「花乃まりあ」とは?

関連ニュース

長谷川純がピアニスト役に初挑戦! 越路吹雪を支え続けた夫・内藤法美の青年期役に - 02月14日(水)06:00 

放送中の帯ドラマ劇場「越路吹雪物語」(テレビ朝日系ほか)で、ヒロイン・越路吹雪が寄り添い続けた最愛の夫・内藤法美の青年期役を、長谷川純が務めることが分かった。 【写真を見る】ピアニスト役に初挑戦した長谷川は、「これからもピアノを続けていこうかな」と告白!/(C)テレビ朝日 同ドラマは、圧倒的な歌唱力と表現力で日本中を魅了した戦後の大スター・越路吹雪(本名・河野美保子)の一代記。越路が「落ちこぼれ」と言われた宝塚時代から、希代の作詞家・岩谷時子との濃密な友情をつづっていく。 現在、瀧本美織が演じる越路は、宝塚のスターとして花開いた後、新たな世界を求めて宝塚を退団。映画、ミュージカル、リサイタルなどで活躍し、国民的大スターに成長していく。そんな中、いくつかの恋を経て越路は内藤(長谷川純)と運命の出会いを果たす。 作曲家、編曲家、ピアニストとして活躍した音楽家・内藤は、ラテンバンド「東京キューバン・ボーイズ」時代に越路と出会って愛を育み、1959年に結婚。越路が1980年に他界するまで、リサイタルの構成や編曲、指揮などを手掛け、マネージャーの岩谷時子と共に越路を支え続けた人物だ。 まだ2人が結婚する前、恋人時代の内藤を演じる長谷川は、ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」シリーズ(TBS系)をはじめ、ドラマ、映画、舞台など数々の作品で高い演技力を発揮してきた実力派。越路と内藤が出会い、仕事を共にす...more
カテゴリー:

瀧本美織越路吹雪がいよいよ宝塚の大スターへ! - 02月12日(月)11:00 

“シャンソンの女王”越路吹雪の波乱の生涯を描く、放送中の帯ドラマ劇場「越路吹雪物語」(毎週月~金曜昼0:30-0:50ほか、テレビ朝日系ほか)が好評だ。 【写真を見る】宝塚歌劇団風のメークをした瀧本美織の美貌にも注目だ/(C)テレビ朝日 1月29日の第4週では、29日の6.0%から、30日の5.9%を挟んで31日が6.1%、2月1日が7.5%、そして2日が自己最高となる7.7%と右肩上がりの視聴率を記録し、週平均6.6%をマーク。ちなみに翌第5週の月曜(2月5日)も6.6%と、2月に入ってから特に安定した数字を残している。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区) 同ドラマは、圧倒的な歌唱力と表現力で日本中を魅了した戦後の大スター・越路吹雪の一代記。越路が「落ちこぼれ」と言われた宝塚時代から、希代の作詞家・岩谷時子との濃密な友情をつづっていく。 現在放送中の青年期では瀧本美織が越路を演じており、大地真央は越路が国民的な大スターとして輝いた絶頂期を演じる。 シャンソン歌手としての越路吹雪、それも「愛の讃歌」などを歌うVTRでしか知らなかった人にとっては、瀧本を通して見る宝塚時代の越路の姿が新鮮に映るのか、「越路さんってこういう人だったんだ!」「やっぱり昔から歌がうまかったんだね」といった感想がSNS上にあふれている。 週平均視聴率も好調だった第4週で描かれた、新潟時代の親友・片桐八重子(...more
カテゴリー:

「花乃まりあ」の画像

もっと見る

「花乃まりあ」の動画

Wikipedia

花乃 まりあ(かの まりあ、10月12日宝塚おとめ 2016年度版 宝塚クリエイティブアーツ、2016年、32頁。ISBN 978-4-908135-67-5。 - )は、元宝塚歌劇団花組トップ娘役。

東京都多摩市、恵泉女学園中学校出身。身長164cm。血液型O型NEW GENERATION III阪急コミュニケーションズ、2013年、61頁。ISBN 978-4-484-13514-4。。愛称は「かのちゃん」。

来歴

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる