「船江恒平」とは?

関連ニュース

【将棋】藤井六段、七段昇段へ竜王戦で船江恒平六段と対戦 5月18日に 勝てば史上最年少での七段昇段 - 04月21日(土)22:26  mnewsplus

藤井六段、七段昇段へ竜王戦で船江恒平六段と対戦 2018年4月20日17時11分 日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201804200000574.html 藤井聡太(2017年5月25日撮影) 将棋の最年少プロ棋士・藤井聡太六段(15)が勝てば七段昇段が決まる竜王戦ランキング戦5組準決勝の日程が決まった。 5月18日に関西将棋会館で船江恒平六段(30)と対戦する。日本将棋連盟が20日、発表した。 船江は日本将棋連盟常務理事の井上慶太九段(54)の弟子で、“藤井キラー”の一門となる。 これまで...
»続きを読む
カテゴリー:

【将棋】藤井六段、最年少七段昇段へ王手! 驚異の今年3度目昇段に前進 - 04月10日(火)22:45  mnewsplus

4/10(火) 22:43配信 スポニチアネックス  将棋の最年少棋士、藤井聡太六段(15)が10日、東京都渋谷区の将棋会館で指された竜王戦5組ランキング戦準々決勝で阿部光瑠六段(23)と対戦し、勝利を収め準決勝に進出した。規定により、竜王戦での連続昇級による七段昇段に王手をかけた。  将棋界最高峰のタイトルである竜王戦の予選で、出場棋士は決勝トーナメントへの出場枠が異なる1~6組に分かれてトーナメントを戦う。藤井は昨期6組ランキング戦で優勝し、5組に昇級した。今期も次の準決勝に勝って決勝に進めば、来期...
»続きを読む
カテゴリー:

藤井聡太六段、次勝てば七段www竜王戦5組ランキング戦で準決勝進出 - 04月11日(水)05:43  news

 将棋の最年少棋士、藤井聡太六段(15)が10日、東京都渋谷区の将棋会館で指された竜王戦5組ランキング戦準々決勝で阿部光瑠六段(23)と対戦し、136手で勝利を収め準決勝に進出した。 規定により、竜王戦での連続昇級による七段昇段に王手をかけた。  将棋界最高峰のタイトルである竜王戦の予選で、出場棋士は決勝トーナメントへの出場枠が異なる1~6組に分かれてトーナメントを戦う。藤井は昨期6組ランキング戦で優勝し、5組に昇級した。 今期も次の準決勝に勝って決勝に進めば、来期4組への昇級が決定。棋士昇...
»続きを読む
カテゴリー:

「船江恒平」の画像

もっと見る

「船江恒平」の動画

Wikipedia

船江 恒平(ふなえ こうへい、1987年4月27日 - )は、将棋棋士。井上慶太九段門下。棋士番号は281。兵庫県加古川市出身。兵庫県立加古川東高等学校卒毎日新聞 播磨・姫路版 2010年9月15日。

棋歴

祖父に教えられて5歳で、将棋を始める。小学2年時、同郷の井上慶太が師範の加古川将棋センター加古川将棋センターの閉席に入会し、将棋に打ち込む読売新聞 2010年9月26日。

1998年、加古川市立東神吉南小学校5年(出場時は4年)のとき、第23回小学生将棋名人戦で準優勝。決勝で負けた相手は、1学年上の高崎一生である。この期の出場者には、他にも後にプロ棋士になった者が多く、船江も西日本大会で牧野光則糸谷哲郎に勝っている。その年の秋に井上の弟子となり、6級で関西奨励会入り。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる