「舘ひろし」とは?

関連ニュース

クラシックモーターショー「Nostalgic 2days」開催!貴重すぎる名車3台 - 02月18日(日)11:00 

日本最大級のクラシックモーターショー「第10回Nostalgic 2days」が2月17日(土)、神奈川県・パシフィコ横浜展示ホールB・C・Dで開幕した。まばゆいばかりに時代を彩り、駆け抜けた名車がずらりと並ぶ本イベント。現在では見る機会の少なくなった貴重な車の中から3台をピックアップし、ご紹介する。 時代を彩った名車がずらり!クラシックカー in Nostalgic 2days【その1】全25点 ■ 童夢 1979年式「童夢P-2」 一見、ランボルギーニを思わせる佇まいの「童夢P-2」は、第48回ジュネーブ国際自動車ショーに出展され、大反響を得た国産スーパーカー「童夢-零」の後継機に位置付けられる。 「童夢-零」と比べると米国で開発していたこともあり、ボディやフロントバンパーを大型化、ライトの高さなどに変更点が見られる。市場投入を目指して米国や日本でテストを重ねていたが、同時期にル・マン24時間レース参戦のプロジェクトが立ち上がり、開発がストップしてしまう。市販化が実現していれば絶大な支持を得たことは想像に難くない、幻の国産スーパーカーだ。 ■ 日産 1987年式 「F31レパードアルティマ」 “横浜”“レパード”といえば、人気刑事ドラマ「あぶない刑事」を連想してしまうが、劇中で舘ひろし演じる“タカ”と、柴田恭兵演じる“ユージ”が乗り込む「港303(港5)号」に使われているのが、...more
カテゴリー:

菅田将暉もCDアルバム発売、人気俳優の本格ミュージシャン化の流れ再び? - 02月12日(月)08:40 

 若手人気俳優・菅田将暉がこの3月21日、シングルCDでも劇中歌の配信でもなく、“オリジナルアルバム”の『PLAY』を発売することが大きな話題となっている。菅田と言えば、俳優として人気を確立する一方、映画『キセキ‐あの日のソビト‐』で披露した本職はだしの歌唱力もよく知られており、現在はドラマ『トドメの接吻』(日本テレビ系)にミュージシャン役で出演、さらにエンディング曲「さよならエレジー」を歌唱。しかし、俳優のフルアルバム発表は、最近では希少。とは言え、かつて昭和~平成初期にかけては、“俳優の本格歌手活動”は決して珍しいことではなかった。これまでの“歌手化”の流れを振り返りながら、俳優と音楽活動の今後について考察する。 【写真】ギターかき鳴らして熱唱 菅田将暉6月の初ライブの模様 ■“打ち上げ花火”ではなく継続的に音楽活動を行う俳優は、現代で稀有な存在  菅田は、昨年1月に公開された音楽グループ・GReeeeNの自伝的映画『キセキ』で同名グループのメインボーカル役を演じたが、同月、グリーンボーイズとしてGReeeeNのライブのオープニングアクトで出演。『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)でも「キセキ」と「声」を披露し、最終的には24日にCDデビューを果たす。ある意味、企画っぽいノリの“番宣デビュー”ではあったが、演技のみならずその本格的な歌唱力が一般層にも認知されたので...more
カテゴリー:

舘ひろしと岩城滉一が「仲間の死」で42年目の和解 男泣きで肩を抱き合う - 01月25日(木)18:09  news

一世を風靡した不良バイクチームのメンバーだった2人は、若くしてスターへの道を歩み始める。血判状で友情を誓い合い、 青春を謳歌した仲。しかし、互いが互いを思い合うからこそ、「あいつのために」と起こした行動が衝突を生んでしまう。次第に疎遠になり、42年。 彼らの友情を再び引き戻したのは、早すぎる「仲間の死」だった。 「お前はどうしようもないヤンチャで、クールスに入れば規律を守るようになると思ったんだけど、お前は変わらなくて。もう一度みんなで走れたら、 面白かっただろうな」 通夜では、かつてクールス...
»続きを読む
カテゴリー:

石原軍団、脱“タテ社会”宣言 舘ひろしも仕事のハードル下げる - 02月13日(火)12:30 

俳優の舘ひろしが、所属事務所「石原プロモーション」の俳優とともに今月3日、横浜・総持寺で豆まきを行った際、報道陣に対していきなり「脱・体育会系」を宣言した。 同寺には故...
カテゴリー:

広末涼子&成田凌&川畑要、吉田羊の単独初主演映画「ラブ×ドック」に参戦! - 02月08日(木)07:00 

 吉田羊が映画単独初主演を果たし、人気放送作家・脚本家の鈴木おさむが映画監督デビューを飾る「ラブ×ドック」の新キャストが、このほど発表された。広末涼子、大久保佳代子、成田凌、唐田えりか、川畑要(CHEMISTRY)、音尾琢真が参加し、物語に一層の深みを与える。なお川畑は、今作が邦画初出演となる。  鈴木監督が脚本を兼ねる完全オリジナル作品で、“遺伝子レベルで恋愛を操作する”クリニックを舞台にした異色ラブコメディ。スイーツ店を経営する女性パティシエ・郷田飛鳥(吉田)は、年下の花田聖矢(野村周平)と、脱サラを目指す権田健一(篠原篤)とともに働く40歳。ある日、聖矢から告白されたことで、独立前に勤めていた店のオーナー・淡井淳治(吉田鋼太郎)との不倫や、友人が思いを寄せるジムトレーナーの野村俊介(玉木宏)との成り行きの関係など、35歳を過ぎてからの悲惨な恋愛を思い出す。戸惑うことしきりの飛鳥だが、遺伝子検査で恋にまつわることがすべてわかるという不思議な診療所「ラブドック」を見つける。  ドラマ「奥様は、取り扱い注意」などに出演し、色あせぬ美ぼうが人気を博す広末は、ラブドックに勤める魅惑の女医・冬木玲子役に。謎めいた雰囲気を醸し出しながら、飛鳥の恋愛体質にメスを入れていくキャラだ。撮影を「かなり個性的で強烈なキャラクターを演じさせていただき、ブルゾンちゃんを意識してのお芝居。かなり楽しま...more
カテゴリー:

「舘ひろし」の画像

もっと見る

「舘ひろし」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる