「芦田愛菜」とは?

関連ニュース

読書家・芦田愛菜さんが人生で1番震えた本とは - 05月23日(火)20:03 

22日放送の「1番だけが知っている」(TBS系)で、女優の芦田愛菜が、自身が最も感動した本を紹介した。 この番組は、各界の一流人物が最も心震わせたエピソードを披露していく中で、芦田が登場。 なんでも芦田は無類の本好きらしく、幼少期から年間120冊は手に取り、すでに1000冊以上は読破しているとのこと。 そんな芦田に番組では「1番魂が震えた本」は何かを尋ねた。これに芦田があげたのは、山中伸弥氏による自伝『山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた』(講談社)だった。 山中氏といえば、iPS細胞の発見が認...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】読書家・芦田愛菜 人生で「1番魂が震えた本」とは - 05月23日(火)18:56 

22日放送の「1番だけが知っている」(TBS系)で、女優の芦田愛菜が、自身が最も感動した本を紹介した。 この番組は、各界の一流人物が最も心震わせたエピソードを披露していく中で、芦田が登場。 なんでも芦田は無類の本好きらしく、幼少期から年間120冊は手に取り、すでに1000冊以上は読破しているとのこと。 そんな芦田に番組では「1番魂が震えた本」は何かを尋ねた。これに芦田があげたのは、山中伸弥氏による自伝『山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた』(講談社)だった。 山中氏といえば、iPS細胞の発見が認め...
»続きを読む
カテゴリー:

芸能界一の読書家・芦田愛菜、愛読書はiPS細胞の山中伸弥教授の本!! - 05月23日(火)00:54 

 22日放送の『1番だけが知っている』(TBS)に女優・芦田愛菜がVTR出演。芸能界一の読書家である彼女がこれまでで1番魂が震えたという本を明かした。
カテゴリー:

松山ケンイチ、『怪盗グルー』新作吹き替え声優 史上最強の敵役 - 05月22日(月)05:00 

 俳優の松山ケンイチが、長編アニメーション映画『怪盗グルー』シリーズ最新作『怪盗グルーのミニオン大脱走』(7月21日公開)の日本語吹き替え声優を務めることが21日、わかった。笑福亭鶴瓶演じるグルーの前に現れる“史上最強の敵” バルタザール・ブラッド役。大人になったブラッド以外にも、子役として活躍していた子ども時代、思春期、さらにはブラッドが変装する小太りのポンプーなど、幅広いキャラクターを演じ分ける。 【映像】『怪盗グルーのミニオン大脱走』日本語吹き替え版予告  今作では、晴れて結婚したグルーとルーシーの前に、人類を脅かす新たな悪党ブラッドが立ちはだかる。反悪党同盟をクビにするほどグルーを窮地に追い込む彼の真の狙いとは。  日本語吹き替え版声優は、『怪盗グルーの月泥棒』からグルーの声を務めてきた笑福亭鶴瓶、アグネスの声を務めてきた芦田愛菜、『怪盗グルーのミニオン危機一発』でルーシーの声を務めた中島美嘉の続投が発表されていた。  洋画アニメーション作品、ハリウッド映画の日本語吹き替え初挑戦となる松山演じるブラッドは、80年代のテレビシリーズ「EVIL BRATT」で世界征服を企む子ども悪党を演じた元天才子役。思春期を迎え、番組が打ち切りになってしまったことをきっかけにハリウッドから忘れられてしまうが、復讐を決意。当時を彷彿とさせる80年代ファッション&ヘアスタイルで破壊的な...more
カテゴリー:

芦田愛菜が1番魂震えた本とは?その答えにスタジオ驚愕 - 05月21日(日)09:41 

「1番だけが知っている」というとっておきの物語、驚愕の人物を紹介する番組『1番だけが知っている』。22日の放送では弁護士・北村晴男がスタジオゲストに登場するほか、天才子役として活躍しながら難関中学の受験もクリアした芦田愛菜がVTRゲストとして登場する。
カテゴリー:

鈴木愛理、℃-uteラストライブは「涙こらえてかっこいい姿を」 - 05月23日(火)19:12 

 アイドルグループ・℃-uteの鈴木愛理(23)が23日、都内で自身のスタイルブック『あいりまにあ』発売記念イベントを開催。6月12日のさいたまスーパーアリーナでのライブをもって、グループ解散となるが「℃-uteといえばライブと言っていただいているので、できるだけ涙をこらえてかっこいい姿を見せたい」と意欲を見せた。 【写真】お気に入りのカットを紹介した鈴木愛理  鈴木は透け感のある真っ白い衣装で登場。℃-ute解散について問われると「今年は大学も卒業して、(アイドルユニット)Buono!も終わって、℃-uteも終わる。今まで、ずっとアイドル活動しながら積み上げてきたものが一気に全て終わってしまう。自分がこだわってきたものなので最後まで、こだわり抜いて頑張っていきたい」と意気込んだ。  しかし、きのう22日に行われたBuono!のラストライブについては「泣きすぎました」と反省。℃-uteの解散ライブも来月に迫っているが「℃-uteといえばライブと言っていただいているので、できるだけ涙をこらえてかっこいい姿を見せたい」と力を込めるも、直後に「泣かないのはムリなのはわかっている」と苦笑い。それでも「宣言だけはしておかないと。メンバーとも約束しているので」と決意した。  Buono!で共に活動し、6月30日をもってカントリー・ガールズ及びハロー!プロジェクトを卒業、芸能界を引退する...more
カテゴリー:

【テレビ】<芸能界一の読書家・芦田愛菜>愛読書はiPS細胞の山中伸弥教授の本!「1番魂が震えた」 - 05月23日(火)12:26 

22日放送の『1番だけが知っている』(TBS)に女優・芦田愛菜がVTR出演。芸能界一の読書家である彼女がこれまでで「1番魂が震えた」という本を明かした。  今年、偏差値70以上の超難関中学校に合格したことでも話題になった芦田だが、単に勉強ができるというだけでなく、実は相当な読書家であることを告白。すでに5歳から児童文学書を読み出し、小学生低学年の時にはアガサ・クリスティーの小説を読破していたのだという。  これまでに1000冊もの本を読破してきた芦田が一番感動したというのが、2012年にiPS細胞の発見でノーベル賞...
»続きを読む
カテゴリー:

山田孝之、意味深発言にダメな顔公開でファンから心配の声も…? - 05月22日(月)13:08 

俳優の山田孝之が、5月21日にオフィシャルInstagramを更新し、自称“ダメな顔”を公開した。 【写真を見る】「大丈夫ですか?」の声も殺到した山田孝之の“ダメな顔”/※画像は山田孝之(takayukiyamadaphoto)公式Instagramより 「今の俺もうたぶんこれ以上ねぇなってくらいダメな顔してるのがわかってたから写真に収めておきました」と、いつになく弱気な発言と共に、苦悶の表情を浮かべる写真を投稿した山田。 その後、しばらくして「これはきっとただの水さ #私は生きるのがとても下手」と意味深なコメント共に、何らかの水分を飲んでいる連続写真も投稿。ファンを大いに心配させると、またしばらくして「テキーラ飲みすぎた #グッナーイエッヴァリ」と一転、陽気なつぶやきをし、大勢のファンを翻弄(ほんろう)した。 酔っ払っていたと見られる一連のInstagram投稿に、山田のファンは「ジュード・ロウに似てる(*´∀`)」「母性本能くすぐられるわっ」「ダメな顔でもダメじゃない孝之。」「この顔、ダメじゃない時に後から自分で見て笑ってやるんですよね?(*^▽^*)」「あっ~! あれはテキーラだったのですか~?!」などと心配する声と、山田ならではの遊び心(?)に感動するコメントが殺到した。 そんな山田は、今年1月期にテレビ東京ほかで放送されたドキュメンタリードラマ「山田孝之のカンヌ映画祭」を...more
カテゴリー:

松山ケンイチ「怪盗グルー」最新作でノリノリの悪役に!ダンスバトル映像も公開 - 05月22日(月)05:00 

 「怪盗グルー」シリーズの最新作「怪盗グルーのミニオン大脱走」の日本語吹き替え版に、松山ケンイチが悪役として参加することがわかった。松山にとって洋画アニメーション、ハリウッド映画の吹き替えは初挑戦となる。 ・「怪盗グルーのミニオン大脱走」松山ケンイチ 吹き替え映像はこちら!  松山が演じるのは、1980年代にテレビ番組で一世を風びするも、番組打ち切りによって忘れ去られた元天才子役のブラット。80年代風のファッションとヘアスタイルを好み、「キーター(ギター+キーボード)」と「ルービックキューブ」といった武器でグルーの前に立ちはだかる。松山は劇中で子ども時代から現在まで、年代別のブラットのほか、ブラットが変装した姿“ポンプー”も演じ分けている。  あわせて公開された吹き替え映像では、マイケル・ジャクソンをほうふつさせるムーンウォークを披露し、音楽に合わせてノリノリで船に潜入してダイヤを強奪、駆けつけたグルーに「ダンスバトルだ!」と高らかに宣言するさまが切り取られている。軽快なダンスステップでグルーのパンチを次々に避け、キーターで圧倒するなど、ブラットの戦闘力の高さが印象を残す内容だ。  エキセントリックな役を嬉々として演じている松山は、初代ルパン三世役やクリント・イーストウッドの吹き替えなどで知られる故山田康雄さんの名を挙げ、「山田康雄さんが『吹き替えも俳優業の1つ』とおっしゃ...more
カテゴリー:

実力派子役が魅せる、初恋の胸の痛み ベトナムで大ヒットした青春映画の予告編完成 - 05月19日(金)10:00 

 ベトナム映画界の新鋭ビクター・ブー監督が、1980年代のベトナムを舞台に少年少女の青春を詩情豊かに描いた「草原に黄色い花を見つける」の予告編とポスタービジュアルが完成した。 ・【予告編】「草原に黄色い花を見つける」予告編  ベトナムの人気作家グエン・ニャット・アインのベストセラー小説を映画化した同作は、80年代半ばのベトナム中部の農村を舞台に、少年少女の初恋と成長を描いた青春映画。ベトナム版「小さな恋のメロディ」とも称される一作で、2015年に同国で大ヒットを記録。アカデミー外国語映画賞に向けたベトナム代表作品に選出された。  予告編は、日本の原風景を思わせる田園が広がるなか、主人公ティエウが幼なじみの少女ムーンに初めて恋をする瞬間のときめきが描かれ、誰もが一度は経験した初恋の胸の痛みを思い出させる、切なさに溢れた映像になっている。また、子ども時代特有の無邪気と輝きに満ちた前半から一転、後半では主人公たちにのしかかる不幸や悲しい別れといった現実を予感させる映像が続いていく。  主人公ティエウと弟トゥオン、そして幼なじみのムーンという3人の子どもたちが物語をけん引しているが、映像のなかでも笑顔が印象的な少女ムーン役を演じたタイン・ミーは、撮影当時9歳。ベトナムにおける芦田愛菜的存在ともいえ、主演作も多数製作されており人気子役として現地では広く知られている。また、日本で近年人...more
カテゴリー:

もっと見る

「芦田愛菜」の画像

もっと見る

「芦田愛菜」の動画

Wikipedia

芦田 愛菜(あしだ まな、2004年6月23日 - )は、日本子役タレント歌手。愛称は「愛菜ちゃん」など。兵庫県西宮市出身、東京都在住。所属事務所はジョビィキッズプロダクション、所属レコード会社はユニバーサルミュージック。

経歴

2004年(平成16年)生まれで、テレビドラママルモのおきてで共演した鈴木福とは同学年である(誕生日は6日違い)。母から「楽しそうだから、やってみない」と勧められ下野新聞2012年1月1日87面、2007年(平成19年)、3歳で芸能界に入り、2009年(平成21年)、ABC 家族レッスン ショートムービー2“だいぼーけんまま”で子役デビューをした。

2010年(平成22年)、テレビドラマMotherに出演して、第65回...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる