「航空機」とは?

関連ニュース

MRJ飛行試験機4号機、最高気温42度にて極暑飛行試験実施 - 10月24日(火)13:25 

三菱航空機は10月24日、次世代リージョナルジェット機MRJ(Mitsubishi RegionalJet)に関するWEB情報発信ツール「MRJ Newsletter」第28号で進捗を発表。飛行試験機4号機は、8~9月にかけてアリゾナ州メサのフェニックス・メサ・ゲートウェイ空港で、最高気温42C(108°F)の中、自然環境下での極暑試験を実施したと報告している。
カテゴリー:

シンガポール首相:「米中関係は良好に」トランプ氏にクギ - 10月24日(火)10:13 

 【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領は23日、シンガポールのリー首相とワシントンで会談し、シンガポール航空が米航空機大手ボーイングから39機を購入する契約の調印式を併せて行った。トランプ氏は「米国で製造される。まさに雇用だ」と満足そうだったが、リー首相は来月のトランプ氏訪中を控え「米中の安定的で建設的な関係の維持を期待する」と述べ、通商問題などでの衝突回避を求めた。
カテゴリー:

航空機の技術とメカニズムの裏側 第91回 特別編・ATR42-600リポート(2)体験搭乗編[前編] - 10月24日(火)09:00 

前回は、ATR42-600がどんな飛行機なのか、という話を取り上げた。まだ日本ではなじみの薄い機材だから、まずは機体の概要を知っていただきたかったというわけだ。そして今回はいよいよ本番の、体験搭乗と実機の話である。 この度、ATR42-600に搭乗する機会を得たということで、その模様をお届けしている。前回は、機体に乗り込み、実際にこの目で見た機体のつくりについて紹介した。今回は、離陸、巡航、着陸についてお届けしよう。
カテゴリー:

「ブラタモリ」再び!ものづくりの地・名古屋にタモリが迫る!? - 10月23日(月)20:45 

タモリが町歩きをしながらその土地の歴史や人々の暮らしに迫る「ブラタモリ」(NHK総合、午後7:30)。2017年11月18日(土)放送の「ブラタモリ」では「名古屋が生んだ“ものづくり日本”とは?」をテーマにタモリが再び名古屋を歩く! 【写真を見る】2017年11月18日(土)放送の「ブラタモリ」では番組3度目となる名古屋に訪れる ■ タモリが歩く!“ものづくりの地・名古屋” 愛知県は名古屋を中心に、自動車や航空機、電子機器など製造品の出荷額が昭和52年からずっと日本一だという。名古屋が“ものづくり日本一”となった背景には、地形と、そしてはるか大昔から脈々と受けつがれるものづくりの精神があった。 そんな名古屋のものづくりの原点を探るべくタモリがやってきたのは、市内を流れる1本の川。400年前、徳川家康が名古屋城を築いた際につくったこの人工の川に、“ものづくりの地・名古屋”の秘密を解き明かすカギがあるという。また、名古屋城の外堀では、かつて堀の中を走っていた幻の電車と、名古屋の名前を世界に知らしめた特産品の知られざる関係が明らかになる。 さらに名古屋の物流を支えた2つの「閘門(こうもん)」(水路の間で船を上下させるための装置)を調査するため、船に乗って運河を下ったり、「東山動植物園」にあるライオン舎付近に残された“ものづくり名古屋”のルーツなど、名古屋市民でも知らない情報が盛りだくさん...more
カテゴリー:

米政府、ノートPCを旅客機の預入手荷物に入れないよう求める - 10月23日(月)16:12 

米連邦航空局(FAA)が国際民間航空機関(ICAO)に対し、大型のパーソナル電子機器を国際線旅客機の預入手荷物に入れることを禁止するよう提案しているそうだ。
カテゴリー:

MRJ飛行試験機4号機、最高気温42度にて極暑飛行試験実施 - 10月24日(火)13:25 

三菱航空機は10月24日、次世代リージョナルジェット機MRJ(Mitsubishi RegionalJet)に関するWEB情報発信ツール「MRJ Newsletter」第28号で進捗を発表。飛行試験機4号機は、8~9月にかけてアリゾナ州メサのフェニックス・メサ・ゲートウェイ空港で、最高気温42C(108°F)の中、自然環境下での極暑試験を実施したと報告している。 極暑試験は、2017年初めにフロリダ州エグリン空軍基地のマッキンリー極限気候研究所で実施された試験の延長線上に位置づけられているもの。研究所での地上試験から得た試験データを評価し、環境制御システムを改善。酷暑の中で飛行試験を続ける準備を整え、今回の試験を実施した。極暑試験は順調に執り行われ、収集されたデータは、今後世界中のあらゆる温度条件でも快適な乗り心地を提供するべく更なる改善のために用いられる。 なお今回の第28号では、先進設計によりMRJの空力設計を最適化したことにも触れられている。空力設計は、多目的設計探査(MODE)を用いて行われる厳密な設計作業により実現。MODEは東北大学・三菱重工業・三菱航空機との共同研究により開発された先進的な設計手法であり、MODEを用いることでMRJの各種性能を視覚化し、設計者のトレードオフ検討を可能とする。MRJの設計において、MODEは主翼の低抵抗化と複合材構造の軽量化のための...more
カテゴリー:

航空機の技術とメカニズムの裏側 第91回 特別編・ATR42-600リポート(2)体験搭乗編[前編] - 10月24日(火)09:00 

前回は、ATR42-600がどんな飛行機なのか、という話を取り上げた。まだ日本ではなじみの薄い機材だから、まずは機体の概要を知っていただきたかったというわけだ。そして今回はいよいよ本番の、体験搭乗と実機の話である。 この度、ATR42-600に搭乗する機会を得たということで、その模様をお届けしている。前回は、機体に乗り込み、実際にこの目で見た機体のつくりについて紹介した。今回は、離陸、巡航、着陸についてお届けしよう。
カテゴリー:

【アメリカ】インドネシア国軍司令官、米入国を拒否される - 10月23日(月)22:22  newsplus

https://www.cnn.co.jp/m/world/35109193.html (CNN) 訪米を予定していたインドネシア国軍のガトット司令官が、米国への入国を拒否されていたことが23日までに分かった。 在インドネシア米国大使館によると、ガトット氏は米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長の招待を受け、23、24の両日に米首都ワシントンで過激派との戦いについての会議に出席する予定だった。 インドネシアのCNN系列局によれば、同氏は21日夜、夫人とともに首都ジャカルタからエミレーツ航空機に搭乗し、ワシントンへ向かうことにな...
»続きを読む
カテゴリー:

【火山】南太平洋のソロモン諸島で噴火、火山灰降り注ぎ周辺住民に警告 - 10月23日(月)19:47  newsplus

先月噴火したバヌアツ・アンバエ島のマナロ山(2017年9月30日撮影、資料写真) 【10月23日 AFP】南太平洋のソロモン諸島南東部のティナクラ(Tinakula)島で火山が噴火し、当局は23日、周辺の島の住民に対し降り注ぐ火山灰を避けるため屋内に留まるよう警告した。  当局によれば、科学的な装置が不足しているためティナクラ島の状況を監視するのは困難だという。同島は、先月に火山噴火が発生し住民1万1000人が避難したバヌアツ北部アンバエ(Ambae)島のやや北に位置する。  バヌアツ政府は20日、アンバエ島の状況が落ち着い...
»続きを読む
カテゴリー:

東京五輪“前例ないレベル”のサイバー攻撃に警鐘 - 10月23日(月)15:18 

「テロ対策特殊装備展'17」(東京ビッグサイト)にて、英国大使館国際通商部によるプレゼンテーション「英国のサイバーセキュリティ対策」が10月13日に行われ、登壇したポール・エリス一等書記官(防衛装備、セキュリティ・民間航空機担当)が東京オリンピックにおけるサイバー攻撃の可能性について講演を行った。
カテゴリー:

もっと見る

「航空機」の画像

もっと見る

「航空機」の動画

Wikipedia

航空機(こうくうき、aircraftブリタニカ百科事典「航空機」)は、大気中を飛行する機械総称である広辞苑 第五版 p.889「航空機」。

概説

「軽航空機」(気球飛行船等々)と「重航空機」(グライダー飛行機等々)に大別される。軽航空機とは、空気よりも軽い気体が静浮力を持っていることを利用するものであり、重航空機とはに働く空気の動的揚力を利用するものである。飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船などが含まれる。

航空機は、船舶と同じように国籍が登録され、常に登録番号を掲示することが求められる。これにより、その航空機に対する管轄権外交的保護権がどこにあ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる