「芥川龍之介」とは?

関連ニュース

武装探偵社が、炎に包まれたヨコハマを走る!『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)』予告編がついに解禁! - 02月14日(水)16:46 

KADOKAWA「ヤングエース」にて2013年より連載中の朝霧カフカ(原作)、春河35(漫画)によるバトルアクション「文豪ストレイドッグス」。 【写真を見る】正体不明の霧に覆われたヨコハマ…“文スト”ワールドの新たな幕開けを予感させる予告編はこちらから!/[c]2018 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグスDA製作委員会 中島敦、太宰治、芥川龍之介など文豪の名を冠したキャラクターたちが、著作にちなんだ能力でバトルを繰り広げるという異色の設定が話題を呼んだ原作コミックはシリーズ累計500万部を突破する大ヒットとなり、2016年にテレビアニメ化されると、そのスタイリッシュな世界観が幅広い支持を集めた。 文豪ゆかりの地や文学館との様々なコラボレーション企画、ソーシャルゲーム化や舞台化、テレビアニメ版の再放送など、勢いを増しながらメディア展開が続く“文スト”が、原作者全面協力による完全新作ストーリーでアニメ映画化され『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)』として3月3日(土)に公開される。 物語の舞台は、架空の都市“ヨコハマ”の裏社会。多くの犠牲者を出した「龍頭抗争」から6年後、異能力者が自らの力を用いて命を断つという事件が世界各国で発生し、500人を越える死者を生んでいた。内務省異能特務課は「異能力者連続自殺事件」と命名し、中島と太宰が所属...more
カテゴリー:

キャラアニは人気異能アクションバトルアニメ・映画「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)」の食品玩具を発売します。 - 02月09日(金)16:40 

[株式会社KADOKAWA] 「文豪ストレイドッグス」は、中島敦、太宰治、芥川龍之介など実在する文豪の名を懐くキャラクター達が活躍する、異能バトルアクション。 2016年4月から6月、10月から12月と2クールにわたってTVアニメが放送され...
カテゴリー:

平野ノラ 新作の絵を公開、題名は「本気になったら全てがチャンスに見えてくる」 - 02月08日(木)09:52 

お笑い芸人の平野ノラが、7日に更新したアメブロで、今年は個展を開きたいという意欲を明らかにしている。 6日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)で、昭和レトロを探す企画に出演した平野。「銀座」で“昭和レトロ”探しに出かけ、1軒目は与謝野晶子や芥川龍之介など数々の文豪が通っていた明治43年創業のカフェ「カフェーパウリスタ」。2軒目には、昭和7年に建てられたレトロなビル「奥野ビル」を訪れた。 これは関東大震災で焼け野原となった銀座に建てられたアパートで、現在は画廊やアンティークショップが30軒ほど入るアートビルとして人気。自身のSNSに、これまで描いた絵を何度か公開してきた平野は、ブログで「いやー今1番プライベートで行きたい場所!築85年奥野ビル 束の間のアートギャラリー 楽しかったゾ!」と振り返り、最近描きあげたという絵を公開。 題名は「本気になったら全てがチャンスに見えてくる」で、平野によれば、「このフレーズ 昔のモード学園のCMのキャッチコピーで 当時まだ駆け出しの芸人だった頃観てこのメッセージにハッとさせられたの!」とのこと。このコピーにより、平野はオーディションを待ってるだけではなく、「自分から色々動くきっかけにもなった」といい、絵はその時の心情をあらわしたものだと説明する。 さらに、「そーいえば現役美大生でもあるモデルのベックちゃんの個展も素晴らしかったなー!」と...more
カテゴリー:

【ν速文学部】お前ら一人ぐらいは好きな文豪言えるだろ?俺はマニアックだけど太宰 - 01月30日(火)00:39  news

2015年に発表した初の中編小説『火花』で芥川賞を受賞、読書芸人や作家としても知られる、 お笑いコンビ・ピースの又吉直樹が、アニメーション映画『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)』 (3月3日公開)の宣伝隊長に就任した。 『文豪ストレイドッグス』は、2013年より『ヤングエース』(KADOKAWA)で連載がスタートした、 朝霧カフカ氏(原作)、春河35氏(作画)による漫画が原作。中島敦、太宰治、芥川龍之介ら文豪の名を懐いた キャラクターたちが、著作にちなんだ“異能力”で熱いバトルを繰り広げる。 16...
»続きを読む
カテゴリー:

『文豪ストレイドッグス』劇場版アニメの最新映像公開 - 02月14日(水)16:00 

 3月3日に公開されるアニメ映画『文豪ストレイドッグスDEAD APPLE(デッドアップル)』の最新映像と新規場面カットが公開された。 【画像】公開された新規場面カット全15枚  同作は、2013年より『ヤングエース』(KADOKAWA)で連載がスタートした、朝霧カフカ氏(原作)、春河35氏(作画)による漫画が原作。今回は2016年4月より第1期、同年10月より第2期が放送されたテレビアニメの初の劇場版にして完全新作となり、中島敦、太宰治、芥川龍之介ら文豪の名を冠したキャラクターたちが、著作にちなんだ“異能力”で熱いバトルを繰り広げる。  映画は、コミックでは描かれていない内容になり、ヨコハマの裏社会に血嵐吹き荒れた「龍頭抗争」から6年後のストーリー。不可解な「霧」のなか、異能力者が自らの力を用いて命を断つという事件が世界各国で発生し、500人を越える死者を生み、内務省異能特務課は、これを「異能力者連続自殺事件」と命名。武装探偵社に、関与が疑われる謎深き異能力者・澁澤龍彦の確保を依頼する。しかし、時を同じくして太宰が消息を絶つ。さらに、事件の背後には魔人・フョードルの影がゆらめき…。異能力者たちに次々と襲い掛かる、かつてない強敵。街が大いなる悪夢に飲みこまれんとするなか、敦は泉鏡花と共に澁澤の居城へ走る。だが、そこに現れた芥川から思いもよらぬ真実を告げられる。  キャストは...more
カテゴリー:

「文豪ストレイドッグス」スタンプラリー in YOKOHAMA開催! - 02月08日(木)16:06 

「文豪ストレイドッグスDEAD APPLE(デッドアップル)」の映画公開を記念して、「文豪ストレイドッグススタンプラリー in YOKOHAMA」が、2月17日(土)から開催されます。 「文豪ストレイドッグススタンプラリー in YOKOHAMA」が開催決定!/(C)2018 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグスDA製作委員会 中華街をテーマにしたチャイナ服の中島敦、芥川龍之介、泉鏡花が描き下ろされ、ラリーシートに全てのスタンプを集めた方には、当イラストを使用した缶バッジをプレゼント。またラリーポイントの等身大スタンディも、映画公開に合わせて春河35さん、新井伸浩さんによる描き下ろしイラストを使用。前回好評を頂いたオリジナル乗車券の販売や、ラリーポイントでのコラボ展示は勿論、市営地下鉄ブルーラインにて、1編成まるごと「文豪ストレイドッグス」に装飾したギャラリートレインを運行。映画の公開に先駆け、横浜での一日を満喫ください。 ■「文豪ストレイドッグス スタンプラリー in YOKOHAMA」開催概要 市内の地下鉄駅、商業・観光施設など9か所のポイントをめぐり、作品に登場するキャラクターがデザインされたスタンプを集めるラリーを開催します。 開催期間:2018年年2月17日(土)~4月1日(日)まで ラリーポイント【スタンプ設置キャラクター】:市営地下鉄 横浜駅...more
カテゴリー:

文豪ストレイドッグス:白虎つながりで東武動物公園とコラボ - 02月07日(水)12:05 

  中島敦や太宰治、芥川龍之介など文豪たちが異能力を駆使して戦うアニメ「文豪ストレイドッグス」の劇場版「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)」(3月3日公開)と東武動物公園(…
カテゴリー:

「芥川龍之介」の画像

もっと見る

「芥川龍之介」の動画

Wikipedia

川 龍之介(あくたがわ りゅうのすけ、1892年(明治25年)3月1日 - 1927年(昭和2年)7月24日)は、日本小説家。本名同じ、号は、俳号は我鬼。

その作品の多くは短編である。また、「芋粥」「藪の中」「地獄変」など、今昔物語集宇治拾遺物語といった古典から題材をとったものが多い。「蜘蛛の糸」「杜子春」といった児童向けの作品も書いている。

生涯

東京市京橋区入船町8丁目(現中央区明石町)に牛乳製造販売業を営む新原敏三、フクの長男として生まれる。姉が2人いたが、長姉は、龍之介が生まれる1年前に6歳で病死している。

生後7ヵ月後頃に母フクが精神に異常をきたしたため長女の急死が原因であっ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる