「舞台挨拶」とは?

関連ニュース

千葉真一「沖縄やくざ戦争」撮影秘話を吐露「全て内地で撮った」 - 04月20日(金)21:40 

日本を代表する国際的アクションスターの千葉真一が4月20日、沖縄県全域で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」で上映された出演作「沖縄やくざ戦争」の舞台挨拶に登壇した。「沖縄や...
カテゴリー:

池田エライザ、幽霊に愛着!? 美谷間セクシーな衣装で明かす - 04月20日(金)21:30 

モデルで女優の池田エライザが20日、沖縄県内で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」(19日~22日)で上映された主演映画『ルームロンダリング』の舞台挨拶に、共演俳優の健太郎、片桐健滋監督とともに登場した。
カテゴリー:

木梨憲武、佐藤健の宿願“新人CG男優賞”獲得するも「米はもらえるの?」 - 04月20日(金)21:05 

奥浩哉氏による人気漫画を実写映画化した「いぬやしき」が4月20日、全国307館で封切り。東京・TOHOシネマズ新宿で行われた初日舞台挨拶に、主演の木梨憲武をはじめ、共演の佐藤健、本郷奏多、二階堂...
カテゴリー:

板尾創路&「2丁拳銃」川谷修士、「火花」撮影現場での号泣秘話を告白 - 04月20日(金)21:00 

 又吉直樹の芥川賞受賞作を菅田将暉と桐谷健太のダブル主演で映画化した「火花」が4月20日、開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」で上映された。メガホンをとった板尾創路監督とお笑いコンビ「2丁拳銃」の川谷修士と小堀裕之、「相席スタート」の山崎ケイと山添寛、ゆりやんレトリィバァ、MCとして「バッファロー吾郎」の竹若元博が舞台挨拶に出席し、生オーディオコメンタリーに挑んだ。 ・【フォトギャラリー】この日の上映、その他の写真はこちら  映画は、漫才の世界で結果を出せず底辺でくすぶるお笑いコンビ「スパークス」の徳永(菅田)と、自らの笑いに強い信念を持つ先輩芸人・神谷(桐谷)が出会い、才能と葛藤しながら歩み続けた10年間の軌跡を紡ぐ青春物語。徳永の相方・山下を川谷が演じた。  川谷が、菅田とのコンビ結成について「最高でしたね」と満面の笑みで述壊すると、隣で聞いていた小堀は「菅田くんは偽ものですからね、相方としては」と、“本物の相方”として対抗。川谷はすぐさま「こんな悲しい事実はないですよ!」と嘆き、会場の笑いを誘っていた。  上映中には、板尾監督が劇中で最初に登場する「スパークス」の漫才をあえて下手にしたことや、小道具のテレビから聞こえてくる声は自らの声であること、「スパークス」の最後の漫才では、菅田と川谷は2人でリハーサルすることなく1度きりの本番に挑んだことなど、...more
カテゴリー:

佐藤健、木梨憲武の第1回最優秀新人CG男優賞受賞に「僕が目標にしていた賞です」 - 04月20日(金)20:18 

奥浩哉の大ヒットコミックを実写映画化した『いぬやしき』の初日舞台挨拶が、4月20日にTOHOシネマズ新宿で開催。木梨憲武、佐藤健、本郷奏多、二階堂ふみ、三吉彩花、伊勢谷友介、佐藤信介監督が登壇した。木梨にサプライズで“第1回最優秀新人CG男優賞”というオリジナルの賞が与えられると、「なんすか、この大会?」とツッコミながら「うれしいです」と笑顔を見せた。 【写真を見る】二階堂ふみ、ゴージャスなドレス姿の全身ショット 『いぬやしき』は、ある日人間を遥かに超越する力を手に入れた、定年間近のサラリーマン・犬屋敷壱郎(木梨憲武)と高校生・獅子神皓(佐藤健)が、それぞれの思いを胸に対決するというアクション映画。最新テクノロジーによるVFX映像が話題となっている。 先日、本作がブリュッセル国際ファンタスティック映画祭でインターナショナルコンペディション部門のグランプリにあたる、ゴールデンレイヴン賞を受賞。佐藤信介監督は『アイアムアヒーロー』(16)以来、2度目の受賞となった。 佐藤監督が「突然『グランプリを獲りました』という知らせを聞きました。現地で非常に盛り上がったと聞いて光栄です」と喜びを語ると、木梨は「レッドカーペットみたいなのはないの?」と尋ね、会場は大爆笑。木梨は「グランプリなんて、僕はお笑いスター誕生のグランプリくらいしかないんで」と苦笑い。 現地では、全身をスキャンしてできがったと...more
カテゴリー:

千葉真一「沖縄やくざ戦争」撮影秘話を吐露「全て内地で撮った」 - 04月20日(金)21:40 

 日本を代表する国際的アクションスターの千葉真一が4月20日、沖縄県全域で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」で上映された出演作「沖縄やくざ戦争」の舞台挨拶に登壇した。 ・【フォトギャラリー】千葉真一、その他の写真はこちら  「沖縄やくざ戦争」は、本土復帰を翌年に控えた昭和46年12月の沖縄を舞台に、沖縄のやくざと本土の暴力団の血みどろの戦いや、組織の凄惨な内部抗争を描いた。千葉のほか松方弘樹、渡瀬恒彦、地井武男、梅宮辰夫らが出演している。  千葉は開口一番「この映画を見ると、いつも悲しくなるんです」と胸中を吐露。そして、「この映画が物語っているじゃないですか。強いやつがいつも弱いやつをいじめる。沖縄の歴史を見てください。第2次大戦で一番ボロボロになったのが沖縄です。沖縄にはドラマがある、大変な歴史がある」と熱を帯びる。  今作で演じた国頭正剛については、「この人物は弱いものの身になって考えています。中島監督からは『この悲しみを精いっぱい演じてくれ』と言われた」と説明。だが、「実話だったからこそ、沖縄では封切りが出来なかったんです。あまりにも事実に近かったから」と明かす。さらに、「撮影は全て内地で撮った。沖縄で撮らなかったんじゃなくて、撮らせてもらえなかったの。沖縄で撮ったのは実景だけ。最後の海? あれは沖縄の海じゃないです」と秘話を語り、場内のファンを...more
カテゴリー:

木梨憲武、佐藤健の宿願新人CG男優賞獲得するも「米はもらえるの?」 - 04月20日(金)21:05 

 奥浩哉氏による人気漫画を実写映画化した「いぬやしき」が4月20日、全国307館で封切り。東京・TOHOシネマズ新宿で行われた初日舞台挨拶に、主演の木梨憲武をはじめ、共演の佐藤健、本郷奏多、二階堂ふみ、三吉彩花、伊勢谷友介、メガホンをとった佐藤信介監督が登壇した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  定年を目前に控えながらも、会社や家族から疎外される初老のサラリーマン・犬屋敷(木梨)は、医者から末期がんの余命宣告を受け途方に暮れる。ある夜、犬屋敷は謎の事故に巻き込まれ、機械の体に生まれ変わってしまう。そして同じ事故にあった高校生・獅子神(佐藤健)も、犬屋敷と同じ力を手に入れていた。自分に背く人々を傷つけるため、その力を行使する獅子神。傷つけられた人たちを救うために、その力を使う犬屋敷。2人の男たちが、それぞれの思いを胸に激しく交錯していく。  木梨は公開初日を迎えた心境を問われると「今日は朝から『めざましテレビ』『とくダネ!』、そしてLiLiCoのラジオ、 明日はアッコ(和田アキ子)さんのラジオ、映画を公開するにあたり色々な番組に宣伝に行くという流れが、56歳のジジイの段階で初めてわかりました」と述懐。その言葉を受けた佐藤は「宣伝って難しいですよね」と切り返しつつ「この作品は『日本のVFXもここまできたのか』と言っていい。どうっすか? これを皆使っ...more
カテゴリー:

木梨憲武CG男優賞を受賞 佐藤健「ずっと目標にしていた賞」と祝福 - 04月20日(金)21:01 

 木梨憲武と佐藤健が20日、都内にて開催された映画『いぬやしき』の初日舞台挨拶に登壇した。「第1回最優秀新人CG男優賞」を受賞した木梨は、トロフィーを贈られ、佐藤から祝福される一幕もあった。【写真】映画『いぬやしき』公開初日舞台挨拶フォトギャラリー 奥浩哉の同名コミックを基にする本作は、墜落事故をきっかけに全身が機械となった冴えない初老のサラリーマン・犬屋敷(木梨)が、同じく全身機械となった後に大量虐殺を行い始めた高校生・獅子神(佐藤)を止めるために繰り広げる戦いを描く。 この日の舞台挨拶には、共演の本郷奏多、二階堂ふみ、三吉彩花、伊勢谷友介、佐藤信介監督も出席した。 木梨は自分にとってのヒーローを聞かれると、父親と答え「僕と同じ顔をしています。本物の“じじい”です。86歳くらいですけど。祖師ヶ谷大蔵で自転車屋をやっています」と紹介。どんなところがヒーローなのかについては「顔なじみには空気(入れ)をタダにしています。それを見た瞬間に『おー、すげえな』と。冬場のパンク(修理)は真水でやってます。手ガサガサです。爪の間は油まみれです。それを金だわしみたいなやつで落とす技術の速さを見た時に、ヒーローだなと」と語って伊勢谷や二階堂を笑わせた。 同じく自分にとってのヒーローを問われた佐藤は、「(名探偵)コナン君です。かっこいい」とまさかの発言。劇場版最新作『名探偵コナン ゼロの執行人』が公開...more
カテゴリー:

池田エライザワケあり物件OKでもコミュ障が悩み!? 映画『ルームロンダリング』で幽霊たちと共同生活 - 04月20日(金)20:50 

4月19日から22日にかけて開催中の『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』。20日、那覇市内の劇場シネマQにて映画『ルームロンダリング』(7月7日公開)の舞台挨拶が開催され、片桐健滋監督、出演の池田エライザ、健太郎が登壇した。 ワケあり物件に住み、履歴を帳消しにする秘密の仕事を題材にした本作。“ルームロンダリング”のアルバイトを始めて以来、幽霊が見えるようになった主人公・御子役に抜擢された池田エライザは、「御子ちゃんみたいな女の子が、もしかしたら、みなさんの近くにもいるかもしれない。ちょっとファンタジーな要素はありますけど、身近に感じてもらえたら良いなと思って演じました」とコメント。 もし自身が格安でワケあり物件に住めるとしたらを問われると、「御子ちゃんを演じたことで、幽霊がもとは人間だったと愛着がわくようになって。だから、私も御子ちゃんみたいに見えたらイケるんじゃないかな。でも、何しろ人とのコミュニケーションが得意なわけではないので、(幽霊に)ワァーって来られても、ちょっとゴメン、放っておいてとなるかも(笑)。仮に見えたとして、ルームシェアじゃないですか。ちょっと考えちゃいます」と、幽霊相手にもいわゆる“コミュ障”を発揮する可能性を明かした。 一方、御子の隣に住む青年・亜樹人役を演じる健太郎は、「僕は無理です。怖いです」ときっぱり拒否。池田が「100万円のマンショ...more
カテゴリー:

虚<ホロウ>が福士蒼汰と杉咲花を狙う 『BLEACH』ビジュアル公開 - 04月20日(金)19:00 

 福士蒼汰が主演を務める映画『BLEACH』のポスタービジュアルが解禁され、本作に登場する人間を襲う悪霊・虚<ホロウ>に狙われる、福士と杉咲花の姿が公開された。【写真】リーゼント姿が懐かしい福士蒼汰 「週刊少年ジャンプ」で2001年から2016年まで連載され、全74巻の全世界シリーズ累計発行部数が1億2000万部に達する人気コミック『BLEACH』。本作は、霊が見えること以外は普通の高校生・黒崎一護(福士)が、ある日突然現れた死神と名乗る・朽木ルキア(杉咲)から死神の力を与えられ、家族や仲間たちのために人間の魂を喰らう虚<ホロウ>という悪霊たちと戦う姿を描く。福士、杉咲のほかに、吉沢亮、早乙女太一、MIYAVIが出演し、監督は、『アイアムアヒーロー』の佐藤信介が務める。 解禁された「死神として、生きろ。」というキャッチコピーが添えられたポスターは、死覇装(しはくしょう)を身にまとった死神姿の一護と制服姿のルキア、その背後から虚<ホロウ>が襲い掛かるように腕をのばすビジュアルになっている。 またポスターと同じビジュアルを使用したチラシでは、裏面に死神の姿ではなく制服姿の一護や、死神姿のルキアが。物語の起点となる原作のストーリーさながら、死神であるルキアが一護に力を分け与え、一護が死神代行となるまでの姿を表裏で、色味も白黒の真逆の色で表現している。 映画『BLEACH』は7月20日より...more
カテゴリー:

もっと見る

「舞台挨拶」の画像

もっと見る

「舞台挨拶」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる