe」第68回。現役女子大生たちが、旬で話題の流行りネタについて言いたい放題のから騒ぎしちゃいます! 11月4日、フジテレビの国民的バラエティ『めちゃ×2イケてるッ!』の終了が発表されました。1996年にスタートし、数々の名コーナーや名キャラクターを生んだ『めちゃイケ』。21年間、日本のお笑いブームを牽引してきた番組ということもあり、終了を惜しむ声も多いようです。 そこで今回のテーマは、「『めちゃイケ』で好きだった企画や出演者は?」。 現役女子大生たちが生まれた頃に始まり、成長とともに絶頂期を迎えた『めちゃイケ』。やはり、小さい頃から観ていたというコがたくさんいました! そんな彼女たちに、どのような企画が一番印象的だったのでしょうか? 「小学生の頃から毎週楽しみに観ています。休み明けに学校へ行くと、いつも『めちゃイケ』の話で持ちきりでした。個人的には“色取り忍者”や、“めちゃギントン”が好きで、友達と真似して遊んでいました! ナインティナイン大好きだし、昔から馴染みのある番組なので、終わってしまうのがすごい悲しい…」(日菜子ちゃん・慶應義塾大学1年・19歳) 「最近というよりも、ちょっと前に観ていました。特に好きなコーナーは、シンク...more
カテゴリー:

山田菜々 NMB48『らしくない』泡だらけMV撮影時の秘話明かす「アイドルのMVですっぴんに」 - 11月13日(月)13:00 

タレントの山田菜々が自身のInstagramとアメブロで、NMB48「らしくない」MV撮影時の秘話を明かしている。山田は2010年から2015年までNMB48として活動。卒業後は、オリエンタルラジオの藤森慎吾、中田敦彦と3人で音楽ユニット「オニギリズ」を結成、主題歌「O.N.I.G.I.R.I.」を担当するなど、活動の幅を広げている。 山田は、「〝らしくない″の撮影期間。 データフォルダ見返すとすごく残ってた いま思い返しても楽しかったなあ」とコメントし、MV撮影時の写真を公開。 「らしくない」は2014年11月5日に発売されたNMB48の10作目のシングル。MVでの頭から大量の泡を被る演出に山田は、「ただ、泡、、多くない? このときね泡が出ますとは聞いてたけどアイドルのMVですっぴんになっちゃうほど出るとは思わなかったびっくり。そんなこともありましとさ」と回想した。 ファンからは、「好き好き好き。NMBの山田菜々戻ってきて」「菜々ちゃんがNMBにいた時楽しかったなー!」「懐かしい久しぶりに見ようかな」「懐かしいな~!カラオケで歌うときに思う(笑)泡多いって」など、当時を懐かしむコメントが多数寄せられた。 【関連記事】 ・「らしくない」(山田菜々オフィシャルブログ) ・鈴木福 タキシードで谷花音とのフォーマル2ショット公開「お似合い」「素敵」 ・秋の交通安全週間ス...more
カテゴリー:

松井珠理奈1点差V逸で悔し泣き「私の9年間…」 - 11月13日(月)00:32 

 SKE48松井珠理奈(20)が、優勝を逃して本気の涙を流した。  松井は木本花音(20)後藤理沙子(20)高木由麻奈(24)福士奈央(18)とユニット「IDOL NO OWARI」を結成。音楽や映像編集に長けた高木の映像演出によるダン…
カテゴリー:

【今週はこれを読め! エンタメ編】嫉妬渦巻くバレエミステリー〜秋吉理香子『ジゼル』 - 11月08日(水)20:03 

 「ジゼル」、流行ってます? いや、古典バレエに流行というものがあるかどうかも知らないんですけど、当コーナー9月13日更新の『ジゼルの叫び』(雛倉さりえ/新潮社)もジゼルものだったので(よろしかったらバックナンバーをお読みになってみてください)。どんなアスリート(バレエもスポーツのくくりでオッケーでしょうか? 肉体を酷使することによるパフォーマンスという意味では、スポーツとしての側面もありますよね)も身体的な不調と無縁ではいられないと思うが、バレエもまた相当な過酷さを要求されるものだろう。まさに、優雅に滑っているように見える白鳥が、水面下では驚くべき速さで水をかいているように。  個人的なイメージではあるが、フィギュアスケートやシンクロナイズドスイミング(あっ、アーティスティックスイミングっていう名称になったんでしたね)などの芸術点が重要な評価ポイントとなるスポーツというのは、競技者にとってさらにハードなものになるのではないだろうか。"より多く得点した方が勝ち""より遠くへ飛んだ方が勝ち"という評価軸は、素人でも納得しやすい。しかし、"より美しい方が勝ち"を決めるのは至難の業だ。明らかに技術的な面で差がある者同士をくらべるならともかく、ほとんど拮抗した実力の持ち主たちに対してどうやって優劣をつけたらよいのか。薔薇と百合のどちらが優れているか、答えられる者がどれくらいいるだろう。そ...more
カテゴリー:

11月15日(水)東京秋葉原にて映画「猫が教えてくれたこと」Mofoo初の独占試写会!豪華ゲストと楽しいトーク!おみやげプレゼント付楽しい試写会を開催いたします - 11月06日(月)10:00 

タクミコム株式会社(本社:東京都豊島区/代表取締役:中村匠吾)が運営する、猫と飼い主の生活を快適にするお洒落ネコマガジン「mofoo(モフー)」が2017年11月15日(水)映画「猫が教えてくれたこと」独占試写会を開催することとなりました。 日  時:11月15日(水)開場17:30 / トークイベント18:00~18:30 /上映18:30~ 登壇ゲスト:谷花音さん、谷花音さんの飼い猫ちゃんの「みかん」ちゃん。パンク町田さん(ULTIMATE ANIMAL CITY代表)
カテゴリー:

もっと見る

「花音」の画像

もっと見る

「花音」の動画

Wikipedia

花音(かのん、はなおと)

特にことわりがないものは「かのん」と読む。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる